日本企業の海外直接投資は、どこの地域・国に投資するかによって業種・金額など様々な特徴があると思いますが、特にアジアとアメリカに対する直接投資の特徴について何か知っていることがあれば教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

※ (管理者殿)本質問の適切なカテゴリーは経済学だと思います。



http://www.nira.go.jp/pubj/seiken/v09n10.html

http://www.nira.go.jp/pubj/output/3105.html

以下にはデータが記載されています。
http://www.mof.go.jp/singikai/kokusaika/tosin/ko …

『日本』 『対外直接投資』(海外ではない)で検索すればもっとたくさん出ていますよ。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q危機管理マニュアルの作り方

企業向けのASPサービスを行っています。システムダウンすると大きな影響が出るため、関東大地震クラスの大災害が発生した際の危機管理マニュアルを作成しようと思っています。

現在以下のようなものを考えています。
 ・社員やその家族の安否情報を報告する方法
 ・社員や関係会社の連絡先一覧
 ・権限委譲方法(責任者の死亡等も考えられるため)
 ・顧客への状況報告のタイミングや方法など
 ・システム復旧手順

他にどのような内容を盛り込んだらいいでしょうか?
出来れば、雛形か項目一覧(目次のようなもの)を教えていただけると助かります。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

そのまま参考になるかどうかはわかりませんが、以前総務から「危機管理用のマニュアルを作りたいから、何か資料を探してくれ」と頼まれたので、調べた資料があります。
なお、調べたのが1年以上前なので、リンク切れなどがあってもご容赦ください。

また、検索される際には、「リスクマネジメント」をキーワードにすると色々と資料が出てくるようです。


●自治体作成の企業向け緊急時対応マニュアル

企業・団体の地震対策ガイド<地震対策は危機管理>(千代田区の情報)
http://www.city.chiyoda.tokyo.jp/dp/kiki/kiki2.htm
http://www.city.chiyoda.tokyo.jp/dp/kiki/kiki7.htm

大地震を乗り切る職場の72時間サバイバル計画(千代田区の情報)
http://www.city.chiyoda.tokyo.jp/dp/72hours/72hours.htm

災害対策の心理学 なぜ事業所で災害対策が必要なのでしょうか(中央区の情報)
http://www.city.chuo.tokyo.jp/koho/140815/03_02.html

新宿サバイバルブック(新宿区の情報)
http://www.city.shinjuku.tokyo.jp/bousai/survival/index.htm



●企業向け 緊急時対応マニュアル サンプル

地震対策をはじめとする危機管理の社内マニュアル(危機管理計画書)のサンプ
ル(経団連作成のサンプル)【PDF】
http://www.keidanren.or.jp/japanese/policy/2003/070/sample.pdf

企業の地震対策の手引き(経団連作成のサンプル)【PDF】
http://www.keidanren.or.jp/japanese/policy/2003/070/tebiki.pdf

最近の企業危機管理事例の教訓(東京海上リスクコンサルティング 作成)【PDF】
http://www.tokiorisk.co.jp/risk_info/trc_eye/pdf/trceye4.pdf

企業における実践的危機管理(東京海上リスクコンサルティング 作成)【PDF】
http://www.tokiorisk.co.jp/risk_info/trc_eye/pdf/trceye8.pdf

企業の地震対策と危機管理(住友海上リスク総合研究所 作成)【PDF】
http://www.irric.co.jp/library/risk/m_200003.pdf

リスクマネジメント・ライブラリ(住友海上リスク総合研究所 作成)
http://www.irric.co.jp/library/index.html

Symantec articles 緊急時対応策作成の手引き 2002年7月30日 文書 ID: 573
(マニュアル作成時の注意点等)
http://www.symantec.com/region/jp/enterprise/articles/20020730.html

危機に負けない「情報管理マニュアル」決定版(プレジデントの記事抜粋)
http://www.president.co.jp/pre/20020715/02.html



