以前ある手術で全身麻酔後、覚醒の際に不思議な体験をしました。
最初に思考も感情も生命体という概念もない状態。
次に思考も感情もないが周囲は明るく自分が生命体であるという概念がある状態。
そして次は、人間としての思考や感情が確認でき、
最後に回りの声が認識でき始めたと思ったら、
そこで目が覚めました。
周りの人からは寝言を言っていたといわれました。
ほんとは麻酔が効きすぎて死の淵をさ迷ってたのではないかとも思っています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

全麻ではなく、仮眠から覚めたばかりのvoiceです(笑)。



ご質問の現象について、ちょっと思ったことがあるので、
半分独り言みたいなことを書きます。

さて、人間の中枢神経系は、

・大脳新皮質
 →理性や知性など、人間らしさに関係するところ。
  高等生物でよく発達している。
・大脳旧皮質(大脳辺縁系)
 →本能や情動など、emotionalな部分に関係するところ。
・脳幹
 →呼吸や循環、反射など、生物としての基本的な機能を
  司るところ。

に大きく分けられます。

一方、麻酔を深くかけていくと、新皮質→旧皮質→脳幹の
順に神経系を麻痺させていきます。

#麻酔を深くかけすぎると亡くなってしまうのは、
#呼吸や心臓などの生物の基本機能を司る脳幹まで
#麻痺させてしまうからですね。

ですから、麻酔から覚醒してくる時には麻酔にかかる時の逆の
順番に、まず旧皮質が回復して(=単純な生物としての覚醒)、
次に新皮質が回復(=人間としての自我を認識)、そしてすっかり
麻酔から覚めるとはっきり意識が戻ってくる、という感じになる
のではないかと想像します。

麻酔の専門医ではないので、医学部時代の知識で想像して書いて
ますから、おもいっきりウソを書いてるかも(汗)。

#あ、あと『あなたはどんな人』の『専門家』の件。

#麻酔は専門ではないんですが、自分で全麻を経験
#したわけでもないし、かと言って一般人でもない
#ような気がするので、一応専門家ということで…。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

レスありがとうございます。
詳しい情報ありがとうございます。
貴方の、脳神経の仕組み、分かりやすく大いに納得できました。
自分がこの世の生き物ってなんとなく感じた、あの時の体験ホント不思議な感覚でした。

お礼日時:2000/12/13 04:29

こんにちは、私の場合は耳下腺腫瘍で手術を受けたんですが、顔面神経の近くだということで全身麻酔でした。



変な話ですが、麻酔に対して興味と敵対心??があり、”眠らせれるものなら眠らせてみやがれ~”と思っていたものの、カクッと逝ってしまいました(;^_^A
で、さめるときにまず効いていたときのことは覚えていないのですが、手術が終わってまだ手術のする部屋でさきほどの”寝てたまるか~”という思いが強かったのか、看護婦サンにびっくりされるほど目がさめるのが早かったです。
(まだ部屋の中だし・・・)

感想は”ちっ!やっぱり眠らされたか!”って感じでした。
そのあと部屋に運ばれていき、#1の方が書いていらっしゃるように吐き気の連続でしたので、特にそういうのはなかったですね~

それからちょっとたって病院内をうろうろしてたら案の定熱がでてきました。

ご期待に添えれませんでごめんなさい~
    • good
    • 0
この回答へのお礼

レスありがとうございます。
そうですよね、自分もカクッと逝ってしまいました。

お礼日時:2000/12/13 04:35

 寝言を言っていたのならそれは死の淵をさまよっていたのではないです。


 そもそも睡眠薬は致死量に達するほど摂取した場合、覚醒時ではなく睡眠時に通常とは違った感覚を体験します。
 ですので、ただ脳が寝ぼけていただけだと思うので心配ないです。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

レスありがとうございます。
寝言は安心印なんですね。
目覚めた時、看護婦さんは笑ってたので、恥ずかしいこと言ってたかも・・・・

お礼日時:2000/12/13 04:32

8年前に卵巣嚢腫という病気になり、全身麻酔で


手術を受けた経験があります。
そのとき、母から「麻酔がきれるまで、頭を振ったり
動かしてはダメよ!」といわれました。
それが、なぜよくないのかはわかりませんが
あまり熱く母がいうもので素直に聞き入れました。

