今、東京の大学に通ってます。地元が九州の方なので一人暮しをしてます。
私の母親は、祖母にすすめられて(半ば強制)創価学会に
入会しています。
母親は幽霊会員なのですが、祖母は熱心な信者です。
母親の友人?にも熱心な信者がいます。
創価学会が良いか悪いかの問題は別として、最近、その勧誘に悩まされています。
人間関係で母親に気まずい思いをさせたくない私としては、どうやってその勧誘(聖教新聞をとることと、学会の活動への参加)を断れば
いいのかわかりません、どうか良い考えがあれば教えてください。

A 回答 (6件)

宗教家の一人として一言申し上げます。


本来、真の宗教は他に寛容(他の意見・考えの自由を認め、そうした意見の人を差別的に待遇しないこと。)になるものなのですが、新興宗教系の一部ではそのようではないようです。内部だけに妄信的にさせるものは、国際的な区分では宗教ではなく、「カルト」に区分され、例えばねずみ講が経済カルトに区分されるように、宗教の臭いをさせていても宗教カルトに区分され、宗教とは扱いませんが、日本では宗教の定義がはっきりしていないので、訳のわからないものを含めて、すべて宗教と言ってしまっています。そこで、理屈上の問題点として区別ができないのでいろいろな問題が生じています。
本来、宗教は「くる者は拒まず、さる者は追わず」でなければおかしいのです。
私の場合、在来仏教の僧侶ですので、あえて仏教について喩えますと、
仏教は、釈尊(お釈迦様)が説いた教えですが、お釈迦さまがその人、その人に合わせて説いています。ちょうどお医者さんが患者さんに合わせて薬を出すようにです。
腹痛の人には腹痛の薬を、風邪の人には風邪薬をです。どちらもその人には必要な薬で、その人にとっては一番の薬です。腹痛の人に風邪薬では役に立ちません。それぞれ相手に合わせています。腹痛薬も風邪薬もいずれもすばらしい薬です。したがって、どれも(どの道も)正しいのですが、自分に合っているかは別物です。自分に合うのはコレだと言うのが「宗教の選択」であります、そしてその決めた道をただ歩ませていただくばかりであります。
腹痛薬が一番良いとか風邪薬が一番だとかは言わないのです。たしかに、自分にとってはそうでしょうが、腹痛薬が一番欲しいと思っている人に良い風邪薬ありますよと案内しても意味がありません。したがって、風邪薬が一番だといっての勧誘はしても意味がないのであります。
ましてや、両方ともお釈迦様が説いたものなのに、こちらが優れているとか言う理屈はありえないのです。腹痛薬が優っていて風邪薬はダメというと、風邪薬を説いたお釈迦様を否定するという自己矛盾に陥ります。
どちらもすばらしいが、自分にはこちらが一番あっていますという、選択をするしかありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 回答ありがとうございます。
仏教の僧侶さんに回答を頂けるとは、思ってもみませんでした。
本当にありがとうございます。
 私も、宗教というもの自体は悪いものとは思っていません。
もともとの宗教の教えは、すごく真理をついていて生きていく上での
教訓というか、本当に良い薬のような気がします。
 いつか、団体としてではなく、個人的にそういう神様や仏様
(特定の宗教にこだわらず)を信じて物事に感謝し慎まやかに
生活していけたら素敵だと思います。
 宗教ばかり頼らず(薬の摂り過ぎも体に毒なので)、
時には宗教の教えを教訓にしながら、
もっと素敵な大人になっていきたいと思います。
 本当に、良いお話を聞かせていただいてありがとうございます。

 

お礼日時:2001/12/10 01:21

こんにちは。


私は近所に住む別の宗教の方からわりと熱心な勧誘を受けたのですが、
そのときは結構いろいろな話をしました。
相手はその宗教がどんなに偉大なものか、自分がどれほど救われたか
ということを熱心に話して、だからあなたもぜひ…と。

私はそのとき、好奇心もあって相手が宗教に入った理由や教義、活動内容など
いろいろ聞かせてもらいました。その上で、今の自分の気持ちとして
自分の力でどれだけ幸せになれるかやってみたい、
もし今あなたのいう宗教に入って、その後幸せになったとしたら
それが何のせいかわからないから、まずは自分の意思だけで
やるだけやるつもりであることを話して、
心細くなって宗教にすがりたくなったら、その時はもう一度話を聞く
こともあるかもしれない、と言いました。

そうしたら、その人もそれ以上は言うことがなくなって、
じゃ、がんばって…と言ってくれました。
以後も後腐れなく、いい関係でいますよ。
知識も増えて、敵も作らず、うまく対応できた気がします。
こんな方法はどうでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちは、回答ありがとうございます。
今日、自分から断りました。
mimosa2001さんの教えてくださったように
やんわり遠まわしに言ったら、分かってくれたようです。
本当にありがとうございます。

お礼日時:2001/12/10 00:45

あれれ?もう「強制入会」は無くなったと思っていたんだけど、まだ続いていたのね。


宗教ですから、布教活動(学会では折伏といいます)は当然の事です。昔は、このような強制的且つ執拗で、夜中でも押し掛けて迷惑をかける事がありましたが、現在の指導方針は「地域や友人・知人との対話」に重点が置かれているはずです。
地方ですから、いろいろな近所付合いとかありますものね。気まずくなるのを避けたい気持ちはわかります。
具体的には、「宗教に関心が無い事」「入会する意志が無い事」「周囲の人達が活動する事に異議を持たない事」「出来る限り協力的な態度を保つ事」などを、先方に意志表示されてはどうでしょうか?まぁ、こう言っても簡単に引き下がってくれるとは思えませんが、やってみる価値はあります。
出来れば、「聖教新聞を3ヶ月程度購読するから折伏は勘弁してください」と言ってみるのはどうでしょうか?
本来なら、新聞・入会共にNO!でしょうけれど、地域住民とうまくやるには、最善の方法だと思うのです。
聖教新聞3ヶ月購読といっても、期限が切れたら再購読を迫ってくるでしょうが、そのときは、きっぱりお断わりして、「数ヶ月したらまた購読するから」と先に延ばしてしまうのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 回答ありがとうございます。
今日、自分から断りました。
「必要になった時は、こちらから連絡するので。。。」という風な感じで。
そしたら、分かってくれたようです。
まだ、すこし不安が残りますが、また来たら自分に団体として活動する
意思がないこときちんと伝えるつもりです。
本当にありがとうございます。

お礼日時:2001/12/10 01:32

はじめまして!宗教ですか・・信仰するのは自由だし、悪いことではないのですが・・しつこいのも困りものですね。

知り合いなら、あるていど距離をおいて付き合うこともできますが・・身内となると、縁を切るわけにもいかないですし・・・でも、宗教の自由、信仰の自由があるわけだから、やっぱりはっきり1度断るべきだと思います。断りかたも、頭ごなしに嫌です!とかじゃなくて「今は、大学で色々やりたいこともあるし、今、入会しても心から信仰することが、できません。なので、もうすこし私がおとなになったら、お話をお聞きしますので、いまは、入会できません。」みたいに、やんわりしたかんじで、最後はできない意志を伝えてみてはどうですか?勧誘も相手は、よかれと思ってしてるのだろうけど、興味がない人にとってみたら、苦痛にしかなりませんものね。今は、大学ライフを楽しんで下さい。誠意を持ってお断りすれば、大丈夫だとおもいます。がんばれ!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 こんにちは、回答ありがとうございます。
今日、断りました。pura7さんがおっしゃてくれたように
やんわりした感じで。
大学ライフ、結構大変なこともたくさんあるけど、
楽しみたいです。
本当に、ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/10 01:44

