こんにちは^^

いきなり疑問なんですが・・・

浦島太郎の続きとして浦島太郎は帰ってきた後鳥になったらしいのですがいったい何の鳥になったかご存知の方いますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

歴史 長野」に関するQ&A: 長野と松本の歴史

A 回答 (3件)

鶴になって飛んでいったそうです。



参考URL:http://www.oct.zaq.ne.jp/tanupon/otogi10.htm
    • good
    • 0

 


  「鶴」であることは間違いありませんが、これは、「御伽草子」という古典文学のなかの「浦島太郎」の話(室町時代)で、浦島太郎は実は歴史上の人物で、日本の正史に、「この年、浦島子、帰り来る」とか、載っていて、浦島が消えた年の記述もあったと思いますから、実際に何百年もいなくなっていて、後に帰って来たと記録にあるのです。
 
  一応、歴史上の人物の浦島が、「鶴」になどなる訳がないのですが、上の「御伽草子」では、そういう話になっていると言うことです。なお、これは、浦島が助けた「亀」と、浦島がなった「鶴」の「鶴亀」長寿の縁起話になっていて、浦島は鶴となった後、蓬莱山(島)に行き、仙人の仲間となり、更に、丹後の国に「浦島の明神」となって現れ、また亀も同じ場所に、「明神」となって現れ、浦島と亀は、夫婦の明神となったとなっています。善行を行えば必ずよい報いがある、浦島は、「衆生の救い」を祈って明神となったとありますから、仏教が入ってからの説話です。歴史上の浦島は、もう少し古いです。
 
  以上は、「浦島太郎(校註日本文學大系)」に載っている話です。
  http://www2s.biglobe.ne.jp/~Taiju/urashima.htm
 
  しかし、「万葉集」や「風土記」に出てくる浦島は、一種の民話的・歴史的人物で、竜宮とか、玉手箱などの話はなかったとされます。また、当然、「鶴」になる話もありません。以下のURLに、浦島太郎おとぎ話の構造について、最後の方に少し説明があります。
 

参考URL:http://www.os.rim.or.jp/~mia/others/GhostStory/t …
    • good
    • 1

「鶴」だって。



参照URLに書いてありました。

余談ですが,浦島太郎が玉手箱を開けた場所は実は長野県の上松町と言うところだという説もあります。信じますか?

参考URL:http://www2s.biglobe.ne.jp/~Taiju/urashima.htm
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

歴史 長野」に関するQ&A: 新潟県は何地方?

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q乙姫は何のために浦島太郎に玉手箱をあげたのですか?

伝承「浦島太郎」では、別れの場面で、竜宮城の乙姫が、浦島太郎に「決して開けてはいけません」といって玉手箱を渡します。

開けてはならないものを何故渡したのでしょうか?
玉手箱は浦島太郎にとって役立つものだったのでしょうか?

乙姫にとっては浦島太郎はどういう存在だったのでしょう。
家来の亀の恩人であるというだけで何年も接待し続けたということも不思議です。
乙姫は浦島太郎に恋心でもあったのでしょうか?
それとも、おもしろ半分の気持ちで、玉手箱という爆弾をプレゼントしたのでしょうか?
あるいは、単に思慮が足りなかっただけなのでしょうか?

少なくとも乙姫は、浦島が玉手箱を開けたらどうなるかを知っていたはずです。
物語では全く説明させていませんが、ここのところはどう解釈すればよいのでしょうか?
もしこの伝承が何かの教訓を暗示しているとすれば、どういう教訓でしょうか?
約束は守れということでしょうか?
賢明なるご回答者の意見を聞かせてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 浦島太郎の物語にどういう教訓があったかについては、ときどき白熱した議論が交わされることがありますね。

 実際のところ、伝承話は必ずしも教訓があるとは限らず、意味もないものも決して多くはありません。
 玉手箱を開けると鶴になってしまう話も同様で、解釈のしようが無数にあるんです。
(玉手箱を開けるとおじいさんになってしまうバージョンでは、「約束は守れ」という教訓なんでしょうけど)

 また浦島太郎では、「開けてはいけません」ではなく「またここに来たいと思ったら開けてください」と言われて渡されるバージョンが存在します。
 このバージョンにおいては、箱を開けて鶴となった太郎が、再び楽しかったあの場所へ帰っていく、と解釈することは可能です。

 ですが、あの物語自体のバージョンがあまりに多すぎるので、この解釈も後付けでしかありません。

Q浦島太郎って…

どうして亀を助けてあげたのに、開けてはいけないとかいう貰ってもたいして嬉しくないものをもらったのですか?
なぜ、いいことしたのに帰ってきたら時が過ぎ、みんなはいなくなり、悲しい思いをしなくてはいけなかったのですか?

