最近民間生保の予定利率一斉引き下げが話題になりましたが、もしそれが成立したなら、簡保もありうるでしょうか。もしや簡保のための政府の戦略でしょうか。

A 回答 (2件)

あくまでも私の個人的な意見ですが、簡保も引下げは十分に考えられると思います。

予定利率は民間のみならず政府系でも死活問題です。将来的には簡保も民営化の方向で進むでしょうから、赤字の原因になるものは修正してくるでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

レスありがとうございます。
そうですね、簡保の民営化に始まって・・・・

お礼日時:2000/12/13 04:14

ありえます。


しかし、民保の件はこのまま低金利が続いた場合、日本最大の生保でも破綻の可能性は十分あると思います。
仮に5%で30年保証したものが、2%台の運用しか出来ない環境が10年も15年20年も続いたら持ちこたえるのは難しいのでは。
銀行は保障期間が短い上に低金利政策(預金者の収益の収奪)、公的資金の導入(税金の投入、借金の棒引き)で破綻を逃れてます。・・・それでも破綻をしてますが
    • good
    • 0
この回答へのお礼

レスありがとうございます。
最大手の生保でもやばいなんて、凄いことですね。
しかし銀行は高給の上ホント優遇されてますね。

お礼日時:2000/12/13 04:17

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q骨粗鬆症で簡保生命保険に入れますか?

骨粗しょう症でエビスタというお薬もらっている51歳の者です。
骨折はしたことがありません。
簡保生命保険に入れるでしょうか?

骨粗鬆症になったら他の会社の保険にも入れないでしょうか?
ご存知の方教えてください。

Aベストアンサー

生命保険専門のFPです。

骨粗鬆症自体は、特別な病気ではありませんが、
問題は、骨折しやすくなるということと、
骨折した場合の入院期間が長くなるということで、
保険会社にはリスクがあることになります。

ですが、それも程度によるのです。
例えば、軽度であり、適切な治療をしていれば、
無治療で骨粗鬆症になっている人よりも、むしろ、
リスクは低いということになります。

なので、どのように判断するかは、
病気全体の問題というよりも、個別の問題ともいえます。
骨粗鬆症だから、どうなる……とは、単純に言えないのです。

Q生保の予定利率の引き下げについて

生保の予定利率の変更(下げ)が認められた場合、
今掛けている定期付終身保険(払込終了まであと5年)は
具体的にどうなるのでしょうか。

(1)受け取れる保険金額が減る。
(2)今後の月掛けの保険料が増える。

また、受け取れる金額が減り、それがいやなら
掛け金を増やす場合、変更が行なわれる前に
残りの掛け金を全納しても、受け取れる保険金額が
減るだけなのでしょうか?

記事を読んでいても、イメージがよくわかないので
教えて下さい。

Aベストアンサー

特定の会社に適用するのか、護送船団方式で全社に適用するのか、わかりません。

解らないと言うより、これは一部政治屋と小役人が考えたもので、無理筋です

結局は破綻寸前の会社の資産保全程度にわずか役に立たつ程度。

解約の停止などは預金封鎖と同じで、大混乱するだけ、とてもまともな国の政府が考えることではない。

必用のない企業は、さっさと市場から退場してもらうのが本筋です。

なお保険料を、前納しようが、払い済みにしようが、その保険会社に置いておく以上は保険金は減額されます。
また貯蓄性の高いもの(年金、養老、終身など)ほど、長年掛けたものほど、その減額の率は高くなります。

多分あなたのはそれに当てはまるように思います。

Q生命保険会社、簡保、共済…それぞれの利点

32歳、既婚、子供ナシ、男性です。今のところ生命保険には入っていませんが、今年結婚して、そろそろ入らなければ…と考えています。これから色々勉強しようと思っていますが、一般の生命保険会社と郵便局の簡保や県民共済などは、どれがどういいのか?悪いのか?
考えている保険のイメージとしては、死んだとき3000万位バックして、入院時に5~6000円、できれば掛け捨てよりは貯蓄的なのを考えております。漠然とした質問で申し訳ないですが、お詳しい方、どうぞ宜しくお教えください。

Aベストアンサー

保険と貯蓄は、分けて考えたほうがいいですよ。

いまの保険では、貯蓄性があまりにも低い。個人年金ですら、利回りがものすごく低いから。

で、保険を考えるとき、なににリスクを感じるか?
そして、neckeyさんが、なにを大事にしたいか?
の2点をまず、整理してみてください。

保険は、万が一のとき、って生保の営業おばちゃんはいいますよね。わたしは、いつも、言い返します。万が一のために万が9999を犠牲にしたくないっ!、と。

これから、結婚するってことは、もし、neckeyさんが不慮の早死になった場合、遺族の生活費がいりますね。neckeyさんは厚生年金にはいっておられますよね!?

