例えば、株価10000円の株を100株買ったとします(手数料は省略)
その後1:2の分割が行われ、株価は半分の5000円になりました。通常、株数が倍になるのは約2ヵ月後なので、株数はまだ100株のままです。
この状態で100株全部を申告分離課税で売却しました。
このような場合、課税所得としてはマイナス500000円の損失として計上するのでしょうか。
 現在の状態 10000円×100株=1000000円
 売り 5000円×100株=500000円
 500000円-1000000円=-500000円
それとも、分割が行われた時点で5000円の株を200株所有しているという扱いになり、その内100株を売却したのだから課税所得は0円ということになるのでしょうか
 現在の状態 5000円×200株=1000000円
 売り 5000円×100株=500000円
 500000円-500000円=0円
申告分離の場合、損失かプラスマイナスゼロかは大きな違いなので困っています

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

>分割が行われた時点で5000円の株を200株所有しているという扱いになり、その内100株を売却したのだから課税所得は0円ということになるのでしょうか



この考え方で正解です。基本的に課税所得は実質的に
儲かったか損したかを問題にしますので、株式分割自体
では損得のないように計算します。つまり、今回の場合は
取得価額が1株当たり半分になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
今のところ源泉分離で売却できる状態なのですが、利益がプラスマイナスゼロの状態まで下がれば申告分離で売却することも考えていたので、申告分離売却後の状況が理解できて安心しました。
ちなみに6872日本コーリンがこの質問のモデルです。

お礼日時:2001/12/08 23:57

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q株式分割予定の株はメリットだけですか?

株式分割をすると個人売買者にはメリットが多いと聞きます。

(1)分割するために株価が下がり、今まで手が届かなかったものが買いやすくなる。また、売りやすくもなる。
(2)株式分割をすると配当金が業績が好調なら増配の場合がある。

1:上記のメリットのために株式分割前は比較的株価が上昇しやすいですか?
2:株式分割後は比較的下降しやすいのなら、株式分割前の株価が上昇しているときに売ればキャピタルゲインを得やすいのでしょうか?
3:株式分割銘柄を調べれば、今後いつ分割をするか分かるため、業績が良い企業なら予め、一か月前にでも買っておけば、優待と同様に比較的キャピタルゲインを得られるのでしょうか?

分かりにくくてすいません。ご意見よろしくお願いします。

Aベストアンサー

株式分割の利点は、「流通性が増す」の1つだけです。よって、(1)の指摘は正しいです。

(2)は全くの無関係です。

10,000円札1枚を、5,000円札2枚に両替したとします。これが株式分割です。額に半分に、枚数を二倍にしただけです。枚数を二倍にすると、得した気分になりますか?なりませんよね。株式分割では得した気分にはならないのです。

「株式分割の前後で、分割後換算株価が動く」という話をたまに聞きます。これは勘違いをした投資家が当該株の売買を行なった為に、マーケットが揺れ動いただけなのです。

1ついえるのは、業績の良い会社は株価が上がり続けるために、定期的に株式分割を行なったりします。逆に、下がり続ける株の会社は、株価が異常に低くなってしまった場合に、10倍の株式併合をして株価を上げたりします。

Q300円 1000株 か 3000円 100株か 迷っています

300万円で 銘柄を 選ぶ時 

★ 300円 1000株
★3000円  100株

で 迷っています 

よき アドバイスが あれば よろしく お願いいたします。

Aベストアンサー

その条件だけで比較すること自体、意味が無いでしょう。
300円だけど、一株資産200円、一株益20円
3000円だけど、資産200円、益20円
という基礎体力とか成長性とかを見ないと判断できないんではないですか?
全て同じ条件なら、どっちを選んでも結果は同じでしょう。

Q最近株式分割を行った銘柄を教えてください

先日スペースシャワーネットワーク(4838)が株式分割を発表しました。
これ以外で最近株式分割した銘柄を教えてください。
また今後予定のある銘柄があればあわせて教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

最近は何かブームのように、株式分割する会社が多いですね。意味の無い分割も結構あるようです。

下のURLから1覧できますので、よろしければご覧ください。

私は先日分割したユニチャームペットに、期待しているのですが。

参考URL:http://www.cosmo-sec.co.jp/net_trade/news/division.html

Q1株が100円と1株が10万円のちがいって?

これって発行済み株式数で1株当りの株価が変わってくるのですか?

Aベストアンサー

株式発行時に、旧額面で5万円になるように設定するのが決まりでした。
そのため、
1株50000円
10株5000円
100株500円
1000株50円
以上がまともな企業という判断ができていたんですが、昨今ではこれが改正によりなくなりました。

その名残のような気がします。


発行済み20万株で株価30万円でも

発行済み200万株で株価3万円でも同じことです

Q株式分割のメリット

昨日、目をつけていた会社に株式分割の発表があり、急騰しました。

チャンスロスなんで仕方ないと思いつつも、少し未練が・・・。

株式分割する会社というのは、取締役会で決まるそうですが、会社がどんなときに株式分割しようと決めるのでしょうか?

