主人が3年前に気胸になり小さい傷ですむ手術をしましたが、今回はその同じ肺の違うところに気胸ができてしまいました。
今回も同じような手術をするか、また再発しかねないので胸を大きく開いて他の所のはないか見たほうが良いと思いますと、主治医のかたから説明がりました。
しかし、どれくらいの切り傷になるのかもわからないし、その手術によって何か失敗するのではないかと心配でなりません。このことについて何か教えていただけませんか?また予防することはできないのでしょうか?体質的に細身です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

きりがないのでドレナージ以上の処置。


つまり手術はいつも断っております。
あくまで自論です。
病院都合もあるので医師の言うとおりはよくないですよ。
    • good
    • 6

胸腔鏡による手術は、患者さんにとって浸襲が少なく、後に残る傷も小さいので、気胸の手術は特に肺の癒着などの問題のない場合は胸腔鏡で行われることが多くなりましたが、当然欠点もあります。


開胸による手術に比べて胸腔鏡による手術が劣る点は、再発率が高く、視野が限られているために見えない部分があり細かい操作が難しいということです。
ですから開胸による手術で何か失敗するのではないかという心配はむしろ逆で、視野を大きく広げた開胸手術の方が、見落としも少なく再発率も少ないのです。
「今回はその同じ肺の違うところに気胸ができてしまい」というのは、別の場所の嚢胞(ブラ)の破裂による気胸の再発ということですから、今回は視野を広く取ってくまなく原因となる嚢胞がないかどうかを調べましょうということだと思います。
嚢胞が多発している場合は、長期的に見れば、その方が再発を少なくする可能性が高いという判断だと思います。
日常生活で気胸を確実に予防する方法はありません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご丁寧なご説明ありがとうございます。
やはり開胸手術の方が良いように思えます。
ただ痛みは本人しかわからないのがかわいそうに思えます。
これから先のことを考えると今はその痛みを我慢してもらうしかないかもしれません。このご回答を主人にも見せてみようと思います。
手術はCTの結果を見てから決めるようです。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/12/10 00:47

以下の参考URLサイトには関連質問の回答がありますが、参考になりますでしょうか?


この中で#1で紹介したサイトも参考にして下さい。

http://www.kego.net/kikyou.html
(自然気胸の治療)
主治医の説明は「日帰り手術」ではないですよね?
http://www.dokidoki.ne.jp/home2/shiminhp/thoraco …
(自然気胸の手術について)
http://www2s.biglobe.ne.jp/~hyogohp/PneumoThorax …
(気胸でお困りの方へ)
http://village.infoweb.ne.jp/~myvats/pneumothora …
(気胸)
3年前の手術が「胸腔鏡手術」であったのでしょうか・・?

ご参考まで。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=175850
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧なご説明ありがとうございます。
はじめて画像でみました。とても参考になりました。
主人にも見せてあげようと思います。
手術はCTの結果で決まるようです。
本当にありがとうございました。
ちなみに3年前は胸腔鏡手術でした。

お礼日時:2001/12/10 00:43

私も10年前に右肺に気胸ができ内科的治療(要は寝たきり安静)では


完治せず、外科手術をしました。
その時の担当医に術前のインフォームド・コンセントで伺った術法は、
1.右腋の下を5cmほど切開する
2.肋骨を広げた隙間から肺を取り出す
3.数箇所ある気泡の穴を糸で縛る
4.胸膜をガーゼで刺激し、戻した肺と癒着させ
  再発防止をする
5.溶けない糸で縫合する
以上のような内容でしたが、ご専門の先生がいましたら
チェック願います。

術は1時間ほどで終了し、その夜は動けませんでしたが、
術後の経過は順調で、再発知らずで10年が経過しました。
また、発病当時は喫煙しており超のつく痩せ型でしたが、
タバコを止めら10キロ以上太りました。
今でも右腋の下には縫合糸が入っており、気候が変化する時は
少しうずきます。
また、今日の外科手術では開胸術は低侵襲が前提です。
患者さんのQOL(Quality of Life)を第一優先する考えが
浸透していますから、大きく開胸する必要があるのでしょうか。