遺族年金がでますので、遺族の生活は、最低限の生活はそれでできるんですよ。だから、子供が小さくて、奥さんが働けないときは、遺族年金だけでは不足しますので、そこのところを保険でケアすればいいんです。

入院するような病気になると、こまるのが、治療費ですね。いまの3割負担がつづくのなら、5000円/日でいいですね。これが5割負担とかになると8000円くらいでないと、入院、イコール、家計破綻となりそ。

注意してほしいのは、若いときの保険料は安いが、10年おきに保険料がアップする保険があります。10年単位の見直し時に、見直し前に病気していると、契約時の金額以上に徴収されてしまいます。おばちゃんに騙されないように。

質問の一般の生保、簡保、県民共済は、ターゲットがそれぞれ違います。メインの生保は、一般の生保か簡保にすべきでしょう。県民共済は、メインの生保の保険料負担を軽減するための補完の保険と考えるのがよいでしょう。

保険と貯蓄は、分けて考えたほうがいいですよ。

いまの保険では、貯蓄性があまりにも低い。個人年金ですら、利回りがものすごく低いから。

で、保険を考えるとき、なににリスクを感じるか?
そして、neckeyさんが、なにを大事にしたいか?
の2点をまず、整理してみてください。

保険は、万が一のとき、って生保の営業おばちゃんはいいますよね。わたしは、いつも、言い返します。万が一のために万が9999を犠牲にしたくないっ!、と。

これから、結婚するってことは、もし、neckeyさんが不慮の...続きを読む

Q予定利率引き下げ、学資保険を解約した方がよいか?

D一生命の学資保険に平成3年に入りました。
調べると、予定利率が5.5%の時です。
各時期の学資金を受け取らずに積み立てておくと、平成25年に、300万円+配当金(←当時この予想配当金も大きかった)が受け取れる契約になっています。
私が万が一の時の育英年金は、
 12才未満50万/年、18才未満80万/年、22才未満100万/年です。

保険期間はあと10年あるのですが、いままで折々に前納して、保険料は全額払ってしまっています。
夫もいますので保険部分はあまり必要ではありません。
全く貯蓄のつもりで掛けていたので、今回の予定利率引き下げ法案の通過を受けて、10年後の元本割れを心配しています。

先日D一生命に電話したのですが、
 私 「予定利率3%で満期受取額を試算してほしい」
 D一「そういう計算はできない」
 私 「保険料のうち掛け捨て部分の額を教えてほしい」
 D一「それも分からない」
などというまったく無責任な回答をされ、かなり腹が立っています。

総払込額 約293万円
現時点での解約返戻金額 約284万円 です。

早めに解約した方がよいでしょうか?

D一生命の学資保険に平成3年に入りました。
調べると、予定利率が5.5%の時です。
各時期の学資金を受け取らずに積み立てておくと、平成25年に、300万円+配当金(←当時この予想配当金も大きかった)が受け取れる契約になっています。
私が万が一の時の育英年金は、
 12才未満50万/年、18才未満80万/年、22才未満100万/年です。

保険期間はあと10年あるのですが、いままで折々に前納して、保険料は全額払ってしまっています。
夫もいますので保険部分はあまり必要ではありま...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
予定利率下げは政府の苦肉の策と思いますが、3月末の株価で多額の含み損が出た会社があるのは新聞等公表の通りなので色々推察されるものです。
さて、自身の財産の問題でもあるので真剣になるのはもっともと思います。
情勢を見極める時期ではと思います。大手社では実際引き下げられるものなら是が非でもやりたいのが本音でしょう。ただ、破綻と同義と位置づけられるのは困りますし、解約殺到されるのも避けたい。経営側は経営責任を問われるのも避けたいでしょう。
多くの会社では引き下げと言う反則をしてまで契約者に不信感を買われたくないのでしないと思われます。
引下げをするところは出ると思いますが、どこかは誰もわかりません。
基準にはなりませんが、一般BBB(トリプルB)以上が投資適格とされる格付けです。1個人の意見ですが、BBB以上の会社は予定利率引下げの可能性はかなり低いと思っています。

