物質(例えば金属塊)を加熱していくと物質得た熱量について教えてください。
物質を加熱すると物質の温度が上がっていきます。この時、物質の得た熱量は
  熱量=質量*比熱*上昇温度
で求められます。
ところで、加熱しているがある一定の温度(例えば200℃)で温度変化しない場合の物質が得た熱量はどのようにして求めるのでしょうか。

A 回答 (1件)

 


  加熱しているにも拘わらず、一定温度で変化しない場合は、加熱の熱量と、熱放射か熱伝導で、失われる熱量が均衡していると思えます。この場合は、加熱源が、1秒当たりどれぐらの有効熱量を加熱物体に与えているのか分からないと、答えがでません(これは与えた熱量ですが)。
 
  「得た熱量」というのは、加熱を開始した時の温度と、加熱をやめた時の温度のあいだの温度差で計算されるのです。
 
  >熱量=質量*比熱*上昇温度
 
  この式の「上昇温度」というのがそうです。だから、熱損失の熱量は無視すると、最初に加熱を始めた時の物質の温度と、その熱均衡に達した、例えば200度Cのあいだの差が、温度上昇となり、これで、熱量が出てきます。
 
  温度変化しないというのが、物質の位相(状態)が変わるため、温度安定している時、このケースだと、液体に変わる等の場合(金属の場合、こんな低温で液体になるのは、はんだか、その当たりの合金だと思いますが)、液化の時の必要熱(融解熱)というものがありますから、これに質量をかければ、その分は物質に吸収されたことになります(融解直後までです)。
 
  しかし、熱安定に達した場合は、金属には、加熱しても、その分だけ、放射等で失われて行きますから、「得た熱量」は、上の上昇温度に比熱と質量をかけた式で、出てくる答えでよいとも言えます。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2001/12/11 23:26

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q誘導加熱と誘電加熱の例を挙げてください。 誘導加熱はうず電流損、ヒステリシス損による発熱。 誘電加熱

誘導加熱と誘電加熱の例を挙げてください。

誘導加熱はうず電流損、ヒステリシス損による発熱。

誘電加熱は高周波、誘電体損による発熱。

Aベストアンサー

誘導加熱は、IH調理器に使われています、うず電流損、ヒステリシス損、ジュール熱による発熱ですね。
低周波と高周波があり、低周波のものはより深部まで誘導電流により加熱することが可能です。
低周波加熱は、仕事で鋼の焼入れ加熱で使ったことがありますが、IH調理器とは違い、コイルの中に加熱する材料を置いていました。

誘電加熱は、高周波による絶縁物(誘電体)を誘電損失により発熱する現象を利用したもので電子レンジ等があります。
これも仕事で工業用の誘電加熱装置でセメント硬化物を焼こうとして、セメントを爆発させてしまった事があります。

Q15℃の水素500molを 圧力一定で 500kJの熱量で加熱した 温度はいくらか?? 但し水

15℃の水素500molを 圧力一定で
500kJの熱量で加熱した
温度はいくらか??
但し水素は理想気体とし
定容モル熱容量20.3J/mol・k
気体定数は8.3J/mol・k

よろしくお願いしますm(_ _)m
たすけてください

Aベストアンサー

定圧比熱:Cp、定容比熱:Cv、気体定数:Rとすると、Cp-Cv=Rの関係があります。
したがって、定圧比熱Cp=Cv+R=20.3+8.3=28.6J/mol・K
500KJの熱量で、500molの水素を加熱するので、1molあたりの熱量=500kJ/500mol=1kJ/mol
定圧変化なので、温度変化は定圧比熱より、ΔT=1000J/mol÷28.6J/mol・K≒34.97K
初期温度=15℃より、加熱後の温度T=15+34.97=49.97℃→約50℃

Qイチゴピューレは加熱して保存?

イチゴムースを作ります。安い時にイチゴを買いピューレを作って冷凍保存出来る事を知り、イチゴをペースト状にし、レモン汁と砂糖を加えました。ネット検索すると、ここで加熱してさましてから冷凍するように書かれていました。加熱したらイチゴの香が飛んでしまうような気がするので、加熱せずに冷凍保存してはだめですか?加熱、非加熱での冷凍保存はどう違うのですか。 
それから野菜等のペーストも冷凍保存できるようですが、この場合も冷凍前に加熱が必要なのですか。
教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 加熱するのは果物が持っている酵素を失活させるためです。加熱すると確かに香りは飛びますが、これをやらないと酵素によるいわゆる褐変が起こりやすくなります。野菜もほぼ同じで、市販の冷凍野菜もたいていブランチングという加熱処理を受けています。だから冷凍ブロッコリーなんか色鮮やかなわけで。
 さて、冷凍することでも酵素の活動はかなり抑止できるんですが、酵素自体がなくなるわけではないですし、家庭用冷凍庫は結構温度の上昇も大きいです。結果として保存性がかなり落ちるんじゃないでしょうか。
 色を気にしないのであればいいんですけどね。

Q比熱と熱伝導率の温度特性について

炭素鋼の比熱と熱伝導率をハンドブックで調べると、
   
温度[℃]、比熱[J/kgK]、熱伝導率[W/mK]
200、514、48  
400、586、41
500、648、38
600、707、34
800、623、25
900、548、27

とありました。
このように、温度によって比熱や熱伝導率はどうして変化するのですか?
極大値や極小値があるのはどうしてですか?
また、この数値をある解析に使おうと考えており、
各温度の間は最小自乗法で補間しようと思っているのですが、
このような場合、補間は普通どういったものを使いますか?
素人的な質問をいろいろ書きましたが、
詳しい説明を宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

固体の比熱はDulong-Petitの法則として知られており、室温程度以上の領域なら定積モル比熱Cvは3Rで一定となります(結晶構造や原子間距離によらない)。ここにRはガス定数です。
ところがもし膨張を許すならその膨張により外界に仕事をするわけですから、もう少し余分の熱量が必要です(定圧モル比熱Cp)。具体的にはGrueneisen定数γを用いて
 Cp=Cv(1+γαT)
と表されます。γは物質ごとの値です。
γの温度依存性は小さいので定数とみなすと、定圧モル比熱が温度とともに少し大きくなることは理解いただけると思います。(ご質問の比熱は定積比熱、定圧比熱のいずれでしょうか? 通常ですと測定し易い定圧比熱の値だと思いますが。なお上記の説明では「モル比熱」を用いていますが、質量当たりの比熱([J/kg K])でも議論の本質が同じであることは申し上げるまでもありません)
さらに高温にした場合(ご質問の800℃以上)で比熱が下がっている理由は残念ながら分かりません、すみません。

熱伝導率の温度変化の説明には簡単な固体物性の知識が必要です。
固体中の熱は格子の弾性波に対応する量子(フォノン)によって運ばれます。熱伝導率κはフォノン1個の熱容量をc、固体中の音速をv、フォノンの平均自由行程をLとして
 κ=(1/3)c v L
と表されます。
高温ではフォノン同士の衝突機会が増えてフォノンの平均自由行程Lが短くなり、そのために熱伝導率が低下します。

補間は解析の種類や必要とする精度にもよりますが、大抵の場合(例えば有限要素法による熱伝導解析)は最小自乗法を持ち出すまでもなく折れ線近似で十分だと思います。比熱や熱伝導率の温度依存性の影響はそれで見ることができます。さらに詳細な変化まで追いたい、ということであれば改めて高次の近似をすればよいでしょう。

固体の比熱はDulong-Petitの法則として知られており、室温程度以上の領域なら定積モル比熱Cvは3Rで一定となります(結晶構造や原子間距離によらない)。ここにRはガス定数です。
ところがもし膨張を許すならその膨張により外界に仕事をするわけですから、もう少し余分の熱量が必要です(定圧モル比熱Cp)。具体的にはGrueneisen定数γを用いて
 Cp=Cv(1+γαT)
と表されます。γは物質ごとの値です。
γの温度依存性は小さいので定数とみなすと、定圧モル比熱が温度とともに少し大きくなることは理解いただけると思い...続きを読む

Q炭酸水素ナトリウムの加熱したときに試験管を傾ける理由で、できた水が加熱部分にいき水が加熱して試験管が

炭酸水素ナトリウムの加熱したときに試験管を傾ける理由で、できた水が加熱部分にいき水が加熱して試験管が割れるとかいたらどーなりますか?

Aベストアンサー

炭酸水素ナトリウムの加熱したときに試験管を傾ける理由で、できた水が加熱部分にいき水が加熱して試験管が割れる

→ 炭酸水素ナトリウムを加熱したときに試験管を傾ける理由は、できた水が加熱部分にいき試験管が割れる可能性があるため。

水が加熱して割れるのではなく、加熱した熱くなった試験管のガラスが水により急激に冷やされたとき、
割れることがあるためですから、不正解もしくは△て゛減点される可能性があります。

参考までに。

Q中学3年*初の委員会*書記になった*上手くできない;

中3になって初めて委員会(生活委員)に入り
そして書記になりました

しかし黒板にまとめるなどのことは
ほとんど経験したことが無く
また委員会は初めてなので
今までの書記の人はどんな感じでやっていたのか
よく判りません。
というのは言い訳にすぎませんが
本当に焦っています。

今日1回目の委員会があって
何を書けばいいのかとか
よく判らなくて
ほんとに迷惑を掛けてしまいました。

長くなりましたが、
書記を上手にするためのコツがあれば
教えて下さい。
まず最低何を書けばいいのか
どうやれば上手くまとまるのか
様々なアドバイスを頂きたいです。

Aベストアンサー

 まずはリラックスです。
 全部を書こうなどとかたひじはらずに、自分が聞き取れたことを丁寧に書いていけば大丈夫。
 そして、少しなれてきたら、自分なりに大事だと思うところを探して、書けばいいのです。
 形式にこだわることはないと思いますが、どうしても分からないことがあれば、勇気を出して先生や友だちに聞けばいいのです。「聞くは一時の恥聞かぬは一生の恥」です。明日にでも相談に行って、どうすれば良かったのか聞いてみてください。
 それから、質問文を読む限り、あなたの文はとてもよくまとまっていて、知性にあふれています。自信を持ってやれば、大丈夫です。
 また、たとえ失敗したとしても、ノート書記などもいると思いますし、先生や友だちもある程度は記憶しているはずです。

 何だか、偉そうになってしまい、すみません。委員会の仕事に一生懸命になっている姿が、とてもステキに思えました。応援しています。がんばってください。

Qマイクロ波加熱について

マイクロ波加熱と物質の比誘電率の関係について質問です。

比誘電率の高い物質ほどマイクロ波を吸収しやすく加熱されやすいのか教えてください。

マイクロ波加熱を含む誘電加熱の原理は、誘電体の分極によるものだと認識してます。

分極には電子分極、イオン分極、配向分極、界面分極の4種類があるとのことです。

それぞれの分極は電磁波の周波数に依存するそうです(電子分極は紫外光、イオン分極は赤外光、配向分極はマイクロ波の周波数)。

ここで、比誘電率が大きいほどマイクロ波を吸収し加熱されやすいのではなく、配向分極しやすい物質ほどマイクロ波を吸収し加熱されやすいのではないかと疑問を持ちました。

比誘電率が大きい物質ほどマイクロ波加熱により加熱されやすい物質なのかどうか教えてください。

お願いします。

Aベストアンサー

>マイクロ波加熱の原理は物質(誘電体)がマイクロ波を吸収し励起され、元の状態に戻るときに励起されたエネルギーの分だけ熱が生じる。物質のマイクロ波の吸収しやすさは原子の質量、原子間距離、結合強度などに依存する

おっしゃる通りのことを書きました。そこまで読み取って下さる9743884様はかなり洞察力と理解力に優れた方だと思います。
お世辞ではありません。
励起された分子が元の状態に戻ることを「緩和」と言います。
例えば電子レンジで水の回転を励起しますと、確かに液体の水状態(あるいはそれに近い状態)の水分子はおっしゃった表現で言えば「摩擦」を起こします。
より正確には、水分子の回転エネルギー(これも量子化されています)が失われて回転が遅くなる分のエネルギーが周囲の水や他の物質の回転エネルギー、もしくは「並進」(分子全体の運動、気体の運動もその一種)の励起に使われます。
電子レンジの場合は回転エネルギーは食品分子の様々な細かい部分の回転と水分子の並進による「気化」(それで蒸気がたくさんでき、蒸したのと同じ状況になる)になります。
気化した水分子の速度が大きければその分子は高温の水分子と言う事になります。
エネルギーを他の分子に与えた水分子はそれ自身が「気化」という形で「緩和」するか、気化まで行かずに元の位置付近でゴトゴト動くという形をとって「緩和」されます。

>マイクロ波加熱の原理は物質(誘電体)がマイクロ波を吸収し励起され、元の状態に戻るときに励起されたエネルギーの分だけ熱が生じる。物質のマイクロ波の吸収しやすさは原子の質量、原子間距離、結合強度などに依存する

おっしゃる通りのことを書きました。そこまで読み取って下さる9743884様はかなり洞察力と理解力に優れた方だと思います。
お世辞ではありません。
励起された分子が元の状態に戻ることを「緩和」と言います。
例えば電子レンジで水の回転を励起しますと、確かに液体の水状態(あるいはそれに...続きを読む

Qサハラ砂漠の最高温度を教えてくださいm(*_ _)m

サハラ砂漠の最高温度を教えてくださいm(*_ _)m

Aベストアンサー

136 degrees Fahrenheit (58 degrees Celsius)=華氏で136度、摂氏だと58度
です。

Q電子レンジでご飯や食パンを加熱するとなぜやわらかくなるのですか

電子レンジでご飯や食パンを加熱するとなぜやわらかくなるのですか。パックされたご飯、パンなどをレンジで加熱してやわらかくして
食べるのは当たり前のことですが、水分量が加熱前と変わらないはずなのになぜ柔らかくなるのか疑問に思いました。
 高温にすることにより飽和水分量は多くなることは当然なのですが、
加熱前でも含まれている水分量は変わらないのに加熱すると柔らかくなることに疑問を感じました。

Aベストアンサー

デンプンのアルファ化が理由です

Q物質の質量の求め方(計算式?)

物質の質量が2.5(g)だとして、
それに含有されているもの0.5(wt%)という時、

含有されている物質の質量は
単純に2.5 x 0.5 で求めてもいいのでしょうか?

%という事なので2.5 x 0.005 に成るのでしょうか?


そもそも、wt%を単純にパーセント表記だと思っていること自体が
認識に誤りがあるのでしょうか?

ご存知の方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 いわゆる質量%は、質量を基準にして%表示したものです。
 ですので、X0.005とするのが正解です。

 ほかにも、体積%や物質量%などの表現方法があります。


人気Q&Aランキング