それに私が手術をした10年前ですら、気胸の手術は盲腸の
手術と同じだから心配するなと医者から言われました。
術中は全身麻酔のため記憶ゼロですが。
外科の術法は年々変化しております。時間があれば呼吸器がある
別の病院でセカンド・オピニオンを取ってもいいのでは。
手術はどんなに簡単でも、患者の負担になりますから。

それと私も左肺の発病を心配しましたが、医者には予防処置が
ないので、発病したら又、来なさいということでした。
それでも私は以下の点に注意しました。
1.急激な気圧変化のある場所に行かない
2.飛行機に乗らない
3.急激な運動はしない
4.あぶないと感じたら、とにかく安静にする
5.太ってもダイエットせず、太るに任せる
  (これは失敗でしたが。)

ご主人をお大事に。重いモノやお子様をダッコするのは
しばらく禁止ですね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

丁寧なご説明ありがとうございます。
取りあえずはCTの結果で手術の仕方を考えるようです。
やはり喫煙も考えなおす必要がありそうです。
このご説明は主人にも見せてあげようと思っています。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/12/10 00:36

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • 自然気胸<呼吸器の病気>の症状や原因・診断と治療方法

    自然気胸とはどんな病気か  肺の一部が破れて空気がもれ、肺が虚脱(きょだつ)した病気を自然気胸といいます。 原因は何か  肺胸膜直下に存在するブレブの破裂によって起こります。ブレブとは、直径1cm程度の異常気腔で、正常肺と異なり破裂しやすく、自然気胸の原因になります。  ブレブの破裂は、運動、怒責(どせき)、咳(せき)などで肺胞(はいほう)内圧が上昇した場合や、飛行機搭乗、ダイビングなどで大気圧が低下した場...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q肺気胸になったあとも胸が痛みます・・・

こんにちは。
僕は去年の冬に肺気胸になり入院しました。
しかし本当になったのは7月で、胸があんまり痛かったので11月に医者に行ったら肺気胸と診断されました(7月の時点で肺気胸だと思わなかったので。)そのため3ヶ月以上右の胸部に空気がたまっていて中で圧迫されていました。
その後、胸の部分を動かすのが怖くてできるだけ動かさないようにしていました。すると3月ごろ胸筋と背筋が痛くなりました。
そこで運動をしました。するとかなり痛みは引きました。しかし
今も少し痛みます。自然気胸になった原因を自分なりに探ってみると
●真冬の朝にマスク無しで運動して一ヵ月後肺が痛くなった。
 その時は一週間くらいで痛みは引きました。
●花火の煙がたまったペットボトルを誤って少し吸い込んでしまった。
この二つが浮かびました。
3月に医者に行きスキャナで断面図レントゲンを撮ってもらい
ガンもないといわれました。しかし3ヶ月以上たった今も少し痛みま
す。3ヶ月空気で圧迫されていた体内の痛みはそんなに簡単に引くものではないんでしょうか。しかし気胸になってない左も少し痛いです。

何か知っている事があったり同じ境遇になった方がいたら教えていただきたいです。ガンかもしれないなどとても心配です。
仕事もしているので病院も行けません。 よろしくお願いします。

こんにちは。
僕は去年の冬に肺気胸になり入院しました。
しかし本当になったのは7月で、胸があんまり痛かったので11月に医者に行ったら肺気胸と診断されました(7月の時点で肺気胸だと思わなかったので。)そのため3ヶ月以上右の胸部に空気がたまっていて中で圧迫されていました。
その後、胸の部分を動かすのが怖くてできるだけ動かさないようにしていました。すると3月ごろ胸筋と背筋が痛くなりました。
そこで運動をしました。するとかなり痛みは引きました。しかし
今も少し痛みます。自然気胸になった...続きを読む

Aベストアンサー

かなりの心配性ですね!
>3月に医者に行きスキャナで断面図レントゲンを撮ってもらいガンもないといわれました。
これ言われててまだ癌かも? ならその時の医者 いい加減な診察してたのかな?
肺気胸 かなり苦しいはずです。ホントなぜ息が出来ないのと思うぐらい・・・
それを5ヶ月我慢してての入院 そんなの1年ほど鈍痛残りますよ。
普通無い物が無理矢理入り込んで5ヶ月も居座ってたのですから 痛いの当然です。
病院から「問題ない」って言われてるでしょ。
大丈夫!長期間温存した報いが今鈍痛で出てるのです。我慢しなさい!

Q気胸は治るの?(長文です)

23歳 男です。4月の9日に自然気胸で入院しました。その時は注射器みたいなもので脱気して安静にしてるだけでした。6日間後肺も膨らんできたとの事で退院したんですが、帰ってきてネットで気胸について調べてみたらみなさん手術をしているらしく、かなり不安になりました。退院2日後に入院してた病院へ行き、先生に「息を吸うと何か胸のあたりでポコポコいううんですよねぇ」って言ったら「そんなの聞いたことも無い」みたいなことを言われまして(汗)今日違う病院でレントゲンをとったところやはり隙間がありました(泣)。
やはり気胸というのは手術しなければ安心して暮らしていけないんでしょうか?僕みたいに注射器で脱気した人や、自然治癒で何年も無事に過ごしている方の意見が少ないので不安で精神的に辛いです。長くてすいませんでした。

Aベストアンサー

入院が6日ですか。私も24歳のときに同じような状況と、同じような処置を受けて入院したのですが、そのときは10日間でした。そのあとも1週間近く体力回復をして、職場に復帰しました。

そのためかどうかは知りませんが、その後は大きなトラブルもなく、15年近く、再発はしておりません。

確か、歌手の前川清さんも、若い頃気胸をやっているはずですが、再発の話は聞いていません。

私は、医者に言われました。「あまりからだが細い人は、気胸になりやすいというデータがありますね。もう少し太れば、まず心配はなくなりますよ。」

私は(男)自らの意に反して、あれからずいぶん体重が増えてしまいました。再発がないのはそのためかもしれませんが、現在は、別の病気にならないかを心配しています。ほどほどの体型がいいですね。

Q軽度の自然気胸が頻繁に再発してます

4年前に初めて右肺の自然気胸になりました。昨年末に再発し、その後1ヶ月に一度再発を繰り返していました。胸痛、背中の痛みと体の中で音がする感覚が不快な程度で、会社に行って仕事(事務的な仕事)もしていました。しかしあまり再発が頻繁なので病院に行ったところ、手術を勧められ胸腔鏡手術を受けました。退院3週間後にまた再発し、その後2ヶ月のうちに3回再発してます。結局、1ヶ月のうち半分(15日間)は再発している状態ですが、主治医の先生は「CTで見ても全く写らないくらい小さいブラが複数あると思われ、再手術をしても小さいブラを見つけきれるかわからない。結局また再発になると思われるので、今できることは無い」と言われました。軽度の再発だからこのまま何も治療せずにいくしかないと。
こういう状態だと、本当にもうできる治療はないのでしょうか?確かに軽度なので苦しくていられないということはありませんが、月のうち半分が再発状態なので、出張で飛行機に乗るとき大丈夫なのか?とか、悩みはつきません。同じように治療ができないでいる方、専門の方、アドバイスがあったらお願いします。

Aベストアンサー

#2です.
失礼いたしました.
すでにカバーリング法についてはご存知で,説明もお受けになっていたのですね.
(ということで,すでにご存知かもしれませんので,今回は「自信なし」にしておきます)

前回書きませんでしたが,自然気胸の患者さんに対して,胸膜癒着術を行うこともあります.
ちょっと検索してみましたが,以下のURLも参考になるかもしれません.
http://www.saichu.jp/practice/b03.html
[診療内容・特色・実績]の,ずっと下の方に自然気胸の治療についてかかれています.


さて,他院受診についてですが,できれば,今の主治医に経過を書いた紹介状をもらって,レントゲン写真などを持参なさるのが最善かと思います.また,必ずしも症状のない時であっても,受診することは問題ないでしょう(もちろん気胸になっている時の方が望ましいですが,なかなかタイミング良くは,気胸にはなりませんよね).