参考URL:http://www.standardandpoors.com/japan/ratingsactions/rating_list/rating_list_insurance.html

こんにちは。
予定利率下げは政府の苦肉の策と思いますが、3月末の株価で多額の含み損が出た会社があるのは新聞等公表の通りなので色々推察されるものです。
さて、自身の財産の問題でもあるので真剣になるのはもっともと思います。
情勢を見極める時期ではと思います。大手社では実際引き下げられるものなら是が非でもやりたいのが本音でしょう。ただ、破綻と同義と位置づけられるのは困りますし、解約殺到されるのも避けたい。経営側は経営責任を問われるのも避けたいでしょう。
多くの会社では引き下げと...続きを読む

Qこれから先の人生に最適な生命保険は?

30歳、男、会社員、独身です。
年収は300万の低所得者です。

生命保険について質問です。
現在、郵便の簡保の「養老保険」、群馬県民共済の「総合」、こくみん共済の「総合」に入っています。

これから先の人生を考えると、どのようなプランに変更または新規加入が妥当でしょうか?

Aベストアンサー

まず、どんな保障が必要なのか?何歳まで必要か?が重要です。

死亡保障
独身という事ですので、ご両親等を扶養されているなどの状況を除けば、それほど大きな保障は必要ないかもしれません。整理資金(お葬式代)程度があればいいかと思いますので、現在ご加入の保障で十分かと思います。ただし、養老保険には満期がありますし、県民共済やこくみん共済は60歳以降の保障が先細りしていきます。整理資金として「一生涯」の保障を考えておられるなら、現在ご加入の商品は向いていません。

医療保障
会社員であれば、高額療養費の適用を前提に入院日額5000円~1万円くらいの医療保障があればいいと思います。こちらも現在ご加入のもので十分かと思います。ただし、保障期間の問題は死亡保障と同じです。一生涯の保障を考えておられるなら、現在ご加入の商品は向いていません。

一例ですが、
将来の事も考えて保障は一生涯。
死亡保障は整理資金程度でよい。
という条件で、

○終身保険 300万(~500万)
○終身医療保険 日額5000円(~1万)
○終身がん保険 診断給付金 100万
        入・通院日額1万+手術給付金

このあたりの保障なら、独身の間に加入されておいても、無駄になりにくい保険だと思います。これをベースに、将来、ご結婚されてお子さんができて…といった状況に応じて死亡保障(掛け捨て)を追加します。

余談ですが、保険に加入するときのコツは保障内容に応じてそれぞれで、保険会社(商品)を選ぶ事です。各社で年齢、性別、保障内容で多少の強い弱いがありますので、おいしいとこ取りをして下さい。

場合によってはそれぞれ別会社になる事も。
終身保険 A社
終身医療保険 B社
終身がん保険 C社

また、健康状態によっては新規の保険に加入できない場合もありますので、見直しの際は新しい保険の契約が成立してから、古い保険を解約されると安心ですよ。

まず、どんな保障が必要なのか?何歳まで必要か?が重要です。

死亡保障
独身という事ですので、ご両親等を扶養されているなどの状況を除けば、それほど大きな保障は必要ないかもしれません。整理資金(お葬式代)程度があればいいかと思いますので、現在ご加入の保障で十分かと思います。ただし、養老保険には満期がありますし、県民共済やこくみん共済は60歳以降の保障が先細りしていきます。整理資金として「一生涯」の保障を考えておられるなら、現在ご加入の商品は向いていません。