お母さんは幽霊会員。


(世の中にはそんなのが多いんだろうと思いますよ。本気で信じるのはある意味×××(余談))

お母さんもきっと、おばあさんのことを同じように気遣って入られたのでしょうね。それ故に苦労もしてきたことでしょう・・・。
あなたに絶対の信念があれば断るのは簡単ですが、それができないからここへ相談されているのでしょう。

一番の早道はお母さんに聞くことですよ。『お母さんが困るのなら幽霊会員でよければなるけれど…でも苦労するのは嫌だし、世の中から…見られるのも…』と。
お母さんはあなたがかわいいでしょうから、きっと『入らなくていいよ』って言って下さるでしょう。自分が苦労したことを子供に押し付ける親はいないと思いますよ。

私は無神論者ですが、誰も勧誘してきません。
『世の中の宗教がたった一つだけになり、あなたの宗教が絶対に正しいと証明されたら私から喜んで入るよ。でも、その前に邪教を叩き潰してくださいね。』『世の中にはいっぱい神様がいるなあ…あの世はさぞかしうるさいことだろうねえ』と言っているからかな?。
意志の弱い人が勉強したら、それこそ洗脳されちゃいますよ(笑)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 回答ありがとうございます。
おかあさんに、自分が悩んでいることを相談したら
おかあさんも、創価学会の体制(やりかた)に対して矛盾を感じているのを
話してくれました。
 熱心に信心している祖母(母の継母)から母は、イジメを受けていたこと。
お金をたくさん入れれば入れるだけ、上の位につけること。
その他のことも。。。
 母も、私と同じような気持ちでいたのを知って安心しました。
 母に自分の悩みを打ち明けることができて、本当に良かったです。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/10 02:04

こんにちは。


私も友人に創価学会に誘われたことがあります。
誰でも自分が良い、気に入ってるという物を
勧めたくなるのが人情ですね。

だけど興味のないものは困りますね。
私は友達に長い時間勧誘されたので
「もう創価学会の話はしないで」とハッキリ断りました。
でもご家族となると難しいですね。

一番の方法は自分も信仰をもつことでかねぇ。。(別の)
思い切ってキリスト教を勉強してみるとか。
私が家に来る宗教の勧誘の人によく言う断りのせりふは
「別の信仰を持っているので。」と言っています。

また、私の義兄は義姉の家が創価学会で
義姉を脱会させるために、自分なり創価学会を勉強し
創価学会の矛盾点を見つけ、
それを説明して義姉を辞めさせた経験があります。

いちどご自身で断れる位の創価学会に対する知識を
身につけられてはいかがでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 回答ありがとうございました。
jnte0708さんが、おっしゃてくれたように
これを機会に少し、宗教としてではなく、団体としての
創価学会について、ネットで調べてみました。
そして、きちんと今日、勧誘に来られる方に、
今の自分には、入会する意志がないことを伝えました。
遠まわしにだったのですが。。。。一件落着です。
 実は、今つきあっている彼氏の実家は、創価学会と敵対している宗教らしく
しかも、かなり熱心な信者です。(彼は無神論者なのですが)これから先、結婚のことを考えると少しブルーになります。
彼によると、創価学会もその敵対している宗教も、していること(体制)は
全く同じらしいです。もともとは、同じ宗教なのに。。。
本当に矛盾だらけです。

 でも、今回この「教えてgoo」に質問するのは初めてだったのですが
ここで、質問して本当に良かったと思います。
たくさん回答をいただけて、いろんな意見を聞けて、本当に勉強になりました。
本当に、ありがとうございます。
また、いつかお世話になる時は宜しくお願いします。

 
 

