イチジクの若木が1.8mくらいに成長しました。
日当たりはやや良くらいの所にいます。
これから冬を迎えるに当たり、肥料などの世話はどのようにしたらよいでしょう?
四季を通じての作業も教えていただけると助かります。

A 回答 (1件)

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「イチジク」
http://rms2.agsearch.agropedia.affrc.go.jp/conte …
(イチジク)

ご参考まで。

参考URL:http://www.naranoshi.pref.nara.jp/QA/12ichijiku. …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q畑、素人です。 6平米くらいの広さで日当たりは良好です。 ただ、住宅地の庭での畑なので、糞尿等の肥料

畑、素人です。
6平米くらいの広さで日当たりは良好です。
ただ、住宅地の庭での畑なので、糞尿等の肥料は匂いができるので使えません。
こんな条件の中で
今から素人でも簡単に育てられる野菜を教えて下さい。

じゃがいも、トマト、きゅうり、ネギは経験ありです。

Aベストアンサー

トマトができるなら、ナスビも大丈夫では?
実家の母は、猫の額ほどの畑に、アスパラやプチトマトを植えて楽しんでます。

Qベランダ(南向き 三階)で 花かハーブを育てたいのですが 四季通じて花

ベランダ(南向き 三階)で 花かハーブを育てたいのですが 四季通じて花が楽しめる様にするには 何と何を植えたらよいでしょうか?また南庭に植える 5メートル~7メートルの 常緑樹で 葉が明るい緑で多いものは 何がよいでしょうか?詳しい方 教えて下さい。

Aベストアンサー

四季を通じて咲くものというより、時々休み繰り返し咲くものですよね。
サフィニアは管理しやすくお勧めです。
ただピンチ(剪定)を繰り返すと花数が増えて見事ですよ。

ハーブはオレガノの黄金葉が黄色~黄緑で明るく良いと思いますが。

樹木はシマトレニコが常緑です。

Qイチジクについて(大きくならないイチジクはありませ

無花果で大きくならない品種はございませんか?

植え地は福岡です

Aベストアンサー

「桝井ドーフィン」100~120g  温暖地向き

「ホワイトゼノア」 60~80g 耐寒性に強い

 

Q化成肥料とボカシ肥料の違いがわかりません

庭に花木(サザンカ、ダンコウバイ、沈丁花、カキ、梅など種種雑多です)を植えているため、今の時期肥料をやらなければなりませんが、化成肥料とボカシ肥料
のどちらを与えればよいかわかりません。
私は基本的には今の時期はボカシ肥料を与えていますが、以前園芸農家の方にご相談したところ、2月頃にサザンカに肥料をやる場合は、ボカシ肥料よりも化成肥料の方がよいとお聞きしたことがあるので心配になって質問しました。

Aベストアンサー

厳寒期(1~2月)に与える肥料を寒肥といいますが、tonton5775さんのボカシ肥料で正解です。寒肥は春になって庭木がめざめ生育サイクルに入りますが、そのときに有機質を必要とします。厳寒期に施した有機肥料が徐々に分解され、春の生育期には、吸収しやすい栄養素になるわけです。
厳寒期に化成肥料を施すということは、分解が早いため、夜中に脂っこい食事をたくさん食べるようなもので、人間なら消化不良を起こしますね。
樹木は栄養過多で新芽を出そうとします。
しかし厳寒期であるため、新芽を出そうにもそれもできずといった、生育バランスを破壊することになります。
ただし化成肥料にも緩効性のものがありますので一概に化成肥料がだめというわけではありません。

Q固形肥料と液体肥料はどう違いがあるのでしょうか?

固形肥料と液体肥料はどう違いがあるのでしょうか?

一般的な質問なのですが、植替え時や、成長期に油粕を数か月に一度追肥として与えるのと、ハイポネックス等の液体肥料を一週間に一度(ハイポネックスの説明書に週一で与えると書いてあります。)与えるのでは、どちらがいいのでしょうか?

液体肥料は即効性があるとのことなので、油粕等を施肥した後に、液体肥料で補うって感じで使うのでしょうか?

Aベストアンサー

液体肥料は速効性ですから、液肥の成分が根に触れると直ぐに効きます
が、効き目が速い分だけ持続が短くなるのが特徴です。そのため1週間
に1度の割合で何度も与えなくてはいけません。
一般的には観葉植物や草花に多く使用され、稀に野菜などの農作物にも
使われる事があります。ただ樹木に対しては弱いので、樹木の場合には
固形肥料を使った方がいいですね。

固形肥料には緩効性(遅効性)、速効性がありますが、速効性は効き目
が速い分だけ持続性がなく、緩効性は効き目が遅い分だけ持続性が長く
なります。これらは栽培している植物によって使い分けますが、速効性
は追肥として、緩効性は元肥と追肥として使用します。

油粕は遅効性肥料で、窒素分が多く含まれています。油粕は発酵してか
らでないと根に吸収されませんから、鉢に追肥で施しても土の中で発酵
してからでなければ効果が発揮出来ません。また土中で醗酵する時に出
る発酵熱で植物の根を痛めますから、このような時には既に発酵された
発酵油粕を使うようにします。また施す時には、根に直に触れないよう
に鉢の淵側に置くようにします。そうしないと肥料負けを起こして枯れ
てしまう事があるからです。

液体肥料は速効性ですから、液肥の成分が根に触れると直ぐに効きます
が、効き目が速い分だけ持続が短くなるのが特徴です。そのため1週間
に1度の割合で何度も与えなくてはいけません。
一般的には観葉植物や草花に多く使用され、稀に野菜などの農作物にも
使われる事があります。ただ樹木に対しては弱いので、樹木の場合には
固形肥料を使った方がいいですね。

固形肥料には緩効性(遅効性)、速効性がありますが、速効性は効き目
が速い分だけ持続性がなく、緩効性は効き目が遅い分だけ持続性が長く
...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報