ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

掛屋蔵元は大名関係、札差は旗本関係ということがわかりましたが細かい違い(大学入試レベル)を教えてください。

また同じような言葉なので覚え方などあれば教えてください。

A 回答 (1件)

「蔵元」は大名が領地から運び込んだ領地米を委託販売する業者。


「掛屋」は上記の領地米を買い付けた業者からお金を徴収し各藩へ支払いを代行した業者。
「札差」は旗本・御家人が給米の換金を代行させた業者。

蔵元と掛屋は兼任していることが多かったようです。
いずれも大名家・旗本・御家人の収入が米であったために、その複雑な換金業務を有力な商人に代行させた制度です。
領地米や給米などの米の流通を通して理解し、その後の大名貸しや旗本・御家人への金融の流れを押さえておけば良いのではないでしょうか?
    • good
    • 5

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q札差って何ですか?

大学受験で日本史を取るので勉強中なんですが、札差(ふださし)
という言葉が出てきて、わかりません。商人みたいなものなんだろうなァ
とは思ってるんですけど・・・・。できれば他の時代の高利貸との
違いも教えてもらえたら嬉しいです。

Aベストアンサー

旗本などは年に三度、俸禄(今の給料)を米で支給されました。
その中から、自分のところで食べる分を残して、後は市中で売却しましたが、その際に、仲介をしたのが札差です。

詳細は、参考urlをご覧ください。

参考URL:http://www.jidai-show.com/i/kotoba/hu_006.html

Q朱印船と奉書船

朱印船と奉書船の違いが分からなくて困ってます。
教えてください。

Aベストアンサー

朱印船は、江戸幕府から海外渡航許可の朱印状を受けた公認の貿易船です。
これに対して、奉書船は、渡航許可として朱印状のほかに老中発行の奉書を所持している貿易船のことです。
幕府が鎖国へ向かう中で海外渡航をする貿易船は制限されていきます。
1631年以降、朱印状に加えて老中奉書の所持を渡航の条件とすることで、海外渡航のハードルを高くしようとしたのです。

Q★「封建制度」を簡単に説明してください!

★「封建制度」を簡単に説明してください!

世界史の時間によく「封建制度」なる言葉が出てきます。

いろいろと調べてみたのですが、いまいちよくわかりません。

理解力を深めたいので、封建制度を簡単に説明できる方よろしくお願いします!

Aベストアンサー

封建制度とは「封」(封土=土地)を与えて家来を「建てる」と言って、つまりは
「土地をなかだちとしてむすばれた主従関係(しゅじゅうかんけい)にもとづく社会のしくみ。」
のことを言います。
御恩と奉公ですね。
もちろん日本・中国(周)・中世欧で指す封建制度とはそれぞれ少し意味が異なったりしますが、基本的には上記の意味です。

ちなみに対義する言葉は絶対王政や絶対君主制です。

Qイデオロギーって何ですか???

イデオロギーとはどんな意味なんですか。
広辞苑などで調べてみたのですが、意味が分かりません。
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

イデオロギ-というのは確かに色んな解釈をされていますけど、
狭義ではそれぞれの社会階級に独特な政治思想・社会思想を指します。

つまり分かりやすく言えば、人間の行動を決定する根本的な物の考え方の
体系です。一定の考え方で矛盾のないように組織された全体的な理論や思想の事を
イデオロギ-と言うんです。

例えば、人間はみんな千差万別であり色んな考えを持っています。
だから賛成や反対といった意見が出てきますね。
しかし、イデオロギ-というのはみんなが認める事象の事です。
イデオロギ-には賛成・反対といった概念がないのです。

例えば、環境破壊は一般的に「やってはいけない事」という一定の考えに
組織されています。つまりみんなが根本的な共通の考え(やってはいけない事)として組織されているもの、これがイデオロギ-なんです。
しかし、社会的立場によってはその「やってはいけない事」を美化して
公共事業と称して環境破壊をする人達もいますけど。
ここでイデオロギ-という概念に対して色んな論説が出てくるわけです。
一応これは一つの例ですけど。

というかこれくらいしか説明の仕様がないですよ~~・・。
こういう抽象的な事はあまり難しく考えるとそれこそ分からなくなりますよ。
この説明で理解してくれると思いますけどね。

イデオロギ-というのは確かに色んな解釈をされていますけど、
狭義ではそれぞれの社会階級に独特な政治思想・社会思想を指します。

つまり分かりやすく言えば、人間の行動を決定する根本的な物の考え方の
体系です。一定の考え方で矛盾のないように組織された全体的な理論や思想の事を
イデオロギ-と言うんです。

例えば、人間はみんな千差万別であり色んな考えを持っています。
だから賛成や反対といった意見が出てきますね。
しかし、イデオロギ-というのはみんなが認める事象の事です。
イデオ...続きを読む

Q兌換紙幣と不換紙幣って??