●緊急時対応マニュアル情報

東海地震対応マニュアル(基本的な情報が掲載されています)
http://homepage2.nifty.com/yarudea/toukaijishin-manual.html

経営の危機管理、リスクマネジメント・危機管理の基礎(基礎的な情報)
http://www3.plala.or.jp/aiwabi_net/rm_mang_m1.html

緊急事態対処マニュアル(大使館用のマニュアル)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/link/zaigai/m_panama/kinkyu.html
http://www.mofa.go.jp/mofaj/link/zaigai/a_sri/kinkyu.html

企業防災、防災、防災対策、防災マニュアル、ぼうさいまにゅある、危機管理マ
ニュアル、disaster planning(コンサルタント会社の基本情報の紹介)
http://www.bo-sai.co.jp/disasterplan.htm

災害危機管理(コンサルタント会社の過去の業務紹介)
http://members.jcom.home.ne.jp/prime-inte/kikikanri.htm

マニュアル活用事例&作成事例(マニュアル一般に関する情報です)
http://www2s.biglobe.ne.jp/~kobayasi/manual/manujirei1.htm



●関連商品

IBMの危機管理(価格:¥1,700)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4898272282/tuuhantenka-22/

企業を危機から守る クライシス・コミュニケーション が 見る見るわかる
- ケース別チェックリストで「そのとき」に備える62項 -(価格:¥1,680)
(テレビ東京 WBS 8月17日放送分で紹介されました)
http://www.tokyo-cci.or.jp/koho/crisis.html
http://www.tv-tokyo.co.jp/wbs/2000/08/17/news_day/n4.html
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4763193643/ref=pd_sxp_elt_l1/249-6211292-7873101

神戸被災者企業の体験に学ぶ 地震・防災管理マニュアル:定価38,850円(本体
37,000円)
http://www.jmam.co.jp/pub/jitumu/jitumu20.html

[社内配布用] コンプライアンス・マニュアルを自社で作るためのモデル資料集
/ CD-ROM収録(サービス特価 48,800円)
http://www.urbanproduce.com/books/d/25.htm

組織を危機から守る クライシス・コミュニケーション(全3巻)各巻価格
30,000円  (消費税別 )
http://www.nikkei-bookdirect.com/video/item.php?did=42429&tid=2

参考URL:http://www.keidanren.or.jp/japanese/policy/2003/070/sample.pdf

そのまま参考になるかどうかはわかりませんが、以前総務から「危機管理用のマニュアルを作りたいから、何か資料を探してくれ」と頼まれたので、調べた資料があります。
なお、調べたのが1年以上前なので、リンク切れなどがあってもご容赦ください。

また、検索される際には、「リスクマネジメント」をキーワードにすると色々と資料が出てくるようです。


●自治体作成の企業向け緊急時対応マニュアル

企業・団体の地震対策ガイド<地震対策は危機管理>(千代田区の情報)
http://www.city.chiyoda.to...続きを読む

Qアジアインフラ投資銀行AIIBは

中国の株式市場は大変なことになっているが日本では考えられないことが起きているが国際金融秩序など全く無視しているがAIIBは成功するのでしょうか?

Aベストアンサー

経済基盤、社会基盤も脆弱なので、
崩壊する危険性が高いのではないでしょうか。

Q津波被害は自然災害か、人災か

津波被害への反応で、疑問に思ったことがあります。
石巻市で幼稚園バスが津波で流され、園児が死亡した事故。判決としては遺族側が勝訴したようですが、世間では「津波は自然災害なのに、訴えるのはおかしい。予期できるようなものではない」と幼稚園側を擁護し、むしろ遺族を金の亡者と批判する声が目立ちます。
ただ、原発事故は同じ自然災害によるものですが、擁護の声は全くないですよね?「東電社員は人殺し」という言葉まで出たほどです。社長が「この地震は想定外だった。予期できるようなものではない」と言ったら袋叩きにされると思います。

地震と津波、同じ自然災害から発生したこの事故ですが、なぜ批判の対象が異なるのでしょうか?東電は営利目的の企業だからでしょうか?市民への影響の大きさからでしょうか?
どこまでが自然災害で、どこからが人災と呼ばれるのか、その区切りを教えていただきたいです。「想定外」で許されるのはどの範囲ですか?

Aベストアンサー

原発については人災です。古文書などからも何度か大きな被害を受けていることは明白で、伊達家の記録にも津波被害はありました。にもかかわらず記録を無いとして崖を削ったことが原発被害をもたらしました。
東北地方はこれまでもチリ沖地震などでも津波被害を受けていますから、まったく想定外とか予期しえないというのは、あまりにも無知であった、そもそも記録を精査すらしていなかったとみるべきでしょうね。でもバス事故が人災かというともっと調べなきゃならないでしょう。一方でどこだかの小学校でも多くの子供たちが亡くなりました。これについては教育委員会を含めた学校の対策不足、連絡不足があると思います。連中は2年間何事もなければそれでいいとしか考えていないのです。だから山が崩れるかもしれないなどという言い訳をしているわけです。東北では地震があったら高台へ、津波テンデという事が常識になっていたはずです。学校からは山に登らずとも山を回って裏側にも行けたはずです。まともな人間がわざわざ川に向かうという行動をとりますかね。この記憶を薄れさせ対策を考えない体質がある限り、何度でも同じ被害は起きるでしょうね。

原発については人災です。古文書などからも何度か大きな被害を受けていることは明白で、伊達家の記録にも津波被害はありました。にもかかわらず記録を無いとして崖を削ったことが原発被害をもたらしました。
東北地方はこれまでもチリ沖地震などでも津波被害を受けていますから、まったく想定外とか予期しえないというのは、あまりにも無知であった、そもそも記録を精査すらしていなかったとみるべきでしょうね。でもバス事故が人災かというともっと調べなきゃならないでしょう。一方でどこだかの小学校でも多くの...続きを読む

Q【20代の投資】20代の3割が投資を行っているといいます。20代のみなさんは何に投資していますか

【20代の投資】20代の3割が投資を行っているといいます。

20代のみなさんは何に投資していますか?

Aベストアンサー

年中無給の日々。
若いうちは、自己投資をして成長がなによりです。

Qイギリス自然災害の多い地域

来秋より1年間イギリス南部に留学する予定です。日本では大きな自然災害にも遭わず暮らして来れましたが、イギリスには自然災害が頻繁に起こる地域などあるのでしょうか?今年は台風が多いですが同じ日本でもかなりの被害を被る地域もあれば最小限で済む地域もあります。今考えているのはCanterbury or Eastbourneですが
イギリスの事情を教えて下さい。

Aベストアンサー

英国に住んでいます。
基本的に英国は穏やかな気候ですので心配無用です。
もちろん大雨で浸水というニュースが年に一回程度あります。でも、私の住んでいる都心ロンドンでも大雨の後はよくTUBEが止まります。要するに、街や公共交通機関等が大きな災害に慣れていないということです。そういった時は諦めます。それが英国暮らしです。更に、些細な雨でも雨漏りする新築フラット(=マンション)や、真冬にお湯が出なくなるボイラー、頼んでも来ないドタキャンは当たり前のプラマー(修理工)等、災害は目の前にゴロゴロ転がっています(笑)。貴方が英国留学中にきっと経験する自然災害はこちらですよ、きっと。

Q海外直接投資について

近年先進国の国際投資は海外直接投資に変化してますけどなぜ直接投資が企業のより重要な戦略になったと思いますか??またそれについてどう思いますか?回答お待ちしてます、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

企業は、利益追求を目的にしてますから、まず売り上げの拡大を目的に海外に投資します。先進国は、国内マーケットが成熟しており、成長の見込める経済国家に対して、製造拠点や流通網への投資は、当然の帰結でしょう。コスト面から判断しても、海外に投資する事は、当然の戦略です。国内の賃金より低い人件費で労働力を確保できる地域に進出、投資する事も見逃せない要因です。また、激変する為替レートへの対応も有力な要因でしょう。通貨の騰貴は、企業の競争力を低下させてしまいます。為替の弱いところに製造拠点を構えれば、高品質の製品を供給できればですが、競争力を高める要因になります。円やユーロレートは、ドル(国際通貨)に対して高くなってきておりますが、日本企業は、海外に拠点をシフトしている為、競争力を維持しています。

Q中国のPM2.5は自然災害?

中国当局はPM2.5の問題を自然災害と位置付けているようです。

どう思いますか?

Aベストアンサー

ちょっと前までは、進出した日本企業の工場の煙突のせいと言っていましたが、今度は自然災害ですか・・・
黄砂は百歩譲って自然災害と認めてあげてもいいですが、PM2.5は明らかに人災、さらに言えば中国政府の「無策の賜物」かと思います。

Q原油価格高騰…投資してる投資家は誰?

この原油高騰で産油国と一部投資家が儲かってるのはわかりますが、投資家はどこの誰が儲かってるのですか?個人的な有名な投資家で原油に投資してるって公言してる人っているんですか?

ソースあったらのせて下さい。

Aベストアンサー

> 有名な投資家
各国の年金運用機関でしょうね。
莫大な額で個人的規模など芥子粒に等しいでしょうね。

Q自然現象もしくは自然災害 2001年 教えて!! 

2001年1月1日から2002年2月28日までに起こった 自然現象もしくは自然災害 何かあれば教えてください。
詳しくても、詳しくなくてもどちらでもいいので教えてください。
大至急知りたいです。よろしくお願いします。

自然現象or自然災害

Aベストアンサー

ロマンチックですよ。

テレビでも結構騒いでましたよ。去年の11月だったかな。

参考URL:http://www.ne.jp/asahi/astro/photo/astro-picture/other/2001Leo.htm

Q「金投資」か「投資信託」どちらにしようか・・

こんにちは、よろしくお願い申し上げます。

さて、投資信託を2007年頃から初めて、「毎月決算型」のものを持っておりました。
「毎月決算型」にしたのは、当時大学生だったのですが「毎月お小遣いのような感覚が分配金が受け取れる」という理由でした。

どちらかというと「キャピタルゲイン」よりも「インカムゲイン」を好んでおります。

しかし、今思えば「分配金」の名目であったお金は「特別配当金(元本払戻し)」だったことにようやく気が付きました。郵便局で対面で買いましたが、今思えばそんな説明なくて「投資信託はリスク商品です」ぐらいだったような・・・

そして手持ちも投資信託のほとんどを「解約」し、新しい投資商品を探しています。

具体的な投資金額等は書きたくないのですが、損益通算すると100万円は超えているかと思います。

「投資信託は長期保有を」と書かれる専門家もいらっしゃいますが、どうも信用できなくなりつつあります・・。

投資信託以外には
国内株式投資(株主優待・配当目的だが、キャピタルゲインで儲かったこともあります)
外貨預金(円安時(1USD=約120円)に購入し、円高気味なので数万円の損をして円に払戻し)
個人向け国債(利回りは低いももの普通預金よりかはましかと思いまして)
積み立て型金投資(2年ほど前から月数千円で積み立てしています)
の投資経験があります。

売った投資信託で、次の投資をどうしようか考えているのは、
(1)国内株式投資
(投資信託のように自分のお金が払い戻されることなく「損」か「儲かった」か一目で分かるから)

(2)毎月決算型でない投資信託を購入
(ファンド自体の資産価値をあげるような投資信託が良いとの記事を参考にしてみた)

(3)金投資
(金に魅力や個人的に信用を抱いてはいませんが、約2年ほど行い損益通算しても投資信託以上の下落がないため)

これ以外にも、投資に関するアドバイス、お勧めの投資商品や投資先があればご教授下さい。

そして毎月数千円程度の積み立て買い付け型の投資信託をしていたのですが、それもやめました。「毎月積み立てる」お勧めのものがありましたら、よろしくお願いします。

こんにちは、よろしくお願い申し上げます。

さて、投資信託を2007年頃から初めて、「毎月決算型」のものを持っておりました。
「毎月決算型」にしたのは、当時大学生だったのですが「毎月お小遣いのような感覚が分配金が受け取れる」という理由でした。