お礼日時:2001/12/10 02:33

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q創価学会の熱心な信者さんへ意見を聞きたいです。

創価学会の熱心な信者さんに聞いてみたいことがあります。
私は分譲マンションに住んでいます。
そこでよく声を掛けてくれた管理組合の人がいます。
あるとき選挙の事で声を掛けられて
口が滑った私は旦那の実家が創価学会を信仰してることを言って
しまいました。
そのとき私達夫婦は信仰をして無いことを言ったのですが
それを言ってからは子供におそわけを持ってきてくれたり
さりげなく集会に誘われたりしてます。
ちなみに中年のご婦人です。

実はこの話には大きい裏があります。
夫は学会2世なのですが私と結婚するときに
私が学会を嫌いなためあこぎな方法で脱会してます。
もともと私のことを嫌いな義理の親は
私との結婚そのものを大反対して
嫌がらせなども受けましたが最終的には旦那が親より
宗教より私を選んだ形で義理の親とは縁を切って
生きてます。

学会の信者さんならわかると思いますが
脱会するにあたって私達は熱心な信者の人なら
卒倒しそうなことをして脱会までこぎつけました。

なんで学会の勧誘を受けるととっても困るわけです。
断りたいのですが管理組合の役員さんなんで
はっきり断るために事実をそのまま伝えてしまったら
今後の生活に支障が出るような気もします。

でもはっきり勧誘を断るには事実を言ったほうが
衝撃があっていいとは思うのです。
ここには書かないですが旦那の親が泣き叫ぶような事をして
脱会までこぎつけてます。(信者さんならなんとなくわかると思いますが)


熱心な信者さんたちは断られるに当たっても
やんわりのほうがいいですか?
それとも事実のままを聞いたほうがいいと思いますか?

ちなみに旦那はこの話をすると興奮して
すぐにでもその人の家に言って真実を言って
二度と勧誘するなと怒鳴りそうな勢いです。

なんでうかうか相談も出来ません。

創価学会の熱心な信者さんに聞いてみたいことがあります。
私は分譲マンションに住んでいます。
そこでよく声を掛けてくれた管理組合の人がいます。
あるとき選挙の事で声を掛けられて
口が滑った私は旦那の実家が創価学会を信仰してることを言って
しまいました。
そのとき私達夫婦は信仰をして無いことを言ったのですが
それを言ってからは子供におそわけを持ってきてくれたり
さりげなく集会に誘われたりしてます。
ちなみに中年のご婦人です。

実はこの話には大きい裏があります。
夫は学会2世な...続きを読む

Aベストアンサー

創価学会員です。

>やんわりのほうがいいですか?
>それとも事実のままを聞いたほうがいいと思いますか?

