みなさん、『ねこエイズ』について詳しく知っていますか?私のうちのねこが『ねこエイズ』という診断を受けてしまいました。いろいろ調べてみたのですが、直接直す方法はまだ見つかっていないらしくてワクチンもないそうです。経験者の方、関係者の方、対処方法等ありましたら是非教えて下さい。宜しくお願いします。なんだか、なんにも手をつけられそうにありません、、、。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

ねこちゃん、どんな様子ですか?発症しているのでしょうか?


一般には、口腔内の慢性炎症、呼吸器の慢性炎症、下痢、体重減少、腫瘍になりやすいなどの症状が見られます。
感染してから発症するまでは、数ヶ月から、数年と、様々ですが、発症すると、酷ですが、上記の症状で、どんどん弱っていってしまいます。
猫エイズウイルスに対しての治療薬がないので、発症した場合は、対症療法をとることになります。感染症に対しては抗生物質を使ったり、その他症状を和らげる様な治療をすることになります。しかしたいていは、だんだんと悪くなってしまいます。
今の猫ちゃんの状態が分からないのですが、他の方が回答されているとうり、ストレスを与えない、体力を消耗させないようにする、外に出さない、栄養のあるものを与える、などが今やるべき事ではないでしょうか?
猫エイズは、猫同士の接触で移りますので、他に猫ちゃんを飼っておられるなら、抗体検査を受けて感染の有無を調べてください、感染していなければ、離して飼わないといけませんので。

飼い主さんにとっては、本当につらい病気ですね。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

 回答ありがとうございます。お礼が遅くなってすみませんでした。やっぱり治る方法ってまだ見つかっていないんですよね、、。おっしゃる通りの症状が見られています。特に口内炎がひどいようです。生まれたばかりの子猫からもうつる可能性ってあるのでしょうか?

お礼日時:2001/12/14 10:32

ストレスはFIV(猫エイズ)の大敵だと聞きました。

ストレスのかからない生活をさせてあげれば何年も発症しない子もいると聞きます。
人間のエイズと一緒でエイズそのものでなく、免疫力がない所に風邪などを引く事によって大事に至りますので、体に何らかの影響を受けないよう些細な事にも十分に気をつけてあげて下さい。

でもワクチンの研究も進んでると読んだ事があります。(将来的には予防接種もできるようになるとか)希望を持って、猫ちゃんを大事にして下さい。
わがままで身勝手などと言われるニャン達ですが、人間の愛情もとっても必要としています。愛情いっぱいに接してストレスのかからない生活をさせてあげて下さい。今、してあげれるのは愛情と気配りだと思います。
きれい事に聞こえるかも知れませんね、、、
ごめんなさい・・・
でもきっとそれが、猫ちゃんが少しでも幸せに過ごせる方法だと思います・・・
    • good
    • 1
この回答へのお礼

 回答ありがとうございます。お礼が遅くなってすみませんでした。そうですね、私たちが落ち込んでいても仕方のないことなんですよね。普段と変わらず可愛がることを忘れないようにします。

お礼日時:2001/12/14 10:26

猫エイズという事ですが、もう既に発症しているのでしょうか、ウィルスのキャリアであってもshu666さんの猫ちゃんのように発症しない場合もあります。


自分の店(ペットショップ)のお客さんにも猫エイズのキャリアの方がいるのですが、天然素材のフードとサプリメントによる食餌療法、栄養療法を実行されており、約一年になるのですが、今のところ発症していません。が、これは、食餌療法のおかげなのか、たまたまなのかは分かりませんし、今のところ確実に効果があると実証もされていません。
でも、どんな動物にも、自分の身体の力で病気を排除しようとする、自然治癒能力があり、本来持っているその力を引き出してあげるというのが目的ですので、有効な可能性はあると思います。
現在の西洋医学では有効な治療方法はまだ見つかっていませんし、大変だとは思いますが、仮に発症してもすぐ命の危険にさらされるということも無いので、悲観的にならずに希望をもって育てていってあげてください。

この程度のアドバイスしか出来ません。ごめんなさい。

参考URL:http://www.jhac.com/hac/ind4.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 回答ありがとうございます。お礼が遅くなってすみませんでした。発症しているのか現在通っている病院では「みたいなもの」って言われただけなんですけど、、、。症状は口内炎のようにエサを食べる時に痛がって、ほとんど食べれません。よだれのように口の周りが濡れていてドンドンやせていってます。現在は1週間に1回注射を打ってもらっている状態です。

お礼日時:2001/12/14 10:30

私も以前飼っていた猫がその病気で亡くなりました。


今から5年位前の話です。
その時はやはりお医者さんから「治療法はありません」との事でした。
お腹に腹水が溜まり定期的に抜いてやらないと破裂するそうです。
一匹目は症状が表れてから数週間後に息を引き取りました。
先生は「家中にまだウィルスが残って潜伏しているから、最低一ヶ月は動物は飼わないように。」との事でしたが二週間後、一匹の子猫が家に迷い込んできたのです。
その時はただあまりの可愛さにあのときの先生の言葉も忘れ飼ってしまいました。
そしてそれから2週間後もう一匹ぺットショップで買って来ました。
計2匹の猫と暮らす日々を送っていると半年後、やはりその病気は移ってしまいました。しかも2匹同時に。
迷い込んできた方の猫に症状が表れ腹水が溜まるようになって、先生も安楽死の選択もあると。
あの時の苦しみをまた味あわせたくないだけに安楽死の選択を決断しました。
全部私がいけなかったんです。安易に自分なりに勝手に判断してもう大丈夫だろうと。あのこを死なせたのは私の責任です。
ぺットショップから買ってきたほうの猫もウィルスを持ってるとの診断だったのですが、一向に症状が表れず、今でも元気に暮らしています。
先生も原因は分からないとの事でした。
これから頑張っていこうとしているのになんか残酷な話かもしれませんが、望みが全くないと言うわけでもないようです。
ただどうしたらと言うのは私にも分かりません。
頑張ってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

  回答ありがとうございます。お礼が遅くなってすみませんでした。治る方法ってまだ見つかっていないんですよね、、。安楽死ですか、、。1日でも長生きさせてあげるっていうのはネコにとって逆に苦しいのかもしれないですよね。私のうちのネコの場合、マンションネコなので良く言われる死に場所を探しに行くっていうのもないでしょうし、、。

お礼日時:2001/12/14 10:21

猫3匹のおかあさんです。



猫エイズですか・・・。私の所の一匹ももしかしたら・・って所までいきましたが結局違ってホットしていたところです。色々調べましたが今のところやはり治療法もないそうで、確実に衰弱していくので飼い主の方が安楽死をとる方が多いそうです。寂しいですね・・・。

外で飼っている猫に多いらしく、どちらかの猫ちゃんと喧嘩したか交尾したかで移るケースが多いらしいです。対処法は私にはわかりませんが、これ以上飼い主の方が悲しい思いをされないように家の中で飼うようにすることをお願いしたいです。

雑誌で最後まで看取ったケースも見ましたよ。かわいい猫ちゃんに悔いの無いように最後までがんばってくださいね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

 回答ありがとうございます。お礼が遅くなってすみませんでした。治る方法ってまだ見つかっていないんですよね、、。私の家のネコの場合、マンションネコなので家から一歩も出ないんです。でも1年前に1度だけ小さい猫を拾ってきて1、2週間遊ばせてたことがあったんです。原因とすればそのことなのかな、、。

お礼日時:2001/12/14 10:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q猫エイズ 唾液による感染

猫エイズの感染率について教えてください。特に唾液による感染率について教えてください。猫エイズの猫(未発症)と健康な猫が一緒に生活しているとき、例えば健康な猫が、猫エイズの猫の唾液が付いたエサを食べた時、感染する可能性は大ですか? 人間の場合、口の中に大きな傷口があったり、あきらかに口の中に血が出ている状態でなければ感染する確立はかなり低いと言われています。猫の場合はどうでしょうか?

Aベストアンサー

猫エイズ(FIV)の資料がありますので、抜粋した記事を載せますね。

ー感染した猫の唾液や血液の中にはウイルスが存在していて、それが他の猫の体内に入れば感染が成立します。
どのような場合に起こるかといえば、喧嘩による噛み傷で、とくに咬む側の口が口内炎でひどく出血したりしていると、噛まれた猫には大量のウイルスが注射されたようになるので、かなり高率に感染します。

また喧嘩をせずに同居している場合には、舐めあうくらいではほとんど感染しない事がわかっています。
さらに雄猫が交尾しても感染しない場合が多く、感染した母親から生まれた子猫が感染していなかったという報告もあります。

したがって喧嘩を避けることで感染はほとんど防ぐことができそうです。
その他輸血による感染も過去にはありましたが、現在では検査も出来るようになっているので、検査済みの輸血猫からならば安心です。

このウイルスは屋外生活の野良猫、それも他の猫を噛んで回るような強いボス格の雄猫が広めているようで、家の中に居る猫には感染の機会はほとんどないといってよいでしょう。ー

以上感染の部分を紹介しました。

家にも今月亡くなったエイズの子がいましたが、同居の子には同じ物も食べていましたけど、現在の所は感染はしていません。

お役に立てればいいのですが。

猫エイズ(FIV)の資料がありますので、抜粋した記事を載せますね。

ー感染した猫の唾液や血液の中にはウイルスが存在していて、それが他の猫の体内に入れば感染が成立します。
どのような場合に起こるかといえば、喧嘩による噛み傷で、とくに咬む側の口が口内炎でひどく出血したりしていると、噛まれた猫には大量のウイルスが注射されたようになるので、かなり高率に感染します。

また喧嘩をせずに同居している場合には、舐めあうくらいではほとんど感染しない事がわかっています。
さらに雄猫が交尾して...続きを読む

Qねこエイズについて

我が家の猫2歳メスについてです
猫エイズのキャリアです。8ヶ月くらいの頃里親としてもらってきて、それからは完全室内飼いなのでどうして感染したのかは分かりません。もう一匹猫を飼っているのですが、その子は感染していなかったので、うちに来る以前から感染していたのだとおもいます。来たときから声がだしにくそうでさらに口臭もひどく、避妊手術も兼ねて病院にいったところひどい口内炎が原因であることが分かり、血液検査をしたところ猫エイズでした。そのときに注射をうってもらったため口内炎は治り、声もきれいにでるようになりました。
今はすごく健康なのですが、いつ発症してしまうのかといつも不安になります。ちなみに、今は口内炎もなくとても元気です。
猫エイズの発症は飼育環境によって大きく作用されるものなのでしょうか。先生は、猫が快適に暮らせる事が大切といっていました。遊ぶのが大好きなので、よく遊ぶようにはしています。発症予防に効果的なキャットフードなどもあるのでしょうか。猫エイズについて調べてはみましたが、その辺はよく分かりませんでした。あと避妊をしてからガリガリだったのが結構太ってしまったのですが、肥満はあまりよくありませんよね…?
発症せずに、寿命まで生きてほしいです。そのためにできるだけの事をしたいと思っています。
体験談などでもいいので、教えてくださいm(__)m

我が家の猫2歳メスについてです
猫エイズのキャリアです。8ヶ月くらいの頃里親としてもらってきて、それからは完全室内飼いなのでどうして感染したのかは分かりません。もう一匹猫を飼っているのですが、その子は感染していなかったので、うちに来る以前から感染していたのだとおもいます。来たときから声がだしにくそうでさらに口臭もひどく、避妊手術も兼ねて病院にいったところひどい口内炎が原因であることが分かり、血液検査をしたところ猫エイズでした。そのときに注射をうってもらったため口内炎は治り、...続きを読む

Aベストアンサー

知人の猫がキャリアですが、生活環境、飼育環境によって左右されることもあると思います。
と思います、というのは、その方のところやほかの所での比較や、
今の生活ではない場合. . . など、圧倒的にデータが不足しているので、
「生活を変えたら発症するのか」といわれると、そうともいいきれないからです。
またもともとの生命力というか、持っているポテンシャルというか、そのあたりが
違う猫の場合、比較するのも非常に難しいですね。
いま、おうちにいる猫が生命力が強い猫であることを願います。

対策ですが個人的には免疫アップを図るようなサプリを上げるとか、
ストレスをできるだけためないようにするとか、やはりそういう日々の積み重ねがとても大切なのではないかと考えています。
あと、かぜなどを引いたりして免疫が下がるのはよくないため、病気になりにくいように、
環境を整えてあげるのも大切でしょう。フードもそうです。

色々な猫ブログを拝見すると、キャリアだった、という猫が時々いますが、
私の知る限りではとても気を付けていらっしゃるようです。
ただ、個人ブログなので、あまりここでリンクをつけるのもちょっと. . . なため、
大変だとは思いますが、検索などで調べてみてください。

予防に効果的なフードというのは、具体的には(上記の理由と同じく、
どの猫にでも効果的なのかどうかは不明なので)わかりませんが、
時間がある場合、そして食に対する興味がある場合は手作り食などもよいかもしれませんし、
激安フード以外で、その猫にあうものがあるのであれば、ストレスがかからない(食事がおいしい、楽しい)という意味で
それも効果があると思います。

肥満については程度問題で、かなりの肥満、となるとよくないと思います。
関節や骨に負担がかかるとか、ほかの病気になりやすい(糖尿とか尿路関連とかその他)
というリスクが上がるという意味では、よくないのかも。
ただ、フードってすべてのものに対応しているわけではなく、
たとえば腎臓なら腎臓、尿路関連ならそこ、ダイエットならカロリーコントロールタイプ、
という風になっていたりするものが多いので、
何を優先させるのかという問題にも抵触するのかもしれませんし、
一概に「痩せなきゃだめだ」というのは言いづらいです。

運動をよくしているということで、あとはもし食べるようなら缶詰で、カロリーがそれほどなく水分量が多い物で
満腹感、幸福感を感じてもらうとかいう手もあるのかもしれませんね。
私が知っている免疫アップのものは. . . (私の知っているものとしてはですが)
ビタミンC、初乳系のもの(初乳サプリなど コロストラムなど)エンザイム、プロポリス、エキナセア(ハーブ)ノニ(ハーブ)、
アガリクスやレイシ、メシマコブ、Dフラクション(マイタケ)などキノコ系、
などが有名でしょうか。
あとは、猫 サプリ 免疫 などで検索してみてください。
全てのサプリメントを試そうというのではなく、経済的にも量的にも多いのはつらいと思いますので、
どれか、猫に合うと思うもの、経済的に続けられそうなものを選んでみて、使うのもよいのではないでしょうか。

末永く、猫が長生きをするように祈っています。

知人の猫がキャリアですが、生活環境、飼育環境によって左右されることもあると思います。
と思います、というのは、その方のところやほかの所での比較や、
今の生活ではない場合. . . など、圧倒的にデータが不足しているので、
「生活を変えたら発症するのか」といわれると、そうともいいきれないからです。
またもともとの生命力というか、持っているポテンシャルというか、そのあたりが
違う猫の場合、比較するのも非常に難しいですね。
いま、おうちにいる猫が生命力が強い猫であることを願います。

対策で...続きを読む

Q猫エイズについて(長文です)

最近知り合った方の飼い猫が猫エイズに感染しているそうです。
元々野良猫で、ある時家の中に上がり込んで出産してしまいそのまま飼っているとのこと。産後体調が悪く獣医さんに連れていったら猫エイズに感染していると判明したそうです。子猫は幸い全て陰性で里親に出し、今はマンションでその猫を飼っています。猫は普通にお外をお散歩しています。外に出すことは良くないことだとわかっているみたいなのですが、野良猫だったので外に出れないとストレスで、ストレスはエイズに良くないと仰ってました。雌ということもあり、他の猫と喧嘩もしないし野良猫はほとんど猫エイズにかかっているから出しても大丈夫、みたな事を言っていました。
私の住んでいる土地は田舎で飼い猫でもお外をお散歩している子がたくさんいます。野良猫だからってエイズに感染してもいいって訳ではないしすこし飼い主さんの考えに疑問を持ちました。と言うのも以前テレビで猫エイズというのは非常に感染力が強く、完全室内飼いの猫でも飼い主が感染している猫のおしっこを踏んで靴についたおしっこを猫が舐めるだけで感染するとやっていたからです。私自身は猫を飼っていませんが、健康な猫が病気になるのは見ていて忍びないです。
この飼い主さんの言うことは真っ当な事でしょうか?猫エイズの猫ちゃんをお外に出すのは仕方のないことなのでしょうか?それとも他に方法があるのでしょうか?もしあるとすればなんてアドバイスすれば良いものでしょうか?みなさんの考えをお教えください。

最近知り合った方の飼い猫が猫エイズに感染しているそうです。
元々野良猫で、ある時家の中に上がり込んで出産してしまいそのまま飼っているとのこと。産後体調が悪く獣医さんに連れていったら猫エイズに感染していると判明したそうです。子猫は幸い全て陰性で里親に出し、今はマンションでその猫を飼っています。猫は普通にお外をお散歩しています。外に出すことは良くないことだとわかっているみたいなのですが、野良猫だったので外に出れないとストレスで、ストレスはエイズに良くないと仰ってました。雌とい...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちわ
個人的に思う事は、エイズの猫を外に出す事は反対!
だって、その子から他の子に感染するじゃないですか。
猫のエイズは猫と同じで唾液や、血液感染だから、おんなじお皿でごはんを食べたらうつちゃうんです。
そして、猫のワクチンでは猫エイズは防げないです。

あと・・・・
子猫なのですが、猫エイズ、白血病検査で、1歳未満の子猫の場合反応が出ない事があるらしいです。
1歳になってから、もう一度再検査したほうがいいですよ。

Q猫のワクチン(生ワクチンと不活化ワクチンの混合?)

猫の3種混合ワクチンについて教えてください。

我が家の猫がそろそろワクチンの時期なので、近くの動物病院に電話で「そちらで扱っているのは生ワクチンですか? 不活化ワクチンですか?」と問い合わせをしたところ、電話に出られた受付(と思われる)の方に「生ワクチンと不活化ワクチンを混合した新しいワクチンです」と言われました。
不活化ワクチンの添加物が心配で、生ワクチンを置いてある病院を探す目的で電話をしたのですが、「それはアジュバントは添加されているのですか?」と重ねて質問すると、「アジュバント? なんですか、それ? わかりません。病院に来てから先生に詳しく聞いてください」という感じでの答えで、製薬会社や製品名も「わからない」とのことで困っています。

生ワクチンと不活化ワクチンを混合したワクチンとはどういうものなのでしょうか?

Aベストアンサー

メリアル・ジャパンが昨年発売したピュアバックス®RCPのことだと思います。猫カリシウイルスだけ不活化で残り2種は生ワクチンです。アジュバントは入っていません。
生ワクチンと不活化ワクチンを混合させる手法は20年以上昔に主流だった猫ワクチン「パナゲン」でも使われているので画期的な製造方法と呼べるかは不明です。ちなみにパナゲンは不活化対象がカリシウイルスではなかった気がしますので「今までなかったワクチン」にはなるかもしれません。

Q猫エイズ インターフェロン

我が家の猫(オス11歳・去勢済み)は猫エイズキャリアです。 症状はよだれがちょっと多いぐらいです。体重も6キロあり、食欲もあり今のところ大きな症状は出ていません。 よだれのことを獣医に聞いたところ、おそらくは猫エイズのことが原因であろうと言いました。ただ口の中を見たところ赤く腫れている様子はないといわれました。

先生が、インターフェロンという注射をしたらいいかもしれないといいました。 そしたらよだれも治り、エイズ発症を遅らせることも出来るとのことでした。またインターフェロンは副作用がないとも言われました。

本当にインターフェロンという注射はよだれ(口内炎)や猫エイズ発症を遅らせるのに有効なのでしょうか? 効果的で、しかも副作用が無いのならためしてみようと思います。

実際のところどうなのでしょうか?

Aベストアンサー

私の勤めている動物病院では、定期的に猫エイズのネコさんにインターフェロンを打つことを勧めているような感じです
逆に、猫エイズの発症を遅らせる効果のある注射はインターフェロン以外には無かった気がします

副作用については分かりませんが、先生と飼い主さんの間の会話で、副作用について話しているところをあまり聞いたことが無かった気がするので(先生は、副作用のある薬を継続して使う場合はしつこいくらい何度も説明する人なので)、副作用がないと言われたのなら正しいと思います

私の説明も記憶も結構あやふやなので、色んなところを回って調べてみることをお勧めします
同じ病気にかかったネコさんの飼い主さんのブログならいくつもあると思いますので

QFIV(猫エイズ)ワクチンについて

FIV(猫エイズ)ワクチンについて教えてください。

つい先日、5種のワクチンを接種しに動物病院にいきました。
ほかの猫とかかわるような外出もさせないのですが、
獣医さんに勧められるがまま同時にFIVの1回目のワクチンを打ちました。
明らかに必要ありませんでした。
不勉強であったことに非常に後悔しています。

途中でワクチン接種をやめても大丈夫でしょうか。
また、途中でやめることにより何かよくないことがありますか。

ご回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

既に解決済み、またご存知かもしれませんが・・・。

3種ワクチンは
猫ウイルス性鼻気管支炎
猫カリシウイルス感染症(通称猫風邪)
猫伝染性腸炎(猫汎白血球減少症)

という3つの病気を予防し、5種ワクチンは上記の3種に
猫白血病ウイルス感染症と猫クラミジア感染症

の2つが加わったものです。
その他に、猫の致死性の高い伝染病として
FIV(猫エイズ:猫後天性免疫不全症候群)とFIP(猫コロナ:猫伝染性腹膜炎)がありますが、この2つはワクチンで予防出来ないとされてきた病気です。
ですが、去年の8月程から日本でFIVワクチンが販売され始めました。
今回、nekohealth様がお話されているFIVワクチンはその新しいワクチンです。

まだ新しいワクチンですので、正直情報不足な点もありますが。
5種ワクチンやFIVワクチンは、感染経路の問題で感染猫との接触がない限り感染する可能性が非常に低いので、外に出る猫さんでなければ推奨していない動物病院が多いです。
それ以外に、FIVはAタイプとBタイプがあり、ワクチンを打っても100%FIVを防げるワケではないという問題もあります。


やめても恐らく問題はないと思いますが、1つ。
FIVワクチンで副作用の出るケースが報告されていますので、暫く(1月程)猫さんの体の調子に気をつけて見ると良いのではと思います。


長々書いてしまいましたが、猫さんがいつまでも健康でいてくれる様願っています。


本題とは逸れますが、
ワクチンの種類はいくつかありますが、1回目と2回目を同じものでなければいけないというわけではありません。
例えば、丁度その時期に引っ越して1回目の病院で使っていたワクチンと2回目の病院で使っていたワクチンが違うなんていう事も結構あります。
後は最初に打ったワクチン(3種)で猫さんの調子が悪くなってしまい、次は別のワクチン(3種)を打つケースもあります(これが一番多い)
なので気にされないで良いと思いますよー。

既に解決済み、またご存知かもしれませんが・・・。

3種ワクチンは
猫ウイルス性鼻気管支炎
猫カリシウイルス感染症(通称猫風邪)
猫伝染性腸炎(猫汎白血球減少症)

という3つの病気を予防し、5種ワクチンは上記の3種に
猫白血病ウイルス感染症と猫クラミジア感染症

の2つが加わったものです。
その他に、猫の致死性の高い伝染病として
FIV(猫エイズ:猫後天性免疫不全症候群)とFIP(猫コロナ:猫伝染性腹膜炎)がありますが、この2つはワクチンで予防出来ないとされてきた病気です。
ですが、...続きを読む

Q猫エイズ等未検査の子猫に6種ワクチンは大丈夫?

生後1ヶ月程度のねこを拾って(保護当時はボロボロ)縁あって飼っています。現在生後3ヶ月程度です。

元々ノラということもあり、できれば将来的にはたまに外に出してあげたくワクチン6種を受けさせたいのですが、、、
猫エイズ、白血病の検査はまだしていないのでウイルス持ちかどうかまだ分かりません。
この状態で猫エイズ、白血病のワクチンを打ってもいいのか分かりません。
獣医さん曰く、打ってもリスクは変わらないとの事でした。
ネットではもし猫エイズなどだった場合、さらにワクチンを打つのは危険という書き込みをみた気がします。

判断ができなかったためとりあえず3種を打ってもらいましたが、ウイルス持ちか分からない状態で6種を打ってもいいのか教えてください。
ちなみに猫エイズなどの検査は生後半年くらいにやるのがいいと言われました。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>現段階で陰性陽性がわからない以上、打ってはならないということでしょうか?
だとしたら獣医さんの言ってることが違うのかな?

獣医師さんで少しずつお考えは変わると思いますが、
打ってはならないというか、打つ前に検査をするのが普通というか、それは3種混合ワクチンても同じです。

体調不良でワクチン打って悪化することもあります。


猫白血病に関しましては、

繰り返しになりますが、猫白血病の検査で陰性と出ましても、4ヶ月~半年後に陽転することがあります。
逆に、陰性でも陽転することがあります。

ですので、もし幼齢で検査しても、時間をおいて再度検査する必要があります。

ただし、病院での検査キットでは、骨髄にウィルスが侵入していた時、陽性反応が検出されないことがあります。

(通常病院で行われるこの簡易検査では、猫エイズともども、数%のエラーが出るそうです。)

確定診断には外注でIFA法(免疫蛍光抗体法)などの緻密な検査が必要です。
併せて、血液検査やレントゲン検査、超音波検査などで、全身の状態を把握することが大切です。

この検査で陰性と確定して、初めてワクチン接種となります。

万が一ウィルスを保有していて、かつ陰性判定が出た状態でワクチン接種しますと、陽性に転じる場合があるので、緻密な検査が大切です。


そもそも、幼齢で猫エイズや猫白血病の検査を勧めてくる病院はやめたほうがよい、と唱える獣医師もいます。
ご心配なら、セカンドオピニオン=別の病院を受けるのもよいかと思います。


外に出すことのリスクと是非は、質問者さんはご理解の上でのお考えと思いますので、

ただ、こちらのカテゴリーは、外に出すことや未不妊のまま、などにデリケートに反応する方が多いですので、猫ちゃんの安全をトータルでじっくり考えて決断されるのがよいかと思います。

>現段階で陰性陽性がわからない以上、打ってはならないということでしょうか?
だとしたら獣医さんの言ってることが違うのかな?

獣医師さんで少しずつお考えは変わると思いますが、
打ってはならないというか、打つ前に検査をするのが普通というか、それは3種混合ワクチンても同じです。

体調不良でワクチン打って悪化することもあります。


猫白血病に関しましては、

繰り返しになりますが、猫白血病の検査で陰性と出ましても、4ヶ月~半年後に陽転することがあります。
逆に、陰性でも陽転す...続きを読む

Qねこのくしゃみへの対処薬がワクチン?

すみませんがよろしくおねがいします。
さて、今度は昨夕から猫がくしゃみをするようになりました。
昨晩も寝床でくしゃみをしていた模様です。
どうやら風邪のようなのですが・・・
今日、病院で先生にくしゃみが出ることを伝えました。
それで、4種混合のワクチンを行ったんですが、
ワクチンで良いのかということです。
ワクチンで猫の風邪がよくなるのでしょうか?
ワクチンって予防注射であって、風邪への対処薬ではないので
治るのだろうかと思うんですがいかがでしょうか

先生へ私の説明がうまく伝わらなかったのかとおもってもいるんですが・・・・

Aベストアンサー

あー、ヘルペスかカリシの症状と踏んだのか?これから症状が出ないように打ったかわかりませんが、ヘルペス、カリシの場合不顕性感染(普段はだんまりこいてる)なので、個体の免疫力が落ちたときに発祥します。もしある程度免疫がついてる猫ならば、ワクチンを打つことにより、緩和することもあるみたいです。ただ、即効性があるかは疑問であります。くしゃみの原因はまず鼻の中の異物(鼻水なり鼻くそ)であるでしょうからそれを排出するようにしなければなりません。人なら鼻かみますが、猫はしないですよね・・。人が吸いだしますか?やりたくないですよね・・・。ならば薬の吸入なり、内服薬でやるしかないのですが、くしゃみのみということなら、あたかくしとけば大丈夫であろうとの見解であるかもしれませんね。それであればちょうどワクチンの時期でしたのかな?来たので打ってしまおうかということも。あっ、子猫なのかな?少々のことでも、子猫だとやってしまうことはしますね。パルボとか怖いし、インフル、カリシはお母さんからもらってることもあるでしょうから、きにしないでやることはあるので。大きくなれば、緩和しますしね。でも、おそらく、コミニケーションがうまく取れてないの一番なのでは?くしゃみを昨日からしてるとちゃんと伝え、それをちゃんと先生は聞いてましたか(カルテなど書いてると右から左の時も)。ワクチンを打つとき何か言ってませんでしたか(何か言うと思うけど)?この場合であればどっちも、どっちですよね。とりあえずあたかかくして、くしゃみあまりひどいようでしたら、再診したらどうです?

あー、ヘルペスかカリシの症状と踏んだのか?これから症状が出ないように打ったかわかりませんが、ヘルペス、カリシの場合不顕性感染(普段はだんまりこいてる)なので、個体の免疫力が落ちたときに発祥します。もしある程度免疫がついてる猫ならば、ワクチンを打つことにより、緩和することもあるみたいです。ただ、即効性があるかは疑問であります。くしゃみの原因はまず鼻の中の異物(鼻水なり鼻くそ)であるでしょうからそれを排出するようにしなければなりません。人なら鼻かみますが、猫はしないですよね・...続きを読む

Q猫エイズの猫とケンカ

ウチの猫が猫エイズをもっている猫とケンカし、噛まれて怪我をしたんです。これは、病院へ連れて行きエイズが感染してないかみてもらったほうがいいのでしょうか。

Aベストアンサー

獣医による診断を即受けましょう。猫エイズは、喧嘩による噛み傷からの唾液で感染する場合があります。

感染の有無は血液検査で直ぐに判明でき、また症状の有無や対処療法について獣医から細かい指示を得られますので、何もせず悩むのは愛猫のためになりません。


参考になるサイトを紹介しますのでお読み下さい。
http://allabout.co.jp/pet/cat/closeup/CU20020531B/index.htm
オールアバウトジャパン[ガイド記事] 猫免疫不全ウィルス感染症

以上

参考URL:http://allabout.co.jp/pet/cat/closeup/CU20020531B/index.htm

Q白血病&エイズ陽性の猫へのワクチンとサプリメントについて

白血病&エイズ陽性の猫へのワクチンとサプリメントについて同じ立場の飼い主さんのご意見を伺いたいです。
ノラ出身の2頭の猫(母2歳半,娘1歳強)を完全室内飼いで飼っています。先日ウイルス検査をしたところ2頭共白血病・エイズの両方陽性反応が出てしまいました。
娘猫の方はおそらく母子感染だろうとのことでした。2頭共保護時に猫ウイルス性鼻気管炎(猫ヘルペス)の症状が出ていましたが、もしかしたらこの頃に感染したのかもしれません。
今は2頭とも食欲もあり元気にしているので、無症状キャリア期なのだと思います。

2頭共そろそろワクチン(3種)の時期なので獣医さんに相談したところ、「ノラ猫はヘルペスとカリシはほぼ間違いなくやってるからそれらについてワクチンは無意味。白血病・エイズ両方のキャリアだと抵抗力が格段に落ちているので、ワクチンを打ってもちゃんと抵抗力が付くかあまり期待出来ないし、ワクチンによる身体への負担を考えると接種はしない方がいいと思う。」と言われました。
私としてはパルボが心配なので接種しておきたいんですが、それについても「パルボは空気感染しないため完全室内飼いでパルボに感染する確率はかなり低い。それよりも身体への負担が心配。」と言われました。
他に3人の獣医さんに聞いてみたところ、「体調が良ければ接種してもいいのではないか」という意見でした。
それらの意見を元にいろいろ調べてはいるのですが、もしワクチンが引き金になって発症してしまったらと思うとなかなか決めかねています・・・。

ウチと同じように白血病・エイズ両方または片方のキャリア猫の飼い主さま、ワクチンはどうされていますか?
もし接種しないことにした場合、帰宅後パルエックスを靴底にスプレー等するつもりですが、何か他に注意することはあるでしょうか?

また、ストレスが一番良くないということなので、病院にかかるのは必要最低限にしたいと思っています。
その代わり抵抗力を付けるサプリメントを与えようと思っていますが、何かおすすめはありますか?
少し調べたところ、アガリスクやプロポリスがいいようですが・・・。
今はアイオニックシルバーとD-フラクションを与えています。

心配でたまりませんが、感染してしまった以上、出来ることをやるしかないと思っています。
アドバイス頂けますと心強いです。よろしくお願いいたします。

白血病&エイズ陽性の猫へのワクチンとサプリメントについて同じ立場の飼い主さんのご意見を伺いたいです。
ノラ出身の2頭の猫(母2歳半,娘1歳強)を完全室内飼いで飼っています。先日ウイルス検査をしたところ2頭共白血病・エイズの両方陽性反応が出てしまいました。
娘猫の方はおそらく母子感染だろうとのことでした。2頭共保護時に猫ウイルス性鼻気管炎(猫ヘルペス)の症状が出ていましたが、もしかしたらこの頃に感染したのかもしれません。
今は2頭とも食欲もあり元気にしているので、無症状キャリア期...続きを読む

Aベストアンサー

うちは3種打っています。
まぁケースバイケースその子それぞれ、体力や免疫の関係もあるでしょうが・・・。
体力のあるうちに打っておきたいと思って。

でも周りにも打たないよーというお家もあります。
うちは悩みましたが打ちました。
風邪も軽く済むし。

ちなみにパルボはどこでどう入るか分からない!
うちでなぜかパルボっ子が出てしまい、ワクチン打っていた子達はひどいカリシ程度、未ワクチンの子猫は体力の弱かった子が亡くなり、体力の強かった子は生還しました。

サプリはハタケシメジを与えたりしています。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報