昨日の夕方、空をみたらとーっても大きい月が見えました。ふと、月っていつもあんなに大きかったかなーと思いました。そんなことないですよねー。何故、日によって月の見え方(大きさ)が違うのか、どなたかご存知の方いましたら教えて下さいませ。宜しくお願いします。

A 回答 (5件)

 #1の方と同じ意見です。


あなたと、同じような疑問を抱いている人はたくさんいます。
 下のHPに、親切な回答があります。

参考URL:http://www.intacc.ne.jp/HP/oghr/back/021.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答どうも有り難うございました。又、お礼のメールが遅くなり、本当に申し訳ありませんでした。
有意義なホームページを教えていただき有り難うございます。この質問が、意外と有名なものであると言うことも、今回初めて知りました。(無知ですみません)
私はどちらかと言うと、文系人間なので理系関係は、あまり得意ではありません。今回教えていただいた、ホームページで再確認したことは、人間の脳は、二次元でしかも、左右上下逆のものを処理していると言うことでした。そう言えばそんなこと、習ったような習わなかったような・・・。そしてそれは、経験と思い込みで処理されているなんて、改めて科学の神秘を(?)教わった気分です。又、同じ視角ならば、遠くにあるものの方が、大きく見えると言うこと、分かるような分からないような気分です。(同じ大きさならば、遠くにあるものの方が大きいはずと、脳が経験上処理していると言うことですよね)
ホームページの理解度は、50%程ですが、久々に理系の脳を使った感じです。アドバイス有り難うございました。

お礼日時:2001/01/03 15:13

恐れ多くも、補足させていただきます。



Nakaさんがおっしゃっている「大気圏の厚さ」というのは、見ている角度のことですね。
太陽が真上にあるときは、垂直ですから、レンズの役割をしている大気が薄いですから、小さく見えます。
逆に、日の出日の入りの時は、一番角度がついていますから、大気のレンズが厚くなって、大きく見えるんです。

daizfacさんがおっしゃるように日の出日の入りでは大きさは変わりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答どうも有り難うございました。又、御礼が遅くなり大変失礼致しました。
皆さんから、たくさんの回答を頂きながら完全にギャラリーになってしまい、次はどんな回答が来るんだろーと楽しんでいました。気がつけば、こんなに日数が経ってしまい、しかも、お礼が遅れてしまいました。すみません。(情けないです。)
確かに、eddyさんがおっしゃる通り、日の出日の入りは、昔の青春ドラマで見たような、少し膨張した太陽が見えた気がします。
今回の、質問で以前よりも少しだけ、月の見方が変わり同時に、人間の脳の神秘を少しだけ再確認した気持ちです。良きアドバイス、本当に有り難うございました。
 

お礼日時:2001/01/03 15:27

補足です。



Nakaさん。ロマンを壊しちゃうのは心苦しいのですが、朝日も夕日も大きさは同じです。

一例を・・・
月なのですが、大きさが五円玉と同じってしってました?5円玉の穴のなかから月を覗くと・・・。ほぼ同じ大きさでしょ。

で、いろいろなシチュエーションの月を見てみると大きさは変わらないのです。ごめんなさい。

参考にしてみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答どうも有り難うございました。又、返事が遅くなり本当に申し訳ありませんでした。
朝日も、夕日も大きさは同じ・・・と聞き、ロマンが壊れましたが、より理解が深まると言うか、解決に裏打ちされるものが増え嬉しいです。
確かに、ほぼ同じ大きさでした。少しがっかり・・・。
でも、この疑問は、私が友達と3人でいたときに出たもので多分他の二人は、まだ答えが出ていないか、忘れていると思うので今度自慢げに話そうと思っています。(分かる範囲で簡単に)どうも有り難うございました。

お礼日時:2001/01/03 14:51

◆Naka◆


確かに「錯覚」である部分は大きいと思います。
ところが、朝日と夕日ではどちらが大きく見えるか、と言いますと、90%以上の人が「夕日」と答えますよね。これは「錯覚」だけでは説明のつかない部分です。
月の場合は、逆に昇りつつある月が大きく見えませんか??

つまりこういうことだと思うんです。
真上にある月と、地平線近くにある月の違いはどこにあるのか、と言いますと、その月の光が通ってくる大気圏の厚さにあるんです。
これはちょっと図を書いてみれば明らかですよね。
そして、その大気が日中の太陽によって暖められている場合は、空気が膨張し、さながらレンズの役目を果たすのではないでしょうか?(大したレンズではありませんが…)
したがって、夜の間に空気が冷え切り、沈む頃の月は小さく見えるのでしょう。
同様に太陽も昇るときは、冷えた空気を通して見ますから、大きくは見えませんが、夕日は温まった空気を通して見るので、若干拡大されるのではないでしょうか??

