降圧のスイッチングコンバータについてなんですが、
回路の中に昇降圧、昇圧、降圧回路が組み込まれているものがあると聞きました。
全体としては降圧の特性を持つコンバータなのに、
なぜ昇圧回路などを組み込む必要があるんでしょうか?

A 回答 (1件)

DC12Vの機器があります



これを車で使おうと思います

しかし車の電圧は変動が大きいです

たとえば10vから14vまで変動しても
12vの電圧が安定に供給されるコンバータは利用価値が大きいと思います

答えになっていますでしょうか?
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QMOSFETスイッチング特性

NチャネルMOSFETのID-VGS特性グラフのことで、VGSを増加させていくとある点を境にして急激にIDが増加しますが、その後、いくらVGSを増加させてもIDがほぼ一定になるのはどうしてなのでしょうか?

どなたかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。

私は、半導体技術の業務の経験者なのですが、
Id-Vg に飽和現象があるという認識は持っていないです。

そのMOSFETは、普通のMOSFETですか?

あるいは、
もしかしたら、片対数グラフ(縦軸を対数)にしていませんか?

Q昇圧トランスの配線の仕方

昇圧トランスAC200V(Δ)→AC380(スター)を使用してAC380V機器を使用しようと思うのですが
トランスの1次側R,S,T,Eは工場の電源からそのまま繋ぐとして、
トランスの2次側U,V,W,NのN、使用機器のU,V,W,EのEは
どこに繋ぐべきなのでしょうか?
(Nは使用しないとして、Eは1次側の端子のEでいいのでしょうか?)
トランス-使用機器間に漏電ブレーカーを入れるつもりです。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 UVWはUVW同士の配線接続で良いと思いますが、万が一を考えて、最初の運転は回転方向を検相器や、ちょい回しなどで確認したほうがいいです。
 変圧器の二次側の「N極」はスター結線の中性点なので、B種接地工事をしてください。変圧器特有の接地で、昔の2種接地です。接地をしないと、変圧器の二次側回路の1相が地絡した時に異常な電圧が発生して危険ですから。どんな機器を接続するかわかりませんが、B種接地は新たに設けたほうがいいですね。ノイズとか高調波とかの他への波及を防ぐためにも。
 機器の「E極」はC種接地工事をして接続ください。対地電圧が150Vを超える電源を使用する機器用の接地で、昔の特3種です。既に他の機器に接続されているC種接地があればいいのですが、10Ωの新設は・・。

Q微分、積分回路の周波数特性のグラフ

一般的な微分、積分回路の周波数特性のグラフを片対数グラフに書きたいのですがどのようにしたらいいのか全くわかりません。
また、微分、積分回路の周波数特性とはどういったものなのでしょうか。

漠然としているかもしれませんがどなたか教えて下さいお願いします。

Aベストアンサー

とりあえず、グラフの書き方について。
一般的には、グラフ用紙を横長に使って、対数軸を周波数軸に使います。縦軸は、振幅をdB(デシベル)に直してから、直線スケールで使います。
dB=20log(E_out/E_in)
(ただしE_outは出力電圧、E_inは入力電圧とします)

微分、積分回路については教科書などに必ず載っていると思うので調べてみてください。それでもわからなかったら補足してください。

Q微分回路の理論式 画像の積分回路の理論式の導出手順を参考にした微分回路の理論式を求めてほしいです。

微分回路の理論式

画像の積分回路の理論式の導出手順を参考にした微分回路の理論式を求めてほしいです。

Aベストアンサー

回路? 単なるコンデンサーの電圧と電流の関係式ですよ。

オペアンプの入力側に抵抗 Rs が、出力側に静電容量 C のコンデンサーを接続した積分回路なのではありませんか?

微分回路を作りたければ、静電容量 C のコンデンサーを入力側に、抵抗 Rs を出力側にすればよいのです。
↓ こんな構成に。
http://www.nteku.com/opamp/opamp-differential.aspx

そうすれば、
 Vout = -Rs * Ic = -Rs * dQ/dt = -Rs * d(C*Vc)/dt = -Rs * C * d(Vin)/dt
です。

Q真鍮の軸受け特性、圧力特性

真鍮の特性がわからないため、質問させて頂きます。

真鍮は柔らかいと思っているのですが、どういうメリットで鉄軸等の滑り軸受けとして使われているのですか?自分の予想では、軸受けが真鍮なら痩せていくような気がします。また、グリスやオイルが回っている軸受けの場合、鉄軸の滑り軸受けは鉄でもよい気がするのですが、焼きつくと聞きました。この理由も教えて下さい。

また、配管では電磁弁やボールバルブなどによく真鍮が使われています。このメリットもご教授下さい。

Aベストアンサー

軸が鉄鋼の場合,軸受も同材料の場合,接触が発生した際に焼きつく恐れがあるということです.そのため,接触が発生したときに被害が最小限になるように,比較的やわらかい黄銅が使用されます.さすがにEHLが生じるようなところに使用する例は聞いたことはありませんが….

グリスやオイルが使われていても動圧型の流体軸受は大抵負圧発生部ができ,キャビテーションなどが起こりやすくなるため,軸と軸受の接触が起こる可能性は潜在的に存在します.

非接触軸受は軸受材が磨耗によってやせることは基本的にありませんし,接触タイプのすべり軸受(黄銅が使われてるか知りませんが)ならば,磨耗は想定内ということになります.


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報