Q気胸の自然治癒(長文です)

鍼治療の時に左肺に穴が開いたようで、その日の夜に救急病院を訪れ「気胸」と診断されました。

そのまま即入院で、レントゲンとCTで経過を観察することに。
(入院期間は5月20日夜~5月23日夕方まで)
空気の漏れが止まっている事や漏れた空気の量が軽症であることから、空気は抜かず、安静にして自然治癒を待つという診断になりました。
家庭で安静にして、何日かおきに通院して、空気の量をチェックしつつ治療していくことで退院となりました。

前置きが長くなりましたが、

質問は、
1.自然治癒は一般的にどれぐらいで完治しますか?
→医者の回答は「個人差があるのでなんともいえない」とのこと。
勿論その通りなのですが大体の目安が知りたいです。

2.「運動・激しい労働はダメ。家庭で安静に」と言われましたが、主婦業や日常生活の中で、具体的に特に気をつける事はありますか?

3.後遺症は?
→医者は「漏れた空気が体内に吸収されて肺が元の大きさに戻ればダメージは残らない」とのことでしたが、「肺に穴が開いた」なんて聞くとやはり素人としては不安で…

突然の災難で「気胸」なんて言葉も知らず、まだ退院してきたばかりで、不安と疑問でいっぱいです。是非アドバイスおねがします

鍼治療の時に左肺に穴が開いたようで、その日の夜に救急病院を訪れ「気胸」と診断されました。

そのまま即入院で、レントゲンとCTで経過を観察することに。
(入院期間は5月20日夜~5月23日夕方まで)
空気の漏れが止まっている事や漏れた空気の量が軽症であることから、空気は抜かず、安静にして自然治癒を待つという診断になりました。
家庭で安静にして、何日かおきに通院して、空気の量をチェックしつつ治療していくことで退院となりました。

前置きが長くなりましたが、

質問は、
1.自...続きを読む

Aベストアンサー

呼吸器内科医です。

1.自然治癒は一般的にどれぐらいで完治しますか?
漏れた空気の量が少ない場合は1~2週間程度で漏れた空気がレントゲンで見えなくなります。

2.主婦業や日常生活の中で、具体的に特に気をつける事
一般の主婦の日常生活では特に気をつけることはないと思います。
一般の生活をされている方で、気胸で制限されることは飛行機です。気胸の患者さんは原則として禁止されています。イギリス胸部疾患学会は「気胸が治ってから1年間は飛行機以外の交通手段を考慮するべき」と厳しいガイドラインを出しています。日本では決まった基準はありませんが、手術後の場合は1ヶ月後であれば大丈夫と判断する医師が多いと思います。医療保険会社の基準は完治後1~2週間後ならOKと判断することが多いです。
近いうちに飛行機に乗る予定があるようでしたら、担当医にご相談ください。

3.後遺症は?
気胸の再発率は自然治癒の場合は50%以上です。手術の場合は再発率は5~10%と減りますが、残念ながら0%ではありません。
しかし鍼などが原因の場合の再発率はほぼ0%と考えていいと思います。

>次の診察は26日16時なので、その時点で改善が見られていれば一週間を目処に完治、改善していなければ具体的処置を受けるということですね。

そうですね。26日から更に1週間位で分からなくなると思います。
また悪化or変化なしであれば、何らかの脱気の処置を受けると思います。
お大事にしてください。

呼吸器内科医です。

1.自然治癒は一般的にどれぐらいで完治しますか?
漏れた空気の量が少ない場合は1~2週間程度で漏れた空気がレントゲンで見えなくなります。

2.主婦業や日常生活の中で、具体的に特に気をつける事
一般の主婦の日常生活では特に気をつけることはないと思います。
一般の生活をされている方で、気胸で制限されることは飛行機です。気胸の患者さんは原則として禁止されています。イギリス胸部疾患学会は「気胸が治ってから1年間は飛行機以外の交通手段を考慮するべき」と厳しい...続きを読む