麻酔がきれる頃、ちょうど熱がすこしあがってきていたので、
不思議な体験をするどころか熱のだるさを全身に
感じたことだけは、いまでもかすかに記憶に残っていす。

私と同じく手術を受けた同室の女性。
術後麻酔がきれかけたときに付き添いできていた
ご家族の問いかけに都度、首を振って
返事をしていたせいか、麻酔がきれて
ベットから立ち上がろうとしたら
目まいと吐き気におそわれ見てて大変そうでした。

母のいうことを聞いておいてよかったと思いましたね。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

レスありがとうございます。
いいお母さんですね。
自分の場合後遺症的な物は一切なかったんです。

お礼日時:2000/12/13 04:22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q下戸で飲酒すると回転性めまいを起こしますが(特に空腹時)全身麻酔を受けても術後に回転性めまいは起こらないでしょうか?

全く酒が呑めないのですが(たまにみりん干しや食べても顔が赤くなります。粕漬けや奈良漬は全くダメ。洋酒の強いケーキもダメ)全身麻酔で肘の腫瘍摘出手術を予定しています。(多分良性ですが骨に隣接してて痛いらしく放置も医師からはオススメできないと言われています)しかし以前、同病院で胃カメラの際のキシロカインゼリー?を口に含んだだけで顔は火照ってまっ赤になり、ぐるぐると回転性めまい(必ず左回り)が起こり、結果、麻酔無しで胃カメラを受け、検査不能になってから将来の全身麻酔が不安でした。歯医者さんや他のの局所麻酔ではめまいは起こりませんが、胃カメラは空きっ腹という事もあり、空きっ腹に酒を呑んだ時と全く同じ症状が起こりまして、全身麻酔の場合は局所と違って血管内や呼吸気管果ては全身に麻酔薬がまわると思うので、術後に二日酔い(未経験)等、回転性めまいに見舞われないか大変心配して居ります。私の場合、アルコール摂取恐怖症(塗布は大丈夫)の所があるので尚更不安に感じています。何故私だけ酒を呑むと回転性めまいが起こるのかはわかっていません。脳のCT等では以上は見られませんが、階段で自身が左に昇り詰めたり、左に回る点を目で追いかける検査では猛烈に目が回り、これらはアルコール等とは関係無しに起こりますが、日常生活ではスポーツ等も問題ありませんし、めまいは感じません。回りに下戸で全身麻酔経験者がいなくてとても不安です。お医者様は「術後は色々あるのは仕方無い」とバッサリ言われてとても不安です。どなたか麻酔(酔うという字が気になる!)と酒酔い(私は酒酔いで気持ち良くなった事がありません。眠くなるどころか、めまいで寝れなくて苦しみます)との違い、副作用を教えて頂けたら幸いです。毎日手術まで良性悪性かだけでも不安なのに、その後の全身麻酔はもっと不安で、時間が長いとどっぷり酔わされる気がしてなりません。何か回避方法はあるでしょうか?因みに事前の局所切開生検はマーカインをしようするという事になりました。至急、宜しく御願いしますm(_ _)m

全く酒が呑めないのですが(たまにみりん干しや食べても顔が赤くなります。粕漬けや奈良漬は全くダメ。洋酒の強いケーキもダメ)全身麻酔で肘の腫瘍摘出手術を予定しています。(多分良性ですが骨に隣接してて痛いらしく放置も医師からはオススメできないと言われています)しかし以前、同病院で胃カメラの際のキシロカインゼリー?を口に含んだだけで顔は火照ってまっ赤になり、ぐるぐると回転性めまい(必ず左回り)が起こり、結果、麻酔無しで胃カメラを受け、検査不能になってから将来の全身麻酔が不安でした...続きを読む

Aベストアンサー

下戸で飲酒するとめまいをおこすから、全身麻酔でめまいが起こるわけではありませんよ。
私もお酒はあまり飲めないですが、去年全身麻酔を受けて、なんともありませんでしたよ。
いつのまに手術が終わったの?って感じです。
だから、そんなに心配しないで。
全身麻酔は目が覚めるとすっきりして、気分がいいですよ。

Q体脂肪を減らすことに意味はあるのか?体脂肪で騒ぎすぎちゃうの?