推測なんですが。
1.株主利益を増し、株主の満足度を高め、さらに株を買ってもらうため
2.株価が十分に(?)上がったため

また、会社自体にとって株式分割するメリットとはなんでしょうか?サイボウズが分割したあとにいきなり時価総額が増えましたが。ただ株式分割しただけなのに、時価総額が増えるのはなんだかおかしくないですかね?

株式分割する要因があれば教えてください。株式分割しそうな株を見極める方法はあるのでしょうか?個人的には高値の株は株式分割しそうな雰囲気を感じますが・・・。

Aベストアンサー

基本的には、単価を下げてより多くの人が買いやすくするためです。流動性が高まれば、株主にとっても売買しやすくなります。

ただ、ここ2年くらいのトレンドで株式分割=人気化という図式があるので、会社側は1の理由を重視していると思います。

分割して時価総額が増えるのは、流動性が大きくなって取引が活性化するからですが、やはり分割=人気化のほうが遥かに大きな要因でしょう。分割後の人気化で企業価値を見直されるケースもあるかもしれませんね。

ちなみに東証は上場している企業に、一単位が50万円で買えるように指導(推奨)しています。ですから、50万円以上の銘柄が基本ですね。あとは東証一部上場を目指している企業は株主を一定数以上に増やさなければならないので、分売や分割をするケースが多いです。

Q日経平均は8000円なのに100円の株がゴロゴロ

わかってます、分割してるのは
でも新日鉄とか三菱重工とか30年以上分割してない株もいまだに100円200円てのはどうゆうことでしょう?
それ以前も頻繁に分割していたようには思えません

例えば新日鉄の場合
四季報やyahooファイナンスで調べると
1950年10月に上場しました、そのころの日経平均は100円
1962年に上場来安値62円、そのころ日経平均は1300円
1983年時点で140円ぐらい、そのころの日経平均は8000円
1989年に上場来高値984円、そのころの日経平均は32000円
2012年時点で200円ぐらい、今の日経平均は8000円台

バブル時には日経平均以上に高騰したようですが、
それ以前は物価の上昇を考えるとホトンド上昇していません
新日鉄以外にも、バブル以前には100円200円なんて株が沢山あるのですが
どういうことなんでしょう?
以前は新日鉄も頻繁に分割していたのでしょうか?
それとも「鉄の時代」でも株価はホトンド上がらなかったのでしょうか
一部のトヨタやソニーみたいなのが数千倍(日経平均自体100倍以上になっているのだから)
なったのでしょうか

東証再開以来の日経平均の上昇と、代表的な銘柄の安い株価の違いが気になってしかたありません

わかってます、分割してるのは
でも新日鉄とか三菱重工とか30年以上分割してない株もいまだに100円200円てのはどうゆうことでしょう?
それ以前も頻繁に分割していたようには思えません

例えば新日鉄の場合
四季報やyahooファイナンスで調べると
1950年10月に上場しました、そのころの日経平均は100円
1962年に上場来安値62円、そのころ日経平均は1300円
1983年時点で140円ぐらい、そのころの日経平均は8000円
1989年に上場来高値984円、そのころの日経平均は32000円
2012年時点で200円ぐらい、今の日経平均は800...続きを読む

Aベストアンサー

ANo.3です。
くどいですがさらに補足です。

>以前は新日鉄も頻繁に分割していたのでしょうか?

新日鉄の具体的データは私も持ち合わせていませんが、バブル崩壊前までは「無償増資(株式配当)」というような方法による株主への利益還元が多かったと聞いています。

「無償増資」は株主にとっては「配当」による利益還元よりもメリットがあります。

なぜなら、少々新株を発行して(分割して)株価が下がっても「右肩上がり」が当たり前の時代にはほどなく株価が戻るので配当と株価上昇のダブルで利益となるからです。

ですから、配当を控え積極的に分割して株価を低位に押さえておくほうが株主利益になるため企業側も積極的に行うようになります。

この頃、日経平均の上昇と個別株の上昇の乖離は非常に大きかったであろうと想像できます。
※TOPIXのような時価総額(株価×株式数)ベースの指数にはない特徴です。

しかし、バブル崩壊後は利益を株式で受け取ると株主は余計な値下がりリスクを抱えることになるので、無償増資(分割)は急激に減少することになりました。(実質的な配当減少です。)

このあたりの経緯についてネット上を少し探して見ましたがあまり適当な資料はありませんでした。
以下の記事が少しだけそのことに触れています。

『中国株も過去の日本株のように』
http://www.risingbull.co.jp/hikaku/

(参考)

『株式分割』 ※「沿革・歴史」の項を参照ください。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A0%AA%E5%BC%8F%E5%88%86%E5%89%B2

ANo.3です。
くどいですがさらに補足です。

>以前は新日鉄も頻繁に分割していたのでしょうか?

新日鉄の具体的データは私も持ち合わせていませんが、バブル崩壊前までは「無償増資(株式配当)」というような方法による株主への利益還元が多かったと聞いています。

「無償増資」は株主にとっては「配当」による利益還元よりもメリットがあります。

なぜなら、少々新株を発行して(分割して)株価が下がっても「右肩上がり」が当たり前の時代にはほどなく株価が戻るので配当と株価上昇のダブルで利益となるか...続きを読む

Q株式分割について

株式分割について
株式分割を行う企業って、どういう状況にあるのでしょうか。
知ってる企業が行っていたので。。。

株式分割のメリット・デメリットも一緒に教えていただきたいです。

Aベストアンサー

今日は

私の勤めている会社でも少し前に分割をしておりました。

一般的には株価が高くなりますと市場での流動性が悪くなります。
それを解消するために株式を分割してそれを改善しようというのが狙いなのではないでしょうか。
この事を考えますと正にこの事が企業にとってのメリットになるのでしょう。

そもそも株式分割はその方がメリットがあるという理由で当該企業が行う事ですからデメリットというのは少ない気がします。
これが例えば株価が一定以上になった場合に分割しなければならない等の規制による分割でしたら話は別になりますが、そうではなく株主総会における決議事項でもありません。

それでも敢えてデメリットを思いつくとすれば、分割により買い易さのイメージを押し出した結果として一時的に株価を上げる事ができますので、年末時などでは資金調達のための道具として使われてしまうのではないでしょうか。

少なくとも私の会社では何かしらの狙いはあるのでしょうが、取締役(は知っているのでしょうが)以外は裏事情を知りません。

Q申告分離課税の利益20万円超えの税金について

申告分離課税は20万円まで、申告不要との事ですが、
20万円を超えた場合
例えば、申告分離を選択した年間利益が50万円の場合
50万円-20万円=30万円なので
30万円の26%が税金として課せられるのでしょうか?
それとも50万円の26%なのでしょうか?
宜しくお願いします。

それから、年間の給与所得等が0円で、株の利益で100万円未満の場合
税金は、払う必要があるのでしょうか?
ご存知の方、教えてください。

Aベストアンサー

>申告分離課税は20万円まで、申告不要との事ですが

これは株式の利益だけの話ではなく、給与・退職金以外の
所得の合計に関するもので、給与所得者に適用されます。

20万円を超えた場合は全額(質問文の例では50万円)
申告する必要があります。なお、20万円以下でも住民税
の申告は行わなくてはいけません。していない人が多い
ような気もしますが。


>それから、年間の給与所得等が0円で、株の利益で100万円未満の場合

この場合は「給与所得者」ではないので、自分で税額を
計算して(各種控除も計算し)ゼロにならなければ申告、
納税する必要があります。

なお、この10月から長期所有株式の100万円特別控除
が始まりますが、これは確定申告の手続きを行った上での
話です。

Q株式分割について

ある企業の株式を所有しています。12月末が配当の権利確定日になります。決算発表は2月です。

もし、のちに株式分割が発表されたら 権利確定日に所有していた人、すなわち12月末に株を所有して持ち越していた方に権利があるのでしょうか。

それとも先に、株式分割が発表されてから その株式分割の権利を得るために株を購入するという感じになるのでしょうか。

みなさん、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

すべては株式分割の実施を発表する際にアナウンスされます。株式分割実施日に株式を保有していれば自動的に株数が増えるわけです。

Q100円~1円単位で動く株【主に新興市場】

ドリテクやイチヤなどの株は値動きが小幅です。

私は千円~万単位で動く株がどういうわけか好きなので
小幅に動く株をどのくらい買えばよいか、とか、買って
利益を出せるのか、ということができず、ほとんど
そういう株を売買しません。

いつも株を買うのは30万円くらいなのですが、小幅に
動く株もそのくらい買えばよいわけなのですが、
利益が出る感じがしないのです。
これって単なる錯覚ですよね?

1円~100円単位で動く株を売買しているトレーダの
方はその辺気にならず売買していますか?

私もそういう株を売買してみたいのですが、どうしても
避けてしまいます。

そういう株の利益の出る買い方があれば教えてください。
(当然大きく投資すればよいわけですが・・・)

Aベストアンサー

>小幅に動く株もそのくらい買えばよいわけなのですが、利益が出る感じがしないのです。これって単なる錯覚ですよね?

錯覚ではありません。価格帯によって呼び値が違いますので、1ティック動いただけで大きく儲かる(損する)銘柄と小さく儲かる(損する)銘柄があります。

上記のようにイチヤなどの低位株でしたら、30円が31円になるだけで、30万円が31万円になるのと同じことです。

つまりリスクもリターンも同等に大きくなるわけですね。1円-100円単位だから呼び値が大きいわけでなく、あくまでも価格帯においてティックの重みが違うということです。

参考URL:http://www.nomura.co.jp/terms/japan/yo/yobine.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報