高3です。
日本史の授業で今日先生が言っていた「兌換紙幣」と「不換紙幣」の意味がよくわかりません・・。
金や銀に換えることのできる紙幣、というようなことを言っていたと思うのですが、どういうことなのかいまいちイメージがわかないのです。。
こんな私にもわかるようにかみ砕いて説明して頂けませんか?
よろしくお願いします(>_<)

Aベストアンサー

 再び失礼します、No.7です。

 不換紙幣の発行理由ですが、自信がなかったので検索をかけてみたら、こんなページを見つけました。下の方に書かれています。

 このページは分かりやすいと思います。(わからない部分があれば、また補足をください。可能な限り回答します。)

 以上、参考にしてくださいね、これで失礼します。

参考URL:http://www.findai.com/yogo/0013.htm

Q(赤本)入試問題の配点がわからない

赤本で私大の問題を解いてみているんですが、1つのカテゴリ内で、合計点は何点とは書かれているのですが、
設問 各々の配点がわからないんです。
やっぱり、試験目前に何点とれているかチェックしておきたいので、知りたいのですが、何か知る手段はありますか?それとも無いのでしょうか。

どなたか 御助言願います。

Aベストアンサー

発表していない以上分からないものです。
きっと大学側でも公表しないようにしているのではないでしょうか?
予備校などの先生が受験のプロですから、採点していただくように、もし機会があれば頼むのもいいでしょう。

私は、例えば大問3が(1)~(5)で合計30点なら一問6点と単純に考えたり、または、記述問題は倍の点数にしたり、自分の間違ったものの配点をやや高めに考えて毎回目に見える形で点数化していました。そして、どういう具だらないミスをしたのか?それがなければ何点取れていたのか。何がわからなくて誤答に至ったのか。それは受験まで手の届く範囲内での間違いだったのか。その場合はあと何点あがる見込みがあるのか。そんなことをホントに現実的に考えていました。

がんばってください。
風邪引かないでね。

Q地方知行制から俸禄制へ(江戸初期)

江戸時代の前期、地方知行制から俸禄制へほとんどの藩が推移していきますが、その理由は何なのでしょうか。

Aベストアンサー

こんばんは お久しぶりです

 初期ということであれば、藩主権力の強化、および藩財政の確立でしょうね。これが、藩財政が傾いてくる中期以降になると、財政再建の色合いが強くなるでしょう。

 加賀藩では四代藩主前田綱紀(1645年3歳で藩主に)のもとで「改作法」という改革が行われます。(実際の主導者は祖父三代藩主利常)
その中身は
1)家臣による知行所直接支配の禁止=藩主による親裁(直接支配)
2)手上げ高(高くみつもった収穫量)による草高(基準石高)の決定
3)定免による一村平均免(同じ税率)
ですが、その狙いは「つよき百姓」=健全な高持百姓育成であり、ひいては藩財政の確立にありました。

 この改革には家臣の抵抗もあり長い時を要しますが、1648年には領内惣検地を開始し、1671年、最後の抵抗勢力である長連頼3万石(能登鹿島半郡)での支配権を確立し、村高および年貢率を記載した「村御印」という文書が、藩から村々に下付されます。

 前田綱紀は名君といわれますが、他の藩でもやはり旧時代(戦国時代)からの伝統的な地方勢力があったでしょう。そうした、「土地と結びついた勢力」を排除し、藩主のもとに「役人」として家臣を再編する、という狙いがあったといえます。

こんばんは お久しぶりです

 初期ということであれば、藩主権力の強化、および藩財政の確立でしょうね。これが、藩財政が傾いてくる中期以降になると、財政再建の色合いが強くなるでしょう。

 加賀藩では四代藩主前田綱紀(1645年3歳で藩主に)のもとで「改作法」という改革が行われます。(実際の主導者は祖父三代藩主利常)
その中身は
1)家臣による知行所直接支配の禁止=藩主による親裁(直接支配)
2)手上げ高(高くみつもった収穫量)による草高(基準石高)の決定
3)定免による一村平...続きを読む

Q大学を推薦で受ける為の英検

MARCHレベルの大学を目指しています。
英検は何級程度を所持していると、実際に効力があるでしょうか。各学校のパンフレットには「2級以上」との記載が多いようですが、実際のところ2級を持っていて推薦で受かるなんてありえないですよね。教えてください!!
ちなみに今は高2で、中学のときに取得した準2級までしかもってません。

Aベストアンサー

MARCH以上を目指すのでしたら英検は準1級が必要です。2級から出願できる学科もありますがそういうところはやはり倍率も高く厳しいです。
ちなみに、MARCHで英語の資格を使って出願できるところとして、
明治 商学部
青山学院 英文2部
立教 経営
中央 法、経済、経営
法政 国際文化
などがあります。どれも準1級以上が条件ですね。2級と準1級の差はけっこう大きいですから、準1級が
とれれば、高い確率で合格が可能です。(小論などを出題する所ではそちらも重視されますが)

それと、似たような試験としてTOEICがあります。こちらは将来企業で働く際に必要となるかと思いますのでこちらを勉強するのも手です。試験回数も多いですし。730点ほどとることができればMARCHレベルに出願可能です。

頑張ってください。

Q庶民が学習院大学に入学するとつらい?

