白い象ってインドの宗教画などで見かけますが実在するんですか?白い虎はサーカスでみたことありますが・・
あと、象を生物学的に何と呼ぶのかも知りたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 


  現在の時点では、肌の白い象は、種としては存在しません。ただ、遺伝的な欠陥により、稀に、色素が薄く、白い色の象が生まれることがあります。何故か、インドや中国(その他の地域もそうかも知れません)では、白い動物は、吉兆だとか、おめでたいとか、神聖だというような考えがあり、白い象の他にも、普通は白くない動物で白い個体がいると、これを珍重します。白い象は、いまいるかどうか自信がありませんが、過去に相当な数いたはずです。日本では、白い雉が見つかったので、めでたいと言って、元号を「白雉」に変えたことがあります。西暦650年のことだとされています。
 
  象は、生物学的に学名でいうと、現存の象の種類は二種で、アジア象(英語名 Asiatic Elepahnt, 学名 Elephas maximus エレファス・マクシムス)とアフリカ象(英語名 African Elephant, 学名 Loxodonta africana ロクソドンタ・アフリカーナ)です。アジア象は更に四亜種あり、インドゾウ (E.m.bengalensis)、セイロンゾウ(E.m.maximus)、スマトラゾウ(E.m.sumatranus)、マレーゾウ(E.m.hirstus)とあります。またアフリカ象は二亜種があり、アフリカゾウ(サバンナゾウ L.a.africana)とマルミミゾウ(シ ンリンゾウ L.a.cyclotis)とあります。
 
  象の学名はラテン語ですが、アフリカ象の「ロクソドンタ・アフリカーナ」は「アフリカの傾いた歯」という意味で、アジア象の「エレファス・マクシムス」は、「最大の象」の意味でそうです。(参考URL参照)。
 
  因みに象は、分類学的には、脊椎動物亜門、哺乳綱 (Mammalia)、獣亜綱 (Theria)、長鼻目 (Proboscidea)、象亜目 (Elephantoidea)、ゾウ科 (Elephantidae)に属します。ゾウ科(エレファンティダイ)には、五種が含まれ、アフリカ象とアジア象が現存種です。後の三種は化石種で、滅亡しました。(ステゴロフォドン、ステゴドン、マンモスです。マンモス (Mammuthus)は、二万年ほど前まではいました)。現在の象を総称する学名は、ゾウ科 (Elephantidae) の動物ということになります。
 

参考URL:http://member.nifty.ne.jp/PaleG/k_zou03.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

starfloaさん他でもお見かけしました。いろんな知識がおありですね。セイロンゾウ、スマトラゾウは知りませんでした。ラテン語の意味まで書いていただきありがとうございました。

お礼日時:2001/12/08 18:29

こんにちは。


白い象は、種類としては存在しないようです。
ただ、生物は時に色素が欠乏している白い個体(アルビノ)が産まれる事があるので(白くて目の赤いウサギとかがそう)、まるでゼロってわけじゃないと思いますけど…(ミャンマーあたりで発見!とかいうニュースを見たような…(^^;)

生物学的に…というのは、学名のことでしょうか?
学名であれば、アフリカ象がLoxodonta africana
アジア象がElephas maximus だそうです。

ではでは~
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうです。学名のことをいいたかったんです。ミャンマーあたりでみた?ですか。私も死ぬまでに一度見たいものです。ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/08 18:22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【生物・写真あり】これは何という生物で、どういう特徴がある生き物なのか教えてください。 毒はありま

【生物・写真あり】これは何という生物で、どういう特徴がある生き物なのか教えてください。

毒はありますか?危険ですか?

子供が触っても大丈夫ですか?

Aベストアンサー

ゲジゲジ?毒ありです。

Q生物の発生について生物学において生物の誕生は、海底の熱水の吹き出しによりアミノ酸などの化合物が生

生物の発生について

生物学において生物の誕生は、海底の熱水の吹き出しによりアミノ酸などの化合物が生成、その後それらのアミノ酸を元に嫌気性微生物が発生というようなプロセスであったと思います。

実際そのような条件で生物が発生するというのであれば、人口的に同じ条件を作り出し経過監視していれば無生物であった環境に生物は発生する、もしくはそのような傾向が見られるのでしょうか
過去の研究などでこのような実験が行われているのであれば結果に関して教えて頂きたいです。

Aベストアンサー

オパーリンの実験も有名ですが、スタンリー・ミラーが1953年に行なった「ユーリー-ミラーの実験」も、【いわゆる化学進化仮説の最初の実証実験として知られる。】とのこと。
ウィキの記述が、図解も含め、なかなか刺激的で面白いです。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A6%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%BC-%E3%83%9F%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%81%AE%E5%AE%9F%E9%A8%93
ただ、現在的評価としては、
【その後の地球物理学の研究進展により、・・・・・】
【彼の得た結果は現在では認められないものであるが、彼が切り開いたのは生命発生の過程を実験的に検証する方向性であり、これはその後の研究に大きな指針となったものであった。】ということで、今のところ化学進化説が実証されているわけではなさそうです。
ただ、実験結果が認められないのは【酸化的な大気における有機物の合成は著しく困難】という理由かららしいのですが、【あり得ない】と断言しているわけではなく、今後さらに研究が進めば、化学進化説が実証される日が来ないとは言い切れない。