そもそも体脂肪が増えるとどのような事態になるのでしょうか。僕には減らす必要ないように感じます。体脂肪を減らしたほうがいい理由を知ってる人は教えてください。

Aベストアンサー

必要以上の脂肪=肥満は、成人病の原因になります。

最近体脂肪率が問題にされているのは、体重が少なく、一見肥満に見えないのに、筋肉や骨が軽くて脂肪が多い「隠れ肥満」が増えているからでしょう。体重が少なくても脂肪が多ければ成人病の原因になるし、筋力や骨量が少ないと、転倒・骨折などが起こりやすくなります。

運動不足で極端な食事制限をするダイエットでは、こういった隠れ肥満になりやすいと思います。骨量、筋量を落とさずに脂肪を減らすには、運動が必要です。ですから、体重だけを気にするダイエットよりも、体脂肪率を考慮するほうが健全です。

ただ、家庭用の体脂肪率計はけっこういい加減で、正確な数値は計れません。数パーセントの増減に一喜一憂するのはおかしいですね。また、女性と男性では健康的な体脂肪率の範囲が異なります。

一部の人が極端に見た目を気にしてダイエットに走る行為は不健全ですが、平均的な日本人は肥満傾向の人が増大中です。そういう人にとっては健全はダイエットは健康のために不可欠です。肥満について何も考えずに生活していれば、命を縮める人が、今後増えてきそうです。

先日のTVで、アメリカでは体重200kgにもなってそのままでは命に関わるため、胃を小さくする手術を受ける人が増えているという話をやっていましたね。いまの食習慣と運動不足の状態で、日本でもあと数十年すれば、珍しい話ではなくなるでしょう。

体重や体脂肪率を気にしすぎて不健全な人もいれば、気にしなさ過ぎて不健全な人もいます。体脂肪率を気にするのが騒ぎすぎなのかどうかは、個々の事例を見なければ判断できません。

必要以上の脂肪=肥満は、成人病の原因になります。

最近体脂肪率が問題にされているのは、体重が少なく、一見肥満に見えないのに、筋肉や骨が軽くて脂肪が多い「隠れ肥満」が増えているからでしょう。体重が少なくても脂肪が多ければ成人病の原因になるし、筋力や骨量が少ないと、転倒・骨折などが起こりやすくなります。

運動不足で極端な食事制限をするダイエットでは、こういった隠れ肥満になりやすいと思います。骨量、筋量を落とさずに脂肪を減らすには、運動が必要です。ですから、体重だけを気にす...続きを読む

Q全身麻酔と腰椎麻酔

膝関節鏡の再手術をするのですが、
前回、腰椎麻酔の副作用の頭痛が長引いたので(術後一週間ほどは起き上がれない、ほぼ頭痛が抜け切るのに1ヶ月以上かかりました)、
今回は、全身麻酔を勧められました。
職場復帰等の都合上、早く回復したいので、全身麻酔にしてみましたが、いろいろ不安もあります。
1.全身麻酔と腰椎麻酔とで、「辛い」と感じる部分での違いは、どんなものでしょう?
2.手術代はどのくらい違ってきますか?
3.よく全身麻酔を「コワイ」と聞きますが、「コワイ」と言われることは実際にどのくらい怖いものでしょうか?
その他、ご経験をお聞かせいただければ助かります。

Aベストアンサー

 患者さんでギャンブル、と申しましたのは、「起きるかもしれないし、起きないかもしれない」けれど、起きる可能性が通常より多いのならそこで「今度は起きないだろう」という方に賭けるような事はしたくない、という意味合いです。
 腰椎麻酔後の頭痛については、単純に針の太さだけでなく、様々な原因が言われているようです(使用した薬の溶解液の種類や、空気の混入などでも頭痛が起こりえますし、滅菌手袋の粉や消毒薬の混入でも~この場合は2~3日後のようですが~頭痛が起こりうるとのことです)。ですから、「前回ダメだったから今回もダメ」とは単純に言えなかったりします。しかし、私が担当するのなら、今回の場合は全身麻酔をお薦めすると思います。正直、麻酔料は基本的な料金を比較してみても脊椎麻酔の8500円に対して全身麻酔は61000円です(これに更にいろいろ加算が付くことがあります)。金額的には全く違ってきます。ただ、「なるべく早く社会復帰したい」という事を重視するのなら、全身麻酔の方が確実でしょう。
 麻酔については、どのような麻酔をするかだけでなく、誰が麻酔をするのかも重要なポイントだと思います。もっとも、具体的に誰がどうなんていうことは、自分のまわりの場合ですらもあんまりアドバイスできませんので(笑)、一般的な事として、「麻酔の専門家が行う限り、おそらく安全でしょう」ということは、少なくとも言えると思います。あとは、実際麻酔をかける先生に、できれば直接(事前に)ご相談していただければ、その先生のご経験の範囲で貴女にとって最適な麻酔方法を選択してもらえるのではないかと思います(私とは異なる見解になることも、もちろんあるでしょう)。いずれ、直接相談してみる事が一番大切だと思います。 

 無事に手術が終わりますよう、お祈りいたします。

 患者さんでギャンブル、と申しましたのは、「起きるかもしれないし、起きないかもしれない」けれど、起きる可能性が通常より多いのならそこで「今度は起きないだろう」という方に賭けるような事はしたくない、という意味合いです。
 腰椎麻酔後の頭痛については、単純に針の太さだけでなく、様々な原因が言われているようです(使用した薬の溶解液の種類や、空気の混入などでも頭痛が起こりえますし、滅菌手袋の粉や消毒薬の混入でも~この場合は2~3日後のようですが~頭痛が起こりうるとのことです)。で...続きを読む

Qこの状態で献血やってもいい?

3月に東京の風俗に行き、手によるサービスのみを受けました。
心配になり3カ月後、保健所に行くと、エイズは陰性でしたが、
クラミジアIGAが陽性でした。
総合病院で精密検査をしてもらった結果、
すべての事項が陰性で、「無罪放免」という形で、
一応、3月のことについては、身の潔白が証明されました。
「クラミジアIGA陽性」って、聞くところによると、結構診断される人、いるみたいですね。

一安心しているところですが、「献血」について質問です。
献血は過去10回ほどやっているのですが、
問診表に「過去1年間に、不特定多数の異性と性的接触を持った」人は献血できないようです。

やはりこれにはしたがったほうがいいのでしょうか?
総合病院ではすべての診断の最後に、
献血をやっていいか聞いたところ、基準を満たしていればいい、ということでした。

しかし「1年間」というのは守るべきでしょうか?
嘘をつくべきところではないですよね。

みなさんの意見をお願いします。

Aベストアンサー

私は専門外なので献血の良否は献血所で聞いて下さい。
所でクラミジアが発見されて本当に良かったですね。
冷たい様ですが医師は性病に関しておおむね次ぎの様な客観論を持っている人が多いです。
1 エイズ 対応は困りましたねと表面上は悩むフリをする。 
    (内心は他の患者にうつったらこまるから
     もう来ないでね、その専門に行ってよね)
2 梅毒 これも同じ内心は評判が落ちる、もう来ないで専門に行    ってよ。
3 淋病 これは抗生物質ですぐ治るから すぐに治療してくれる。
4 クラミジア これはテトラサイクリン系であなたをなおすのは簡単
       然し あなたにうつした女性、そして貴方がかかってる
       としらずにsexしてうつした女性 これが問題なので       す。
クラミジア;男性は ちょっと痒いな~ 位の軽い症状なので医者に
なかなか行かない。然しsexのたびに他の女性にうつす。
クラミジアに感染した女性はほとんど症状が無いか 有っても 
これくらいなら医者に行かなっくてもいいか
でsexのたびに男性にうつす。
考えようによっては クラミジアを持ってる女性とsexしたオトコが
馬鹿(と言ってはおしまいか)
然し 女性には天罰が下るよ。症状が大した事ないから医者に行くのは
様子を見よう・・・・
こうやってるウチに子宮の入り口の粘膜はジワジワ破壊される
 破壊された粘膜は再生しない。
良く聞くのが、不妊症治療とか、中でも多いのが
 私流産しやすい体質なの!
 冗談言ってはいけないよ 娘時代散々遊んで 子宮内膜がツルツルだわな タネまいたって育たないわ 
と産婦人科医は言いたいけど それを言っては商売にならない。
第一 覆水盆に返らず だしな~ 相手も娘の頃の事言われたって だしな~
と友人の産婦人科医が良く言う。