活動家といっても、その人に因るとはおもいますが、、、

やんわりとでも、選挙なり新聞などの話はしてくるでしょう。
事実をそのまま言えば、逆に強く迫られる可能性はあります。

やはり、御実家の話をしたのは、まずかったと思いますよ。

ここは、「実家はそうですが、自分たちは感心がないと」いうことで、「今後その手の話はお断りいたします。」というように、断ったらいかがでしょうか。

※この手の話は、学会の人間に聞くよりも、一般の経験者の方が、的を得た回答をいただけるかもしれません。

Q祖母が熱心な創価学会

祖母(母方)が熱心な創価学会員です。
私の父と母が結婚することの条件が父の創価学会への入信でした。
そして、私が結婚するときも、主人が入信することが結婚の条件でした。
なので、私たちは一家全員創価学会員です。
そして、全員一つ屋根の下で暮らしています。
そのため、週に2~3回ある集まりのスケジュールは祖母に管理され、さぼったり、行けないというと、ねちねちと「信心が足りない」と言われ、あげく私が参加する集まりがあると、わざわざその家に電話し、私が来ているか確認する始末です。
もともと祖母は頑固な性格で、うちの母とも、私とも性格が合いません。
それで喧嘩になるといつも「信心が足りない」「題目挙げないからこんなことになるんだ」と何かにつけて信心を絡ませて来ます。
周りの創価学会員からみれば、私たち一家は信心深い家族だと思われていると思います。私も母も無理やり押し付けられた役職ももってます。
ですが実際は、祖母以外は、祖母の機嫌をとるために会合に参加し、文句を言われないようにと日々過ごしているのです。
私自身は創価学会を全く信用していませんし、馬鹿馬鹿しいとさえ思っています。
でも、創価学会への批判を口にしようものなら、もうこの世の終わりだとばかりに嘆き、会話も出来ません。
事情があり、祖母との同居を解消することは難しいのですが、正直もう創価学会にはうんざりです。
きっとこのことを幹部に話したりしたら、家に押しかけることでしょう。
創価学会や信心が家庭の平和をもたらすどころか、このことが原因の喧嘩が多々あります。
いっそみんな辞めてしまったほうが幸せなんじゃないかと思うのですが、もう50年近く信心している祖母の目を覚まさせるのって難しいですよね。
学会活動だけが生きがいのような人なので・・・
私たち家族は実家をでることが出来ますが、性格の合わない母と祖母を残して出て行くのは本当に不安なのです。
祖母より先に母がストレスで死んでしまうんじゃないかと思うほどです。
昨日さまざまな要因が重なり、祖母VS私と母で大喧嘩になって、家族崩壊の危機です。
祖母はずっと題目をあげています。また「あんたたちが信心根本にしないからこんな喧嘩になるんだ。3人で題目あげよう」と言ってますが、祖母と唱題なんてしたくないし、50年も信心していて、借金まみれで、その尻拭いを父と母にさせている祖母に功徳がどうだこうだ言われても説得力ありません。
まとまらない文章ですみません。
創価学会員の方、そうでないかた両方の意見を伺えればと思います。
長文読んでいただき、ありがとうございました。

祖母(母方)が熱心な創価学会員です。
私の父と母が結婚することの条件が父の創価学会への入信でした。
そして、私が結婚するときも、主人が入信することが結婚の条件でした。
なので、私たちは一家全員創価学会員です。
そして、全員一つ屋根の下で暮らしています。
そのため、週に2~3回ある集まりのスケジュールは祖母に管理され、さぼったり、行けないというと、ねちねちと「信心が足りない」と言われ、あげく私が参加する集まりがあると、わざわざその家に電話し、私が来ているか確認する始末です。
...続きを読む

Aベストアンサー

学会員です。

「創価学会が生んだ悲劇」の典型的なパターンですね。

「宗教的洗脳者」は、「手に負えません」

「洗脳を解くには」という「サイト」でも言われていますが、祖母さまの「すぐソバに、学会人がいる」だけで、「解けない」らしいです。
カンペキに「祖母さまの周りから、学会を排除して、時間をかけてやるしかないらしいです。」
プロでないと、できません。

ですから、結論的には「祖母さまとの縁を全員が切って、脱会する」しかありません。
もちろん、家には「祖母さまだけ残してです。」

「洗脳者」は、「寝たきりになっても、ひとりでも生きてゆけます。」
そのくらい「強い」です。心配ありません。
ピンチの時には、「仲間」が助けてくれますから、だいじょうぶです。

私から見れば、「信心が足りないのは、祖母さまのほうです。」
なぜ?って、「家族全員を、洗脳できなかった。」のですから。
縁を切られることは、自業自得です。
「人を育てるということ」が、わからなかったのでしょう。
考え直してほしいものです。

「非情」になるしかないです。
お母さまを「説得してください。」
「一緒に、家を出ましょう。私たちはもう限界です。」と。

結論は、お母さましだいです。
悲しい別れですが、祖母さまとは「別れないと、お母さまとあなたが壊れます。」

「てきとうに、振舞える男性軍はいいかもしれませんが、あなたにとっては、苦痛以外のなにものでもないはずです。」

新しい命のためにも、「決断の時」のようです。

私たちの「宗教活動」が、まちがっていたために、このような「悲劇」を生んでしまったこと、「心が痛みます。」
わたしのような「小者」が、何を言ったところで、「学会の体質はかわらないでしょう・・・。」
が・・・、
ひとりでも多くの方が、こういう思いをしないよう、「組織の浄化」を訴え続けていこうと思います。