医療保障
会社...続きを読む

Q知的障害の妹の簡保、生保加入

私の妹は30代で知的障害があります。
健康状態は悪くなく、今まで大きな病気やケガをしたり入院の経験もありません。
妹を加入させようと簡保や全労災の申し込み用紙を取り寄せたところ、告知書に『知能障害の有無』を答えるようになっていました。
もちろん正直に有ると記入するのですが、知的障害があると加入できないのでしょうか?
最近たてつづけに父母の骨折、私の病気等あり保険のありがたさを痛感しています。
いつも助けて頂いてばかりで申し訳ありません。
今回も宜しくお願いいたします。                 

Aベストアンサー

私は視覚障害があります。
目の病気があるというだけで、健康なほうです。

全労災、断られました。
進行性の病気だからという理由でした。(確かにそうですが、目に限ってだけのことなのに)

県民共済、断られました。
全労災と同じような理由。

民間の生保、条件つきならば、、、というところありました。
チューリッヒ生命だったかな。
でも条件つきだし、保険料が普通より高い!だからやめました。

簡易保険、これ、視覚障害者の人で普通の人と同じ掛金で入っている人がいる。
まだ加入にトライしていません。近々するつもりですが。

いろいろなタイプの障害者がいるんだから、障害者というだけで
保険の加入を断ったり、制限しないでほしいですよね。これ、差別だと思います。
簡易保険は可能性あり!トライしてみてください。

Q生命保険満期500万円の運用について

簡保の生命保険500万円が満期になります。
運用のアドバイスをお願いいたします。
定期預金、国債などを考えているのですが・・・

Aベストアンサー

運用期間、資金の性質、運用方針などがわからないと適切なアドバイスをしかねます。

定期預金・国債を考えているとのことですから、余裕資金で元本保証、ある程度の期間の投資が可能であるとして考えます。

オリックス信託銀行 スーパー定期300 300万以上 1.1%/1年
新生銀行 プラチナ円定期 500万以上 1.0%/1年

あたりが金利のみを考えると高いです。

Qもし、予定利率の引き下げが行われたら?

H2契約、H27払込終了の終身保険(定期なし、医療特約付き)1800万円に加入して、ほぼ半分の期間を経過したところです。

貯蓄性もあり、もしH27の払込終了時に解約すれば430万円の解約払戻金が見こまれますので、遺族(未成年の子)の生活保障が必要なくなった後は解約して老後資金の足しにしようと思っておりました。
確認していませんが、当時の予定利率は5.5%のはずです。

最近、予定利率の引き下げが再び話題になっているので、とても不安に思っています。以下の事をどなたか教えてください!

(1)予定利率の引き下げが行われた場合、この保険の死亡保障額、解約払戻金はどれくらい下がるものなのでしょうか?
(2)現時点での解約払戻金は確定していると思っていましたが、引き下げにより減額されることはありますか?
(3)払い済み終身保険にした場合でも、引き下げの影響をうけますか?

なお、現時点での解約払戻金は約160万円、払い済み終身に変更した場合は約1060万円の保障額となります。

(4)それと、これは回答が難しいと思いますが、客観的に見て、継続・解約・払い済みに変更、のいずれが良いと思われますか?

S&PでBBBの生命保険会社です。

H2契約、H27払込終了の終身保険(定期なし、医療特約付き)1800万円に加入して、ほぼ半分の期間を経過したところです。

貯蓄性もあり、もしH27の払込終了時に解約すれば430万円の解約払戻金が見こまれますので、遺族(未成年の子)の生活保障が必要なくなった後は解約して老後資金の足しにしようと思っておりました。
確認していませんが、当時の予定利率は5.5%のはずです。

最近、予定利率の引き下げが再び話題になっているので、とても不安に思っています。以下の事をどなたか教えて...続きを読む

Aベストアンサー

1)払い込み終了時に受け取る金額が100万円ぐらい下がる
  可能性があります。
  大雑把な概算ですが.....
  (今後の予定利率5.5%→2%で、払込金の一部が分離して運用に
   廻っているという計算でやってみました)
2)現時点では減りません。ただし、それは本当に現時点の事です。
3)やはり受けます。
  保障が減るか、追加のお金を入れるか、いずれかでしょう
4)残念ですが....このまま。
  もしくは払い済みに変更して
  別に掛け捨てに加入する というあたりが良いと思います。

  途中で止めると損になるように出来ているのが普通ですし、
  改めて貯蓄型の保険に入り直しても、もう、予定利率は
  低い物しか選べないわけですから、
  改めて入り直すぐらいならこのまま行くべきですし、
  保障さえあればということでしたら、掛け捨て&別の貯蓄手段という
  形が良いと思います。

Q生命保険に入りたいんですが条件が。。。

29歳会社員です。
結婚を期に月額¥5000程度の生命保険に入りたいと思い調べ始めました。
しかし、現在通院を始めて3年程度なんですが、1年以上の通院歴があると県民共済には入れず、簡保も審査次第で微妙だそうです。
↑のような条件で加入できる保険をご存知ないでしょうか?

