自分の「好きな作家」というのを見つけ出したいので、誰かお勧めの作家があれば教えて下さい。(一人の作家の作品を集めてみたいと考えてるので、、)あまり知られていない作家で、いい作品を書いている方がいたら特に是非教えていただきたいです。

最近読んだ作品は、我孫子武丸「殺戮にいたる病」、小池真理子「墓地を見下ろす家」、安部公房「砂の女」、舞城王太郎「世界は密室でできている」などです。

基本的には、ミステリ好きですが、新しい分野を体験してみるのも面白いと思うので、ミステリ作家じゃなくても全くかまいません。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中1~10件)

■倉知淳


 この人の作品にはいつも気持ち良く騙されます。

 「星降り山荘の殺人」
    舞台は雪に閉ざされた山荘
    役者は男女合わせて九人
    演目はもちろん殺人
    著者はあくまでもフェアに読者へ挑戦する

 「過ぎ行く風はみどり色」
 
 他に短編集で
 「日曜の夜は出たくない」

 「占い師はお昼寝中」

 「幻獣遁走曲」

■東川篤哉
 「密室の鍵貸します」
 
■柄刀一
 「OZの迷宮」

■加納朋子
 「螺旋階段のアリス」
 「虹の家のアリス」
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございます。知らない作家ばかりで、読書の幅がまた広がりそうです。調べた限りでは、倉知淳さんと東川篤哉さんの小説が面白そうだなと感じました。早速本屋に行ってみてこようと思います。有難うございました。

お礼日時:2005/12/08 18:13

山田正紀はいかがでしょう。


SF、ミステリーなど作風が広いのでおすすめです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返事が遅れて申し訳ありません。調べてみた感じ、結構面白そうな作品がありそうですね。早速、本屋で見てみます!有難うございました。

お礼日時:2005/12/12 15:29

ちょっと重複するものもありますけど私のお勧めは、



ミステリー系は奥田英朗、横山秀夫は安定して面白いですよ。あと最近ハマッたのが福井敏晴「亡国のイージス」と乃南アサ「ピリオド」と「鎖」ですね。

ミステリー以外ですと、原田宗典のエッセイは面白くて笑っちゃいますよ。「十七歳だった」「スバラ式世界」あたりからがいいかも。電車で読まないほうがいいです。吹き出しますから(笑)

大河ドラマ系ですと、春江一也「プラハの春」がイチオシです。

ちなみに僕が集めてるのは原田宗典、椎名誠、沢木耕太郎ですね。ミステリー系は図書館を利用してますから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返事が遅れて申し訳ありません。エッセイは正直に一度も読んだことが無いので、一度読んでみようと思います。旅行記とかは凄く好きなんで、椎名誠さんの本も読んでみたいですね。参考になりました。有難うございます。

お礼日時:2005/12/12 15:24

小池真理子「墓地を見下ろす家」の感想はいかがでしたか?


私は小池真理子の「恋」を読んで、すっかり虜になりました。ぜひ読んでいただきたいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございます。正直ホラー小説を読むのは、これが初めてだったので、比較は出来ないのですが、じわじわと迫る恐怖がありどうしても、先が気になって、一日で読み終えちゃいました。 小池真理子さんの「恋」ですか、本屋でぜひ探しに行こうと思います。有難うございました。

お礼日時:2005/12/09 17:31

あまり知られていない作家で大プッシュしたいのはサキですね。

ブラックユーモア溢れる短編作家で、広辞苑に載っているほどなので「文学?」なのですが非常に読みやすく、理解しやすい。O・ヘンリーから暖かみを抜いた感じです。
ちくま文庫から復刊したので今が買い時ですよ!(ちくま社からの回し者ではないです
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございます。双方とも聞いたことがない作家です。サキって外国人の方なのでしょうか?もう一度、調べてみようと思います。参考になりました。

お礼日時:2005/12/09 17:27

ミステリーはあまり読まないのでわからないのですが、私が好きな作家さんと、その中でもこれはよかった!という本を挙げていきますね。



・伊坂幸太郎「チルドレン」「陽気なギャングが地球を回す」
・本多孝好「FINE DAYS」
・石田衣良「約束」
・金城一紀「レボリューションNo.3」「フライ、ダディ、フライ」「SPEED」「GO」「花(対話篇)」

有名どころばかりですが・・・。
恋愛ものよりも群像劇や青春ものが好きなのでこんなかんじです。
特に金城一紀はかなりおすすめです。すっきりしますよ!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございます。ミステリじゃなくても全然okです。むしろミステリ作家以外でのお勧め作家がちょうど聞きたかったです(笑) 4人の内、最初の3人の名前は聞いたことがあって、本を手にとってみようかなと考えていましたが、金城一紀とう作家は初耳でした。ミステリとは全く違った分野なので、自分にとって新鮮でいいと思います。有難うございました。

