plasmon spectroscopyがわかりません。わかりやすく教えてください。

A 回答 (1件)

専門外ですが、以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「SPR(表面プラズモン共鳴測定)」
http://www.jssp.co.jp/f_bunko/bunko38.html
(超解像の光学:4.9 表面プラズモンによるエバネッセント場)
http://www.korinbook.com/book/kansei.html
(食と感性:表面プラズモン共鳴法)

ご参考まで。

参考URL:http://www.ee.seikei.ac.jp/user/seiichi/lecture/ …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q熱化学の問題がわからなく困っています。教えてください。

(1)断熱容器に0.40mol/lのHCl水溶液100ml(100g)をいれ、
これにHClと等しい物質量のNaOHを含む水溶液150gを加えてかき混ぜたところ、
混合液の温度は20.0℃から22.2℃に変化した。
水溶液の比熱を4.2J/g.kとして、有効数字2桁で答えよ。

(1)中和熱をQkJ/molとして、この反応を熱化学方程式で示せ。
HClaq+NaOHaq=NaClaq+H2O(液)+QkJ

(2)この実験の中和反応で発生した熱量(kJ)を求めよ。
2.31kJ

(3)中和熱Qを求めよ。
この問題の解説には、
反応したHClの物質量は0.40×100/1000=0.040mol
中和熱(kJ/mol)は1molあたりの量であるから、←この1molは何の1molですか?
2.31kJを0.040molで割れば中和熱を求められる。←なぜ2.31kJを0.040molで割れば中和熱を求められるのか?が、理解できません。

できるだけ詳しく説明していただけるとありがたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 中和により1モルの水が生成したときの熱の出入りを中和熱と定義しています。バラバラの物質量でどれだけ熱が発生したかを議論しても意味がないので物質量を統一するためにこういう定義にしています。「この1モル」はそういう意味です。
 例えば時速100kmというのは1時間当たり進む距離が100kmということですね。それと同じことです。
 この問題の場合、0.040molのHClが中和して同じ量の水が生成したわけです。これを「1mol当たり」に直すため(言い換えれば中和熱の定義に合わせるため)に0.040で割っているのです。

Qよくわかりません!水は、一定の温度ではなく、外圧が高くした方が飽和蒸気圧が高くなる。

問題:P192
 水は、一定の温度ではなく、外圧が高くした方が飽和蒸気圧が高くなる。(誤り)
[解説] 飽和蒸気圧とは、飽和状態蒸における蒸気の圧力である。温度
   が一定であれば、その蒸気圧も一定値を示す。外圧は関係しない。
以上ですが?
    外圧が1気圧から仮に2気圧になった場合、沸点は上昇して、蒸気圧は
    上がると思います。なので、飽和蒸気圧も上がるような気がします。
     私の頭の中では→飽和蒸気圧=蒸気圧 としか思えませんが!
   あえて飽和をつける意味が分かりかねます!?
    ※”蒸気圧と飽和蒸気圧の違い”を教えていただけないでしょうか?
   宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

他の回答者の回答にあるとおり、飽和蒸気圧はその温度の時の蒸気圧です。
したがって、周囲の圧力とは無関係です。
例として、水が40℃の場合の飽和蒸気圧は74hPaです。(周囲の気圧が74hpaの場合は、水が沸騰するので、40℃以上になりません)
水が100℃の時の飽和蒸気圧は、1013hPaなので、1気圧ではすべて蒸発します。(100℃以上では液体では存在出来ない)
なお、空気中では、気温未満の水も蒸発出来ます。(空気の水蒸気分圧が飽和水蒸気圧未満であれば、蒸発可能です)

Q(6)がわかりません。式も詳しく載せていただいたら助かります。お願いします。

(6)がわかりません。式も詳しく載せていただいたら助かります。お願いします。

Aベストアンサー

溶解度積の問題ですね
溶解度積によってイオンとして存在できる濃度の限界が定まります
溶解度積Ksp=[Ag][Cl]

最初の塩化銀が溶けた状態では、[Ag]と[Cl]は同じ値になります。銀の濃度が1.0*10^(-5) MなのでKspはその二乗の1.0*10^(-10) M^2です

次に水中のCl濃度を増やす目的で塩化ナトリウムを入れてます
このときのCl濃度は1.0*10^(-1) Mとなります。(厳密には最初の塩化銀由来のものがありちょっと大きい値になりますがゴミみたいな値なので無視します)

Kspの式に当てはめて答えは1.0*10^(-9) Mとなります。

Q本当にわかりません。 急ぎの課題なので教えてください。 途中式書いてくれると本当にありがたいです!

