二階堂黎人さんの「二階堂蘭子シリーズ」
篠田真由美さんの「桜井京介シリーズ」が好きで呼んでいます。が、文庫で出ている上記のシリーズはほとんど読み終えてしまい、後は文庫化されるのを待つばかりとなってしまいました。
そこで、上記シリーズのように魅力的な探偵さんが出てくる日本の作家の小説を探しています。
今読んでいるのは、有栖川有栖さんの「46番目の密室」です。いろいろな回答を拝見して、綾辻ユキトさんの「十角館の~」は読んでみようと思っているのですが、他にお勧めの小説があれば教えてください。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

その系統でいくなら



島田荘司さんの「御手洗潔シリーズ」「吉敷刑事シリーズ」

どちらも非常に有名な名探偵(性格は正反対ですが)。ファンも非常に多く、作品も粒ぞろいです。御手洗シリーズだと『占星術殺人事件』『暗闇坂の人喰いの木』『アトポス』、吉敷刑事シリーズだと『奇想、天を動かす』『北の夕鶴2/3の殺人』などが候補になるでしょうか。


法月倫太郎さんの「法月倫太郎シリーズ」

作者と同名の名探偵が超がつくほどの論理的な推理を展開する、エラリー・クイーンを思わせるシリーズ。長短編どちらも構成やプロットで読ませる作品がそろっています。『頼子のために』や『法月倫太郎の冒険』などがお勧め。


笠井潔さんの「矢吹駆シリーズ」「飛鳥井シリーズ」

矢吹シリーズはかなり哲学的な内容ですが、探偵としての魅力は非常に高いシリーズです。
飛鳥井シリーズは、ちょっとハードボイルドタッチの私立探偵もの。
『バイバイ、エンジェル』や『3匹の猿』などから始めてみてください。


麻耶雄嵩さんの「メルカトル鮎シリーズ」

作品の雰囲気は二階堂さんに似ていますが、アクがかなり強い探偵なので好き嫌いが分かれます。短編向きの探偵と自分で言っているほどなので、『メルカトル鮎と美袋のための殺人』あたりが候補になります。

あたりでしょうか。

二階堂さんのゴシック・猟奇調の雰囲気が好きならば、昔の江戸川乱歩や横溝正史を読み直すのもいいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答いただき、ありがとうございました。
お勧めいただいた書籍は、初版?っていうんですかね?シリーズの1冊目は読んでみようと思います。
今読んでいる有栖川有栖さんは、大阪弁がちょっとしっくりこない感じがするのですが、それ以外は面白かったです。少しずつ読み進めていこうかと思います。
また、江戸川乱歩さん・横溝正史さんはテレビドラマ化されているものは見ていますが手にしようと思ったことがなぜか今までありませんでした。
これを機会に一度読んでみようと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2005/12/08 17:54

「京極堂シリーズ」(京極夏彦、講談社ノベルス)


「朱雀十五シリーズ」(藤木稟、カッパノベルス)
などはどうでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございました。
京極夏彦さんの小説って、探偵ものなんですね。恐いものなのかと思ってました。新発見です(私が知らなかっただけですよね(笑))。
藤木稟さんという方は聞いたこともありませんでした。これを機会に読んでみたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2005/12/08 17:56

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QNexus7の新しい端末は、いつ頃出ますでしょうか?

現在
・Nexus7 (2012)
・Nexus7 (2013)
の2つだと思いますが、
Nexus7の新しい端末は、いつ頃出ますでしょうか?

Aベストアンサー

現在のところ、Nexus7の最新機種が発売されるという情報は聞きませんね…

今後は恐らくNexus7ではなく別のNexus系統(Nexus9など)のタブレットを販売するのではないかと思われます^_^;

Q篠田真由美「建築家探偵」の疑問

篠田真由美さんの建築家探偵桜井京介シリーズが好きでほとんど読んでいます。(蒼が主役のは読んでません)

で、質問ですが桜井京介の母親は亡くなっているようですが、父親はどこで何をしているのでしょうか?

京介は父親を殺して死ぬつもりのようなきもするのですが・・・・

門野貴邦はなぜ彼の面倒を見ているのですか?
(神代宗は教え子だからでしょうか)

こういう事情が書かれていたような気がしませんがご存知の方がいあらしたらお願いします

Aベストアンサー

自分は蒼が主役の作品も含めて、ほぼ全部読んでいます。

ご質問の事柄はまだ作者が書いていない部分でしょう。
京介の心の影(闇)ともいえる部分だと思いますので、
かなり先まで判明しないような気がします。

QNexus7のAndroidのバージョンについて

Nexus7に搭載されているAndroidのバージョンに関する質問です。

GoogleのNexus7のページによると、
Nexus7には最新のAndroid4.2が搭載されている、とあります。
http://www.google.co.jp/nexus/7/
(ページ中ほどの「最新版の Android 」ご参照。)

一方で、同じくGoogleのNexus7の技術仕様のページによると、
搭載されているのはAndroid4.1となっています。
https://play.google.com/store/devices/details?id=nexus_7_16gb&feature=microsite
(技術仕様はページの一番下にあります。)

一体どちらが正しいのでしょうか?
購入時は4.1で、あとから4.2にアップデート可能ということでしょうか。

実際に購入された方で、ご存知の方がいらっしゃれば、
ご回答いただけると幸いです。

Aベストアンサー

本日Nexus7の32GB番購入しました。

Androidのバージョンは4.1.2となってます。

Android4.2はNexus10の方だったと思います。
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20121030_569488.html

Q有栖川さんの学生アリス

有栖川さんの学生アリスのシリーズを最近読んで好きになったのですが、学生アリスのシリーズって、
『月光ゲーム』
『孤島パズル』
『双頭の悪魔』
この3つだけなんですかね?もっと学生アリスのシリーズが読みたいです!

Aベストアンサー

アンソロジー集にたまにでてます。
「誘拐」角川文庫
「密室」角川文庫
「自選ショート・ミステリーミステリー傑作選・特別編(5)」講談社文庫
いろんな作家の短編集ですので、これも立ち読みでいいかも。

QAmazonでNexus7に数種類あるのは何故?

AmazonでNexus7えを検索すると
・「Nexus 7 Wi-Fi Tablet 16GB (Android 4.1 Jelly Bean)-国内正規品 23800円」
・Nexus 7 タブレット 16GB Android 4.1 Wi-Fiモデル 【日本国内版】 ASUSTek  24000円」

・「Google Nexus 7 タブレット 32GB Android Wi-Fiモデル 【日本国内版】 ASUSTek  29000円」

と32Gだと輸入を除けば1種類なのですが、16Gは何が違うのかわかりません。

ご存じの方教えてください。お願い致します。

Aベストアンサー

最初Nexus7は日本で発売されませんでした。

その頃にはやったのが日本にアメリカなどから個人輸入をした輸入版です。

その後、日本での正式販売が決まり、Nexus7 16GB 日本正規版が発売されました。
(この頃は32GBは世界的に未発売)

しばらくし、16GB版の在庫が薄くなってきたところに32GB版の発売が決まりました。
(店頭での16GBは絶版)

結果、現在のNexus7はGoogleストアでは16GB、32GB版、店頭では32GB版のみの発売となりました。

上の16GBは輸入されてた頃と正規発売後の商品の区別のために名称を変えているのではないでしょうか?
それかマーケットプレイスが商品名を分けているだけかと思います。
物自体は変わらないと思います(取説の言語が違うかも)

Nexus7を購入予定ならGoogleストアがおすすめです。
16GB二万円、32GB二万五千円ぐらいで買えますよ。

16GB版を正式に売っているのが今ではここだけという点も大きいです。

Q有栖川有栖、火村助教授シリーズ

少し前から有栖川有栖の作品にはまり、出版順等関係なく借りて読んでいます。火村助教授シリーズの特に短編が好きなのですが、彼の初登場作品は「46番目の密室」でしょうか?なかなか図書館では見かけないのであまりに読む機会がなければ購入したいと思います。詳しい方教えていただけませんでしょうか。

Aベストアンサー

最初に刊行されたのは「46番目の密室」なので、そういう意味では初登場となります。
それから随分経過してから読んでいるため、純粋に初登場の作品がどれなのか分からないのですが…。

QNexus 7 と iPad の違い

こんにちは。
Nexus 7 と iPad の違いはどこにありますか?
iPhoneと初代iPadユーザーですが、Nexus 7 のサイズと価格に惹かれています。
アップル製品以外の携帯端末は使用したことがないので、同じようなことが出来るのでしょうか?

Aベストアンサー

下記のページにアイパッド第3世代とNEXUS7のハードウエア比較があります。
http://news.mynavi.jp/articles/2012/07/30/nexus7/index.html
注:NEXUS7の国内発売モデルは16GB

で、違いは・・・
(1)NEXUS7はWi-Fi専用モデル。
ネット接続は、自宅の無線LANやスマホのテザリング使用による接続が前提です。

(2)NEXUS7の最大容量モデルは16GB。
アイパッドの最大容量モデルは64GB。
NEXUS7はクラウドサーバーによるデータストレージが基本に考えられたパッドです。

> 同じようなことが出来るのでしょうか?
・基本的に出来ます。
私も、取り敢えずNEXUS7をグーグルから購入手続きをしましたが、、、
NEXUS7のアンドロイド4.1は、アドビフラッシュ非対応。
フラッシュコンテンツが再生出来ないのならば、アイパッドと変わらない。
しかも、近々、アイパッドの7インチモデルが出るらしい。
スペックはアイパッドミニの方がNEXUS7よりも上。

ToFrance様が待てるのならば、アイパッドミニの情報がハッキリしてからの購入をお勧めします。
http://matome.naver.jp/odai/2133695764266118801

下記のページにアイパッド第3世代とNEXUS7のハードウエア比較があります。
http://news.mynavi.jp/articles/2012/07/30/nexus7/index.html
注:NEXUS7の国内発売モデルは16GB

で、違いは・・・
(1)NEXUS7はWi-Fi専用モデル。
ネット接続は、自宅の無線LANやスマホのテザリング使用による接続が前提です。

(2)NEXUS7の最大容量モデルは16GB。
アイパッドの最大容量モデルは64GB。
NEXUS7はクラウドサーバーによるデータストレージが基本に考えられたパ...続きを読む

Q辻真先さんのある推理小説シリーズ本のタイトルをすべて教示ください

 検索機能で調べた限りで、求めている質問はなかったように思いますので、新規に質問いたします。

 現在、古本屋で見かけた辻真先さんのある推理小説シリーズを読んでいますが、文庫本化されたのも10年以上前という古いシリーズで、本屋にも並んでおらず、全巻読みきれているかどうか、確認できずにいます。シリーズ内容と読んだ本を記入しますので、詳しい方がいらっしゃいましたら、読んでいない本のタイトルを指摘いただけますと幸いです。全巻読みきれている場合は、その旨の回答もありがたいです。
 また、このシリーズの本がすべて書いているホームページをご存知でしたら、URLを教えていただけますと幸いです。

内容:トラベルライター瓜生慎と財閥令嬢三ツ江真由子(シリーズ途中で結婚しているため、後半では瓜生真由子)が、旅先で巻き込まれた事件を解決させていく推理小説シリーズ
このシリーズで読んでいる本:
・「死体が私を追いかける」
・「ブルートレイン北へ還る」
・「ローカル線に紅い血が散る」
・「火の国死の国殺しを歌う」
・「殺人者が日本海を行く」
・「三陸鉄道 死神が宿る」
・「山陰 ドン行に死す」
・「鳴門に血渦巻く」
・「北海で殺そう」
・「大雪山発殺人物語」

*公式サイトやウィキペディア(Wikipedia)の同氏の項目を見ましたが必要な情報はなく、書店系のWEBページ(徳間書店のもの等)だと全部の作品が出ていると思われますが同氏は著作が多すぎWEBの書籍説明も十分にされているかどうか不明なため、どの本がこのシリーズ本なのか確認するには至りません。図書館等で全部の本を読んで確認することも、多作である辻氏については、現実的ではありません・・。 

 検索機能で調べた限りで、求めている質問はなかったように思いますので、新規に質問いたします。

 現在、古本屋で見かけた辻真先さんのある推理小説シリーズを読んでいますが、文庫本化されたのも10年以上前という古いシリーズで、本屋にも並んでおらず、全巻読みきれているかどうか、確認できずにいます。シリーズ内容と読んだ本を記入しますので、詳しい方がいらっしゃいましたら、読んでいない本のタイトルを指摘いただけますと幸いです。全巻読みきれている場合は、その旨の回答もありがたいです。
...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
辻氏の著書で目的のシリーズを探すのは、さぞ大変でしょう。
お気持ちお察しいたします。
かれこれ15年ほど前、シリーズ関係なく辻氏の著書を100冊以上まとめて本屋で取り寄せて貰った事があります。
初任給をそれで使い果たしました、今思えば若かった・・・(笑)。
このシリーズも読んだ記憶はあるんですが、質問者さんが読破した作品が全てなのかは憶えてないんです、ごめんなさい。

懐かしいので自分の思いあたるキーワードでググってみました。
光文社で以下のシリーズが見つかりました。
紹介文に瓜生慎の名前があるんで、多分新シリーズなんじゃないでしょうか。
真由子の名前があるのとないのがあるのが気になりますが・・・というか息子が一緒の話があるみたいですよ。
http://www.kobunsha.com/shelf/search/book?type=0&freewords=%E8%BE%BB%E7%9C%9F%E5%85%88

このシリーズ、土ワイで小野寺昭と川島なお美出演でドラマになったんですよね、ドラマも非常に面白かったです。

個人的には迷犬ルパンシリーズ、新潮文庫のツアーコンダクターシリーズもオススメです、多分古本でしか手に入らないと思いますが(古本屋でもなかなか見つからないかもしれませんが)、機会があったらどうぞ。

迷犬ルパンシリーズの「犬墓島」にも瓜生慎&真由子が登場しています。
この作品、確か当時書いていた辻氏の著書に登場するキャラ総出演でしたね。
http://www.amazon.co.jp/%E7%8A%AC%E5%A2%93%E5%B3%B6%E2%80%95%E8%BF%B7%E7%8A%AC%E3%83%AB%E3%83%91%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%AB-%E5%85%89%E6%96%87%E7%A4%BE%E6%96%87%E5%BA%AB-%E8%BE%BB-%E7%9C%9F%E5%85%88/dp/4334700489/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=books&qid=1212837843&sr=1-1

こんにちは。
辻氏の著書で目的のシリーズを探すのは、さぞ大変でしょう。
お気持ちお察しいたします。
かれこれ15年ほど前、シリーズ関係なく辻氏の著書を100冊以上まとめて本屋で取り寄せて貰った事があります。
初任給をそれで使い果たしました、今思えば若かった・・・(笑)。
このシリーズも読んだ記憶はあるんですが、質問者さんが読破した作品が全てなのかは憶えてないんです、ごめんなさい。

懐かしいので自分の思いあたるキーワードでググってみました。
光文社で以下のシリーズが見つかりまし...続きを読む

QNEXUSって…?

NEXUS7や10、5などのAndroid端末がありますが、
これらのNEXUSシリーズを作った会社ってLGなのでしょうか?それともGoogleなのでしょうか?エースース?
それとも共同開発?
色々ネットで調べているのですが、よく分からなくって…。

教えてください!

Aベストアンサー

NEXUSとはGoogleのリファレンスモデルで、各メーカーと共同開発しています。
最近のNEXUSです。
GALAXY NEXUSとNEXUS10はSamsung
NEXUS4とNEXUS5はLGです。
NEXUS7はASUS

Qコバルト文庫「ちょー」シリーズで!

「ちょー美女と野獣」から始まる「ちょー」シリーズですが、
あれってコバルト文庫で発売されてるのに、
雑誌のコバルトで連載されてないのです(本編が)。
もしや違う雑誌で連載されていたり…なんてことはないですか?
いわゆる書き下ろしってやつですか?
教えてほしいですm(_"_)m

Aベストアンサー

こんにちは。ちょーシリーズを購入し、コバルトは立ち読みしている者です。
「ちょー恋とはどんなものかしら」の小説初出一覧にちょー美しい姫君はCOBALT’98年4月とありましたが、それ以外は書き下ろしだと思います。
どこかで連載していれば、巻末に初出一覧で載っているはずですし。

ちなみに、これは質問の答えとは違うので私の独り言として聞き流してもらって構いませんが、今月のコバルトで、ちょーシリーズの番外編が掲載されていました。面白かったですよ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報