Q「気胸の手術」の要否について

こんにちは。
6月中旬に病院の呼吸器科で胸部XPと胸部CTを撮り、その結果「気胸」の診断を受けました。当時の症状は「胸の痛み、息苦しさ、背中の痛み、せき」です。
5月から息苦しさはありましたが、その時は自分が気胸である、という認識はありませんでした。今考えてみると、5月には既に肺に穴が開いていたものと思われます。
7月の中旬に外科の医師に手術を申し出たところ、次のように言われました。    
医師「胸部XPを見ると肺はかなり元どおりにもどってきています。だから手術はしないほうが良いです。肺に完全に穴が開いている場合ならば、良い手術ができるが、穴がふさぎかかっている場合には、手術をして体を切って肺を目で見てみても、肺の悪いところがわかりづらく、肺を余分に切り取ったりしなければならないので良い手術ができません。だから、通常こういう場合には手術はしません。 今回は手術をせずに治癒するのを待ち、治癒後に再発した時に手術をする、というのがいいと思います。」
 しかし、現在も気胸の症状があり「息苦しさ、せき」があります。いつまで、「息苦しさ、せき」が続くのかも不安です。放っておけばいずれ治癒するとは思いますが、ブラがある状態では、激しい運動をした際や飛行機に乗った際にブラが再び破れることを常に気にして生活しなければなりません。自然治癒した場合は再発率が50%ですので、どうせならば、今回手術を受けたいと思っております。
ですので、現在は気胸の症状が軽いのですが、私は再発を未然に防ぐという理由で手術を希望しています。
このような場合にはどのような判断をするのが妥当でしょうか。今回手術をすべきか、それとも再発時に手術をすべきでしょうか?

こんにちは。
6月中旬に病院の呼吸器科で胸部XPと胸部CTを撮り、その結果「気胸」の診断を受けました。当時の症状は「胸の痛み、息苦しさ、背中の痛み、せき」です。
5月から息苦しさはありましたが、その時は自分が気胸である、という認識はありませんでした。今考えてみると、5月には既に肺に穴が開いていたものと思われます。
7月の中旬に外科の医師に手術を申し出たところ、次のように言われました。    
医師「胸部XPを見ると肺はかなり元どおりにもどってきています。だから手術はしない...続きを読む

Aベストアンサー

#1です。
>自然治癒後に胸が痛むのは気胸ではないという認識なのでしょうか。もし気胸ではないならばどのような病気であると思いますか。

あくまで気胸の後遺症、という認識ですね。もれた空気が完全に吸収されずにいつまでも残っているとか(自然気胸でそんなケースがあるかどうかは知りませんが)。再検査で異常なしといわれたこと、そのときには気胸についての知識もある程度付いていたこともあって、そんなに不安になる必要はないと判断しました。別の病気かどうかは考えたことはありません。もし別の病気なら、数年も経つうちに何らかの容態の変化が見られるでしょうから。

>我慢強いですね。

胸の痛みといっても、気にしなければ気にならない程度のわずかなものです。我慢するほどではありません。虫歯の痛みのほうがよっぽどつらいです(笑
もし再発したらこんな痛みではすまないことは判っていますから、この痛みが再発したかどうかの目安みたいに思っているところもあります。うまく説明できませんが、痛みが生活の一部、のような感覚でしょうか。

Q気胸になったら禁煙?

気胸になってしばらく経つのですがタバコは吸はないほうがいいのでしょうか?
気胸になった方がいらっしゃいましたら病後の経過等参考に教えてください。

Aベストアンサー

 禁煙した方がいいです。

 一般的に気胸は肺の表面に傷が出来て空気が漏れることで起こります。咳などで肺に圧力がかかりますと傷が開きやすくなります。当然タバコなどで咳や痰を増やすことはよくありません。

 肺の破れやすい状況は続きますので時間がたっても喫煙の再開は望ましくありません。これは手術をしたとしても同じです。その他の通常の生活に制限を設ける必要はありません。参考URLに経験者の話が多いようです。ご参考にしてください。
 

参考URL:http://8156.teacup.com/youki/bbs

Q気胸は精神病か

気胸の放置回復経験者です
2月ほど前に胸痛と呼吸困難を呈し、検査の末「気胸」と診断された。テストの途中だったこともあり鎮痛剤をもらって後日再来院を薦められる。その後再来院したところ見事気胸は回復。
その後胸痛を呈すも医者に行ってレントゲンを撮っても異常なし。

こんな感じで気胸をネットで調べてみたら
「手術しないと治らない」
「放置すると大変なことになるかもしれない」などの記述が。
 そこで手術をしたい意向を親に知らせたものの、麻酔の副作用があるとかで真っ向反対する。
おまけに父は「気胸が再発する事だの考えるな」という始末です。

そこで聞きたいのは
・「気胸を放置して肺水腫になってしまうくらい肺は固まるものか」
・「気胸は放置だけで本当に治るのか」
・「気胸は再発への不安をしているだけで胸痛が走り、再発してしまうのか」
・「気胸は精神病の一種か」です。
自分は大学進学が今住んでいる地域よりも寒い地域になりそうなのでまたそれも不安。ブラを作らない方法や敗れない方法があったら教えていただきたい。
長々とすみません

Aベストアンサー

医師です。

・「気胸を放置して肺水腫になってしまうくらい肺は固まるものか」

まずないです。肺水腫は肺に水がたまる病態でまったく別の病気です。気胸が悪化すると怖いのが緊張性気胸という状態です。漏れた空気で肺が完全に押しつぶされ、心臓も圧迫されます。呼吸が苦しくなり、命の危険がありますので緊急で処置が必要になります。胸膜炎をおこすというのは肺の外側に菌が入り込んで炎症を起こす状態ですが、自然気胸ではきわめてまれだと思います。

・「気胸は放置だけで本当に治るのか」

軽いものは放置で完治します。ただ緊張性気胸になれば緊急で処置がひつようですので同様の症状がでれば我慢せずにすぐに受診しましょう。

・「気胸は再発への不安をしているだけで胸痛が走り、再発してしまうのか」

不安だけから再発する可能性は0に近いです。

・「気胸は精神病の一種か」です。

ご存知の通りブラなど肺の弱い部分が破れて肺の周りに空気がたまってしまう病気です。全く精神病ではございません。

ネットの情報からいろいろ心配されているようですが、
再発率は30-50%くらいあるようです。再発するようなら
手術を受けられた方が良いと思います。ブラが見つかってるなら
早めの手術を検討されてもよいかも知れません。詳しくは主治医に
相談してみてください。

ご両親が反対されるようなら一度一緒に受診して医師の説明を
聞いてみられてはいかがでしょうか。

医師です。

・「気胸を放置して肺水腫になってしまうくらい肺は固まるものか」

まずないです。肺水腫は肺に水がたまる病態でまったく別の病気です。気胸が悪化すると怖いのが緊張性気胸という状態です。漏れた空気で肺が完全に押しつぶされ、心臓も圧迫されます。呼吸が苦しくなり、命の危険がありますので緊急で処置が必要になります。胸膜炎をおこすというのは肺の外側に菌が入り込んで炎症を起こす状態ですが、自然気胸ではきわめてまれだと思います。

・「気胸は放置だけで本当に治るのか」

軽い...続きを読む

Q気胸の治療終了後ドレーンを抜くとき

痛いですか?
麻酔しないみたいなので、今からびくびくしてるのですが・・・

Aベストアンサー

看護師です。

これまで何度も気胸患者さんのドレーン抜去の介助に付いたことがあります。

患者さんへはいつも、
「違和感があると思いますけど、楽になさってて下さい」と
ご説明しています。

つまり、痛みはありません。
その違和感が痛みに感じる方もあるかも知れませんが、
「痛い」という訴えや表情は一度もうかがったことがありません。

どうぞ安心して下さい。

Q自然気胸の治療

15歳・男です。
3日前から自然気胸になってしまい、医師の診察を受けたところ、今は軽度なので入院の必要はない。と言われました。
インターネットで調べてみて、ドレナージ法というもので空気を抜いてやれば早く治るかもしれないと思ったのですが、実際にそうなのでしょうか??
また、この方法は胸に管を刺すんですよね?どのように刺すのでしょう?また、痛みとかはかなりあるんでしょうか?

あと8月16日(発病から約一ヶ月後)に陸上の大会(走り高跳び)があるのですが、それに間に合わせる事は可能なのでしょうか?

