痔になりやすい生活習慣とは?

フォーマットとしてかなり確立されている
”雪山の山荘”ミステリ

雪山の山荘であったり、無人島や陸の孤島など
外部と遮断された環境で、次々に人が殺されて
いく。犯人は誰?動機は?  といったものです。

金田一少年(漫画)やかまいたちの夜(ゲーム)
などでもおなじみのこの設定ですが、ミステリ
小説の中にもこの設定の名作があると思います。

自分は以下の作品は読んでいてとても
面白かったのですが、この種の作品を
探しています。

そして誰もいなくなった クリスティ
十角館の殺人 綾辻 行人
*両方とも雪山ではなく、孤島ですが・・・

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

2199です。


勘違いしてました。「奇跡島の不思議」が正しいです。失礼しました。
お詫びに孤島ものの傑作をもう一点紹介します。
篠田真由美「すべての人を一つの夜がまつ」です。
孤島ものの魅力のほかに館ものの魅力も備えた傑作です。
    • good
    • 1

「はじまりの島」柳広司(朝日新聞社刊)2002年


ダーウィンが探偵役で、舞台はガラパゴス諸島です。

ゾウガメやイグアナやフィンチしか棲んでいない絶海の孤島に起る連続殺人事件。
ダーウィンはなぜ30年の間「種の起源」を発表するのをためらったか、の解法ともなっています。
トリックの妙というよりも、動機の奇抜さを買うべきです。心理劇ではなく、思想劇です。
今もって誤解の多い「進化」の説について、その与え続ける影響について、事件の発端から最後まで緊密に結びついています。作家のこの力量に敬意。
でも、これは謎解きに入ってからわかること。若きダーウィンの愛すべき性格や、適度のペダンティックに彩られ、話は謎を深めながらテンポよく、すらすらと進んでゆきます。
    • good
    • 0

石持浅海『アイルランドの薔薇』


クローズド・サークルになる状況が変わっていて面白いです。
    • good
    • 0

東野圭吾著「ある閉ざされた雪の山荘で」


 実際には雪は降っていないのですが、雪が降っていると見立てて山荘にやってきた演劇グループの中で事件が起こります。名作です。

有栖川有栖著「月光ゲーム」
 山でキャンプをしていて噴火により閉ざされた場所で事件が起こります。
これはシリーズ物で、作品全部がクローズド・サークル物です。一読の価値ありです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

東野圭吾著「ある閉ざされた雪の山荘で」
は読んだことありました。忘れてました(笑)

とてもよくできた話で、わくわくして読ませながら
最後にはうまいなぁって感心させられました。

有栖川有栖著「月光ゲーム」は名前だけ聞いたこと
ありました。早速読んでみます。

お礼日時:2005/12/06 07:35

二階堂黎人「悪霊の島」 孤島ものの傑作ですね。

ネタバレになりますので内容については一切書きません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

二階堂黎人さんの作品には「悪霊の島」という
著作はないみたいなので、孤島ものということなら
「奇跡島の不思議」ということになるのでしょうか?

お礼日時:2005/12/06 07:39

 「クローズド・サークル」ですね。



・「シャム双生児の秘密」エラリー・クイーン
 山荘ですが、雪ではなく山火事により脱出できなくなります。
http://www.m-net.ne.jp/~h-ochi/Critique/Queen/Qu …

・「月館の殺人」綾辻行人/佐々木倫子
 小説ではなく、漫画です。まさしく「雪」によるクローズド・サークルです。まだ連載中です(月刊IKKI)。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4091885 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

雪山の山荘もの、という呼び名よりも
クローズド・サークルっていったほうが
とおりがよいのですね。確かにこの用語で
検索かけたらたくさん出てきました。

ありがとうございます。助かりました。

お礼日時:2005/12/05 23:27

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【館モノ】の推理小説を探しています。

こんばんわ。読書の秋にはちと遅いですが、これから小説を読みた
いと思っています。特に、好きなジャンルはミステリや推理小説で
す。犯人やトリックを自分なりに推理し、作者に翻弄されながらハ
ラハラドキドキして読むのが楽しいです。

特に、【館】モノが好きで、閉ざされた洋館(和館も勿論。)が舞
台になっているモノを探しています。館の見取り図なんかが掲載さ
れていればイメージも湧きやすく尚良しです。例えば、綾辻行人氏
の十角館をはじめとする暗黒館までの館シリーズや霧越邸のような
感じの小説を探しています。

オススメの【館モノ】推理小説があったら、教えて下さい。作者と
書籍名、それにどんなトコロが舞台になっているか、(外国の古城
とか、古びた温泉宿とか)、見取り図の有無などを教えて頂ければ
有難いです。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 
● 『スウェーデン館の謎』  有栖川 有栖
http://www.excite.co.jp/book/product/ASIN_4062637936

● 『三毛猫ホームズの騎士道』  赤川 次郎
http://pdabook.jp/pdabook/recommend.asp?sku=kb12991

● 『本陣殺人事件』  横溝 正史
http://www31.ocn.ne.jp/~chunweb/books/honjin.html

● 『横浜秘色歌留多』  『花園の迷宮』  山崎 洋子
http://www.geocities.co.jp/Bookend-Shikibu/8050/kanso.yamazaki.html

● 『薔薇の名前』  ウンベルト・エーコ
http://park8.wakwak.com/~w22/43.htm

    ご趣味に合うかどうか わかりませんが...


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング