「インダス文明の交易について」か「インダス文明の印章について」のレポートを書かなければならないのですが、なにか知っていることなどあれば教えていただけませんか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 


  インダス文明は、インドの西に流れるインダス川沿いに展開した古代文明で、民族は何であったか、滅亡の原因は何であったのかで色々な説が出ている文明ですね。また、インダスの印章は、オリエント遺跡の発掘調査で色々と出てくるので、古代に、インダス文明とメソポタミアの諸文明のあいだに交易があったことを立証するものとして知られていますし、インダス印章の上に刻まれた文字のようなものが、どうも文字らしいが、なかなか解読できないなどと興味深いです。

  以下のURLは、インダス文明についての総合的なサイトの入り口です:
  http://bosei.cc.u-tokai.ac.jp/~indus/section02.h …
 
  以下は、同じサイト内の、インダス印章についてのページです:
  http://bosei.cc.u-tokai.ac.jp/~indus/2_3_03.html
 
  以下は、パキスタンの歴史からみたインダス文明ですが、このページに、アーリヤ人やインドへのリンクもあります(資料性は、こちらの方が豊かかも知れません):
  http://www1.ttcn.ne.jp/~trade-food.cars/pakh-1.htm
 
  以下は、インダス文明についての1ページの短い説明です:
  http://www06.u-page.so-net.ne.jp/pg7/d-bwood/his …
 
  以下は、アーリヤ人とヴァルナ・カーストの成立を、インダス文明を起源に述べています。
  http://www.geocities.jp/timeway/kougi-20.html
 
  これらのページは、Google などで、「インダス文明 交易 印章」で検索すると出てきます。単に「インダス文明」よりも、「交易・印章」との関連でページを探す場合は、こうした方が効率がよいでしょう。参考URLに、総合的なサイトのURLを入れておきます。
 

参考URL:http://bosei.cc.u-tokai.ac.jp/~indus/section02.h …
    • good
    • 0

「インダス文明」の検索結果です。


此処での説明より、詳しく載っているページや、簡略化して解かりやすくしたページなど、色々在ります。

ご自分の目的に合ったページをご使用ください。

個人的には、「インダス文明」の謎にはすごく興味がありますが・・・・・

参考URL:http://www.lycos.co.jp/cgi-bin/pursuit?cat=jp&qu …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q三内丸山遺跡の交易品

三内丸山遺跡のサイトには、
「遠方からヒスイ、黒曜石、琥珀、アスファルトなどが舟を使って運ばれてきました。集落が大きくなる約5000年前から、他地域と活発に交流・交易がさらに行われるようになりました」
と説明されています。
これらの品々は物々交換されたと思うのですが、三内丸山が提供したモノは何でしょうか。
いわば、三内丸山の名産品だと思うのですが…。
よろしくお願いします。

三内丸山遺跡公式HP「縄文時代の扉を開く 交流・交易」
http://sannaimaruyama.pref.aomori.jp/jomon/index.html

Aベストアンサー

●技術の供与・交換を考えられないでしょうか。
○考えにくいですね。
 土器の製作はすでに一般的になっていますし、技術の供与では1度渡してしまえば相手方のものになってしまうので、2度目以降の交易が不成立になってしまいます。

Q【古代史・考古学・エジプトの謎】「古代エジプト文明の時代に奴隷は食べ物と塩が支給されていた。奴隷はお

【古代史・考古学・エジプトの謎】「古代エジプト文明の時代に奴隷は食べ物と塩が支給されていた。奴隷はお金を貰えないと言うのは誤りで塩を売ればお金に換金できた」

ここで不思議なのは「塩」が通貨だったこと。

塩って海水を撒いて、天日干しで乾けばアホでも塩は取れたわけですよね?

ということは、塩の作り方さえ知っていれば、アホなエジプト人を雇って重労働させて、ほら、塩が給料だ。と言えば喜んで働いた。

なぜエジプト人はバカで塩は誰でも作れたのに過酷なピラミッド建設にお父ちゃんが出稼ぎに出て汗水垂らして働いて疲れて塩を舐めたら給料が飛ぶような働けど働けど楽にはならないことをしたのでしょう。

ピラミッド建設に参加せずに、近くの海で海水を木で樽を作って汲んで蒔けば、自分は国王になれたのに。

なぜ当時のエジプト人は塩の作り方を知らなかったのでしょう?

国王はタダで手に入る塩で金を採掘させたり、重い石を持たせたりして黄金とピラミッドを手に入れた。

どんだけ当時のエジプト人はバカだったんだろう。

塩作りなんかエジプトの国王が密かに自分で作ってたわけじゃなかろうに、奴隷に海水を汲ませて撒かせていたはずなので奴隷は塩の作り方を盗めたはず。

奴隷村に戻って、今日、俺、塩作ったんだぜ!!

