画面のプロパティの「ActiveDesktopにWebコンテンツを表示(W)」にチェックをはずす→スピードアップ ですよね☆

 そこで質問なんですが、拡張子がjpgだと↑の項目にチェックが要るけどbmpだと要らないですよね。でもサイズはbmpの方が大きくないですか? 

 この辺の矛盾が分らないんで、教えてください_(._.)_

このQ&Aに関連する人気のQ&A

A 回答 (2件)

下の方が言っているようにBMPは無圧縮です。

簡単に言うと今あなたが見ている画面がビットマップです。よぉく見れば点の集まりだとわかるはずです。
それに対してJPEGは圧縮されているためそのままでは表示できず、圧縮を解除してビットマップで表示できるようにしなければなりません。そのための処理が発生するので同じ壁紙でもJPEGのほうがリソースを必要とします。処理も重くなりますし、Win98系のOSではリソースの消費はシステムの不安定化につながるので壁紙にはBMPを使った方がいいです。(なしが一番軽いですけどね。)
サイズは、保存しているときはJPEGのほうが当然小さいのですが、壁紙に使うのであればBMPで保存しておいた方がいいでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 つまりJPEGとBMPを上手く使い分けることですね☆

 良い勉強になりました、ありがとうございます。

お礼日時:2001/12/10 21:17

bmp ファイル は Windows 標準の画層ファイルで、たいていの場合圧縮がかかっていません。

かかっていても、jpg とは比べ物にならない「弱い」圧縮です。
ので、サイズは大きくなりますが、圧縮を展開する処理が要らないor少ない分、早く表示可能です。
jpg ファイルはそれとは異なり、圧縮がかかっているので、展開、表示するために時間がかかりますが、その分サイズが小さくなっているということだと思います。
というか、多分jpg の表示にはIE の機能を借りてきて使っているので、ActiveDesktop が必要となるし、遅くなるのでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ふむふむ なるほど圧縮が鍵ですね☆ 

 凄くわかり易い説明でありがとうございます 

  

お礼日時:2001/12/10 21:17

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