先日気が付いたら車の右前部にキズがついていました。
私は車を擦った記憶はありません。まして、運転していて左は擦ることはあっても、右は擦らないと思います。
それと、相手の車であろう白い塗装がキズとともに付着しています。
私は家から離れたところに駐車場借りています。
まだ借りたばかりで記憶がはっきりしていないのですが、右隣の車が白い車であったと思います。それ以来その車が止まっているのを(5日間くらい)なんともいえないのですが。
こういう場合、やはり隣の方に直接言うのも疑っているようで気が引けます。
しかし、それ以外は考えられない状況です。
警察に届けを出すのがいいのでしょうか?
警察の方から聞いてもらうのが一番いいのでしょうか?
もし、隣の車がキズを修復していた場合、立証することなど出来るのでしょうか?
私の車の状況から見て、相手の車もキズがついているはずです。
どなたか良い知恵をお貸しください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

僕も昔、吉野家の駐車場でぶつけられたことがあります。


幸い逃げていく車のナンバーを控えたので、警察に連絡して解決しました。
とりあえず、隣の車にキズがないか調べてみたらどうでしょうか?
もしそれらしいキズがあったら、当然持ち主と話し合うべきでしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます
昨日駐車場に行って、確認したところ見たこともない軽自動車が止まっていました
代車だったりしないだろうかとも思います。
向こうにキズを治されたらもう無理なんでしょうか?

お礼日時:2001/12/11 09:14

車が変わってるなら、怪しいですね。

ちなみに、その駐車場ってどういうところですか?契約の状況とかまわりの使用状況とかも関係してくると思いますが、一人の人が決められた場所に停めるような契約なら間違いないですね。キズは修理されても、本人との交渉次第だと思います。でも、しらばっくれられたらどうか分からないですね。。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

一人の人が決められた場所に停めるような契約です。
警察に相談するよりはやっぱり直接本人と交渉した方がいいんでしょうか?

お礼日時:2001/12/11 11:40

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアメリカ、イギリスに在住・あるいはそれに近い状況を経験した方にお聞きし

アメリカ、イギリスに在住・あるいはそれに近い状況を経験した方にお聞きしたいです。

欧米では、夜の女性の一人歩きは被害にあっても当然、という考えがあるそうなのですが、
実際のところどうなのでしょうか。

又、仮にそうだとしたら、フルタイムで仕事のある女性はどのように帰宅をしているのでしょうか。

カテゴリがここでいいのか多少心配なのですが、ご回答頂けたら嬉しいです。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

 僕の住んでいる所はアメリカですが、昼間でも、男性でも、入らない方が安全だというところは、あちこちにいくらもあります。観光バスに石を投げるなどこう言った地域では日常茶飯事です。

 またこういうことは、場所的に差があるだけでなく、時の景気によります。今はアメリカは不景気で、失業者やホームレスが増え、路上で警察署の近くで(日曜は閉まっていることを彼らは知っていましたが僕は知らなかった)、白昼、一人が見張りをしている二人組に、ガンを突きつけられ現金その他を奪われたことがあります。

 まず、公共機関に夜1人で乗って居る女性は、特殊の職業の人と見られるのが普通です。

 フルタイムでこの時間に通勤する人(身内に看護婦で夜勤もある女性がいますが)は自分の車か、同じ勤務時間の同僚と一緒に車で「危険な区域を避けて」往復するのが常識だそうです。車はいつも十分な燃料を入れておいて、見知らぬ場所でガソリンが切れないように注意しているとのことでした。

 残念ながら「欧米では、夜の女性の一人歩きは被害にあっても当然」だと思います。

 

Q隣の車のキーでドアが開きました。

 コンビニの駐車場で、ロックをして買い物に出て、車中に、母親が乗っていました。
 買い物から帰ってくると、隣に止まった車が発進していく時に、ドアロックが自然に解除され、また閉じたとのことです。
 車種はわかりません。(自分の車はトヨタです)
 自分の車も、キーはリモコンになっていますが、他車のリモコンに反応したのでしょうか。 
 販売店に聞くと、まれにあるそうで、周波数を変えても、変えた周波数の車に合うこともあるとのことで、様子をみることになりました。
 しかし、こんなことでいいのでしょうか。
どなたかよい対策がありましたら、教えてください。

Aベストアンサー

スズキのエスクードに乗っています。リモコンでドアロックを解除しても、30秒間ドアを開けないと、自動で再ロックされます。これは、もしも他のリモコンで開錠されたときに(悪意無しで)、その後の盗難を防ぐためだそうです。つまり、車内には、貴重品を置かないようにしましょう。以前、ドアロックしていたにもかかわらず、数分の間に、開錠され、車内を物色されたことがありました。

Q警察庁科学警察研究所(IPS)

最近、ドラマで木村拓哉主演の「MR. BRAIN」がやっていますが、それには科警研が出てきます。
「MR. BRAIN」の科警研はとてもハイテクな感じで、
「今の技術で、あんなピッピッてタッチ式ですぐに目の前にレーザー映像が出せるの?」
って思ったシーンもありました。
実際、科警研の中はどんな感じになっているのでしょうか?
「MR. BRAIN」みたいな感じじゃ無いですよね??