本当にわかりません。
急ぎの課題なので教えてください。
途中式書いてくれると本当にありがたいです!

1)標準状態で5.6ℓの重さが8.0gの気体の分子量を求めよ。

2)標準状態で2.8ℓの重さが5.5gの気体の分子量を求めよ。

3)標準状態で11.2ℓの酸素は何gか。

4)標準状態で5.6ℓのアンモニアは何gか。

5)16gの酸素は標準状態で何ℓか。

6)22gの二酸化炭素は標準状態で何ℓか。

7)標準状態で11.2ℓの水素には、何モルの分子が含まれるか。

8)標準状態で5.6ℓの空気には、何モルの分子が含まれるか。

9)標準状態で11.2ℓの水素には、実際に何個の分子が含まれるか。

10)標準状態で5.6ℓの空気には、実際に何個の分子が含まれるか。

Aベストアンサー

1)標準状態で1molの気体の容積は22.4L、したがって、5.6/22.4=0.25mol、分子量は8/0.25=32
2)上記と同様、2.8/22.4=0.125mol、分子量は5.5/0.125=44
3)酸素の原子量:16、酸素分子は酸素原子2個なので、分子量は16×2=32、したがって、標準状態で11.2L/22.4L=0.5molの重さは、32×0.5=16g
4)アンモニアの分子式はNH3、したがって、窒素1原子、水素3原子となる。 分子量は、窒素の原子量14と水素の原子量1より、14+(1×3)=17となる。 よって、5.6L/22.4L=0.25molのアンモニアの重さは、17×0.25=4.25g
5)酸素分子の分子量は32、したがって、16gの酸素は、16/32=0.5mol、よって22.4L×0.5=11.2L
6)二酸化炭素の分子式はCO2、したがって、炭素1原子、酸素2原子となる。 分子量は、炭素の原子量12と酸素の原子量16より、12+(16×2)=44、したがって22gの二酸化炭素は、22/44=0.5mol、よって22.4L×0.5=11.2L
7)11.2L/22.4L=0.5mol
8)5.6/22.4=0.25mol
9)アボガドロ数≒6.022×10^23/molより、11.2L/22.4L=0.5molの空気の分子の数は、0.5×6.022×10^23=3.011×10^23個
10)5.6L/22.4L=0.25mol、0.25×6.022×10^23=1.5055×10^23個

1)標準状態で1molの気体の容積は22.4L、したがって、5.6/22.4=0.25mol、分子量は8/0.25=32
2)上記と同様、2.8/22.4=0.125mol、分子量は5.5/0.125=44
3)酸素の原子量:16、酸素分子は酸素原子2個なので、分子量は16×2=32、したがって、標準状態で11.2L/22.4L=0.5molの重さは、32×0.5=16g
4)アンモニアの分子式はNH3、したがって、窒素1原子、水素3原子となる。 分子量は、窒素の原子量14と水素の原子量1より、14+(1×3)=17となる。 よって、5.6L/22.4L=0.25molのアンモニアの重さは、17×0.25=4.25g
...続きを読む

Q外国人ですが、くの意味がわかりません。助けて下さい。

化学の本の中に出る単語ですが、ク溶率という話があります。ここで溶率の前にくるクはいったいどういう意味ですか? 分かりやすくご説明いただければ幸いと思います。
では、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「く溶率」は、2%クエン酸に溶ける割合だそうです。
一般の辞書には載っていない難しい言葉ですね。

http://www.hinode-kagaku.co.jp/Qa/qa8.htm
http://www.hinode-kagaku.co.jp/Qa/qa12.htm


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報