娘の大学進学ことで相談です。私自身が大学についての知識が乏しいため娘任せで大学受験を終えました。なんとか私立大学3校合格しました。合格した3校の中では学習院が一番ランクは高いです。娘も(私と同じで知識不足のため?深く考えず?に)学習院(英文学科)に行きたいと行っています。情けないことに、この場になって初めて気がついたのですが、田舎(静岡県)の庶民サラリーマン(年収800万程度)の娘が学習院に進学して、肩身の狭い思いをするのではないか?と非常に心配になってきました。他校の入学手続き期限が2/23なのでもうすぐに決心しないといけません。実際、学習院大学には、一般庶民の学生は少ないのでしょうか?一般庶民の学生は肩身の狭い思いをするのでしょうか?どうか助けて教えて(助けて)ください。

Aベストアンサー

私の従姉妹(叔父の娘2人)が学習院に通っています。
1人はすでに卒業しましたが、1人は在学中です。

最近ではお金持ちだけ、という様子ではないようですが、
やはりお嬢様が多い事は多いようです。

寄付金などを求められることもあるようですが、そういったものには
無理なく応じれる分だけ応じれば良いでしょう。強制ではありません。

部活やサークル活動などでは、他の大学よりも親御さんの負担が
大きいようです。が、これは部活にもよるでしょう。
合宿などがある部活だと、お金よりも応援に行ったりご飯を作ったり、
そういうことに熱心な親御さんが多いようです。


叔父は零細企業とはいえ役員を務めており、また奥さんも
成金のお嬢様(帝国ホテルで結婚式を挙げられないなら
結婚させない、と言われたそうな・・・)ですが、まぁ
学習院ともなると「うちみたいな中途半端な金持ちでは
相手にならないほどすごいところのお嬢様がゴロゴロ
してるから、張り合う気も失せた」というのが当の従姉妹達の
言葉です。

彼女らに感想を聞いて見ると、「親が金を持っているかどうか」
よりも「しつけがちゃんとされているか」「物怖じしない性格か」
のほうが重要なようです。

つまり、「どうせ私なんか・・・」と萎縮してしまうタイプの
人にはつまらない大学だけれど、「人は人、自分は自分」と
思えて、「へー、そんな世界あるんだー」と素直に感心できる
人には、面白い人脈が広がる楽しい大学だそうです。
言い方を変えれば、見栄っ張りな人にはしんどい大学なんでしょうね。

思うに、本当のお嬢様は、お父さんがサラリーマンだからといって
馬鹿にしたりしません。むしろ中途半端なお嬢様ほど自分を高く
見せようとして他人を蔑みます。

そういう人たちを相手にせず、自分に敬意を払ってくれる人にだけ
こちらも敬意を払うようにしていれば、自然と居心地よい友人関係が
作れるのではないでしょうか。

あとは、娘さんがそういうことができる性格かどうかですね・・・。
苦労もあるでしょうが、就職してからでは得られない人脈が
広がると思います。納得行く結論が出るといいですね!

私の従姉妹(叔父の娘2人)が学習院に通っています。
1人はすでに卒業しましたが、1人は在学中です。

最近ではお金持ちだけ、という様子ではないようですが、
やはりお嬢様が多い事は多いようです。

寄付金などを求められることもあるようですが、そういったものには
無理なく応じれる分だけ応じれば良いでしょう。強制ではありません。

部活やサークル活動などでは、他の大学よりも親御さんの負担が
大きいようです。が、これは部活にもよるでしょう。
合宿などがある部活だと、お金よりも応援...続きを読む

Q日本史の文化史が覚えられません・・・

来年の2月に受験を控えた高3生です。受験科目に日本史があり、大体は覚えれる(テストで点が取れる)のですが、文化史の後半(化政文化や明治の文化など)は作品や作者などの量に圧倒されてしまい、勉強の意欲が沸かず頭に入っていきません。早稲田志望なので、それなりに覚えなければならないのですが・・・。

ちなみに、参考書は「石川の実況中継の5(文化史編)」を使っているます。が、あまりうまく覚えることができず困っています。
ゴロを使って覚えたりもしているのですが、量が量なので全部ゴロっていうのも無理ですし・・・;

どなたかうまい覚え方やいい参考書、図説を教えてください!よろしくお願いします。

Aベストアンサー

冷たいようですが、一夜漬けではきかないから試験では文化史が狙われるのです。地道に覚えましょう。


エルウィン・ベルツ:ドイツ出身の医学者
徳富蘇峰:国民新聞

などとやっていてもなかなか頭に入らないのですよね。ところが一度彼らに愛着が湧くとすっと頭に入ります。
たとえば『ベルツの日記』を読んでみるなどという手もありますが(そうするとベルツだけでなく他のお雇い外国人や明治時代の政治家にも愛着が湧くようになる)、今からそんな悠長な勉強法をするわけにもいきませんし。

ただし絵画や建築は必ず写真を見て覚えること。視覚も利用して効率よく覚えましょう。
視覚を応用するという意味では、きちんと書かれた歴史漫画を読むというのもありです。漫画では登場人物が生き生きと動きますから、ただ文字を見ているよりは視覚的効果があり愛着も湧きます。
ただ文化史をきちんと扱った漫画がなかなかないというのが悩みの種ですが。