最近V6の番組で催眠術をかけるのがありますが、
催眠術にかかったら、本当に姿が別の人に見えるのか不思議です。催眠術を体験した人がいたら、その時の様子を教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

どんな人でも他人に好かれたい願望があります。

無い人は居ません。もちろん好かれたくないと言う人はいるでしょう。それは意識レベルの思考で、無意識層ではあります。ここで催眠術をかかった方が周囲は喜ぶ。テレビとして楽しい。テレビに映る等、隠された心理が働くのです。テレビに関わらず、催眠師に恥をかかせたくない。自分も貴重な体験をしたい。し損ないたくない心理が働くのです。相手が嫌い。恥をかかせたいと思えばかかりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

催眠術にかかりやすい人、かかりにくい人がいるのはこの為なのですね!ありがとうございます!
 私は結構信じ易い方なので、催眠術にかかるかもしれません

お礼日時:2000/12/18 01:16

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q催眠術は心理学で解明されているのですか

 
催眠術にはかかり易い人とかかり難い人がいるようです。 

総じて男より女のほうが催眠術にかかりやすいようです。

それは本当ですか。

なぜ男より女のほうがかかり易いのでしょうか。

どうな人が催眠術にかかり易いのでしょうか。

それとも催眠術は全てテレビ娯楽様に作られた演技なのでしょうか。

催眠術は心理学で解明されているのですか。
 

Aベストアンサー

こんばんは。貴方のご質問を拝読致しました。

まず、「催眠は心理学分野で古くから研究されてきた分野」です。
催眠は心理療法の打ち出の小槌といわれる程、これを母胎として「精神分析療法」「自律訓練法」その他多くの心理療法が生み出されています。

>催眠術にはかかり易い人とかかり難い人がいるようです。 
>総じて男より女のほうが催眠術にかかりやすいようです。

性差も含めてかなり個人差はあります。ラポールや性格的なこと等が複雑に関係しているようです。

>それとも催眠術は全てテレビ娯楽様に作られた演技なのでしょうか。

一時期TVでの催眠ショーが流行った時代がありましたが、素人が真似したりすることは大変危険な場合があること等のため、「学会から強く警告され」、現在ではマスコミで濫りに扱うことはありません。
また、TVの催眠ショーの大半が「やらせ」であったと聞き及んでいます。

催眠に関する学会もありますのでご紹介させていただきます。ちなみに会員です。

 日本催眠医学心理学会
  http://www.jshypnosis.com/

貴方のご参考とならば幸いに存じます。
   
  sophia-s

.

こんばんは。貴方のご質問を拝読致しました。

まず、「催眠は心理学分野で古くから研究されてきた分野」です。
催眠は心理療法の打ち出の小槌といわれる程、これを母胎として「精神分析療法」「自律訓練法」その他多くの心理療法が生み出されています。

>催眠術にはかかり易い人とかかり難い人がいるようです。 
>総じて男より女のほうが催眠術にかかりやすいようです。

性差も含めてかなり個人差はあります。ラポールや性格的なこと等が複雑に関係しているようです。

>それとも催眠術は全てテレビ娯楽様...続きを読む

Q「自己催眠(催眠術)で火傷した話」は都市伝説?

「実験者が被験者の後ろに立ち、『私は今、熱した棒を持っています』と言った直後に、被験者の背中に熱してない普通のスプーンを押し当てたら、被験者の背中が火傷した」という話は本当なのでしょうか?
何度か本(ミステリ小説から「就職面接であがらないコツ」みたいな話の中での引用としてまで)で目にしたのですが、その割にどれもこれも「~だそうだ」とあやふやな話の終わり方をしていますし、ちゃんとした学術書などの出典が明記されていません。
ネット上やここの「教えて!goo」でも多々見つかりましたが、「自己催眠の実験」や「催眠術でこうなった」、「焼けた棒」と「スプーン」が「火箸」と「ボールペン」、「十円玉が徐々に熱くなって火傷した」などバリエーションがやたら多く、それほどよくある現象ならはっきりした出典はあるはずだと思うのですが、それがないのならやはり単なる都市伝説の一種ということなのでしょうか?
事実だという方は、ぜひ(少なくとも誰が、あるいはいつ、どこで行ったかのどれかがはっきりした)出典を教えて下さい。
「はっきりとした実験例はないが、プラセボ効果を鑑みると多分起こり得る」みたいな回答はご遠慮ください。
おねがいします。

「実験者が被験者の後ろに立ち、『私は今、熱した棒を持っています』と言った直後に、被験者の背中に熱してない普通のスプーンを押し当てたら、被験者の背中が火傷した」という話は本当なのでしょうか?
何度か本(ミステリ小説から「就職面接であがらないコツ」みたいな話の中での引用としてまで)で目にしたのですが、その割にどれもこれも「~だそうだ」とあやふやな話の終わり方をしていますし、ちゃんとした学術書などの出典が明記されていません。
ネット上やここの「教えて!goo」でも多々見つかりました...続きを読む

Aベストアンサー

リンク先の一番下に、問題の催眠実験について触れている個所があります。
紹介程度の書き方でたいした記述量ではありませんが、日本語の書籍があるようです。
もしかしたらこの中に参考文献として挙げられているかもしれませんね。

私も真相に興味があるので、ぜひそこまで辿り着いてください。

参考URL:http://junk2004jp.web.fc2.com/13.html

Q催眠術についての疑問あれこれ

催眠術師が催眠をかけるとかかるのに、素人が同じ文言やしごさをまねてもかかりません。
この差はどこにあるのでしょうか?
術者のカリスマ性にあるのでしょうか?

催眠術で麻酔をかけると同じ状態にして手術できますか?

催眠術にかかると脳のどの部分がどう変化しますか?
例えば恐怖をなくす催眠術など。
新皮質が活性化するのでしょうか、逆に麻痺するのでしょうか?

術者のビデオだけで、催眠術にかけることが可能ですか?

催眠術にかかっていても、本人が本当にいやなことは本能が拒否するのでかからないというのは本当ですか?
例えば自傷や自殺の命令など。

Aベストアンサー

催眠を成功させるポイント
1.信頼させる。
  その催眠術師を信じるかどうか、それがとても大事です。疑い深い人にはなかなかかかりません。白衣を着たり、権威ある人だと思わせたり、すごい催眠術師だと思わせること。
2.導入(思考停止状態へ持っていく)
  意表をついたり、リラックスさせたりして、通常の精神状態ではない状態におく。
3.暗示語で誘導する。
  被験者が考えなくて済むような、「・・なってきた」「・・・なってくる」「・・・なってきました」
  という言葉を使い、相手の顕在意識を通り越して、潜在意識に話しかける。

催眠術で麻酔をかけたのと同じ状態にすることは、可能ですが、麻酔があるんなら麻酔を使ったほうがいいでしょう。失敗したり、醒めたりしたら大変です。

ビデオだけで催眠術にかけることは難しいでしょうね。事前にビデオを見せたら催眠に入るという催眠をかけておけば可能でしょう。

人間の心は普段自分自身の意識だと認識している自分の意識「顕在意識」と、本能や自律神経まで支配下に置く、意識していない「無意識・潜在意識」という階層で成り立っているそうです。
もっと深い階層には神の領域と言われる「超意識」(全体意識とか集合意識などとも言われる)などもあると言われています。
催眠術は、顕在意識ではなく、その人の好き嫌いや、性格、トラウマ、自律神経などまで支配している無意識に働きかけるため、相手が望んでいないことまでやらせることが出来るし、質問にあるような信じがたいことも可能にします。
しかし、人間の本能(無意識の領域)に自己保存の欲求が刻まれていますので、それを否定することは催眠術でも難しく、自殺させたりすることは難しいと言われています。でもやり方によっては不可能ではないと思いますよ。

催眠術というとどうしても胡散臭いイメージがつきまといますが、催眠術を心理学や人間学、ビジネスの成功哲学や宗教学などと合わせて勉強すると、はは~ん、催眠術ってのは人間の根元に関わるとっても有用なもんなんだとわかるはずです。
優れたリーダーは本人も知らないうちに、周りに対して、催眠をかけてたりするんですよ。暗示語を使ってる人いるでしょ。

催眠を成功させるポイント
1.信頼させる。
  その催眠術師を信じるかどうか、それがとても大事です。疑い深い人にはなかなかかかりません。白衣を着たり、権威ある人だと思わせたり、すごい催眠術師だと思わせること。
2.導入(思考停止状態へ持っていく)
  意表をついたり、リラックスさせたりして、通常の精神状態ではない状態におく。
3.暗示語で誘導する。
  被験者が考えなくて済むような、「・・なってきた」「・・・なってくる」「・・・なってきました」
  という言葉を使い、相手...続きを読む

Q催眠術や自己催眠に頻繁にかかると日常生活に不具合があるか。

催眠術や自己催眠に頻繁にかかると日常生活に不具合があるか。

最近、催眠術や自己催眠にかかるという現象を日常的に体験しています。
頭がボーっとして殆ど何も考えられなくなったり、不思議な感覚になったり、言われた事を何の抵抗も無く脳が受け取ったりする事を体験しているのですが、頻繁に催眠にかかっていると日常生活に不具合が出ないか心配です。
一応解除はしているのですが。。。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

朝起きて、歯を磨き、トーストを作り、同じ電車に乗り・・・という日常は無意識にやることができます。初めは、全部はっきりと意識してやっていたはずです。
これも一種の自己催眠だと思いますし、こんなこと意外にも、思考パターン、感受性などもそうでしょうし、あるいは、パブロフの犬状態の事柄も多いのではないでしょうか。そのことには、自分自身は非常に気づきにくいと思います。

催眠、自己催眠、自己暗示は、何も目を閉じて瞑想のような状態から潜在意識に働きかけなくても徐々に浸潤していきます。

ご質問者様が、その状態に気づいているのですから、気づいていないよりは遙かに安心なのではありませんか。

Q催眠術で副収入を得たいです。

私は催眠術ができます。
催眠術で役に立つこと
① 不眠症対策。催眠術のリラクゼーション技術を使うとテンション上がっちゃってる時でも割と簡単に眠れます。
② 音痴対策。自分の歌声がズレてるのに上手に聞こえてしまうのは正に催眠状態です。催眠術によってブレイクすれば、音程のズレが自分で分かるようになり真性音痴状態からは脱出できます。
③ 自律神経失調症対策。催眠術はテレビでは正常な感覚を異常にして面白がっていますが、実際には異常になっている状態を正常に戻す技術です。

私が催眠術でやろうとしてることは上記の三つだけです。
エンターテインメントみたいなことはしません。正常な感覚を異常にすることはリスクを伴うと考えています。うまく使えば催眠術はとっても役立つ良いものです。
しかし、催眠術はなにかと先入観があって、上手くアピールできません。
「じゃ、試してみようかな」
みたいな反応が欲しいのですが・・・
催眠術をアピールして副収入を得たいと思うのですが、良い方法はないものでしょうか?

Aベストアンサー

やはり資格を取得した方が、信用は得やすいでしょうね。

国内では公式資格ではないですが、催眠士とか、海外では催眠療法士などがあり、国内で海外資格を取得することも可能です。

それ以外では、「催眠術師」を名乗るのは自由ですが・・。
無資格で「催眠士」などと名乗れば、詐欺罪になる恐れがあります。

尚、日本では催眠療法は医療として確立されていないので、医療行為には該当しませんが、全く無資格で医療効果を謳い過ぎると、これも詐欺罪などが疑われかねないと思いますし、刑事罰に問われないまでも、効果が無かった場合、トラブルの原因などになりかねません。

Q中学生の催眠術

突然催眠術に興味を持った中学生です。
僕は中学生なのですが、催眠術はできるのでしょうか。

え~一様、過去の質問をみまして、
http://psych-toolbox.hp.infoseek.co.jp/hypnosis/
というホームページを見つけたのですが、
http://psych-toolbox.hp.infoseek.co.jp/hypnosis/induct.html
ここに書いてある、
プログレシブ・リラクゼーション
というのを、実践するだけで、同じ学年の相手を暗示に掛けることができるのでしょうか。
また、それ以外の暗示方法でも、どれくらいの時間を掛ければいいのでしょうか、わかりやすく説明してくれるとうれしいです。
時間がないので、できるだけ迅速に回答してもらいたいです。

Aベストアンサー

やめた方が良いです。

一般に、催眠術は催眠状態にするより、
覚醒させる方が難しいといわれます。

にわか仕込みでかかるとは思いませんが、
何かの拍子にかかったとして、
確実に解くことが出来ますか?

Q催眠術をかけられて犯罪を犯した場合は罪?

よくテレビか何かで、
催眠術にかけられたタレントや一般人が、
本人の意思とは別にいろんな事をしているっていうのありますよね。
催眠術師が、催眠術によって第三者に殺人をさせた場合、催眠術をかけられた実行犯は罪になるのでしょうか?
それが無罪なら、
某宗教団体による殺人なども、催眠状態にあったとは言えないのでしょうか?
素朴な疑問です。

Aベストアンサー

このような場合は#3beenさんがおっしゃるとおり、催眠術にどの程度の効果があり、自由な意思決定をできなくさせているかは疑問です。
被術者が本当に催眠術にかかっているのか、また、どの程度であったかによって、心神喪失なのか、心神耗弱なのかということにも影響を与えることでしょう。#1さんや#2さんはそのようなことがおっしゃりたかったのではないでしょうか。心神耗弱ならば犯罪は成立します。

術のかかり方によって変わって来ますが、完全に自由な意思決定を奪って殺人の実行行為を行わせ、既遂に至ったのなら、術者は殺人罪の間接正犯に問われるでしょう。

間接正犯とは、責任無能力や故意のない者を道具のように利用して自己の意図する犯罪を実行する犯行形態のことです。正犯、つまり術者が殺人を犯したことになるのです。

被術者はどうなるのかといえば、心神喪失なため、社会的に非難することができず、責任阻却され、犯罪は成立しません。催眠術のかかり具合で完全に自由意思を奪わずとも、普通の一般人にくらべて著しく低減している状態であれば心神耗弱と判断され、犯罪は成立するが、刑は減軽されます。非難の度合いが低減するためです。
もっとも、被術者が心神耗弱であれば、術者は教唆犯となるでしょう。

質問者さんにもいえることなんですが、刑法等で定めるやってはいけない行為(違法類型)、例えば人を殺すこと、が必ずしも犯罪となるわけではないのです。犯罪となる要件を全て満たさなくてはなりません。
難しく定義すれば、犯罪とは、構成要件に該当する違法かつ有責な行為といいます。
構成要件とは、簡単に言えばやってはいけない行為として刑法等が定めている行為としておけばいいでしょう。刑法199条でいえば、「人を殺した者は」の部分です。
質問者さんの質問で問題となる争点は、要件の最後の有責性のところであって、被術者は責任をとれるか、つまり非難することが可能かということです。

タイトルが気になったために申し上げるのですが、それが犯罪が成立するならば罪です。被術者の行為が犯罪となるかどうかは、その催眠術のかかり具合によって、自ら物事の善悪を判断する能力がどの程度低減したのか、欠けたのかによって変わってくるのです。犯罪を犯したと決め付けてはいけません。

このような場合は#3beenさんがおっしゃるとおり、催眠術にどの程度の効果があり、自由な意思決定をできなくさせているかは疑問です。
被術者が本当に催眠術にかかっているのか、また、どの程度であったかによって、心神喪失なのか、心神耗弱なのかということにも影響を与えることでしょう。#1さんや#2さんはそのようなことがおっしゃりたかったのではないでしょうか。心神耗弱ならば犯罪は成立します。

術のかかり方によって変わって来ますが、完全に自由な意思決定を奪って殺人の実行行為を行わせ、既遂に至...続きを読む

Q催眠術を習得したい

真剣に催眠術を習得したいと思っています
どうしたらよいのでしょうか?

Aベストアンサー

催眠術で検索されると、沢山ありますね。
教室に問い合わせるのも一つの方法でしょう。

また、沢山本も出ています。
先ず、それらを読まれる事をお勧めします。
教室よりも、本を読まれるのが先かも・・

Q催眠術について

 最近V6の番組で催眠術をかけるのがありますが、
催眠術にかかったら、本当に姿が別の人に見えるのか不思議です。催眠術を体験した人がいたら、その時の様子を教えてください。

Aベストアンサー

どんな人でも他人に好かれたい願望があります。無い人は居ません。もちろん好かれたくないと言う人はいるでしょう。それは意識レベルの思考で、無意識層ではあります。ここで催眠術をかかった方が周囲は喜ぶ。テレビとして楽しい。テレビに映る等、隠された心理が働くのです。テレビに関わらず、催眠師に恥をかかせたくない。自分も貴重な体験をしたい。し損ないたくない心理が働くのです。相手が嫌い。恥をかかせたいと思えばかかりません。

Q催眠術の私的利用

催眠術は医療の一環らしいですが、個人的に満足するために利用するのはいけない事なんでしょうか?

自分自身に暗示をかけ、アイドルに慰めてもらうなどという話を聞いたことがあるのですが、
もしそのような事が出来るのならばやってみたいものです。

そうゆう私的利用をしていらっしゃる方はいますか?又、危険性はないのでしょうか?

Aベストアンサー

心理療法や精神医学の分野で、催眠に関する研究・知見はとても重要で、基本的な分野です。だからきちんと説明しようとすると膨大な量になり大変ですが、できるだけ簡単にまとめたいと思います。(汗

結論からいうと、個人的に催眠を使うのは可能であり、また、良いことです。

危険性は全く無いとはいえません。精神的にもともと著しく不調である場合は、注意しなければいけません。ただ、人に対して無理な催眠をかけて暗示を与える、といったことでなければ、ただやってみるだけでおかしくなる、といったことはありません。

自己催眠は、「自己治療」という観点で研究が進められています。催眠に必要な条件は、ご存知と思いますが、一定以上のリラックスです。
催眠というと他者からの言葉による暗示を連想する人が多いようですが、暗示は必ずしも必須の条件ではありません。ただし、自分に対しての暗示は、催眠状態を深めたり、催眠状態の中での体験を変容させていくのに大変役に立ちます。

さて、催眠による医療(治療)を考えるとき、(1)催眠状態(変容意識:Alternate State of Consios)になるということ (2)その催眠状態を利用して、どのように(自己)治療に役立てていくか、の二つに分けるとわかりやすいと思います。

まず、(1)の変容意識ですが、およそ日常の束縛から離れ、リラックスを深めること自体が、精神的な健康を増進することにつながるという立場があります。
これはドイツ生まれの「自律訓練法」(略して「AT」と呼ばれます)が有名ですので、これで調べてみてください。段階を追って少しずつ、リラックス状態を深めていく方法を体系化したものです。基本的には他者は必要ありません。

次に、(2)のように、一定の催眠深度に達したときどのように応用していくかが問題となります。これは(1)のように自律訓練(AT)をある程度習得できた後にも応用できます。

最も考えられるのが、「イメージ療法」と言って、イメージを利用する方法です。
「覚醒状態なのに夢を見ている」状況です。これには個人差がありますので、すぐにできる人もいれば、なかなかできない人もいます。初めは単なる想像なのか区別が付かない程度のものですが、慣れてくるとだんだんリアルで鮮明なものが体験されます。
「アイドルに慰めてもらう」というのは初耳ですが(笑)、これの一種と言えるかもしれません。

なぜイメージを体験することが治療につながるかということですが…。
イメージは、本来自分の心が、深層の機能を含めて作るものです。これを一定の条件の下で、あらためて再体験していくことで、今まで気付かなかった(抑圧されていた)感情に気付いたり、処理しきれてなかった体験を整理しなおすことにつながるわけです。
特に治療の場面では、自分で意識的に努力し、ことさらに作りあげたイメージより、「向こうからやってくる」ように体験されるイメージが重要視されます。「自発イメージ」といわれます。

イメージ法には大きく分けて、「指定イメージ」法と「自由イメージ」法があります。
「指定イメージ」は最初に「苦手な場面」であるとか、「野原など、特にリラックスしやすい場面」等、何らかの限定を付けてイメージする方法です。これは、目的がはっきりしていたり、治療の流れをコントロールしやすくしたいときに用いられます。
スポーツ選手が、一定のフォームを練習する「イメージトレーニング」もこれにあたります。
特に「苦手な場面をイメージする」というのは行動療法での「系統的減感作法」でよく用いられます。これは、少しずつ、難易度の高い場面に順を追って慣れていく方法です。実際に特定の状況を計画的にセッティングするのは現実問題として大変ですが、イメージの中でならいくらでも応用が利く、というわけです。

一方、「自由イメージ」は、より主体性を重視し、一定時間、あまり限定を加えずにイメージ体験をするというものです。これは、特に根本的解決や、長期的な治療の一環として行われます。
どのようなイメージが出てくるかはそれこそ千差万別です。
ただ、長期的にみると一定のストーリーが読み取れたり、その人固有の問題にだんだん近づき、イメージの変容に従って現実的にも解決がもたらされることが多いです。
イメージ内容を精神分析的立場から、診断の素材としたり、解釈したりすることはもちろん可能です。ただし実際の治療場面では、言葉により意味づけを一つ一つ考えていくより、その体験自体を深めていくことが意義があると考える人が多いです。

もし興味があるなら、次の本が良書であり、手に入り易いと思いますので是非お奨めします。
(1)日本での催眠研究の大御所の人(笑)。もう退官されましたが、多くの研究者がこの人の元から出ています。
成瀬悟策著「自己コントロール法」
(2)コンパクトながらエッセンスが詰まっていて、わかりやすく解説されています。
田嶋誠一著「イメージ体験の心理学」

心理療法や精神医学の分野で、催眠に関する研究・知見はとても重要で、基本的な分野です。だからきちんと説明しようとすると膨大な量になり大変ですが、できるだけ簡単にまとめたいと思います。(汗

結論からいうと、個人的に催眠を使うのは可能であり、また、良いことです。

危険性は全く無いとはいえません。精神的にもともと著しく不調である場合は、注意しなければいけません。ただ、人に対して無理な催眠をかけて暗示を与える、といったことでなければ、ただやってみるだけでおかしくなる、といったこ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報