Aベストアンサー

肺の虚脱というのは、肺の上の方(肺尖)から徐々に側方、下方(横隔膜の方)にすすみ、さらに進行すると、肺門という肺の入り口の所に縮んでしまいます。

肺の虚脱が肺尖部分に限局しているときは、普通、安静のみで様子を見ることが多く、肺の虚脱がそれ以上広がっているときには、ドレナージを考えることが多いです。

ただドレナージといっても、ただ単に針を刺して空気を抜くだけのものから、太いチューブを留置して持続的に空気を吸引するものなどいろいろあります。

気胸が治るというのは、まず第一に肺からの空気の漏れが止まり、肺の外側に貯まった空気がなくなって肺が完全に膨張しなければなりません。
ドレナージをしても、肺は膨らみますが空気の漏れが止まるとは限りません。
したがって、ドレナージをしたから早く治るとは限りません。

肺が大きく虚脱した人になぜドレナージをするかというと、肺が長期間にわたって大きく虚脱していると肺の膨らみが悪くなったり、膨らませたときに肺水腫という合併症を起こすことがあるからです。

軽度だから入院の必要がないというのは、現段階でおそらく肺の虚脱が肺尖部に限局したわずかなものだからでしょう。
普通は、この程度のものなら空気の漏れは自然に止まり、数日から一週間程度で肺は自然に膨らみます。

ただし、空気の漏れが止まらないときはさらに気胸が進行してしまう可能性もあります。その時は、ドレナージが必要になり、最終的に空気の漏れが止まらなければ手術ということになります。

ドレナージの仕方。
まず皮膚から(肋骨の)骨膜、筋肉、胸膜まで麻酔する。
次に皮膚を切開する(2ないし3cm程度)。
ついでペアンという器具でチューブの進入経路をつくる。
ドレナージチューブを留置し、位置を確認し空気の吸引ができることを確認する。
チューブを固定する。

こんなところです。
麻酔をしますから、痛くはないはず(押されるような感じはある)ですが、下手な医者がやると痛いかも。
刺す場所は、胸の前方か側方のどちらか。虚脱の程度と、患者さんの筋肉の付き方などを考慮して、やりやすい場所をきめます。

8月16日
順調に治れば大丈夫でしょう。
これから進行して手術をするようなことにでもなるとちょっと?かな。
順調に治っても、再発の多い病気だから、確約はできませんけどね。

肺の虚脱というのは、肺の上の方(肺尖)から徐々に側方、下方(横隔膜の方)にすすみ、さらに進行すると、肺門という肺の入り口の所に縮んでしまいます。

肺の虚脱が肺尖部分に限局しているときは、普通、安静のみで様子を見ることが多く、肺の虚脱がそれ以上広がっているときには、ドレナージを考えることが多いです。

ただドレナージといっても、ただ単に針を刺して空気を抜くだけのものから、太いチューブを留置して持続的に空気を吸引するものなどいろいろあります。

気胸が治るというのは、まず第...続きを読む

Q自然気胸のご経験のある方へ

先日、知り合いの男性が自然気胸で入院し、1週間の脱気治療を行って無事に退院し、現在は自宅療養をしているところです。(退院後4日目)
ドレーンがとれた頃にお見舞いに行ったときは、表情は割と元気そうでしたが、歩くのがとってもゆっくり(そろーりそろーりという感じ)でした。

この状況で、以下の点についてお伺いしたくこちらに質問いたしました。
●普通にスタスタと歩けるくらい元気になるのはどれくらいかかるものなのでしょうか。
●回復したら恐らく一度は会うことになると思うのですが、そのときに一緒に過ごす者として何か気をつけることはありますでしょうか。たとえば、歩きすぎないこと、人ごみで疲れさせないことなど・・。
●退院後の心境について
言われてうれしかったこと、逆にふれられたくないことはありますか。
(この病気は再発する可能性が50%らしいと勉強しましたが、そのことはもちろんあまり病気のことはこちらからふれないつもりです。)


実は、この男性は私の元彼で、今でも好きな人です。。
会う約束をしていた前日に急に気胸になって入院してしまいました。
気胸についていろいろ調べましたが、退院後のことがよく分からなかったので、こちらで質問させていただきました。
もちろん本人に聞くのが一番よいとは思うのですが、まだ連絡がとれない状況です。。

私は入院など大きな病気をしたことがないので、どれくらい大変かがよく分かりません。本当は、会う約束をしていた日に「もう一度やり直したい」と伝えたかったのですが、今度会ってまだ体が本調子じゃないときにこんな重い話をされても迷惑なだけですよね。。

