Windows2000Professionalの、ファイルやフォルダのセキュリティで、Everyoneを削除しようとすると「継承可能なアクセス許可をこのオブジェクトに継承することはできません」というダイアログボックスが出ますよね。ここのチェックを外せば削除できるのですが、これの意味は何でしょうか?
 ネットワークでドメインにログオンしている端末の場合、サーバで設定したアクセス許可の権利を,今セキュリティを操作しようとしているユーザーに継承するよ、という意味ですか? あるいはAdministratorの権利を継承するよという意味ですか? 教えてください。よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

つまり、親フォルダの方でEveryoneに対してアクセス許可を設定していて、それが子フォルダ側のアクセス許可に反映されていた、っていう状況がまずあって、その状況下で子フォルダのEveryoneに対するアクセス許可を削除してしまったが為に、このメッセージが表示されたんだと思います。



つまり、「これまで親フォルダの設定をそのまま継承していたのに、この操作を行うとその継承が解除されてしまいますよ」っていう警告メッセージですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 なるほど。下位のフォルダで(部分的に)設定を変えるけどいいの? というメッセージなのですね。ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/11 10:59

ARCさんの回答でもうお分かりだと思いますが、


例えばあるフォルダをAさんにだけアクセスできるように許可を与えたとします。そうすると、そのフォルダの中のファイルはAさんしか読めませんよね。
そしてファイルが増えていくと今度はフォルダを作ってひとまとめにしますが、その都度アクセス権を設定しなくても、そのフォルダ内のものは自動的にAさんだけにアクセス権が許可されます。これがアクセス権の継承です。
ですから、親フォルダで設定したアクセス権を子フォルダではずすというのは特別な場合であり、その確認のメッセージです。

それにしても分かりづらいメッセージですよね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありがとうございます。確かにわかりにくいですね。ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/11 11:00

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング