シリカゲルカラムを用いた亜鉛(二)錯体の分離精製の実験で、もしはじめからメタノールを含んだクロロホルムを使用して亜鉛錯体を分離したらどんな結果になるのでしょう!?分かる方、ぜひ教えてください!!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>もしはじめからメタノールを含んだクロロホルムを使用して・・・



もしはじめから、ということはrui_rui_00_さんは、はじめクロロホルムだけで溶出し、徐々にメタノール濃度を上げていった、ということでしょうか?

シリカゲルカラムで分離するということは、不純物を除いて純度の高いものを得る、ということですよね。したがってどんな不純物を除く必要があるのかによって全然違ってきます。

シリカゲルカラムの原理はおわかりですよね? 極性の高い物質ほどシリカゲルに吸着されて、保持時間が長くなります。移動相の溶媒の極性を高くするほど高極性物質が溶出しやすくなります。

メタノールはかなり極性が高いので、はじめからメタノール濃度の高い移動相を用いると、ほとんどの有機物が一気に溶出してしまい、分離が難しくなります。
除去したい不純物が目的物よりも非常に極性が高い、という場合ならこれでも問題無いでしょう。

目的物よりも低極性の物質を除きたい場合は、まず、より低極性の移動相で不純物を溶出させ、そのあと移動相の極性を上げて目的物を溶出させます。

不純物と目的物の極性が同程度で保持時間が同等になる場合は、シリカゲルを多めに用い、比較的低極性の移動相で時間をかけて分離してやる必要があります。

亜鉛錯体にもいろいろなものがあると思います。おそらく有機物との錯体かと推測しますが、有機物部分がどういう構造で極性も、メタノール等の溶媒に対する安定性も違ってくると思います。
    • good
    • 0

 kumanoyu さんが回答されている通り,どの様な不純物がどの程度混ざっているかで,結果は異なります。



 例えば,同じ程度の極性の不純物が混ざっていても,量に大きな違いがあれば,一気に流しだしても最初に不純物を含む部分が出て,大部分のフラクションは純度良い目的物と言う事もあります。

 今の場合にどうかについては,どの様な溶媒の流し方(溶媒は何から初めて,どの様に変えていったかなど)をされて,不純物と目的物がどれぐらいに溶出されたのかを補足いただければ,もう少し具体的な回答も付く可能性があります。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q亜鉛を含む食品

一般的に牡蠣やハマグリに多く亜鉛が含まれていることは知られていますが,そのほかに亜鉛を多く含む食品を教えてください。
亜鉛は,いろんな食品に少しずつ入っていて,普通に食事をしていれば自然に摂取できるとは言われていますが,もう少し,亜鉛について情報が欲しいのです。
お願いします。

Aベストアンサー

スカベンジャーで検索してみると、また違った観点から分かることがあるかもしれません。
ホルモンバランスに興味があるのでしょうか?
亜鉛は勿論、鉄、マグネシウム等も必要です。
成人の場合1日の推奨摂取量は約15mgですが、成人男性の平均摂取量は9.1mg。女性は7.3mgです。
汗1リットル中に1.15mgの亜鉛が含まれ、ひどく汗をかくと4mg以上を1日に失います。亜鉛は痒み物質のヒスタミンの生成を抑制する働きもあり、アトピーの症状改善にも役立つのではないかと注目を浴びています。
ニキビにも関係があり、亜鉛不足によると考えられます。
また、成長ホルモンにも関係しています。亜鉛の不足は性腺の発達の遅れや、未成熟を招く原因となります。亜鉛不足の人は1日の摂取量は30mgを目安にします。一般的に日本人は10mg程度の亜鉛を食事から摂取しているので、足りない20mgをサプリメントで補う方法もあります(不足の場合)。
亜鉛はミネラルのうちで、最も毒性が低く、1日50mg~100mgを摂り続けても問題ないとされています。ただし、1日50mgの亜鉛を摂り続けると、銅の吸収を妨げ、銅欠乏症の貧血を招く可能性があるとの報告例もあります。つまり、両面の報告がなされているということです。
また、亜鉛は、たんぱく質や核酸の合成に関係しています。味覚を正常に保ちます。長期の下痢をした人や、妊婦、授乳婦は、特に、摂取に心がけましょう。妊婦は、亜鉛と葉酸の摂取に気をつかい、ビタミンAを摂りすぎないようにします。
牡蠣やゴマにも含まれています。

スカベンジャーで検索してみると、また違った観点から分かることがあるかもしれません。
ホルモンバランスに興味があるのでしょうか?
亜鉛は勿論、鉄、マグネシウム等も必要です。
成人の場合1日の推奨摂取量は約15mgですが、成人男性の平均摂取量は9.1mg。女性は7.3mgです。
汗1リットル中に1.15mgの亜鉛が含まれ、ひどく汗をかくと4mg以上を1日に失います。亜鉛は痒み物質のヒスタミンの生成を抑制する働きもあり、アトピーの症状改善にも役立つのではないかと注目を浴びていま...続きを読む

Q亜鉛に塩酸をかける実験の、化学反応式を教えてください。 あとその実験での、亜鉛の電荷、電離の様子も教

亜鉛に塩酸をかける実験の、化学反応式を教えてください。
あとその実験での、亜鉛の電荷、電離の様子も教えて頂けますと幸いです。

Aベストアンサー

Zn+2HCl→ZnCl2+H2

Qミネラルの亜鉛ですが何の食品に含まれていますか

味覚障害を防ぎたく亜鉛の含まれている食品を多く食事に取り入れたいと思っています。食品と一日に必要量を教えてください。また加熱等して良いものかまた体にどれぐらいで排出されてしまうのか、わかる範囲で結構ですので教えてください。

Aベストアンサー

貝類では「牡蛎(カキ)」で、1日3個。
野菜では「カボチャ」の種(レシピは下記サイトにあります)
テレビの「あるある大辞典」をリンクします。
サイトに入りましたら、「亜鉛」をキーにして検索してください。
タイトルは重複しますが、項目として32項目あります。

亜鉛は、味覚だけでなく、新陳代謝の活発化にもいいようです。

参考URL:http://www.ktv.co.jp/ARUARU/index.html

Qシリカゲルカラム時のクロロホルムの流出速度

シリカゲルカラムクロマトグラフィーを行う際、クロロホルムは
流出速度は遅いと知られています。これは、どのような因子が
作用しているのでしょうか?
---------------
クロロホルムは極性を有する為、確かにシリカゲルにバインドされて
流出速度が遅くなると考えられなくもありません。

上記のように考えると、例えばアセトンやメタノールは
クロロホルム以上の極性を有する為、より流出速度が遅くなると
予想されます。
しかし、メタノールの流出速度は、クロロホルムよりも圧倒的に速いと
一般的に知られています。

つまり、極性以外の因子が、流出速度に作用しているのではないかと
私は考えました。
---------------
クロロホルムのカラム時の流出速度が遅いと言われる理由について
ご存知の方が居られましたら、ご教授の程をお願い致します。

また、私が述べた考えが誤りの場合、訂正して頂けると幸いです。

Aベストアンサー

私自身はカラムでの流出速度を比較をしたことはありませんので
(早いのと遅いのがあったという漠然とした記憶程度で・・・(汗))、
「クロロホルムは流出速度が遅い」というのを前提としての推測に
なりますが・・・

> 極性以外の因子が、流出速度に作用しているのではないか

考えられる因子としては、ご提示の「カラム担体との相互作用」の
他に、展開溶媒の粘度なども考えられますが、クロロホルムに
ついては「分子量」が最も大きな要因と思います。


・・・ややピンときにくいかもしれませんので、少し説明しますと・・・

シリカゲルをつめずにカラム管に展開溶媒だけを入れた場合は、
管内の溶媒による圧力が直接掛かるため、比重(と液量)が大きい
方が、流出口での流出速度も大きくなります。
一方、カラム管にシリカゲルをつめた場合は、展開溶媒の重量は
シリカゲル(と管の内壁)によって支えられる形となり、流出口での
圧力への影響は殆どなくなるものと思います。

その結果、シリカゲルカラム管内での「溶媒分子の移動しやすさ」
は、「分子量による慣性力の大小」の影響が大きくなり、結果として
分子量が小さい方が流出速度が速くなる・・・という論法です。
(気体の場合に、分子量が小さいものはより速度が大きく、分子量
 が大きいものはより速度が小さいことで、マクロでの気体の圧力が
 同じになることからの類推(?)になります)

私自身はカラムでの流出速度を比較をしたことはありませんので
(早いのと遅いのがあったという漠然とした記憶程度で・・・(汗))、
「クロロホルムは流出速度が遅い」というのを前提としての推測に
なりますが・・・

> 極性以外の因子が、流出速度に作用しているのではないか

考えられる因子としては、ご提示の「カラム担体との相互作用」の
他に、展開溶媒の粘度なども考えられますが、クロロホルムに
ついては「分子量」が最も大きな要因と思います。


・・・ややピンときにくいかもしれませんの...続きを読む

Q亜鉛について

食品中に含まれる亜鉛についてなんですが、亜鉛は煮たり焼いたりしても変形・損失はしませんよね?ってかしようがないですよね?
たとえば、ある生魚に1mgの亜鉛が含まれていた場合、焼き魚にした場合も1mg存在すると仮定してもおかしくありませんよね?
食品成分表などでは、生の場合の表記しかしてない場合が多くて、生で「10mg」と書いてあっても焼いた場合や缶詰の場合は「-」としてるので・・・。

Aベストアンサー

 加熱した際に油分等の汁が出ますよね?
それで、正確には測れないという事では無いでしょうか?

Qメタノールをクロロホルムで洗いこみ→塩析

分液漏斗である植物をメタノールで成分を抽出したものを
クロロホルムで洗いこみをしました。

その結果は本来透明無色の液体と緑色の液体にきれいに分かれれるらしいのですが
不透明な緑の液体と緑色の液体に分かれてしまいました。

そこで塩を加えて塩析しました。そうすると本来の結果になったのですがこの塩析の原理がよく分かりません
何がどうなってこのような結果になったのでしょうか?

Aベストアンサー

有機層から水分が抜けたということでしょう。
塩析にはそういう作用があります。
だとすれば、「本来の結果」と異なっていた理由は、メタノールで抽出する前の水分除去が不十分であったということでしょうか。あるいは、原材料の水分が多すぎたもかもしれません。

Q亜鉛

亜鉛を多く含む食品はなんですか?スーパーで手軽に買えるものを教えて下さい。

Aベストアンサー

身長を伸ばすにも最適な亜鉛。
これがおおくふくまれているのはピーナッツです。
これなら手軽で多くの亜鉛を摂取できます。ニキビが気になる方は、ピーナッツの先端を取ると大丈夫ですよ(*´∀`*)

Qクロロホルム溶液からの分離

クロロホルム溶液からの分離

大学の課題で、ピリジン、フェノール、アセトフェノンのクロロホルム混合溶液から抽出操作を使って各化合物をそれぞれクロロホルム溶液として分離する方法を調べなければいけないんですが、いくら調べてもわかりません。どなたかわかる方、教えていいただけないでしょうか。

Aベストアンサー

最近は丸投げに答えても良いみたいですが大学生なので、少し考えて下さい。
1.アセトフェノンは最後まで元の混合物(母液と呼ぶ)の中に残る。
2.ピリジンはかなりの塩基性。
3.フェノールは弱いが酸性。
で、抽出でそれぞれを混合物から分けた後、クロロホルムは残りの混合物から蒸留で得て純物を単離したものと合して黒穂ホルム溶液にする。
といった感じです。
さらに説明すると、かなりの濃度の鉱酸(塩酸か硫酸が良い)と母液を振盪(振る事ね)してピリジンをピリジニウム塩の水溶液として取り出します。これを抽出と言います。これを何回も繰り返して出来るだけピリジンを除きます。
その次は、濃アルカリ水溶液でフェノールを抽出します。
すると最後にアセトフェノンのクロロホルム溶液が残ります。
でも、かなり「きたない」ので、クロロフォルムを蒸留して純クロロフォルムを得。残りから減圧蒸留でアセトフェノンを得ます。
後はこれを適当に混ぜて下さい。
あ、塩になったピリジンとフェノールはそれぞれ塩基と酸で振って元の形に戻してからクロロフォルムに溶かします。

Q亜鉛を1日十分に摂取するには?

亜鉛をサプリメントではなく、食品で摂取するには、毎日の食事で何をどれくらい食べればいいのか、例などがあれば参考に教えてください。(牡蠣以外でお願いします
。)

Aベストアンサー

>亜鉛を1日十分に摂取するには?


日本人は、ミネラルが少ない土壌(欧米の1/3)で生活していることや、置く含まれているのが肉・チーズ・魚介類であり、穀類を主食にしているなど、欧米人に比べると血清中の亜鉛は少なめです。そして、平均的な日本人の摂取量では一日9mg程度しか取れないと報告されています。日本人の多くは潜在的亜鉛欠乏症(marginal zinc deficiency)の状態にあるといわれるのはそのためです。

日本人の栄養所要量(推奨量)は、
  男性 11mg
  女性 9mg(妊婦、授乳婦は+3mg)
  上限量は、男女とも30mg
  RDA(アメリカ政府が定めた「1日あたりの摂取勧告量」)は15mg


一方で、亜鉛(Zn)はもともと吸収率がそれほど高くなく、また同時に取る物質と一緒にくっついて体外に排出されやすいという一面もあります。
また高齢になるにつれ必要量とともに吸収率も低下して行きます。

つまり、主食からの摂取は少ないので、副食である魚・チーズ・魚介類・海藻から摂取するのが良いので、亜鉛が不足がちな人は食事にて(亜鉛が豊富な牡蠣を除いてと言う事であれば)、焼肉や焼き魚、パスタやピザ等のチーズ料理・貝類・海藻サラダ・干しシイタケや干物&燻製食品等をうまく取り入れたメニューが良いでしょう。


◇参考記事

http://hontonano.jp/aen/09.html

http://hontonano.jp/aen/06.html

>亜鉛を1日十分に摂取するには?


日本人は、ミネラルが少ない土壌(欧米の1/3)で生活していることや、置く含まれているのが肉・チーズ・魚介類であり、穀類を主食にしているなど、欧米人に比べると血清中の亜鉛は少なめです。そして、平均的な日本人の摂取量では一日9mg程度しか取れないと報告されています。日本人の多くは潜在的亜鉛欠乏症(marginal zinc deficiency)の状態にあるといわれるのはそのためです。

日本人の栄養所要量(推奨量)は、
  男性 11mg
  女性 9mg(妊婦、授乳婦は+3mg...続きを読む

Q亜鉛の精製

Wurtz型反応で合成をするのに市販の亜鉛粉末を使用するのですが、不活性気体中で反応させてもうまくいきません。

そこで、亜鉛を精製したいのですが、どうしたら良いかわかりません。酸で表面を溶かすことも考えたのですが、粉末なので無くなってしまうのではないかと思い、断念しました。

色々と調べたのですが、解決法が見つからないので、
どなたか御存知の方がいらっしゃいましたら、教えて頂けないでしょうか?

Aベストアンサー

実験化学講座によりますと、粉末の場合であっても、使用前に希塩酸で処理した後、蒸留水、アセトン、エーテルで順次十分に洗浄後、完全に乾燥させると良いそうです。

実際に反応させる際には、微量のヨウ素を加えたり、超音波洗浄機に浸けたり、加熱したりすることも有効です。

それ以外にも、亜鉛-銅カップルを用いる方法もあります。

塩化亜鉛と金属カリウムから亜鉛を調製する方法もありますが、カリウムの危険性を考えればお勧めできません。カリウムはナトリウムよりもはるかに反応性が高いです、念のため。


人気Q&Aランキング