他にも、よい解決方法があるかもしれません。
私も、勉強します。

お体(心も)に、気をつけて。

学会員です。

「創価学会が生んだ悲劇」の典型的なパターンですね。

「宗教的洗脳者」は、「手に負えません」

「洗脳を解くには」という「サイト」でも言われていますが、祖母さまの「すぐソバに、学会人がいる」だけで、「解けない」らしいです。
カンペキに「祖母さまの周りから、学会を排除して、時間をかけてやるしかないらしいです。」
プロでないと、できません。

ですから、結論的には「祖母さまとの縁を全員が切って、脱会する」しかありません。
もちろん、家には「祖母さまだけ残してで...続きを読む

Q創価学会員(できれば熱心な方)へ

私は26歳主婦です。学会の二世です。
両親が学会員だった為、自然と赤ちゃんの頃に
入会して今に至ります。

夫は私と知り合うまで未入信でしたが、私と結婚するからという事で、当時の地区の方達に説得され、入信しました。
私も子供の頃に知らず知らずのうちに入信していたので信心に対しての確信がつかめていない事と、夫も学会に対して引いている所もあり、二人とも今ひとつ活動に対しては消極的です。
夫はかろうじて同時中継に行ってくれますが、男子部の会合だけは無理!と言っています。
私は同中と、月一回の座談会だけで精一杯です。

学会の平和活動に対しては、二人とも素晴らしいと思っておりますので、年一回の財務や学会のパネル展等の展覧会には喜んで参加しています。
ただ、「行かなくちゃならない」と思う会合は、どうしても億劫になってしまうのです。
また、会合に行くと「近況報告」で、皆さん新聞啓蒙や対話拡大についてガンガン話をしている中、自分だけ何も話す事が無くて、なんともいたたまれない思いがあります。
会員の方は悪気が無いとは分かっていますが、
「友達に(新聞)頼めない?」と、いつも聞かれるのも嫌です。
そして、一回会合に行くと、「今度の○曜日と○曜日出れる?」と、言う具合に、次々会合の予定を言われるのでそれを断るのが気が重いです。
会合ってどうしても出ないとダメですか?

また、結婚五年目という事もあり、そろそろ子供を…と、思うのですが、私は自分の経験から、物心がつくまでわが子には入信させないようにしたいのですが、そういう人っているのでしょうか?

勝手を言って申し訳ないですが、できれば学会に否定的ではない方のご意見がききたいので、活動家の方、いらっしゃいましたら宜しくお願い致します。

私は26歳主婦です。学会の二世です。
両親が学会員だった為、自然と赤ちゃんの頃に
入会して今に至ります。

夫は私と知り合うまで未入信でしたが、私と結婚するからという事で、当時の地区の方達に説得され、入信しました。
私も子供の頃に知らず知らずのうちに入信していたので信心に対しての確信がつかめていない事と、夫も学会に対して引いている所もあり、二人とも今ひとつ活動に対しては消極的です。
夫はかろうじて同時中継に行ってくれますが、男子部の会合だけは無理!と言っています。
私は同中...続きを読む

Aベストアンサー

学会員です。同中と座談会に出席するだけすごいですよ。
座談会はその地区によって雰囲気というかカラーがありますから、良い悪いというのは難しいです。
ちなみに我が地区では「近況報告」とかで全員で一言ずつ発表することもありますが、かなり一般的な「子供が学校に上がった」とか「今度、家を建てた」とか「病気した」とかという話をして盛り上がってます。
男子部にいたっては「彼女ができました~~」とか報告してたり....おいおい。
座談会って気軽に話す場だと思っています。

