今年の夏にMR-S購入しましたが ディラーに問い合わせても14インチの
スタッドレスタイヤは合わないとの公式的解答しかありません。
15インチの50や55サイズは、雪道では性能が良くないと考え14インチの
70か65サイズのスタッドレスを履きたいのです。
乾燥路と雪道のバランスの取れたタイヤサイズを教えていただきたいのです。
尚それに適合するホイルサイズも,教えていただけたら幸いです。
MR-Sを購入された先輩諸氏のご意見をお願いします。
よろしくお願いします。敬具

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

このサイトを参考にしてみてください!



参考URL:http://www.geocitie.co.jp/MotorCity/1621/index.h …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q耐摩耗性について

現在大学での研究で金属片に蒸着し耐摩耗性を付けて測定していかなければならないのですが、耐摩耗性を測定するための装置がなく測定できません。研磨機を使用して耐摩耗性を測れることができますか?

Aベストアンサー

研磨機を使用して耐摩耗性を測れることができますか?

計ることは可能です
あとは厚さを測る機械がいりますね

めっき皮膜の硬さの測定としては、押し込み硬さ試験である微小硬さ試験(JIS Z 2251規格測定方法とか業界標準的な測定はできませんので

各自で条件を設定してやれば出来なくは無いですが・・・・・

はたして比較する意味のあるデータが取れるかは別もんだいです

計ることは可能ですね

Q14インチのタイヤと15インチのタイヤではどちらが乗り心地が良いですか?

こんにちわ。現在14インチのタイヤをはいています(175/65R14)。これを15インチのタイヤ(185/55R15)に履き替えた場合乗り心地はどのように変わってきますか?

Aベストアンサー

乗り心地と言うことだけを捉えれば、悪くなると言えるでしょうね。

これはタイヤの扁平率(アスペクト比)による物で、ハイト要するにタイヤの断面を見たとき横の部分(サイドウォール)の高さが当然低くなりここでの衝撃吸収性は悪くなるわけで、これにより皆さんが書いたように、乗り心地は悪化するのですが、逆にタイヤのねじれによる、ぐにゃぐにゃ感はなくなります。

makatiさんはばね下荷重のことを言ってらっしゃると思うので補足すると、鉄ホーイールが純正でついている場合、アルミに変更する事で、随分バネ下重量の軽減になります、これは結構注意すると変わったな!と感じるくらい荒れた路面などでの追従性が良くなります(ただし、ホイールだけ変えると言う事は一般車の場合先ずしないので、タイヤが新しくなった事との相乗効果も有るので正確では有りませんよ)

またアルミからただのインチアップをした場合、意外に思うよりもタイヤは重い物で総重量的には思うほどの大差が無い物です、通常使用程度の走りには余程敏感でない限りこの時の重量差(ホイールサイズが同じでマグなど軽量ホイールを使った場合)による違いは殆ど解らないと思います、勿論素材の剛性の違いによるフィーリングは違いとして感じるかもしれませんが、これはサーキットレベルでの話です。

この違いを最も感じるとすれば、扁平率の違いによる応答性、運動性、しっかり感と言った事への反映は明らかに体感できる物だと言えます。

私個人はこう言う部分を、乗り心地と言うよりも乗り味が良いと評価し、こうしたしっかりした固めの足回りを好みますが、ファミリー志向の方にお勧めは出来ません。
また当然キャッツアイなどの路上の突起物もかなり気になるようになるでしょう

勿論この他にもブレーキ周りの空きスペースが増える事によるクーリングの向上による、耐フェード性の向上など利点も多いこと、またレースなどではホイールサイズを大きくする事で、ブレーキディスクなどのサイズを大きくする事で、更に高いブレーキ性能を追求する事も可能になります。

余談になりましたが、単に「乗り心地」と言っても何を指して乗り心地と言うか、と言う事で答えは変わると思いますが、普通に言う乗り心地は悪くなると思います。

乗り心地と言うことだけを捉えれば、悪くなると言えるでしょうね。

これはタイヤの扁平率(アスペクト比)による物で、ハイト要するにタイヤの断面を見たとき横の部分(サイドウォール)の高さが当然低くなりここでの衝撃吸収性は悪くなるわけで、これにより皆さんが書いたように、乗り心地は悪化するのですが、逆にタイヤのねじれによる、ぐにゃぐにゃ感はなくなります。

makatiさんはばね下荷重のことを言ってらっしゃると思うので補足すると、鉄ホーイールが純正でついている場合、アルミに変更する事で...続きを読む

Qsurluster loop 耐摩耗性

こんにちは

surluster loop エンジンコーティングプレミアムのエンジン耐摩耗性についてです

surluster loop エンジンコーティング プレミアムのエンジン耐摩耗性は高いでしょうか?
当方エンジンオイル添加剤はエンジン保護を
最も重視するので気になりました

surluster loop エンジンコーティングプレミアムのカタログを見る限り
「保護」面は大丈夫かぁ............な?と
疑問に思い質問させていただきました

また「保護」を考え
estremo x1も考えていますが
どちらがいいでしょうか?
estremo x1は使用者のレポート(HP参照)を見る限り
耐摩耗性は大丈夫だなと思っています

ただestremoは少し高い・・・

よろしくお願いします

Aベストアンサー

あなたの使われているエンジンオイルは非常に優秀なので、そのようなゴミを少々いれても十分にエンジンを保護します。

Q15インチホイールと165/55R15タイヤの組み合わせ この15インチホイールに165/55R15以外で可能なタイヤサイズは?

15インチホイールに
165/55R15 
のタイヤが付いている車に

タイヤ交換として
先述の15インチホイールに
先述サイズ以外のタイヤを取り付けることは可能なのでしょうか?

付けられるとしたらどんなサイズになりますか?
○○○/○○R○○ 形式でお答えいただけますか?

その場合の安全性に関しては上下するのでしょうか?

お車に関するお仕事にかかわりのある方様
並びに的確な御答えをいただける方様

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

極端にサイズを変えなければ
履けますが タイヤ外形が変わり メーター誤差が出ます。

同じタイヤで 55扁平のままと仮定し
185・55など幅を広くすると 
外形は大きくなります メーター速度は遅く表示され トリップメーターは少なく加算
幅が広がり 燃費加速は悪化傾向になります グリップは良くなりそうですが 過剰な幅ですし μの低い 未舗装路やウエット路面では 滑り易くなります。
大きすぎると ボトムした際 インナーフェンダーを擦り 剥がし取ってしまうことも有ったり ハンドル 切った際に 内側にタイヤが擦れることも有ります。

155・55と 幅を細くした場合 
外形が小さくなり 速度は速く表示されます トリップメーターは 多く加算されます。
車高が下若干がります フェンダー隙間が広く 見栄えがわるくなります
走りは軽く感じますが 多く回転させないと 進まないので 燃費面でもメリットありません グリップ力は細くなった分 落ちるでしょう
コーナーなど怖くなります。

基本 ドアを開け 車体に貼られた タイヤ空気圧表示に書かれてる
タイヤサイズ以外は 
適合サイズではなく 車検には通りません
インチUPするにしても 外形サイズを狂わせないような サイズ選び
幅と扁平率のチョイスが必要です。

サイズを変える メリットがありません(自己満足だけの世界)

サイズを変える目的が明確で無い限り(スポーツ走行など)は、純正サイズをお勧めします。
純正15incなら 純正サイズ
インチUP 2インチUPするなら 多少変える(変わってしまう)程度でしょうか。

極端にサイズを変えなければ
履けますが タイヤ外形が変わり メーター誤差が出ます。

同じタイヤで 55扁平のままと仮定し
185・55など幅を広くすると 
外形は大きくなります メーター速度は遅く表示され トリップメーターは少なく加算
幅が広がり 燃費加速は悪化傾向になります グリップは良くなりそうですが 過剰な幅ですし μの低い 未舗装路やウエット路面では 滑り易くなります。
大きすぎると ボトムした際 インナーフェンダーを擦り 剥がし取ってしまうことも有ったり ハンド...続きを読む

Q安くて耐摩耗性に優れていてコンフォートタイヤを探しています。車はセダンです。 オススメありますか?

安くて耐摩耗性に優れていてコンフォートタイヤを探しています。車はセダンです。
オススメありますか?
ハンドリングとかは気にしません、フワフワで船みたいな乗り心地が好きです。
因みにタクシーはどんなタイヤを装備してるんでしょうか?

Aベストアンサー

安さなら ナンカンAS1です。 アジアンタイヤですが ナンカン・フェデラル・ハンコックなら 2年間は、使えます。 3年経過ですとゴム質劣化が進むので 交換をお薦めします。

お薦めは、欧州タイヤのミシュラン
欧州タイヤは、国産タイヤと違い摩耗が少なく 長持ちします。(国産タイヤは、摩耗を早めるゴムにして交換サイクルを早めてる)
ミシュランの プライマシーHPかプライマシーLC辺りは、いかがでしょう。
価格は、少し高いですが 摩耗しずらく5万km以上使えます。ミシュランの最大の特徴は、ハンドリングが向上する事と ビードワイヤーが固く パンク時もビードがホイール内に落ちずに 路肩へ回避できる点ですね タイヤ交換時ビードが落ちずに作業員泣かせとも言われてますが 安全性が高いという事です。
一度ミシュランを履いて見る事をお薦めします。
ふわふわで良いのなら ピレリーP1ですかねー グリップ力は、弱まりますが サイドが柔らかいので 乗り心地も良いでしょう。安価で欧州有名メーカーなので耐摩耗性は,高く 減り難いです。

Q雪道は夏タイヤよりスタッドレスタイヤのほうがいい?

私は雪国在住ではありません。
雪道やアイスバーン上においては夏タイヤよりもスタッドレスタイヤのほうに歩があるのではなかろうか?
雪道で車を限界を超えないようにコントロールするのにはスタッドレスタイヤがいい。
雪道で車を限界を超えて走らせるのは馬鹿。
雪道で夏タイヤより気を使わずに乗れるのもスタッドレスタイヤ。
雪道で操作のレベルが夏タイヤより上がるので安全性もスタッドレスタイヤ。
雪道で滑りやすい路面で走れるのはスタッドレスタイヤ。
当然、夏タイヤよりスタッドレスタイヤのほうが楽だ。
雪道でのスタッドレスタイヤの優位性と夏タイヤの劣位性について伺いたい。

Aベストアンサー

こんにちは。たくさん釣れるといいねぇ・・・

> 雪道やアイスバーン上においては夏タイヤよりもスタッドレスタイヤのほうに歩があるのではなかろうか?



> 雪道で車を限界を超えないようにコントロールするのにはスタッドレスタイヤがいい。

○ そこまで考えるのは単なる馬鹿。

> 雪道で車を限界を超えて走らせるのは馬鹿。

大きい○

> 雪道で夏タイヤより気を使わずに乗れるのもスタッドレスタイヤ。



> 雪道で操作のレベルが夏タイヤより上がるので安全性もスタッドレスタイヤ。



> 雪道で滑りやすい路面で走れるのはスタッドレスタイヤ。

○ 走れるではなく,なんとか走れる。

> 当然、夏タイヤよりスタッドレスタイヤのほうが楽だ。



全部○だねぇ・・・・・・・・・・・・・・・

Q合金の疲労と耐摩耗性の関係について

今現在独学で、主に歯科材料の物理的な性質について勉強しています。
気になっていることなのですが、歯科用合金は口腔内で長期間使用されることである程度疲労して脆くなってていくと思いますが、その際、その合金の硬度や耐摩耗性も比例的に落ちていくのでしょうか。稚拙な文章で申し訳ありません。

Aベストアンサー

ANo2です。一部間違いがありました。訂正します。
<<100の繰返し荷重で壊れる材料<< ⇒ <<一度の荷重100で壊れる材料<<
としてください。

Q車のアルミに対する、タイヤの適合サイズについて、14インチ/5Jのアル

車のアルミに対する、タイヤの適合サイズについて、14インチ/5Jのアルミに対して、許容範囲が知りたいのですが?
詳細、車は三菱、トッポbj、155/70R13、ハブ径及びPCDはクリアー

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

タイヤを選ぶにあたり、通常は以下の三つが関係します。

(1)外径が大きく変化しないか?(大きく変化するとスピードメーターの誤差が許容範囲を超えて車検に通りません)。
(2)ホイールの幅に対してタイヤの幅は適正か?(タイヤが極端に細かったり太かったりすると走行中に外れる危険があったりして危険です)
(3)タイヤが太すぎないか?(ボディの内側に当たると走行できないし、逆にフェンダーの外側にハミ出ると車検に通りません)。

しかし今回のご質問では、ホイールのオフセットが明記されていないので、(3)に関してはお答えしようがありません。またオフセットの表記があったとしても、現状の余り量(内側に何mm余ってて外側に何mm余っているか)が分からないと断定的な記述は出来ませんが・・・。

と言う訳で、ここでは(1)及び(2)に関して回答致します。

(1)外径が大きく変化しないか?

質問中に書かれている155/70/13というサイズが純正サイズ、また純正の現状でスピードメーターの誤差がゼロであると仮定して書きます。

純正155/70/13の外径(計算値)は以下の通りです。

155/70/13・・・547mm

これに対する外径の変化(=スピードメーターの誤差の増加)がどこまで許容されるかはクルマの年式によるのですが、一応、厳しい側で考えて、平成19 年1月1日以降に製作されたクルマとして考えると、外径が小さくなる(スピードメーターの誤差が安全側になる)方向で元の78%、大きくなる方向で106%までとなります。根拠は以下の通りです。

http://www.mlit.go.jp/pubcom/06/pubcomt150/01.pdf

実際には小さくなる方向に78%などとしても何のメリットも無いし、大きい方向に106%とするのも全くメリットが無い訳ではありませんがデメリットも多いので、元の外径に近いサイズを選択します。ここで言いたいのは、「多少外径が変化する分は許容されていて、その範囲は最大で78~106%である」ぐらいに考えて頂ければ結構です(間違っても78%とか106%とかギリギリのサイズを選ぶ、というような極端な選択をお勧めしている訳ではありません)。

(2)ホイールの幅に対してタイヤの幅は適正か?

ホイールの幅が5Jとのことなので、これに対して何mmのタイヤが適正かという話なのですが、これはタイヤの銘柄によって異なります。

例えばYOKOHAMAのECOSというタイヤを選ぼうと思った場合、まず下のURLの表を見ます。

http://www.yokohamatire.jp/yrc/japan/tire/brand/dna/dna_ecos_sizelist.html

すると「適用リム」という欄があります。このリム幅が、タイヤメーカーが「このサイズのタイヤにはこのリム幅のホイールの装着を前提として設計していますよ」という幅です。これを外れたサイズでも装着出来なくは無いでしょうが(ゴムは伸縮する為)、冒頭で書いた通り走行中にタイヤが外れたりする危険が極力無いように配慮する場合は、この適用リム幅内で選ぶのが無難となります。

【まとめ】

以上から表を見ながら、適用リム幅内に5Jが含まれる範囲で、かつ冒頭で述べた純正の外径547mmから大きく変わらないサイズとして、165/55/14(外径539mm)とか175/60/14(外径566mm)とか選んで、その外径が上記の許容範囲にあるか確認します。今回の例なら前者が98%、後者が104%となり、どちらでもオッケーですが、104%というのは「規定値106%ギリギリに近い」感じなので、「出来るだけタイヤを太くしたい」という理由が無ければ、より誤差の小さい前者を選ぶ、というような感じです。

【注意】

純正サイズの外径を547mm(計算値)と書きましたが、これは13インチ×25.4mm+2×0.70×155mm=547.2mmということですが、実際のタイヤの外径は少し異なります。上で示したYOKOHAMAの例でも少し異なっています。

純正タイヤの計算値ではなく「実際の値」が分かればその値を使用して上記の流れで選定を行いますが、分からないことも多いと思うので、今回述べたように計算値を使うことが多いと思います。この理由からも「規定ギリギリのサイズは選択すべきでは無い」と言えると思います。規定値ギリギリを狙うのでは無く、あくまで近い外径のタイヤを選択するけど、ラインナップ等の問題で少しズレる場合に、そのチェックとして規定値を参照する、というような感じが良いと思います。

タイヤを選ぶにあたり、通常は以下の三つが関係します。

(1)外径が大きく変化しないか?(大きく変化するとスピードメーターの誤差が許容範囲を超えて車検に通りません)。
(2)ホイールの幅に対してタイヤの幅は適正か?(タイヤが極端に細かったり太かったりすると走行中に外れる危険があったりして危険です)
(3)タイヤが太すぎないか?(ボディの内側に当たると走行できないし、逆にフェンダーの外側にハミ出ると車検に通りません)。

しかし今回のご質問では、ホイールのオフセットが明記されていないので、(3)に...続きを読む

Q耐摩耗性が高いロープ サンダルの鼻緒

耐摩耗性が高いロープ(鉛筆くらいの太さで)を探しています。
用途はサンダルの鼻緒です。ベトコンサンダルを自作していますが1週間くらいですり切れてしまいます。ケブラーが最強だときいたことがありますが地面と接触してもある程度強度がある素材を教えてください。

Aベストアンサー

余り布を撚っても結構強度があります。

結んだ下が磨り減るなら構造に工夫が必要ですね。

ケプラーは固いですから、ケプラーに余り布を巻くといいでしょう。

Q14インチのホイルに15インチのタイヤは

いまは195-65-14のタイヤをアルミホイルにはめてます。

そこで質問ですが。

(1)このホイルでは15インチのタイヤは付けられないのでしょうか。

(2)タイヤとオイルの関係と言うのはどうなっているのですか。

情報が少なすぎて答えられないと言われるかもしれませんが、答えられる
範囲でお願いします。

Aベストアンサー

>今つけている195-65-14を195-65-15に変えてもやはり燃費は悪くなるのでしょうか。

タイヤの幅が変わらなければ燃費に影響はほとんど出ないと思います。
ただ、タイヤの外径が大きくなると速度計、距離計に影響が出ます。

実際の速度よりメーター表示が少なくなります、距離計も実際の移動距離より少なく表示されます。
なのでメーターの距離から計算した燃費は悪い数字になるかもしれませんが、同じ速度で走行した場合、タイヤ外径が大きい方がエンジン回転を低く出来るので実際の燃費は逆に良くなる場合もあると思います。

速度計の誤差が基準を超えた場合車検に通りません。10%の誤差は許容範囲なのでその範囲に収まれば問題ありません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報