俺、塩の作り方知ってるんだぜ!!

と言えば、奴隷村を出て、自分たちで塩田を作れば、お金を作れたってことですよね。

不思議でならないエジプトの謎だわ。

【古代史・考古学・エジプトの謎】「古代エジプト文明の時代に奴隷は食べ物と塩が支給されていた。奴隷はお金を貰えないと言うのは誤りで塩を売ればお金に換金できた」

ここで不思議なのは「塩」が通貨だったこと。

塩って海水を撒いて、天日干しで乾けばアホでも塩は取れたわけですよね?

ということは、塩の作り方さえ知っていれば、アホなエジプト人を雇って重労働させて、ほら、塩が給料だ。と言えば喜んで働いた。

なぜエジプト人はバカで塩は誰でも作れたのに過酷なピラミッド建設にお父ちゃんが出稼ぎ...続きを読む

Aベストアンサー

「サラリーマン」の「サラリー」と食べる「サラダ」が同源なのはご存知?

そして, そんなに簡単に「塩」ってできるものなの?

Q【人間がどのように技術を身に付けていったかの歴史】 人間はまず「石」を使うことを学習した。 そしてそ

【人間がどのように技術を身に付けていったかの歴史】

人間はまず「石」を使うことを学習した。

そしてその「石」を使って獲物を狩るようになった。

人間はその「石」で植物を切って編んで「服」を作る前に狩った獲物を保管する「壺」を「粘土」で作り「石」で「模様」を入れていた。

石→壺→粘土→模様→服

そして「服」を来て「石」で獲物を狩って「壺」に貯蔵するようになって人類は「船」を作り始めた。

石→壺→粘土→模様→服→船

そして人類は「鉄」を使うようになった。

石→壺→粘土→模様→服→船→鉄

鉄を手に入れてから人類は鉄以上の発見をしていない気がする。

Aベストアンサー

石→壺→粘土→模様→服→船→鉄
の先に人間が得たものはまだありますよ。そして、それらは人間の生活を根本的に変えています。

順番でいうと
鉄→火薬→内燃機関→航空機→コンピューター
ですね。

それぞれを説明します。
・火薬
鉄はそれ以前の青銅や石などにくらべて、武器として圧倒的な性能をもっていて、さらに農耕具や生活道具としても圧倒的な性能を有していましたので、たしかにかなりの変化をもたらしています。
 そして火薬は鉄と合わさることで、銃を生み出し、それ以前の戦争とは異なった戦闘方法を生み出しました。また、結果として火薬は国民皆兵に至ります。なぜなら、銃器はそれ以前の武器にくらべて圧倒的に短い訓練期間で使用できる武器だったからです。
 
・熱機関
 最初は蒸気機関、その後にガソリンエンジンなどが発明されています。熱機関の発明によって、人間はいつでもどこでも好きな時に好きなだけ人力以外の動力をえることができるようになり、風力や水力のような自然に依拠する機関からも解放されました。

・航空機
 本当は熱機関と航空機の間に「電気」を入れたいのですが、熱機関がないと電気の発明利用につながらないので、入れていませんが、本当はものすごくおおきな発見であり、現代社会は電気無しでは維持できない重要なものです。

 航空機は人類が初めて「空を飛ぶ」という不可能を可能にした発明です。

・コンピューター
 コンピューターの発明は熱機関の発明と同等です。熱機関が「人力以外の動力を作りだした」ならコンピューターは「人の頭脳以外の頭脳を作りだした」といえるからです。AIが実用化するまでは「計算力」だけに特化されているとはいえ、人間の機能の一部を機械が行うことを可能にしたのが熱機関とコンピューターで、これはある意味それ以前の発見とはレベルのちがう「人間の機能の代行」という発明になります。

石→壺→粘土→模様→服→船→鉄
の先に人間が得たものはまだありますよ。そして、それらは人間の生活を根本的に変えています。

順番でいうと
鉄→火薬→内燃機関→航空機→コンピューター
ですね。

それぞれを説明します。
・火薬
鉄はそれ以前の青銅や石などにくらべて、武器として圧倒的な性能をもっていて、さらに農耕具や生活道具としても圧倒的な性能を有していましたので、たしかにかなりの変化をもたらしています。
 そして火薬は鉄と合わさることで、銃を生み出し、それ以前の戦争とは異なった戦闘方法を生み出...続きを読む

Q文明とは??

1.文明とはなにか?
2.文明が起こる必要性
3.明治時代の福沢諭吉の「文明論之概略」の文明とは?
4.文明が起こった当時、交易はあったのか?


                          よろしくお願いします。

Aベストアンサー

百科事典でまず知識の概略をつかんだほうが良いテーマなように思えます。

>>1.文明とはなにか?
>>2.文明が起こる必要性
何か事典・辞書的なもので、【文明】の項は引いてみましたか?

>>3.明治時代の福沢諭吉の「文明論之概略」の文明とは?
「文明論之概略」はもうお読みになりましたか? 岩波文庫から出ていますが。
同書での文明論の展開を理解するには、
(1)文明の発達に必要な条件は何か、また停滞させてしまう原因は何か
(2)文明発達の初段階
(3)西洋文明の部分的容認と批判
の点に注意して読み進んでみると良いと思います。
とくに(3)について、文明の交流とそれを阻害する権力の関係は、下の4.の交易の問題ともからんでくるので、それも併せて考察すべきです。

>>4.文明が起こった当時、交易はあったのか?
インダス文明でも、インド半島内だけではなく、バーレーン、メソポタミアなどとの海上交易路も確立したし、エジプト文明とナイル川の水上交通を基盤とした交易は切っても切り離せません。
だいたい、文明発祥の必須条件である農耕が、「その地域で消費される以上の収穫を得る」ことを特徴とするので、農耕と交易の始まりは不可分です。
文明以前、つまり採集・狩猟文化の段階でも、猟具などの交易圏は各地に存在します。
(縄文時代での環日本海の黒曜石交易は有名)

百科事典でまず知識の概略をつかんだほうが良いテーマなように思えます。

>>1.文明とはなにか?
>>2.文明が起こる必要性
何か事典・辞書的なもので、【文明】の項は引いてみましたか?

>>3.明治時代の福沢諭吉の「文明論之概略」の文明とは?
「文明論之概略」はもうお読みになりましたか? 岩波文庫から出ていますが。
同書での文明論の展開を理解するには、
(1)文明の発達に必要な条件は何か、また停滞させてしまう原因は何か
(2)文明発達の初段階
(3)西洋文明の部分的容認と批判
の点に注意して...続きを読む

Q土器の技術と文明の発展状況

遺跡から発掘される土器を見るとき
どこに注目すれば文明の発展状況を知る手がかりになるでしょうか?
例えば薄くて固い土器を作るのには高度な技術が必要とされるのでしょうか?
また幾何学的な文様が見られるときは合理的な社会システムが形成されていると予測するのは間違っていますか?
皆様の御意見を聞かせて下さい。

Aベストアンサー

文明ですか。文明の定義を考えたことがないので、、、
ということで、文化的向上度という意味に解釈します。

>土器(略)どこに注目すれば文明の発展状況を知る手がかりに(略)

文化度を測る要素は、質問者もおわかりと思いますが、いくつかあるのだと思います。
その中で、あえて、土器だけでどの程度推し量ることが可能か、という質問かと思います。
素朴な感想ですと、土器を焼く技術の向上の中で、高温を作り出す「窯」の出現は画期の一つと思います。
高温を管理することは金属を加工する知識の蓄積に繋がっていると思います。
とはいえ、土器を焼く窯で鉄などを精製するわけでないですが、高温を体験・管理する経験は大きな刺激になったと思います。
では、土器焼成技術の発展の文化度がどうかというと、なかなか難しいことで、まずは、文化の発展段階をそれぞれに定義して、その中のどの段階に位置するのか、という作業が必要だと思います。
申し訳ないですが、私は文化発展段階の定義を知りません、、、

土器から文化的向上度を測るには、土器の組成の分化の方が目安になるかと思います。
器種が豊富になっていく度合いです。


>幾何学的な文様(略)合理的な社会システムが形成

文様をつける行為は、祈り(シャーマン的)のデザインの場合と、美的なデザインの場合があるのか思いますので、ご質問に相当する場合は、美的なデザインの文様と関係するのかもしれません。

文明ですか。文明の定義を考えたことがないので、、、
ということで、文化的向上度という意味に解釈します。

>土器(略)どこに注目すれば文明の発展状況を知る手がかりに(略)

文化度を測る要素は、質問者もおわかりと思いますが、いくつかあるのだと思います。
その中で、あえて、土器だけでどの程度推し量ることが可能か、という質問かと思います。
素朴な感想ですと、土器を焼く技術の向上の中で、高温を作り出す「窯」の出現は画期の一つと思います。
高温を管理することは金属を加工する知識の蓄...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報