新聞啓蒙ですが、「できない」ものは「できない」と言ってもいいんじゃないでしょうか....
会合の連絡を受けても「でられない」ものは「でられない」と言ったほうがいいと思います。

Q創価学会、聖教新聞の集金について

今年に入り、親から聖教新聞を1ヵ月だけとって欲しいと言われました。お金は親が出すと言われたので承諾しました。昔から創価学会に全く興味ないので新聞も読むことなく1ヶ月が立ちました。

月終わりに集金が来ると知っており、準備して待っていましたか、3、4ヵ月たっも誰も来ません。
連絡も来ません。

質問ですが、集金の人は配達の人と一緒なのですか?あと、これからどうすればいいか教えて下さい!

Aベストアンサー

私も知り合いから、1カ月だけと頼まれたことがあります。
お金は知り合いが払うそうで、私のところには集金は来ませんでした。
親御さんが頼まれているのであれば、集金は親に来ると思います。
放っておいて大丈夫ですよ。

Q彼女が創価学会の信者かもしれません。

2年近くずっと片思いだった女性に告白をし
お付き合いできることになりました。

今まで以上に話す機会が増え、とても嬉しいのですが
会話の中で、もしかしたら?と感じる部分が出てきました。

具体的には

・家族で初詣に行ったことがない

・クリスマスなどのイベントも家族でやったことがない

※ただし、クリスマスに限らず、正月のおせち料理や
お盆休み、家族の誕生日お祝いなどイベント全般をしない家庭のようです。


・血液型を聞いても、調べたことがないからわからないと言われた


宗教信仰の自由はもっともで、人それぞれいろんな考えがあり
何の偏見も持っていないとずっと思っていました。

しかし自分の大事な人が、あまり評判のよろしくない
新興宗教の信者だとしたら、将来的に結婚や子供を持つと考えたときに
不安で仕方がありません。

(何度も言いますが、創価学会を全否定しているわけではありません。
他人が何を信じようとそれは個々の自由だと考えています)

あともう一つ話に出たのが
ブッダとキリストが現代社会に降りてきた設定の
マンガ『聖☆おにいさん』が面白いと言っていました。

これは思い切り宗教を扱ったテーマだと思ったもので。


自分自身、創価学会の具体的な活動内容については
詳しくありません。
しかし、思い当たることからネットで調べた結果、
もしかしたらと感じてしまいました。

たとえ創価学会の信者だとしても、彼女を愛する気持ちは
変わらない自信がありますが、将来的な問題として
はっきり知っておきたいと思っています。

彼女、またはご家族は信者なのでしょうか?

宗教の問題だけに回答しにくいとは思いますが
お詳しい方がいらっしゃいましたら、ぜひ教えてください。
どうぞよろしくお願い致します。

2年近くずっと片思いだった女性に告白をし
お付き合いできることになりました。

今まで以上に話す機会が増え、とても嬉しいのですが
会話の中で、もしかしたら?と感じる部分が出てきました。

具体的には

・家族で初詣に行ったことがない

・クリスマスなどのイベントも家族でやったことがない

※ただし、クリスマスに限らず、正月のおせち料理や
お盆休み、家族の誕生日お祝いなどイベント全般をしない家庭のようです。


・血液型を聞いても、調べたことがないからわからないと言われた


宗教信仰の自由は...続きを読む

Aベストアンサー

評判が良いとか良くないと言うのには、
偏見が多数みられると思います。
実際のところ本当に評判のとおり悪辣なのか?
評判はともかくとして言っていることとやっている
ことに矛盾はないのか?
基本理念はどうであるのか?
そういうのを他人がこうだからこうだと決めつけるのではなく、
ご自身の目で確認されたほうが良いのではないでしょうか?
もちろんこれは宗教に限ったことではありません。
周囲の意見に流されて物事の本質を見抜けなくなるというのは、
相手さんにとっても失礼に値すると思われますので、
相手さんの意思も汲んであげると良いかと思われます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報