という推察ですが、どなたか突っ込んでくださいね~! (^o^)丿
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有り難うございました。又、御礼が大変遅くなり申し訳ありませんでした。
素晴らしい推察ですね。そんな風にいろいろと想像する力がない私は、おー素晴らしいと唸ってしまいました。確かに太陽が膨張して見えることがありますが、初日の出を見る限り朝日も膨張しているように見える気がします。(私の目の錯覚でしょうか)せっかく答えていただいたのにけちをつけるようで申し訳ありません。全く悪気はありません。
今回、いろいろな方に回答していただき又、Nakaさんのように「どなたか突っ込んでくださいねー」と言うコメントもあり、実際突っ込みもあり・・・とても楽しかったです。それなのに私は、御礼も遅くなってしまい、本当に申し訳ありませんでした。
これからもこれに懲りずに、良きアドバイスを宜しくお願い致します。

お礼日時:2001/01/03 14:41

月ってきれいですよね~



ところで、月の大きさは変わりません。

では、なぜ大きさが異なって見えるのでしょう?

それは、対比するものがあるかないかなのです。

大きく見える月は、おそらく低い位置に見える月でしょう。
わかりやすく、太陽を思い出してください。日の出、日の入りは大きく見えませんか?それは対比する対象があるからです。陸、海などと比較してるから大きく見えるのです。空高くあがってる月(太陽)は対比する対象がないので、小さく見えるのです。

ま、そんなこと考えないで月の美しさにうっとりしたいものです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答を頂き有り難うございました。又、御礼が遅くなり申し訳ありませんでした。
比較する対象物のあるなしで、月の大きさが違って見えるなんて初耳でした。(常識がなくてすみません)確かに、私が見た月は、隅田川の水上バス降り場(浜松町付近)でビルの谷間から、それはもう大きく、美しく見えたものでした。
今年のお正月は、空気も綺麗で日の出も、日の入りも、月もとっても綺麗です。
アドバイス、本当に有り難うございました。

お礼日時:2001/01/03 15:00

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q英語の省略について。

英語の省略について。
 英語の授業で、「be busy (in)Ving のinは省略されて分詞に見えるけど、動名詞なんだぞ。」といわれたのですが、このような英語の省略ってよく聞くんですけど、この場合なんで省略できるんですか?

Aベストアンサー

 「busy in ...ing」や「spend in ...ing」は、1900年代前半までは実際に使われていた用法です。

 Mrs Joe was prodigiously busy in getting the house ready for the festivals of the day. (Dickens)

 I have spent my life in finding that out. (Galsworthy)

 そもそも「in」という前置詞の後で用いられていたわけですから、その当時は当然「動名詞」と考えられていたはずです。その意味では、先生の言われていることは全くの的外れでもないでしょう。

 確かに「動名詞」と「現在分詞」は区別が難しいのですが、英英辞典で「gerund」を調べると「a noun in the form of the present participle of a verb」とされていますので、native speakerにもそれなりの違いは認識されているのだと思われます。

 ただし、現代においては「in」が用いられることはほとんどなくなっていますので「in」を用いた場合には非常に古臭い印象を与えます。例えば、日本語で「私は忙しゅうございました。」という表現は理解できないわけではありませんが、わざわざそのような言い方をする人はほとんどいないでしょう。それと似た感じではないでしょうか。

 なお、今では「go ...ing」で定着している表現も、もとをたどれば「go for ...ing」の「for」が取れた形だと言われています。

 ご参考になれば・・・。

 「busy in ...ing」や「spend in ...ing」は、1900年代前半までは実際に使われていた用法です。

 Mrs Joe was prodigiously busy in getting the house ready for the festivals of the day. (Dickens)

 I have spent my life in finding that out. (Galsworthy)

 そもそも「in」という前置詞の後で用いられていたわけですから、その当時は当然「動名詞」と考えられていたはずです。その意味では、先生の言われていることは全くの的外れでもないでしょう。

 確かに「動名詞」と「現在分詞」は区別が...続きを読む

QVCTはなぜあんなに大きいの?

柱上についている高圧(6.6kv)のVCT (電力需給用計器用変圧器)は、なぜあんなにおおきいのですか?

電力量計を回すだけだからもっと小さくてもいいような気がしますが・・。

やはり、電圧が高いから??

Aベストアンサー

500kW以下の需用設備で使用される普通級(1.0W級)のVCTを記載してみます。

1.VT
変圧器:6,600/110V 容量 15VA×2台
2.CT
変流器 ○○/5A 容量 15VA×2台

VCTに使用される機器は、一般的なVT(50VA)、CT(40VA)より容量の小さい物(15VA)が使用されています。(電子式、計器1台のみ)
機器は小さいのですが、堅牢性、耐塩性・耐水性を保つために碍子ブッシングを使用した上に頑丈な鉄箱に収めるために重量も70kg以上となってしまいます。

電力量計を回す容量のみを考えると充分小さく出来ます。しかし上記の様な理由で全メーカーとも頑丈でしっかりしたVCTを製作しています。

Q英語の日記では、主語の“I”は省略されることが多いでしょうか

英語国人が英語で日記を書くときには、一人称の主語“I”は省略することが多いでしょうか。
例えば、“I joined a party today.”を、“Joined a party today.”と、“I”を省略して、日記には書くことが多いでしょうか。

Aベストアンサー

多いと思います。
友達同士のメイルなどでもよく省略されていますし、私も省略しています。

Q飛行機にカミナリがーー!

飛行中の飛行機にカミナリが落ちても何事もなく飛行を続ける映像がありますが、ほんとになんともないのでしょうかー?実はみんな失神してたりして・・・!

Aベストアンサー

100パーセント安全とは言えません。
雷の電気が通る場所によっては、大きなダメージを受けることもありますし、電位が急激に上がることで起きる障害も発生する確率は決して「0」ではありません。実際落雷で、機体に穴が開いていたことも何度か報道でやっていました。穴を開けるほどのエネルギーが、もし重要な部分に落ちていたら・・・。
ただ限りなく「0」に近いですが、たとえ0.001パーセントの確率であっても、被害を受けたら大変なことになりかねません。

最近の雷実験(高電圧放電実験)で、車の中は安全と言われて言われていたが、たまたまある条件が揃うと、車の中の人を通って放電する場合も発見されているので、やはり100パーセント安全とは言い切れないです。
100パーセント安全であれば、わざわざ雷を心配して遠回りする必要はないのですが、実際は決して積極的に雷を受けるコースは飛びません。まぁ、他の要因もあるのですが・・・。

基本的には外側の金属の部分を通って放電されるので、理屈の上では問題ない現象ですが、始めにも書いたように、雷の電気の流れ方によっては、ダメージを受ける可能性もあると言うことです。
均等に散らばって流れてくれるはずなのですが、何かの原因でたまたまどこかに集中して流れると、その部分を破壊する恐れもあります。
たとえば導電塗料のムラにより、電気が集中するなど。

詳細な放電実験を積み重ねて行くと、今まで常識と思われていたことが覆されたり、実際の現象に対して理論を後付けしたりと、まだまだわからないことも多々あるようです。
しかし分かっている範囲で限りなく安全に作られていますので、確率は「0」ではないですが、少なくとも雷が鳴っているのに、街中をブラブラしているよりは遥かに安全と言えるでしょう。

100パーセント安全とは言えません。
雷の電気が通る場所によっては、大きなダメージを受けることもありますし、電位が急激に上がることで起きる障害も発生する確率は決して「0」ではありません。実際落雷で、機体に穴が開いていたことも何度か報道でやっていました。穴を開けるほどのエネルギーが、もし重要な部分に落ちていたら・・・。
ただ限りなく「0」に近いですが、たとえ0.001パーセントの確率であっても、被害を受けたら大変なことになりかねません。

最近の雷実験(高電圧放電実験)で、...続きを読む

Q会話時の英語においての主語の省略

おはようございます。
英語における主語の省略についての質問です。
日本語では「私はそこにいった」という意味の事柄を述べるとき
話の前後関係で
私はの部分を省略することができますが
英語では無理なのでしょうか?
例えば
went there.といえば 命令文でもないし、
二人で話をしているとしたら聞き手が行ったということもないでしょうから、話し手がそこへいったということが明確だと思うのですが。
会話において、英語では主語は省略されないのですか?
またはかなり弱く発声されるのでしょうか?
お分かりになられる方、教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

25年以上殆ど英語の生活をしている者です。

命令形や詩、古典など特殊な場合を除き、英語の会話やメール、手紙で主語を省略することはあり得ないと思います。

これは英語が動詞の変化の少ない言語だからだと思います。例えば一人称、二人称、三人称と動詞がそれぞれ変化する言語なら主語を省略することがあります。

ロシアに行ったらロシア人は主語をバンバン省略してロシア語を喋っていますし。

普段英語を喋ったり書いたりするときは、ほぼ100%の確率で主語は省略しないと考えておいたら間違い無いと思います。

Q太陽(月)が大きく見える理由

太陽や月がたまに大きく見えたりしますが、あれはなぜなんでしょう? 夏に多く見える気がしますので、何か夏の気候が影響しているのでしょうか。

Aベストアンサー

質問が地平線の太陽と頭上の太陽の大きさの違いというなら
先の方が言うような目の錯覚や大気のレンズ効果というものかもしれませんね

一つ参考になるかも?というページを載せます。
これなら視認もできるでしょう 日食関係のものです。

ちなみに近くにあるのに暑く感じない?という質問は
地球の自転軸が公転の軌道に対して傾いてるからですよ。
日本に四季があるのは どうしてか?ってことと同じです。
夏と冬では太陽が南中したときの角度が違うでしょ?
ですから 冬に近くても角度が低いから熱が分散反射して
いるからですね。

参考URL:http://www5b.biglobe.ne.jp/~sekitaka/taiyou/taiyou.htm

Q以前塾で英語の受動態の単元を習った時、 byのあとの省略について、 by us, by you,

以前塾で英語の受動態の単元を習った時、

byのあとの省略について、

by us, by you, by people, by someone

は、省略可能で

by a lot of peopleとby many people

は、省略不可と教えてもらいました。

なぜ a lot of や many が付くと省略できないんですか?

Aベストアンサー

○by us, by you, by people, by someoneというのは「一般的」だから省略可能なのです。

 たとえば、日本語でも、「ベニスは水の都と呼ばれている。」、「ライオンは百獣の王と呼ばれている。」・・・これらは「誰が」ということではなく一般的に呼ばれているから明示する必要がないのです。

 これに対し、a lot of people,many peopleは「限定的」なのです。数の多少とは関係なく、限定された人々なのです。だから、受動態になった時、省略は一般にしないのです。

Qふと、考えてみました

新しいエネルギ-について考えてみました。
『人力発電』というのはどうでしょう?
まずこの方法のメリットは、地球にやさしいことです。
さらなるメリットとして、雇用問題も解決されます。
しかも、きわめて安全です。
この発電方法どうでしょう?
御意見お願いします。

Aベストアンサー

面白い発想ですね。


これを費用面から少し考えてみます。

自転車選手(欧米のプロロードレーサー)クラスで、人間の動力は1馬力弱。
その時の1日(8時間)あたり所要カロリーを約5000kcalとしてみましょうか。

日本人ですから、そのカロリーを白米で採るとして、白米1kgは約1700kcal。
白米の品種を「ひとめぼれ」とすると、kgあたり400円くらいですかね?

すると、人力はKWhあたり約200円。 対する電力系は、大体kWhあたり20円前後
でしょうから、そのままでは微妙かもしれませんが、発想の部分は非常に面白いと
感じます。


ちなみに、昔はこれに似たものがあったんですよ。
例えば、手回し式の電話ですと、電話線系統に電気を流しておくのが勿体ないので
呼び出し側の電話機についているハンドルを回すことで発電して、それで相手側の
電話機の呼び出しベルを鳴らすって方法をとってましたし
軍隊なんかじゃ、野戦用無線の一部が手回し発電で動かされていたはずです。

今では廃れましたけど、時代が変われば再度出てくる可能性はありそうですね。 :-)


以下に計算式を書いておきます。

 【 人間の発電量:A 】
  = 人間の馬力×"馬力→Wへの換算係数"×8hr
  = 1HP × 0.7457 × 8hr
  = 約6kWh

 【 白米の発熱量単価:B 】
  = 白米のkg単価 ÷ 白米1kgのカロリー
  = 400 ÷ 1700
  = 約0.24 円/kcal

 【 Bを元にした一日の食事代:C 】
  = 1日の摂取カロリー × B
  = 5000kcal × 0.24円/kcal
  = 1200円

 【 Cを元にしたAの単価】
  = C ÷ A
  = 1200円 ÷ 6kWh
  = 200円/kWh

面白い発想ですね。


これを費用面から少し考えてみます。

自転車選手(欧米のプロロードレーサー)クラスで、人間の動力は1馬力弱。
その時の1日(8時間)あたり所要カロリーを約5000kcalとしてみましょうか。

日本人ですから、そのカロリーを白米で採るとして、白米1kgは約1700kcal。
白米の品種を「ひとめぼれ」とすると、kgあたり400円くらいですかね?

すると、人力はKWhあたり約200円。 対する電力系は、大体kWhあたり20円前後
でしょうから、そのままでは微妙かもしれませんが、...続きを読む

Q英語を話すときに、省略することがおかしい場面はあるのでしょうか? 例えばwanna 、tryna 、

英語を話すときに、省略することがおかしい場面はあるのでしょうか?
例えばwanna 、tryna 、he's/she's 、I'm/you're 、there're などなど…。
会社との契約時には省略形は使わない方が良いだとか、目上の人には使わない省略の仕方などあるのでしょうか?

Aベストアンサー

wannaとかgonnaとかの省略形っていうか崩れた言葉って感じ。
それらはビジネスの場面では使わない方が良いと言われてるね。
とは言え、実際にはみんなちょいちょい使ってるけどね。
目上の人なんかには、want toとかじゃなくてwould like to とか使うけど、その時はI'd like toって省略するのは特に問題ないね。
それと、It'sとかI'mとかは、まさに省略形なんだけど、こういう省略形はどんな場面でも普通に使うよ。
逆にこういうのは省略しないと相手は違和感があると思う。

Q朝日新聞社は何故、あんなにクズなんですか

 2013/03/08衆議院予算委員会の中山成彬議員が、朝日新聞社が従軍慰安婦問題を捏造した件について様々な証拠を提示されましたが、それに対する朝日新聞社の説明が全くなされてないのは、何故でしょうか? 
 更に、歴史認識を捻じ曲げて教える日教組もなぜあんなにクズなんでしょうか?小学校で学んだ歴史がことごとく、嘘八百である事がここ数年、自分で調べて行くと解り大変な憤りと恥ずかしい思いをしています

 

Aベストアンサー

先月25日だった?アメリカの国務省 ベントレル副報道官の記者会見の報道をテレビ朝日がANNニュースの中で酷い捏造してたよね。

韓国人売春婦記者の『日本の安部総理が 憲法96条を改正しようとしてるが…アメリカはそれを…どう思っているのか!?』

……の部分はベントレルが記者の発言を 遮って『日本の問題は 日本の方に聞いてくれ』って答えた部分。

尚も例によっていつもの如く『憲法96条の改正は 憲法9条を変える為の伏線…アメリカはそれを容認…するのか!?』としつこく食い下がる。

ベントレルは『それは日本の問題だ、アメリカは内政干渉しない』とキッパリ撥ね付けた。

それでも詰め寄る記者に『日本の方に聞いてくれ!!…ハイ♪次の方!!』と別の記者を指名した。

その一連のやり取りをテレビ朝日ANNニュースは『憲法96条の改正問題に対してアメリカからも懸念の声と伝え、ベントレル副報道官の言葉の和訳をフリップに流した。

『それについてはアメリカも懸念を持ってる…日本大使館にはまだ抗議はしていない…』

これってどうよ? ベントレルは一言だってそんな内容の言葉は言ってないし、懸念どころか記者の質問を最初から 撥ね付けてる。ましてや内政干渉するつもりはない…がまだ抗議していない…になってるし。

明らかにこの報道は放送法の第2章 第4条の3項…報道は事実を曲げないでする事。に違反している

ずっとテレビ朝日見てる訳じゃ無いから その捏造報道をテレビ朝日が謝罪訂正したかは定かでないが、何も知らずにあのニュース見た人達には 憲法96条改正問題に対して明らかにマイナーなイメージを与える事は必至。

放送事業者には総務省より免許が与えられてるが、自動車運転免許と同様に扱うべきだと思う。免許制である以上、違反が有れば その違反の度合いに対して行政処分が有ってしかるべきだし、有るのなら それが国民に分かりやすくしてほしいものだ。

新聞や雑誌をどのようにするか?少しでも規制かければ、やれ言論や表現の自由の侵害…憲法違反となるだろうし。

要するに、憲法の言論・表現の自由が 報道機関のモラルハザードを引き起こしてるのは確かだ!!

ならば、格付け機関作って 各報道機関・放送事業者に対して 過去からの偏向報道や捏造報道等を基に 格付けしてくれれば 国民には理解しやすいし、偏向や捏造報道を抑制また放送事業者や報道機関のモラル維持に繋がらないだろうか?

国民の知る権利の範囲で有ると思います。

先月25日だった?アメリカの国務省 ベントレル副報道官の記者会見の報道をテレビ朝日がANNニュースの中で酷い捏造してたよね。

韓国人売春婦記者の『日本の安部総理が 憲法96条を改正しようとしてるが…アメリカはそれを…どう思っているのか!?』

……の部分はベントレルが記者の発言を 遮って『日本の問題は 日本の方に聞いてくれ』って答えた部分。

尚も例によっていつもの如く『憲法96条の改正は 憲法9条を変える為の伏線…アメリカはそれを容認…するのか!?』としつこく食い下がる。

ベントレルは...続きを読む


人気Q&Aランキング