お礼日時:2005/12/08 18:19

 いわゆるミステリとは違う作風が多いですが宮部みゆきさんはどうでしょう。

ミステリーやSFファンタジー、時代小説まであります。代表作「模倣犯」、「理由」、「火車」。

 あと「半落ち」の横山秀夫氏とか。半落ち以外でも面白い作品が多いですよ。

 1冊しか読んでないですが高野和明著「13階段」も面白かったです。

 歴史物ですが司馬遼太郎氏、池波正太郎氏は好きですね。

 ご参考にどうぞ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答有難うございます。宮部みゆきさんの作品では「火車」、「レベル7」、「クロスファイア」などを読みました。確かに彼女の作品は面白いですよね。高野和明氏の本もamazondで見た感じ、結構面白そうですね。横山秀雄氏の小説は未読ですので、また見てみようと思います。それと歴史物ですか、、一番敬遠していたジャンルですね(笑)これを機に、見てみようと思います。

お礼日時:2005/12/08 14:45

ミステリ作家で好きなのは


奥田英朗氏、貫井徳郎氏、岡嶋二人氏(ユニットだから氏は変かな?)ですかね。
奥田氏の作品では「最悪」
貫井氏の作品では症候群シリーズ
岡嶋氏の作品は「99%の誘拐」
面白かったです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答有難うございます。奥田英朗氏という作家は、初耳でした。amazonで一通り見てみたのですが、なかなか面白そうな本がありそうですね。貫井徳朗氏と岡島二人氏の名前だけは聞いたことがあるのですが、確か岡島二人氏の内の一人は、井上夢人氏でしたっけ??彼の本は、今度、買ってみようと考えていたところです。もう一度本屋で、以上の三人の本を、見てこようと思います。有難うございました。

お礼日時:2005/12/07 17:00

私が最近ハマってるのが、東野圭吾さんです。


ミステリー系もありますし、ちょっとおかしなショートストーリーもあります。
最近映画にもなった「変身」がお勧めです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答有難うございます。東野圭吾さんの名前は私もよく耳にします。ということは、やはり面白い内容なんでしょうね。これを機に、一冊買って読んでみようと思います。有難うございました。

お礼日時:2005/12/07 16:50

作家で読む,ということは,その作家の文章に浸りたい,ということと勝手に解釈し,文章に際立った特徴のある作家を挙げてみます。



もっぱら冒険小説を書いておられる方ですが,そこにミステリィ的な要素も含んでいることが多いのが,志水辰夫氏です。
新潮文庫で古めの作品が再刊されています。
ひとまず「裂けて海峡」をお薦めしておきましょう。

昔の芥川賞作家ですが,かなりアクの強い作品を書かれているのは丸山健二氏。
今の日本の状況を予見したかのような「争いの樹の下で」は素晴らしいと感じました。
残念ながら絶版ですので,図書館で借りるか古本屋で買って下さい。

マイナな作家というところでは,佐藤亜紀氏。
実に硬質な文章をお書きになります。
近代ヨーロッパを書かせたらピカイチですが,ここは入門編として,ファンタジーノベル大賞受賞後第1作「戦争の法」をお薦めします。

外国人作家でもよければボストン・テラン氏。
この人もアクが強い。
プロットは陳腐といわれても仕方ないですが,文章を読む快感を味わわせてくれます。
翻訳者もいい仕事しています。
文春文庫で3冊出てます(「神は銃弾」が有名ですね)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答有難うございます。全く聞いたことのない作家ばかりなので嬉しいです。一通り、調べた感じでは、佐藤亜紀氏が自分の好みに近いよう気がしました。それに丸山健二氏の小説も、深いメッセージを含んでそうな内容の小説ばかりで、とても興味が湧きました。有難うございます。

お礼日時:2005/12/07 16:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q女性に人気のミステリ作家

女性の方にだけの質問になるのですが、
「わたしはこの作家が好き」をおしえてください。
ネットで古本を売るのに、積極的にアピールすべき
作家が知りたいのです。

その作家がいくつかのシリーズを持っている場合、どのシリーズがいちばん好きかもおしえていただけるとありがたいです。

Aベストアンサー

ミステリですね?

私は、
若竹七海さん
北村薫さん
歌野晶午さん
恩田陸さん
有栖川有栖さん
加納朋子さん

などが好きですね~。
さっぱりしてて読みやすいのが好きなんでしょうね。

Qお勧めのミステリ作家(国内)を教えて下さい

今までは、島田荘司、有栖川有栖、綾辻行人、小野不由美、宮部みゆき、篠田真由美さん等を好んで読んでいました。
特に探偵モノが好きなのですが、おもしろい本に飢えているので、お勧めであればミステリ作家にこだわらず読んでみたいです。
個人的な意見で構いませんので、是非教えて下さい!

Aベストアンサー

井沢元彦さん
楠木誠一郎さん
高橋克彦さん
芦辺 拓さん
柴田よしきさん
野間美由紀さん
加納朋子さん
西澤保彦さん
二階堂黎人さん
鯨統一郎さん

なんかがお奨めです。
参考URLに詳しい回答をしてますので、よければ参考にしてください。
(No,8,9,22,24)

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=346883

Q外国の作家の作品の探し方

古本屋でいつもここでこれはおもしろそうだと思って
探して見つかったためしがないのですが
何かコツはないでしょうか?
本を探している時つくづく漢字のありがたさを感じます。

連続で申し訳ありませんがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

>わゆる新古書もしくわ中古本というやつです。
古本屋で.本を買うときというと.自分の関係する分野の本をほぼ全部かき集める.とか.漁る.時ですから.
1.自分の好みの作家・自分の好みの翻訳家名を覚える。
2.内容をみないで.表題と作家名程度で.本箱から拾い出して.レジに積み上げる。
3.レジで支払いをする。
ですね。どうせ.安いのですから.金額に関係なしに.フィーリングで買いあさるのが古本ですから。

兵隊(現金)は.十分に用意してください。前回.これをしたときには.15万円を用意しました。

それと.古本チェーン店等では購入しないように。古本チェーン店の場合に.多くの場合市場に多く出回っている書籍類誌かありません。
つまり.一般書店と同じような在庫で.2-5年程度の後れがある場合がほとんどです。
学生街の古本店も.学生さんが卒業して行くときに.運送費が高くて払えないから.古本として売却するので.大体教科書・マンガ程度になってしまうので.良いものがありません。学生さんが読むような内容を求めているのであれば.良い本屋となりますが.ご質問の目的から考えると問題でしょう。
神田等の古くからの古本店では.***の分野の本ならば***書店に揃っている.という.書店の特性があります。この特性を理解して店を選べは.大体好みの内容が揃うようにできていますから。

>わゆる新古書もしくわ中古本というやつです。
古本屋で.本を買うときというと.自分の関係する分野の本をほぼ全部かき集める.とか.漁る.時ですから.
1.自分の好みの作家・自分の好みの翻訳家名を覚える。
2.内容をみないで.表題と作家名程度で.本箱から拾い出して.レジに積み上げる。
3.レジで支払いをする。
ですね。どうせ.安いのですから.金額に関係なしに.フィーリングで買いあさるのが古本ですから。

兵隊(現金)は.十分に用意してください。前回.これをしたときには.15万...続きを読む

Q作家の方または作品を

おもしろく、読む価値の有る作家の方を教えてください!
細かく指定しますと、普遍的な作品なんだけども新たな発見がある作品が好きです。
ちょっとわかりずらいですけど、これだってものを教えてください!

Aベストアンサー

普遍的な作品だけれども新たな発見という言葉の意味がはっきりと理解できたかどうかは分かりませんが…
お勧めの作家さんと作品を書いておきます。
エンターテイメントに偏っています、そういうものがお嫌いでしたら御免なさい。

○伊坂幸太郎さん『オーデュボンの祈り』『重力ピエロ』
 村上春樹さんがお好きなら、この人の作品がお勧めです。前者は日本から忘れ去られた島が舞台。後者は家族と遺伝子と犯罪の物語。

○東野圭吾さん『秘密』『トキオ』
 前者はSF的な状況に巻き込まれたある人が良いだけがとりえの弱い中年男性の物語。人の弱さに醜さにかなり踏み込んで描いているように思います

○重松清『流星ワゴン』
 親子の物語。

○米村圭吾『退屈姫君伝』
 時代小説。独特のユーモアで愉しく読めます。

○連城三紀彦『白光』
 これも家族の物語。かなり救いのない話です。

○滝本竜彦『NHKにようこそ!』
 主人公は引きこもりです。引きこもっている自分に自己嫌悪を抱き、「しのうかなあ」が口癖で、それでも死ねない青年が主人公です。

Qコバルト文庫を支えている作家・作品

コバルト文庫を支えている作家って誰でしょうか?
また、コバルト文庫を支えている作品って何でしょうか?

Aベストアンサー

個人的な意見として
前田珠子
破妖の剣シリーズなんかは人気ではないでしょうか。古い作品ですけどね。他のシリーズも読み応えがあると思います。
桑原水菜
炎の蜃気楼シリーズは長編ですよね。このシリーズは長かっただけにコアなファンがついているとおもいます。最終巻は感動しました。
榎木洋子
リダーロイスシリーズはかなり古いシリーズですが、龍と魔法使いシリーズ、緑のアルダシリーズなど一つの世界観をもったファンタジーの王道なのではないでしょうか。コバルト文庫を手に取った人で読まなかった人はいないのではと個人的に思っています。

姫神シリーズやちょーシリーズなど等、挙げればきりがないですが、古くからシリーズを持ってる人なんかはやはり、根強く支えてくれるファンの方が多いのではと思いますよ。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報