Aベストアンサー

私が知ってる限りでは生協の共済で「医療コース」というのが月々1000円の
掛け捨てタイプのものがどんな病気で通院していても加入できたと記憶して
います。(入院や手術の予定が無ければOK)共済系は加入時に診断書不要
で手続きも簡単ですよ。(うちは子供を加入させてます)

Q「予定利率引き下げ」制度導入見送りについてご意見下さい

生命保険会社が契約者に約束した運用利回り(予定利率)を経営が破たんする
前でも引き下げられるようにする制度の導入が事実上見送られるようです。

私が知る限り、その理由は、
1.消費者としては、当然、そんなことは許されるものではない!
2.「約束を破る」と受け止められ、生保離れが加速するのではと思った
  大手生保が反対した。
3.引き下げ計画が明らかになった段階で解約が殺到し、破たんになる可能性
  があると保険会社が懸念し反対した。
4.しかし、最大手の日本生命はこれに反対しなかった。
です。

そこで、皆さんにお聞きしたいのですが、
「専門家の方へ」
反対する保険会社の単なるポーズでなければいいのですが、私が知らない部分での
それなりの根拠(自信)があるのでしょうか?
また、私は本カテゴリーの質問に関して一つ疑問があります。
例えば、「保険を見なおしたい」等の質問には多くの回答が寄せられるのですが、
結構の数の専門家の方がいるにもかかわらず全体的には回答数が少ないように思えます。
ご自身の得意分野の質問中心に的確な回答をするのは理解できますが、本質問に関しては、
専門家の皆さんは当然のことながら何らかの感想、ご意見はあるはずだと思います。
出来ましたら全員の方々からのご回答を期待致します(4の日本生命の件も含めて)。

「専門家以外の方へ」
皆さんのご意見、ご感想何でもいいですから回答頂けたら幸いです。

以上、宜しくお願い致します。

生命保険会社が契約者に約束した運用利回り(予定利率)を経営が破たんする
前でも引き下げられるようにする制度の導入が事実上見送られるようです。

私が知る限り、その理由は、
1.消費者としては、当然、そんなことは許されるものではない!
2.「約束を破る」と受け止められ、生保離れが加速するのではと思った
  大手生保が反対した。
3.引き下げ計画が明らかになった段階で解約が殺到し、破たんになる可能性
  があると保険会社が懸念し反対した。
4.しかし、最大手の日本生命はこれに反...続きを読む

Aベストアンサー

>反対する保険会社の単なるポーズでなければいいのですが、
>私が知らない部分での
>それなりの根拠(自信)があるのでしょうか?

どうでしょう・・・それこそ内部の事情なんて各会社それぞれかなぁと思いますけど。ディスクロジャーが発達しない限りこの問題は永遠のテーマですねぇ。だからこそ消費者・代理店などなど皆が声を上げていかなければ!!!
情報開示はもっと遅れてしまうんでしょうね。
{2ちゃんねる}ご存知ですか?日本生命が掲示板の削除命令しましたよねぇ。これもやり方はどうであれ消費者の声なんでしょうね。結構保険会社の上の方々ネット見てるんですね。笑

>2.「約束を破る」と受け止められ、生保離れが加速するのではと思った
  大手生保が反対した。
ここの部分が大まかな予想的中じゃないですか?今は死差益・費差益で逆ざや埋めてるんでしょうから新規契約が伸びなければ・・・破綻でしょうし・・・。
もしかしたら、ポーズで引き伸ばしてる間にどっかの外資系への売却考えてたりして・・・なんて思ってみたりしますが。(あくまでも予想です。笑)

