欧米で使われているという震度階「改正メルカリ震度階」について情報を得られるサイトを教えてください。
あさりよしとお氏の「HAL」でしか知らないもので。

A 回答 (1件)

こんばんは。



いろいろ検索をしてみたのですが、
今までのところ適当なサイトにヒットしません。

書籍ですが、
萩原尊禮 監修 「地震の事典」 (三省堂) の
137ページ(1983年初版、1989年二刷)に
改正メルカリ震度階の表があります。

広く公表されていると思われるので、
著作権の問題は少ないとは思うのですが、
一応、ごく一部だけ書き写してみます。

1.地震計にのみ感じる程度。
2.ビルの上層で静止している人のみ感じる程度。
3.ビル上層の屋内で著しく感じるが、多くの人は地震と思わない。
4.家の中の多数の人に感じる。皿などが揺れる。
5.ほとんど全部が感じる。多くは目がさめる。倒れる物あり。
6.多くの人はおどろいて外に出る。
7.ほとんどの人が外に出る。物によっては損害がある。
8.堅牢な建物にもかなりの損害あり。
9.堅牢な建物でも一部つぶれる。地面に亀裂。
10.石工物の大部分破壊。道路線路の湾曲。
11.残存建物少ない。
12.あらゆるものが破壊。あらゆるものが空中に投げ出される。

サイトにこだわらなければ、図書館か書店で見て下さい。

それでは。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
図書館で調べてみます。きっと取り寄せでしょうけど(--;) いい図書館欲しいよぉ。

お礼日時:2001/12/23 00:53

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