仕事で分厚い資料の背表紙を手で押さえながらのコピーが結構多いのですが、緑色の光線を手首あたりに浴び続けても大丈夫なのでしょうか。あの光線の正体は何ですか?
電子機器のまわりではよく電磁波が出ていると聞きますけど、コピー機の緑の光線も電磁波なのでしょうか。
いつもコピーをとる時に不安を感じています。
アドバイスをよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

コピー機のスキャナランプは、ハロゲンランプ、キセノンランプ、蛍光灯が主に使われています。


電磁波は出さず、光の波長を出しています。体に浴びても健康に影響はありませんが、強い光なので、あまり直接は目で見ないほうが良いですね。

匂いに関しては、以前の機種ですと、ドラムの高圧帯電部でオゾンが発生していました。その匂いを取るためファンをつけてオゾンフィルターを組み込んでいましたが、最近のモデルではそもそも帯電機構が改良され、オゾンがほとんど出ない構造になっています。

電磁波にしろオゾンにしろ、いずれにしてもあまり神経質に気にすると却って健康に良くありません。電磁波なんて電気製品があれば多かれ少なかれありますしね。電子レンジに頭突っ込んで通電とか、極端な電磁波の受け方をしない限り、健康被害は無いと考えても構わないでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい説明をありがとうございました。
これからはあまり気にしないようにします。

お礼日時:2005/12/06 21:39

はっきり言って「電磁波は体に悪い」という言い方自体が迷信に近い物なので「気にしない方が健康にはいい」といえると思います。



電磁波とひとくくりにしますが、波長によって大きく性質が違いますので、「~波」というように波長を特定しない意見はあまりにも「非科学的」です。

例えば電磁波の内、赤外線などは「無ければヒトは死んでしまう」し、可視波長などは無ければ随分困ります。

こういう風に「~は体に悪い」という風評を気にしすぎると「プラシーボ効果」と云って健康な人が体をこわしたり、逆になったりする事がありますのでそちらの方が危険です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答をありがとうございます。
私の場合、「プラシーボ効果」の方に注意しないといけませんね。
気をつけます。

お礼日時:2005/12/06 21:48

電磁波は、光(可視光線)、電波、赤外線、紫外線、X線、γ線の総称ですね。

TVやパソコンのディスプレイだけでなく我々の体も電磁波(摂氏36.5度前後に対応する赤外線)を放出しています。
電子レンジの中ならともかく、コピーの光は安全だと思いますよ。大体コピー機の光が危険なら我々人間は太陽の光(当然コピー機の光の波長も太陽光線は含んでいます)の下で生活できませんよ。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%BB%E7%A3%81% …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

よくわかりました。
これからは安心してコピーがとれます。
ありがとうございます。

お礼日時:2005/12/06 21:45

光線も電磁波も健康には何の影響もありません。


それよりも,コピー機の周りに立ちこめる生臭い臭いが気になったことはありませんか?
長い時間かけてコピーをしているときに目が痛くなったりしたことはないでしょうか?
気がつかないなら余計なことは言わないに越したことはありませんが,断じて光線のせいでも電磁波のせいでもありません。
健康に影響のあることがらについては取扱説明書をご覧ください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

生臭い臭いには気付いていました。
目が痛くなったことは今のところないですね。
ちょっと気になるので機会があれば説明書を見てみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2005/12/06 21:33

電磁波って、本当に体に良くないの?


その真偽はご存じですか。
コピー機から出ている光は単なる光です。
電磁波は目には見えません。
電磁波で強力なもの、身近にあるものは、電子レンジと携帯電話です。
個人的には携帯電話を使う場所が脳のそばということで危ないとは思っています。コピー機は気にすることもないでしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

携帯電話で長電話をずっと続けていると電磁波の影響で脳腫瘍になる可能性があるとか、電子レンジの横と後ろから電磁波がたくさん出てるからあまり近くに寄らない方がいいというのをテレビで見たのと、パソコンの仕事の人が電磁波から身体を守るエプロンを着けていたりするので、電磁波がすごく気になるようになっていました。
でもコピー機は大丈夫そうですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2005/12/06 21:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q電磁波の人体への影響について

私の住んでいるマンションの正面に、某携帯会社の電波塔が立っています。なんだか、電磁波の人体への影響が怖いです。 まぁ、それをいえば電化製品などの電磁波も怖くなるのですが(笑)

そこで、電磁波を防ぐシートやそのたぐいの製品が売られてますよね?ああいいったのを使うことで、少しは効果が見込めるのでしょうか?
ちなみに私は、電磁波過敏症という病気もあるように、電磁波の人体への影響はあると考えています。

Aベストアンサー

電磁波が人体にどの程度影響が有るかはともかく、電磁波を避けるという意味では金属繊維で覆うというのは、ある程度は効果があると思います。

ただ、人体への影響を避けるためと言うことであれば、頭のてっぺんからつま先まで(もちろん目も口も)隙間無く全て覆わなければ意味が無いですよね。
病気なら仕方ないですが、普段の生活にはそれなりに不自由になると思います。

もちろん、携帯電話の基地局だけじゃ無く、携帯電話本体からも、普通に基地局まで届く程度の電波が常に出ているわけですから、電源の入っている携帯電話そのものを身体近くに置いておくとか、頭の近くに近づけるとかというのはもってのほかです。

Q「気」の正体は何だと考えられますか。電磁波に関連しているのでしょうか。

「気」の正体は何だと考えられますか。電磁波に関連しているのでしょうか。

Aベストアンサー

「気」は格段に進んだと見られる現代科学でも掴めないでしょう
私にも解りませんが離れていても感じる又は影響を与える事から
何らかの 波 つまり電磁波の一種と考えて良いでしょう

世間ではあまり知られておりませんが現代科学でも掴めないモノがあります
私にも ある事 が出来まして離れていても届くのです
知り合いとその上司である京大出の博士二人で実験したそうですが(この二人も出来ます)
結局解らなかったそうです 只し ある物に変化を与えたそうです

現代科学は進むだけ進み 殆ど知り尽くされた と思われておりますが
これは 人類のおごりでしょうね?
まだまだ解っていない事の方が多いようです 実験台にすら乗せられないのです。

Q電磁波の周波数と人体への影響について

まず、いろいろ調べてみて普段身の回りでどのぐらいの電磁波が出ているのかはわかっています。電圧、電流、距離に反比例します。

・http://www.mukugi.com/kinomi39.htm
・http://okwave.jp/qa4181421.html

問題は同じ出力の電磁波でも周波数によって違うそうです。docomoのHPを見ると携帯電話は周波数的に人体への影響は無いと説明されています。

具体的に同じ強さの電磁波(2mガウス)であったとして、何ヘルツの電磁波が人体に一番まずいのでしょうか?
周波数によって人体への影響はどのぐらい差があるのでしょうか?
或いは周波数別に人体に対する影響をグラフ化したものはありますでしょうか?

以上、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まだ検討中の段階
たしかに人体に影響はあります

一般に周波数が高くなるほど水分子の振動が大きく成ります
電子レンジの周波数は2.45GHz帯

電子レンジが身近で一番危険ってことです
遮蔽されているので大丈夫とされている

グラフは見たこと無いです

http://www.tele.soumu.go.jp/j/sys/ele/body/protect/index.htm
http://www.arib-emf.org/research/modules/tinyd3/index.php?id=9
http://www.niph.go.jp/soshiki/seikatsu/seiri/html/WHO/No193rvs.pdf

Q胴は電磁波を通さないと聞きましたが胴以外に電磁波を

胴は電磁波を通さないと聞きましたが胴以外に電磁波を通さない物ってアルミでも鉄でも箱を金属で作って中に入れたら電磁波を遮断出来るのでは?

胴だけ電磁波を遮断するのでしょうか?

Aベストアンサー

胴じゃなくて銅ですね。

金属なら電磁波を遮断するので、例えば電子レンジは内部に電磁波を閉じ込めてますね。

Q人体に影響がある電波、電磁波について

どなたか、電波、電磁波の領域に詳しい方はいらっしゃいませんか?

この電波、電磁波の中で、人体に影響がある領域の周波数、強さを
知りたいのですが、いろいろあると思うのですが、肌で感じる
くらいの領域を中心に全ての周波数、強さをお教えいただけると
大変助かります。

日々、そのような影響で体調が悪いような気がするのです。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

★回答があったのに締切りされていないので
敢えて書き込みします。

人体に影響を及ぼす電波・電磁波は
主に短波帯とSHF帯になります。
具体的に言えば16~30MHz
2400MHz~6000MHzあたりになります。

またすべての電波・電磁波は出力を異常に多くすれば
どの周波数でも悪影響は出ます。
空気の振動である音、でも大音量なら難聴になったりしますよね。
それと同じで人間としての程度問題の範疇になります。
例外に相当する事例を引用してさも危険のように煽る
電磁波は危険だ信奉者たちは姑息な論理すり替えで事実を歪めています。

整形外科などで治療用具として使用される
高周波医療機器は「電波・電磁波」が人体に影響することを逆用して
それを治療に使っているわけです。
毒をクスリにしているわけで、ではどういう影響か…というと
電波を当てて、人体内の水分を加熱して血行を促進するのです。
シップのように外部から熱を加えるのではなく
内部が発熱するので効率がよいのです。
周波数は16/27MHzが多くISM周波数と呼ばれています。

UHF周波数は電波・電磁波の表皮効果により
人体内部に電波がまったく浸透していかない、という特性があり
異常に大きい出力の電波を浴びた場合でも
表皮のみ電磁誘導加熱でほんのり温まる程度にすぎません。

VHFの電波は出力が弱くてもアンテナに直接触ったりすれば
皮膚の内部まで火傷になります。
しかし離れていればまったく影響はありません。

2400~6000MHzの周波数帯の電波も表皮効果が大きくなりますが
電子レンジのような1200ワットなどという考えられない高出力では
皮膚の表面を流れる電波によって人体内部の水分が加熱されて
火傷になります。
「常識」を外れて異常な状態の事例をもって危険と「脅かす」のは
科学的検証とはいえず、科学を冒涜する非難されるべきものです。

危険を煽る、自転車や自動車も危ないので道に出るな、というような
ちょっと考えれば異常に気付く暴論なのに
電波だと無知につけ込んで「あたかも真実」のように見せかけます。
詳しい者たちの「啓蒙」が不充分なために
不安にさせて申しわけありません。
電波は常識の範囲内ならすべて安全なものです。

★回答があったのに締切りされていないので
敢えて書き込みします。

人体に影響を及ぼす電波・電磁波は
主に短波帯とSHF帯になります。
具体的に言えば16~30MHz
2400MHz~6000MHzあたりになります。

またすべての電波・電磁波は出力を異常に多くすれば
どの周波数でも悪影響は出ます。
空気の振動である音、でも大音量なら難聴になったりしますよね。
それと同じで人間としての程度問題の範疇になります。
例外に相当する事例を引用してさも危険のように煽る
電磁波は危険だ信奉者たちは姑息な論理...続きを読む

Q可視光線について

可視光線って一般的には360nm~830nmくらいとされていますが、これって個人差はあるのでしょうか?
可視光とは人間の目に見える範囲の波長だと理解していますが、人によって360nm以下の色、また830nm以上の色を認識できることもあるでしょうか?
私の近くに設置してある赤外線LEDカメラの放つ波長は850nmなのですが、これは可視光を超えた波長ですが、LEDは赤くみえます。
防犯カメラでも900nmを超えた波長の製品は何も見えないそうですが、可視光の範囲とされる830nmは絶対的な値ではないということでしょうか?

Aベストアンサー

赤外線LEDの分光曲線を見ると850nmがピークですけどその前後も出ていますね。この図だと760nmぐらいから出ている。
http://www.optex-fa.jp/tech_guide/light_guide/index_01.html
だとすると830ぐらいまで見えている人なら見えるだろうと思います。

レーザー光のように単波長ではありません。

可視光を完全にカットするにはIR透過フィルターを追加すれば可能ですが、これも可視光を全く通さないものを使うと波長の短い赤外線もロスしてしまうので光量が落ちるからなかなか使えないのでは。
書かれている900nm超のLEDは分光曲線の脚が830超の所から始まっているのでしょう。

Q電磁波と希硫酸の人体への影響

友人のご主人が銅の精製に関わる施設に長期出張(1年くらい)する予定です。
施設の環境について人体、健康への影響を心配されています。
職場のほうにも確認したそうですが、問題なしというはっきりとした解答がない
(今までに健康に問題が起きた例はないけれど、理論的な証明はないということのようです)
情報が少なく答えづらいかと思いますが、詳しい方がいらっしゃいましたら教えてください。

(1)100V、7000A、の電磁波が測定される環境が人体へ与える影響。

(2)16%希硫酸を扱うため、その蒸気を吸う環境が人体へ与える影響。また、手についたとき、目に入ったときなど想定される事故の人体への影響。

友人から聞かれたことはこの2点です。どちらか片方への解答でも結構ですのでどうぞよろしくおねがいいたします。

Aベストアンサー

>>(1)100V、7000A、の電磁波が測定される環境が人体へ与える影響。
銅の精製関連ですとご心配される「電磁波」の影響はあまりないと思われます。と言うのは電流が大きいのは精製する銅の量が大きいためで、電極部分あたりでの電流は大したことがないからです。これが高周波ですとかなりの影響があるのですが、銅の精製には通常直流電流が用いられますので、電磁波と呼べるたぐいのものは漏れ出てきません。もちろん電場(電圧の傾き)が外部にも表れますが、それでしたら交番電場(交流)のある家庭内の配線や電気器具から漏れる電場の影響の方が大きいことになってしまいます。
>>(2)16%希硫酸を扱うため、その蒸気を吸う環境が人体へ与える影響。また、手についたとき、目に入ったときなど想定される事故の人体への影響。
(1)で指摘されたような電流を用いて銅の精製を行っている事業所での労働衛生管理は極めて厳格で問題は無いと思います。と言いますのはもし少しでも人体に影響が起こるような営業を行いますと、労働衛生監督署から、営業を止められてしまい、その損害は場合により数億にも上るからです。
ご友人のご主人様が実際に精製にあたる「現場」に就業されるのか管理に携わられるのか分かりませんが、現場に配属される場合には就業規則に定められた防護具を「うっとうしくとも」外さずに、決められた手順で仕事をされることが肝要です。さもないと事故が起こった場合、補償されるどころか、その事故の責任を問われて事業所に損害賠償を支払わされることになりまねません。
また管理の仕事場にいる場合、現場の作業者が安全に仕事を行っていることを間接的に監視する立場(たとえば防護具の定期的購入、終業時間後のシャワーの故障の有無の確認、就業日誌の管理など)になる場合もありますのでかえって現場より気を遣います。
最後に(1)も(2)も私に言わせれば大したことではなく、粗製の銅や銅の精製後に出来る不純物に含まれる重金属(金も沢山採れるが、ヒ素、カドミウム、セレンなどがどっさり採れる)の処理の方がよほど怖い。

>>(1)100V、7000A、の電磁波が測定される環境が人体へ与える影響。
銅の精製関連ですとご心配される「電磁波」の影響はあまりないと思われます。と言うのは電流が大きいのは精製する銅の量が大きいためで、電極部分あたりでの電流は大したことがないからです。これが高周波ですとかなりの影響があるのですが、銅の精製には通常直流電流が用いられますので、電磁波と呼べるたぐいのものは漏れ出てきません。もちろん電場(電圧の傾き)が外部にも表れますが、それでしたら交番電場(交流)のある家庭内...続きを読む

Qこれは光線ですか?

玄関に監視カメラを付けました。商品名は「見守り隊」です。
その映像の一部を添付しました。
以前には、なかったのですが、添付写真にあるように左上から光線のようなものが
映っています。特色は、
1)昼間には映っていません。明るいから見えないだけかもしれません。
2)映像には映っていますが、現場を目で見ても何も見えません。
3)光線が映っている辺りに手をかざしても、スクリーンをおいてもなにも映りません。
4)風に揺られるように多少揺れます。
5)光線の具合は、添付写真からも分かるように模様が変化します。
6)光が来る?方向を見ても何も見当たりません。
これは光線でしょうか?
あるいは、カメラの不具合でしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ANo.1,3のご回答と同じく、私もカメラのすぐ前(たぶん数十cmくらいの距離)にぶら下がっている糸状のもの(おそらくクモの糸)にカメラの赤外線照明が当たって映り込んでいるのだと思います。
そう考える根拠の裏付けは、映像と質問者さんの観察結果によります。

> 1)昼間には映っていません。明るいから見えないだけかもしれません。
→近すぎてピンぼけになるため昼間は背景の明るさに負けて映りません。夜も本来は映らないはずですが、赤外線照明のすぐ近くなので照明を明るく反射するために映りこむのだと思われます。

> 2)映像には映っていますが、現場を目で見ても何も見えません。
→照明も反射も赤外線なので、肉眼では見えません。また、おそらくクモの糸はカメラ前数十cmの距離にあると思われます(今も残っていれば、ですが)が、そのあたりはご覧になりましたか?

> 3)光線が映っている辺りに手をかざしても、スクリーンをおいてもなにも映りません。
→「光線」の様に見えるモノは、実際には存在していないからです。

> 4)風に揺られるように多少揺れます。
→糸状のものが風邪に吹かれて揺れているからだと思われます。

> 5)光線の具合は、添付写真からも分かるように模様が変化します。
→クモの糸は針金のようには均一ではなく、太さや反射度合いが場所によって異なります(だからキラキラ見える)。糸が揺れたりねじれたりすることで反射する個所が変わるためだと思われます。

> 6)光が来る?方向を見ても何も見当たりません。
→「光線」の様に見えるモノは、実際には存在していないからです。

周辺の金属や塗料からの反射、あるいはレンズの曇りなどが原因だとすると、映り込む場所は動かないはずですが、4)の観察結果がそれを否定しています。

ANo.1,3のご回答と同じく、私もカメラのすぐ前(たぶん数十cmくらいの距離)にぶら下がっている糸状のもの(おそらくクモの糸)にカメラの赤外線照明が当たって映り込んでいるのだと思います。
そう考える根拠の裏付けは、映像と質問者さんの観察結果によります。

> 1)昼間には映っていません。明るいから見えないだけかもしれません。
→近すぎてピンぼけになるため昼間は背景の明るさに負けて映りません。夜も本来は映らないはずですが、赤外線照明のすぐ近くなので照明を明るく反射するために映りこむのだと...続きを読む

Q前回、私の部屋の窓の近くに電線があり人体への影響はないか質問したのですが、電磁波測定アプリを見つけた

前回、私の部屋の窓の近くに電線があり人体への影響はないか質問したのですが、電磁波測定アプリを見つけたので私の部屋で測定をしてみました。

赤いランプがついているので
警告ですか?
さっぱり基準も数値も分からずで
良かったらまた詳しい方に教えて
いただけると助かります。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

詳しいですけど。これはなんの意味もないアプリです。
電磁波測定するためにはそれなりに高額な測定器が要ります。

送電線からの距離などにはきちんと安全基準があり、守られています。あなたが故意に送電線に接近しなければ、なんら
問題になりません。
そもそも、貴方の部屋の近くにあるのはなんでしょうか。電話線やら光ケーブルではないですか?

どうにしろ安全は担保されていますので、おかしなオカルトに惑わされないでください。

Q恐るべきマグネシウム光線とは?(ガメラ対ジャイガー)

映画「ガメラ対ジャイガー」で、ジャイガーの発する光線を
「一瞬にして町も人も円形に焼き尽くす恐るべき光線は、極超音波で物質の構造を破壊する恐るべきマグネシウム光線だろう」
「原理はきわめて振動数の高い極超音波でそれを武器にしていることがわかりました」
と説明しています。
これは荒唐無稽なものなのか、あるいはある程度の説明がつくものなのか。
もし擬似科学的に説明するとしたら、どうなるでしょうか?

Aベストアンサー

#1さんのおっしゃるとおり、「マグニチュード」と「マグネトロン」を掛けた造語です。マグネトロンは第二次大戦中にレーダーや極超短波の発生につかわれ、エチオピア戦線でマルコーニが実験してました。まあ、今で言う電子レンジですね。日本でも「く号兵器=怪力線(くわいりきせん)」を理研や住友電気(現NEC)が研究してました。もちろん物にはなりませんでしたが、1970年では、第二次大戦中の記憶がまだ生々しかったので(しかも情報はあやふや)、こういう発想が出たのでしょう。相手があまり動かなければ、開放型の強力な電子レンジの電磁波をぶつけることは可能ですが、出力の都合上大電力を必要とするのでどうしても発電所の付近での据え置き型の装置となり、動き回る怪獣に対しては、有効とはいえません。ただし、現代の技術での話です。


人気Q&Aランキング