>また、私は本カテゴリーの質問に関して一つ疑問があります。
>例えば、「保険を見なおしたい」等の質問には多くの回答が
>寄せられるのですが、結構の数の専門家の方がいるにもかか
>わらず全体的には回答数が少ないように思えます。

これは私の個人的意見ですが・・・
「本業が忙しくネットを見る暇がない!」
あくまでも善意で答えるところですよねぇ?!
義務じゃないから・・・答えたいとこだけ答えればいいんではないでしょうか??
または、
「回答の中に自分と同じ意見がある場合」
ですね。同じならわざわざ書かなくってもいいんではないんでしょうか?
 これが商売なら話は別なんですがね。(笑)
 情報を無料で提供する・・・普通ならその情報は有料でしょうし。ここはボランティアですしね。


>4.しかし、最大手の日本生命はこれに反対しなかった。です。
 
 これは、まず日本生命のやり方(営業方法)からお話しますね。笑
昔、この会社にいましたけど、やり方がえげつないんです。

 ニッセイの営業所は衛星中継のTVが置いてありまして、朝礼でそれを全国の営業職員が見るんです。
 内容は自社のことから他社のことまで・・・かなり盛り沢山の内容です。
 他社が新商品を発売すると1週間後にはその番組で内容のお勉強をします
 (かなり細かく他社分析します。保険料の計算とか自社と他社ではこんなに保険料の差がぁぁ・・・・!!なんてことも)。
 そしてこれをひっくり返す話法をじっくりと教え込みます。本当にすごいんです。他社の方がみたらびっくりするでしょうね・・・。
 一種の催眠術とでも申しましょうか・・・皆(全員じゃないけど・・・)洗脳されるようになってきちゃうんですよ!!(経験者ですから!!笑)
 最後に「他社の誹謗中傷はやめましょう!」なんてアナウンサーが言うんですけど、番組の方がよっぽどひどい中傷です!!笑
 で、20分ぐらいのTVが終わりそのあと30~1時間ほど営業部長が演説をします。内容はご想像どおり、保険を取るまで事務所に帰ってくるな!!です。笑
 しかし、不思議なもので洗脳されているので営業職員はどんな手を使ってでも契約を取らなくっちゃと思い込んでしまうんですね・・・怖いことです。
 その結果、「架空契約」「付け契約」なるものが誕生します!

 ここまで洗脳されているので、営業職員は何でもかんでも「ニッセイは一番」「ニッセイは日本一大きい」と言ってしまっているんです・・・(ちなみにその衛星中継のTVで1番と言っている)。
 それはお客様にも伝染しています。

 とまあ、えげつなさがお分かりいただいたと思うので、ではなぜ?ニッセイが反対しなかったかと言うと
 「他が破綻するのを待っている!!んでしょう!!!」
 やっぱり、職員の多さ、営業所の多さは日本生命が1番でしょうから、破綻した会社の契約者を拾ってくるのも1番じゃないんでしょうか?(言葉悪くってすみません汗)
 まあ、これもあくまでも予想ですから・・・本当にそうだったら恐ろしい話です。

なんて・・・質問とずれちゃったかな???


 最後に私は予定利率引下げについては、どちらかというと賛成かなぁ。
 破綻してしまうのとどっちがいい?って聞かれるとそっちの方がまだましと思いますね。破綻しちゃうと解約は出来ないし・・・いろいろ手続きは出来なくなるし(一定期間だけですけど契約者にとってはその期間はかなりの心的負担になると思いますから)、いいことないですから・・・
 でもでも、出来れば引き下げは無い方がいいですよ!!もちろん下げろ!!!なんて事は思ってはいないですからね!!

>反対する保険会社の単なるポーズでなければいいのですが、
>私が知らない部分での
>それなりの根拠(自信)があるのでしょうか?

どうでしょう・・・それこそ内部の事情なんて各会社それぞれかなぁと思いますけど。ディスクロジャーが発達しない限りこの問題は永遠のテーマですねぇ。だからこそ消費者・代理店などなど皆が声を上げていかなければ!!!
情報開示はもっと遅れてしまうんでしょうね。
{2ちゃんねる}ご存知ですか?日本生命が掲示板の削除命令しましたよねぇ。これもやり方はどうであれ消...続きを読む


人気Q&Aランキング