なんだか病気のことと、恋愛相談と混在してしまいましたが、何かアドバイスをいただければうれしく思います。

先日、知り合いの男性が自然気胸で入院し、1週間の脱気治療を行って無事に退院し、現在は自宅療養をしているところです。(退院後4日目)
ドレーンがとれた頃にお見舞いに行ったときは、表情は割と元気そうでしたが、歩くのがとってもゆっくり(そろーりそろーりという感じ)でした。

この状況で、以下の点についてお伺いしたくこちらに質問いたしました。
●普通にスタスタと歩けるくらい元気になるのはどれくらいかかるものなのでしょうか。
●回復したら恐らく一度は会うことになると思うのですが、そのと...続きを読む

Aベストアンサー

4年ほど前に自然気胸で入院、同じくドレーンを挿入して
脱気治療しました。自然脱気(?)では胸腔内の空気が抜けて
行かなかったので最後は持続陰圧吸引でした。
ドレーン挿入当初は少しでも体を動かすと胸腔内で
ドレーンが動いて激痛が走りましたが2-3日で慣れました。
というわけで、通常よりやや長期でドレーンを挿入していたため
癒着して、もう再発の心配はほぼないと医師に言われました。
元彼さんも再発は不安に感じているかも知れませんが、
入院しても手術をせずに安静にしているだけで直った場合よりも
手術をしたほうが再発は少ないかも知れません。(単なる憶測です)
ただし僕の場合は反対側にも自然気胸のもと”ブラー”が
X線写真で見つかってるのでそちらは一抹の不安がありますけど。

僕自身は退院時にはそれまでトイレと食事時以外はほとんど
寝たきりのような状態だったので体力が無くていろいろと
動くのが億劫でしたが、1-2日で復活しましたし
痛みも無かったです。唯一縫合した傷口が痒かったぐらい。
仕事にもすぐ復帰し、歩くのは全然問題なかったです。
退院したのであればできるだけ普段の生活に戻るように
心がけたほうがいいと思いますよ。
退院時にもできるだけ動いたほうが直りが早いと言われました。

病気の事を話すかどうかは、僕の場合は全く気にしません。
どんな症状がでて治療はどんなだったか、などなどなんでも
話せますし、興味があったら質問にはなんでも答えられます。
特に自然気胸の場合、性病のようなちょっと後ろめたい
感情も持つ必要はないし、悪性腫瘍などのように人生や死に
ついて考えるほどの重い病気でもなし。

余談ですが約15年前新聞にも載るほど一時的に自然気胸が
流行した年がありました。(たまたま各誌が同時に取り上げた
だけかもしれませんが。)そのときには身長が高く痩せ型の男性が
自然気胸になりやすいとありました。まさにその時期に気胸になった
同級生もこの体型、さらに僕自身もこの体型です。
そしてそして入院中にも看護婦さんに
「痩せてて背が高くて”かっこいい”人がなりやすいのよねー。
よかったじゃない。気胸にかかったって事はかっこいいってことよ。」
と冗談を言われました。

病気ではありますが、なる人はなるし、ならない人はならない、
誰が悪いわけでもなし、後々まで抱えて生きなければいけないものでもない。
#1さんの仰るように怪我ようなものと考えていいのではないかと思います。
骨折とか虫垂炎とか。

色々と心配して連絡を取らないよりも、電話をして直に様子を
聞いたほうが元彼さんも喜ぶと思いますよ。自宅療養中は
あんまりする事もないし入院時とは違って尋ねてくる人も
そう沢山いるわけではないでしょうし。心配してくれてる人がいる
というのは嬉しい事だと思います。本格的社会復帰の前に
慣らしで外に出かけるように誘ってみたり・・・。

4年ほど前に自然気胸で入院、同じくドレーンを挿入して
脱気治療しました。自然脱気(?)では胸腔内の空気が抜けて
行かなかったので最後は持続陰圧吸引でした。
ドレーン挿入当初は少しでも体を動かすと胸腔内で
ドレーンが動いて激痛が走りましたが2-3日で慣れました。
というわけで、通常よりやや長期でドレーンを挿入していたため
癒着して、もう再発の心配はほぼないと医師に言われました。
元彼さんも再発は不安に感じているかも知れませんが、
入院しても手術をせずに安静にしているだけで直...続きを読む


人気Q&Aランキング