どちらかというと「キャピタルゲイン」よりも「インカムゲイン」を好んでおります。

しかし、今思えば「分配金」の名目であったお金は「特別配当金(元本払戻し)」だったことにようやく気が付きました。郵便局で対面で買いましたが、今思えばそんな説明なく...続きを読む

Aベストアンサー

> 「投資信託は長期保有を」と書かれる専門家もいらっしゃいますが、
> どうも信用できなくなりつつあります・・。

数多くの個人投資家が「不信」に陥っています。

「信用」を創造する役割を担っているはずの金融機関が、
個人投資家の無知を利用して、利益を得ようとすることで、
結果的に、「不信」や「絶望」の種を蒔き続けています。

このような金融システムや仕組みが変わらないかぎり、
世の中は決して良くなることはないでしょう。

そもそも、投資信託は法律上、上げ相場(↑up)でしか、
利益を上げられない仕組みになっています。
そのことを販売時に説明されることはありません。

金融危機で相場が急落すれば、
大きな損失を抱えることになります。

金融の専門家と呼ばれる人たちは、
個人投資家へ向けて以下の2つのアドバイスをします。

【1】長期投資
【2】分散投資


上げ相場(↑up)はゆっくりと時間をかけて、
1段ずつ階段を登るように上昇し、
下げ相場(↓down)は短期間に、
窓から飛び落ちるように下落する、
という「相場の特性」があります。

大きく下げた下落分を取り戻すのに
どれだけの時間がかかるでしょうか?

長期投資で利益を得ているのは、個人投資家ではなく、
投資信託の損益に関係なく「信託報酬」を取り続ける彼らです。

彼らの給料は、投資信託の成績には関係なく、
個人投資家からどれだけのお金を集めたかの、
「純資産残高」によって決まります。

個人投資家の投資マネーが流入している間だけ、
基準価格は上昇します。

だからこそ、彼らは、
個人投資家を引き寄せるために、
高い分配金などを餌にして、
「長期投資」しましょうとアドバイスします。

基準価格が下がり続けても、
毎月、銀行口座に分配金が支払われるので、
(個人投資家から預かったお金を払い戻している)
いつかは上がるだろうと期待させることで、
長期的にお金を預かる仕組みです。


分散投資しましょう、と彼らが勧めるのは、
金融のプロであるはずなのに、
どの個別銘柄が上昇するか、
分からないからではないでしょうか?


お勧めの金融商品はどこにもありません。

金融・経済・マーケットの状況に応じて、
刻々と各相場は変化するからです。

大事なのは、そのマーケットの変化に、
対応できるようになることかと思います。

つまり、
相場や景気の良し悪しに関わらず、
上げ相場(↑up)、横ばい相場(→side)、下げ相場(↓down)、
どの局面でも利益を上げることができる、
「投資手法」などを学ばれることをお勧めします。

投資信託から卒業することが、
投資の世界で成功する第一歩です。

他人にお金を預けて成功することは、
世の中にほとんどないことを覚えておいた方がいいでしょう。

自分自身でお金をコントロールできないかぎり、
望むような人生を築くことはできません。

ご参考になれば幸いです。

> 「投資信託は長期保有を」と書かれる専門家もいらっしゃいますが、
> どうも信用できなくなりつつあります・・。

数多くの個人投資家が「不信」に陥っています。

「信用」を創造する役割を担っているはずの金融機関が、
個人投資家の無知を利用して、利益を得ようとすることで、
結果的に、「不信」や「絶望」の種を蒔き続けています。

このような金融システムや仕組みが変わらないかぎり、
世の中は決して良くなることはないでしょう。

そもそも、投資信託は法律上、上げ相場(↑up)でしか、
利益を上げら...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報