Aベストアンサー

欲しくて貰った訳ではありません。
お土産として貰ったのですから、『開けるな』と言われたら、その場で開けて中身を確かめる訳には行きません。
浦島太郎の伝説の大元は、日本書紀・雄略天皇の22年条に唐突に書かれています。戦前の国定教科書には、かなり変形した形で取り上げられています。
書紀の記述では『丹波国の余社郡(よさのこほり)管川(つつかわ)の人瑞江浦嶋子(みずのえのうらしまのこ)舟に乗りて釣りす。遂に大亀を得たり。』とあり、以下、亀が女性となったので妻とし、共に海に入り蓬莱山に到り、仙衆(ひじり)を歴観(めぐりみる)。詳細は別巻にあり。と記されていますが、その別巻は所在不明で、古事記にはこの話は全く記されていません。
京都府伊根町(合併して地名が変わったかも)の本庄地区に宇良神社(浦嶋神社とも)があって、その地の伝説では『宇良の嶋子』として伝えられています。
書紀の記述も教科書の取り上げ方も、その時代の政権の都合で適当に書かれていますから、本来の形は不明です。
余談ですが京都新聞社刊『丹波・丹後の伝説』には、「竜宮への道」という福知山市戸田の浦嶋神社にまつわる伝説が紹介されていますが、伊根町の宇良神社に関しては、何故か取り上げられていません。興味があれば参照して下さい。
回答になっていないかも知れませんが、ご参考までに。

欲しくて貰った訳ではありません。
お土産として貰ったのですから、『開けるな』と言われたら、その場で開けて中身を確かめる訳には行きません。
浦島太郎の伝説の大元は、日本書紀・雄略天皇の22年条に唐突に書かれています。戦前の国定教科書には、かなり変形した形で取り上げられています。
書紀の記述では『丹波国の余社郡(よさのこほり)管川(つつかわ)の人瑞江浦嶋子(みずのえのうらしまのこ)舟に乗りて釣りす。遂に大亀を得たり。』とあり、以下、亀が女性となったので妻とし、共に海に入り蓬莱山に...続きを読む

Q浦島太郎の話

浦島太郎は竜宮城にずっといたほうが良かったのでしょうか?
浦島太郎が地上に戻ってきて現実が変わっていたのは助けた亀(乙姫)の嫌がらせですか?また、乙姫は何故、玉手箱を渡したのでしょうか?
太郎が不幸になってしまった理由が全く分かりません。

Aベストアンサー

浦島の話は古くは『日本書紀』『風土記』などにも見られ、伝説という位置づけをされています。(おとぎ話ではありません。)また亀を助けたというストーリーは明治以降とされています。

それ以前ではこのようになっています。
浦島太郎は乙姫(釣った亀が実は姫だった)にナンパされて竜宮城(蓬莱山)へ行き、結婚します。しかし、親元が恋しくなり一旦帰りたいと申し出ます。浦島にしたらすぐ戻るつもりなのに、乙姫は永遠の別れになってしまうかのような態度で玉手箱を渡します。「ここに戻ってきたかったら開けちゃだめよ」と言って。そうして陸に戻った浦島はご存知のとおり、いいつけを忘れておじいさんになってしまいます。(細かい部分は文献によって違っています。)

ここから推測するに、
>現実が変わっていたのは助けた亀(乙姫)の嫌がらせですか?
竜宮(異界)と人間界では元々時間の流れが違っている。

>乙姫は何故、玉手箱を渡したのでしょうか?
浦島は乙姫と結婚して仙人になっており不老不死になっていた。しかし、浦島が人間界に戻りたいと言ったので、寿命の短い人間に戻る手段として玉手箱を渡した。もし両親のもとに行きたい(死んでしまいたい)と思ったら、人間に戻ることが出来るように。つまり玉手箱は開けると人間に戻れるという箱だった。もしくは、「開けないで」という禁止を破ること自体が仙人から人間に戻る方法だった。
ということではないかな・・と。
当時の死生観がよく分からないので「死んで両親のもとに」云々という解釈が正しいかは自信がないですが。
そういうわけで、浦島太郎というお話は異類同士の悲劇の恋物語と言えるのでは・・と思います。愛する人ともう二度と会えなくなるかもしれないと思いながら浦島に選択肢をゆだねた乙姫は、狐女房や鶴女房のように少し奥ゆかしい感じがします。

浦島太郎の話は昔から時代や場所に合わせて色々な解釈で少しづつ作り変えられてきていますが、大筋は変らず浦島と乙姫の結婚話でした。明治時代に教科書に取り上げられたとき子供向けに恋愛要素を省き道徳的な部分を入れて作り直されたため、「なんで亀を助けたのにお爺さんになっちゃったの?」という疑問が残る話になってしまったようです。

浦島の話は古くは『日本書紀』『風土記』などにも見られ、伝説という位置づけをされています。(おとぎ話ではありません。)また亀を助けたというストーリーは明治以降とされています。

それ以前ではこのようになっています。
浦島太郎は乙姫(釣った亀が実は姫だった)にナンパされて竜宮城(蓬莱山)へ行き、結婚します。しかし、親元が恋しくなり一旦帰りたいと申し出ます。浦島にしたらすぐ戻るつもりなのに、乙姫は永遠の別れになってしまうかのような態度で玉手箱を渡します。「ここに戻ってきたかった...続きを読む

Q浦島太郎の職業について

高校の先生が浦島太郎の職業は釣り人じゃないと言ってました。そこで、本当の職業がわかる人はいらっしゃいますか?

Aベストアンサー

現在もっとも一般的な浦島太郎物語では「漁師」。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%A6%E5%B3%B6%E5%A4%AA%E9%83%8E

しかしなかなか奥が深いようで...
http://enkan.fc2web.com/minwa/urasima/column.html

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%A6%E5%B3%B6%E5%A4%AA%E9%83%8E, http://enkan.fc2web.com/minwa/urasima/column.html

Q浦島太郎に関連するお菓子がありませんか?

浦島太郎を連想する、例えば「カメ」「乙姫」「玉手箱」もちろん「浦島太郎」をモチーフにした日持ちのする菓子類(和・洋どちらでも)を製造販売しているお店をご存知の方は教えて頂けないでしょうか?
できれば、金額は1500円ぐらいまでがいいのですが・・・。

Aベストアンサー

こんばんは

乙姫最中です
http://www.shokonet.or.jp/hayama/shopping/chikara/chikara.html

http://ns.urasima.co.jp/~shokokai/casket.html

ご参考までに

Q桃太郎と浦島太郎と金太郎

金太郎の名前は有名だけど、昔話が桃太郎や浦島太郎ほどメジャーでないのは何故ですか?

Aベストアンサー

金太郎、もしくは坂田金時が実在の人物かどうかは怪しい。
しかし、問題は「昔話」というよりは、怪力の武士の話として広まったのが、桃太郎や浦島太郎とは根本的に異なる。
リアルな分、ちょっと地味。

メインは子供の頃の伝説だが、
・足柄山で熊と相撲をとって勝つ
・母に孝行する元気で優しい子供
う~ん、やっぱり地味。

大人になって都に行くのはいいが、源頼光の家来だ。
しかも、渡辺綱、卜部季武、碓井貞光とあわせて、頼光四天王の一人となる。
源頼光と四天王の活躍と言えば、大江山の酒呑童子退治だが、彼らは山伏に身をかえて大江山に行き、 神変奇特酒(眠り薬入り酒)を使って退治した。
ちょっと卑怯。
同じ鬼退治でも、桃太郎とは大違い。
桃太郎は源頼光で、金太郎は猿かキジか犬だ。

桃太郎ほどのスーパーヒーローでもなく、浦島太郎ほど不思議なファンタシー作品でもない。
この二人に比べると影が薄いのは仕方がないかな。

Q浦島太郎

Wikipediaの浦島太郎の項に

竜宮城に行ってからの浦島太郎の行状は、子供に話すにはふさわしくない内容が含まれているので、童話においてはこの部分は改変されている。これは、明治時代に国定教科書向きに書き換えられたためである。

との記載があるのですが、浦島太郎は竜宮城に行ってから何をしたのでしょうか?