Aベストアンサー

科警研行きましたよ、部屋の前まで。
県警本部鑑識課に無犯罪証明書を申請に行ったら、同じ3階にありました。
普通の事務所と同じ構えで中も狭そうでした。
間違えた振りしてのぞいた見たら良かったかな、あはは。

Q右折待ちで後続車(左折)に右から抜かれました。

右折待ちで後続車(左折)に右から抜かれました。

ちょっと怖い思いをしました。

状況は以下の通りです。
●T字路の交差点。信号・横断歩道なし。いずれも片側1車線の広くない裏道的な道路。
●私の位置はTの字の下から来た状態で、進行方向は左折か右折。私は右折待ち。
●右方向への車線はその先の信号のため、長い車列が止まっていて、すぐには右折できない状態。
●その段階では、後続車は左折か右折か不明(ウインカーが見えなかったため)。また、左折だとわかっても、右寄りによけて左側を後続車に譲れるほど広い道路ではない。

私も「後ろ、左折だったら悪いなあ」と思いつつ、右折待ちしていました。
やっと車列が動き始め、車を発進させようとした時、後続車が右側から私の車を追い抜き、前を横切る形で左折していきました。

幸い接触はしませんでしたが、こちらは右折しようとしているところに、右側を通られたので、本当に危ないところでした。

その際に、後続車のドライバー(年配の男性)は、こちらを向いて非難するような顔をされていました。
確かに私が動かなければ、左折できなかったのは事実ですので、かなりイライラされていたとは思います。

家に帰ってからも、自分の取った行動が、どこか間違っていたのではないかと気になって仕方ありません。

私はなにか判断を誤っていたのでしょうか?

右折待ちで後続車(左折)に右から抜かれました。

ちょっと怖い思いをしました。

状況は以下の通りです。
●T字路の交差点。信号・横断歩道なし。いずれも片側1車線の広くない裏道的な道路。
●私の位置はTの字の下から来た状態で、進行方向は左折か右折。私は右折待ち。
●右方向への車線はその先の信号のため、長い車列が止まっていて、すぐには右折できない状態。
●その段階では、後続車は左折か右折か不明(ウインカーが見えなかったため)。また、左折だとわかっても、右寄りによけて左側を後続車に譲れるほ...続きを読む

Aベストアンサー

質問者様は何も間違ったことはしていません。
お気になさらずに。

でも、後続車、ものすごくおそろしい運転をしますね。
ご質問の状況だと、後続車が質問者様の車を右から追い抜くとき、後続車は対向車線を走ったわけですよね。
そのときにT字路の右のほうから車などが左折してきたら後続車と正面衝突になります。後続車はそういう可能性が考えられないのですかね?

Q本を借りるのは無料。ビデオを借りるのは有料。 なぜ?

本を借りるときは、図書館から無料で借りる。
ビデオを借りるときは、レンタルショップから有料で借りる。

これが9割以上の人にとって普通になってますよね。
法律がどうこうというよりは、なぜ、どういう背景で、そういう世の中になっているかが、わかりません。

例えば、
文学作品や伝記を読むのはタダ。
文学作品や伝記を映画化したビデオを見るのは有料。

不可解です。
なぜ、これが普通な世の中なのでしょうか。
本の貸し出しが有料になったり、ビデオの貸し出しが無料になったり、色々な場合があったほうが、かえって、不自然でないような気さえします。
説明していただける方、いらっしゃいませんか。

Aベストアンサー

個人的な意見です。

ビデオやDVDなどの映像媒体の歴史が浅いからではないでしょうか?
例えば、昔は、文化に触れるには紙媒体しかありませんでした。
また娯楽に関しても、本が最も大きいものでした。

しかし、本は一般庶民からすれば高いものでした。
また、今のように印刷技術・物流が発展していない時代では手に入れることも難しかったのではないでしょうか。

そのことから、公共の福祉や文化水準の向上を考えると、
国や地方自治体がそういった場を用意したほうがよくなります。

そのことから図書館がうまれたのではないかと。
また本については、学術的な面もありますし。
(昔は識字率の向上などの面もあったのかもしれません)

逆に映像媒体は本に比べて歴史が浅いですよね。
また、本は歴史的経緯から、価値観など商業的・娯楽的側面が低いようにおもいます。
本と映像媒体の扱いの差といってもよいかと。

それらのことから、公共の観点から映像媒体の図書館といった位置付けのものがないので、
質問者さんの意図する、有料と無料といったケースがないのではないでしょうか。

著作権の概念が希薄だった時代に図書館制度ができているという経緯も大きいかとおもいますが。

個人的には今のままの図書館制度なら廃止してしまえと思っています。
著作権者に対する報酬というか保護がないシステムですので。
この辺は近年問題になっていますけどね。

個人的な意見です。

ビデオやDVDなどの映像媒体の歴史が浅いからではないでしょうか?
例えば、昔は、文化に触れるには紙媒体しかありませんでした。
また娯楽に関しても、本が最も大きいものでした。

しかし、本は一般庶民からすれば高いものでした。
また、今のように印刷技術・物流が発展していない時代では手に入れることも難しかったのではないでしょうか。

そのことから、公共の福祉や文化水準の向上を考えると、
国や地方自治体がそういった場を用意したほうがよくなります。

そのことから...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報