オパーリンの実験も有名ですが、スタンリー・ミラーが1953年に行なった「ユーリー-ミラーの実験」も、【いわゆる化学進化仮説の最初の実証実験として知られる。】とのこと。
ウィキの記述が、図解も含め、なかなか刺激的で面白いです。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A6%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%BC-%E3%83%9F%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%81%AE%E5%AE%9F%E9%A8%93
ただ、現在的評価としては、
【その後の地球物理学の研究進展により、・・・・・】
【彼の得た結果は現在では認められないものであるが、彼が...続きを読む

Q生物の細菌について質問です。 好気性細菌と嫌気性細菌の例を教えてください。 好気性生物と嫌気性生物

生物の細菌について質問です。

好気性細菌と嫌気性細菌の例を教えてください。
好気性生物と嫌気性生物もお願いします。

Aベストアンサー

好気性細菌:結核菌・酢酸菌・こうじ菌・納豆菌
嫌気性細菌:乳酸菌・破傷風菌・ボツリヌス菌

好気性生物:好気性細菌はぜんぶ好気性生物です。
嫌気性生物:嫌気性細菌はすべて嫌気性生物です。

Q生物の質問です。 写真のアのようなニ価染色体が、ある生物の1つの細胞中に5個観察された。この生物の

生物の質問です。

写真のアのようなニ価染色体が、ある生物の1つの細胞中に5個観察された。この生物の体細胞の染色体数は何本か。
という問題です。答えは10本です。

しかし、教科書の減数分裂の第一分裂前期での説明に、「クロマチン繊維は凝縮して染色体になり、相同染色体同士が対合して4本の染色体からなるニ価染色体が形成される」と書いてありました。
このことから私は、ニ価染色体の作りを写真のア、イ、ウ、ように考え、染色体数は20本ではないかと思い、答えの10本が理解できません。

そもそも染色体が2本集まって相同染色体、相同染色体が2本集まってニ価染色体という考えが間違いっているのでしょうか…?

わかる方教えてください。

Aベストアンサー

染色体が観察される状態(分裂期)であるとき、すでに複製されており、染色体2本分が1本として見えています。
その染色体同士が対合して二価染色体となるので、観察上1本に見える二価染色体は4本分の染色体です。
体細胞で考えてみると、その半分の2本が体細胞の染色体数としてカウントされます。
この体細胞とは、分裂をしない細胞(分化した細胞)と考えるのでこの本数となります。
実際は、細胞は分裂するので、間期(M期)であっても、染色体は観察はできませんが、複製されている場合もあり、2本分の染色体を有している場合もあります。

過去のセンター試験の問題でも同様の問題が出題されましたが、「5個観察された」という表現が大切になってきます。二価染色体の本数なのか、相同染色体の本数なのか、観察はできないが、体細胞の染色体なのか、しっかりと見極めて本数を答える必要があります。

ですが、この手の問題は批判が多く、染色体の本数を問う問題は減少するはずで。それよりもDNA量を問う問題が頻出ですので、しっかりマスターしてください。

Q動物の死骸は見かけないのにセミの死骸はたくさん見かけるのは何故?

昆虫や動物って意外と死体や死骸を見かけないですよね、これについては過去ログで同じ疑問をもたれた方が数人いました。

でれも結論は出てないようでした

説1:死期を予期して人目につかない場所で息絶える

でも都心などでは人目につかないところなんてある?

説2:カラスなどの動物の死骸の掃除屋がいる

自然のおきてで死んだら食べられるのはわかりますが
じぁカラスの死骸は誰が食べてるの?

説3:バクテリアなどの微生物が土にかえす

いくらなんでも数分で土にかえらないだろうから
その前に見つかりそうだけど
都心で土が無かったら?

と動物の死骸を見かけないのも謎ですがそのわりに
セミの死骸は沢山見かけます、
あれだけ沢山いるゴキブリも死骸はあまり見ないのに
セミだけ何故?

セミは死期を予感できないから?
セミを食べる動物がいないから?(ネコや犬は食べるみたいですが)

よろしくおねがいします

Aベストアンサー

寿命や生息数との関係もあるのかもしれませんね。
セミは寿命が1週間程度ですし、大きな虫なので、比較的
死骸をが人目に付きやすい・他者に食べられにくいでしょうし、カラスや雀とは、同じ期間に死亡している個体数自体が全く違うのではないでしょうか。

小鳥などになってくると、死期が近い=体調が悪い個体は
あまり動き回らず、薄暗い所や物陰を好み、じっとして
います。その場で死亡しても、あまり人目につくことはなさそうですし、天敵は死ぬまで待ってくれるとは限りません。死体となる前に、補食されることも多いのではないでしょうか。

死体を食べる動物としては、カラスの他にも、イタチなどの小動物・都会では、ネズミが沢山いると思います。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報