Aベストアンサー

子供にふさわしくない内容というのは、多分江戸時代に流布した浦島太郎だと思います。
竜宮に言った後、浦島太郎と姫との結婚生活の中の一部に性描写を暗に示すような文章が書かれていたようです。

また、浦島太郎は国定教科書以前では亀を助けたお礼に竜宮へ行くのではなく、仙女に導かれて竜宮に行きます。
子供向けでないから変えられたというより、より道徳的な話にするために改変されたということではないかと思います。

Q相対性理論を浦島太郎でどうやって説明したらいいですか?

相対性理論を浦島太郎でどうやって説明したらいいですか?と聞いてる自分もいまいち理解できていませんので、浦島太郎で説明していただけませんか?
馬鹿でもわかるように説明御願いします。

Aベストアンサー

逆です
ウラシマ効果から相対性理論が導かれるのではなく
光速度不変の原理と相対性理論からウラシマ効果が導かれるのです

参考URL:http://homepage3.nifty.com/iromono/kougi/timespace/node28.html

Q浦島太郎の玉手箱のくだりはいけません

浦島太郎の物語とその歌は最高に素晴らしい。
ただし、一つ例外があります。
それは玉手箱の話である。
浦島太郎が助けた亀に連れられて竜宮城に行き、そこでひと時の極楽を楽しんだあと、故郷の村に帰ると自分の家は無くなっており、村人たちは見知らぬ人ばかりであった。
そして自分が故郷の村を離れて竜宮城に行った時から数百年の歳月が経過したことを知ったのであった。
ここまではなかなかよく出来た面白い話である。
しかし絶対に開けてはなりませんと言われた玉手箱を開けると中から白い煙が出てきて浦島太郎は一瞬のうちに白髪の老人になったというくだりはいただけません。
なぜならこの部分の話は時間が一度未来から過去へと逆戻りしたことを含んでおり、これは因果律に反することで絶対にあってはならないことだからです。
浦島太郎の物語は玉手箱のくだりでそのクオリティを大いに下げてしまったのではないかと思うのですが、皆さんも同感でしょうか。

Aベストアンサー

「鶴は千年、亀は万年」と云う長寿を寿ぐ言葉があります。
さて、浦島太郎の物語では白髪の老人の姿となった浦島太郎が鶴に乗って天上の世界に飛び立つと云う落ちを持つものもあるそうです。
つまり、竜宮城の乙姫は龍王の娘である仙女ですから、その仙人界の竜宮城から人界に戻って来た浦島太郎が、すべてを悟って、もう、ここは己の住む世界では無いとして、乙姫からの玉手箱を開けて仙人に遷化し人界から仙人界に飛び去ったと云う伝承もあるのです。中国古典などの建前では鶴は仙女のかりそめの姿で、その鶴が人から仙人へとなった者を仙人界にいざなうとします。
「鶴は千年、亀は万年」と云う言葉はこのような仙人道の背景を持った言葉です。このため、説話「浦島太郎の物語」と童話「浦島太郎」とでは、ちょっとだけ、落ちが違うのです。

Q「人間らしい」とは「動物らしくない」という意味?

そもそも人間って動物ですよね。

しかし
「人間らしい」「人間っぽい」というのは
「動物らしくない」という意味ですか?

それとも「動物っぽい」ことを人間らしいと表現しますか?
場合によりますか?
回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

場合によると思います。

「人間らしい」を「理性的」あるいは「道徳的」と解釈する場合、相反するが「動物」となるでしょう。

「人間らしい」を「温かみのある」あるいは「血の通った」と解釈する場合、相反するのが「機械」となるでしょう。


人気Q&Aランキング