フェリーニ監督の「道」
はどうして「道」という題名なのでしょうか?
大道芸から?最後、道端に置き去りにされるから?
この前初めてみて、ふと疑問に思いました。
古い作品なのでいろいろ解説されてると思いますので
定説みたいなものがあったら教えてください。

また、ちがう件なのですがジェルソミーナの
表情・仕草で一番よかったシーンはどこですか。
みなさんの考えをお聞かせください。
私は最初のほうの、畑で料理をポイポイ捨てるシーンが
かわいかったです。

A 回答 (3件)

そうですね、色々解説は有りますが、「人生」―「道(道程)」としても鑑賞できますし、「tips」さんの見方でも鑑賞できます。



私としては、この二つを併せ持つのではないかと考えます。

大道芸としてサーカスと伴に移動していく。
街から町(街ではないですよ。意識して)へ。
街と町をつなぐ「道」。

その街(町)で、生まれ・育ち・老いてく人々。
その一瞬の出会いの、サーカス・大道芸。
様々な人々の「人生」。
その時・その時、絡み合う人々、絡み合い変化する人生、変化する風景。
大きな「道」・小さな「道」。

その中で、ふと出会う人と人。
その中で、ふと出会った「小さな石」。

その石に、人生を、世の理(ことわり)を、見いだし心を寄せる人と人、道と道、人生。

こんなところでしょうか。

そうですね、印象に残るシーンと言えば。
やはり、「石」の話を聞き、一生懸命に理解しようとする瞳ですか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

聞けば聞くほど深いですね~
あの時のジェルソミーナの真剣な顔、
よかったですよね。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/12/08 18:49

まさに「道」というタイトルが


ぴったりなのではないでしょうか……

素晴らしい映画です。
あまりのことについ筆をとりました……
    • good
    • 0
この回答へのお礼

単純ゆえに、深い題名ですよね。
道、という題名に異論は全くないですが
「浜辺」か「海辺」でも違和感はなかった気がします。
冒頭、そしてラストを考えると。
なんにせよ、おっしゃる通りすばらしい映画です。

お礼日時:2001/12/08 18:44

こんにちは。



題名の件は、わからないのですが
ひょっとして、道端に落ちている石ころにも意味があるっていうテーマから
道とつけたのかな?とおもいます。

ジェルソミーナが、一生懸命に、話をきいている
目がすきだとおもっています。

いい映画なのでだいすきです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私も1回見て大好きになりました。
BS2でこのあいだやってて、何気なく見はじめたんですが
引き込まれるように最後まで見てしまいました。
>道端に落ちている石ころにも意味がある
あっ、そうですね。そのシーンは重要な場面ですからねぇ。
その解釈は納得です。ありがとうございました!

お礼日時:2001/12/08 18:40

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報