未成年者のクラミジアに関して良く講演に行くが、皆さんは実際は余り聞いてないやの事。

私は専門外なので献血の良否は献血所で聞いて下さい。
所でクラミジアが発見されて本当に良かったですね。
冷たい様ですが医師は性病に関しておおむね次ぎの様な客観論を持っている人が多いです。
1 エイズ 対応は困りましたねと表面上は悩むフリをする。 
    (内心は他の患者にうつったらこまるから
     もう来ないでね、その専門に行ってよね)
2 梅毒 これも同じ内心は評判が落ちる、もう来ないで専門に行    ってよ。
3 淋病 これは抗生物質ですぐ治るから すぐに治療してくれ...続きを読む

Q全身麻酔

全身麻酔で手術を受けた後は次の日まで動いてはいけないのでしょうか?
動いたらどうなるのですか?  
全身麻酔で足の手術を受け術後六時間くらいで車椅子に乗せられトイレに行きました。気持ち悪くて吐きました。起き上がって大丈夫だったのでしょうか? 3ヶ月たった今もめまいがして調子が悪いのはそのせいでしょうか??  教えてください。

Aベストアンサー

はじめまして。全身麻酔の手術を別の病院、別の疾患でしました。
1回目は午前中に手術、術後からほとんど意識はありましたがベッドでぼ~っとしてました。トイレには歩いて行けました。
2回目の手術は夕方からで終了が午後9時だったので翌日まで眠ってました。朝普通に目が覚めて動けました。というか安静にしてると動けなくなるから出来るだけ動くように言われました。
どちらもぼ~っとする、めまい等の後遺症はありません。
経験を書かせてもらいましたが質問者さまの参考にあまりならなくてすみません。
今も通院はされているのですか?お医者さまは何とおっしゃってるのでしょうか?

Q麻酔科 ペインクリニック 湿布薬

http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=450633

で、椎間板ヘルニアについて、質問したものです。
続きの質問です。

(1)
 「麻酔科」と出している病院またはクリニックでは、必ずしも「ペインクリニック」をやっているわけではないのいのでしょうか?「麻酔科」と書いているところに行っても、神経ブロックの注射を(もちろん医師が必要と判断されればですが)してもらえるわけではないのでしょうか?

(2)
お勧め湿布薬を教えてください。
それと、湿布薬を貼る時の、「ひやっ」とした感じがどうも苦手なのですが(今はカトレップを使用)、少し暖めて貼ったら、まずいでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

現在の保険診療の状況や麻酔科に関わる認知度の関係で、麻酔科のみでの標榜は少ないかもしれませんが、内科・麻酔科・ペインクリニックだとかペインクリニックとしての開業は数多くありますね。(内科標榜が不謹慎と思う向きもあるかもしれませんが、麻酔科医は循環動態のコントロールは知らなきゃできないお仕事なので、ホームDrレベルであれば十分であろうし、外科内科とか内科皮膚科よりはモラルにかなっていると思います…脱線)
麻酔科の業務を考えた場合、外来でできるサービスはペインコントロールが主です(外科手術の麻酔業務は提携の病院まで出張してすることになるでしょう)から、開業している麻酔科医であれば、絶対とはいいませんが(出張麻酔専門開業もできるかもしれんので)まず間違いなくペインをしていることでしょう。確かにブロッキングに関しては部位の得意不得意と「効果のあるなし」への医師としての評価が違いますから好みの通りとはいかないかもしれませんね…でも知識はありますから相談は絶対に受けてくれます。

私は「ペットリ」感が嫌いなので、冷やすことが主目的でない、抗炎症の目的だったら~テープと呼ばれる類の湿布を好んで使います(モーラステープ(商品名)など)これなら最初から暖める必要もありませんし、動く箇所でも使いやすいですね。少し暖めるということですが、通常市販されたり処方されるものは問題ないと思います(揮発成分も徐放されるように工夫されているから)が、冷感も効能の1つなのでそれが嫌なら前記のような製剤を希望されることです。

現在の保険診療の状況や麻酔科に関わる認知度の関係で、麻酔科のみでの標榜は少ないかもしれませんが、内科・麻酔科・ペインクリニックだとかペインクリニックとしての開業は数多くありますね。(内科標榜が不謹慎と思う向きもあるかもしれませんが、麻酔科医は循環動態のコントロールは知らなきゃできないお仕事なので、ホームDrレベルであれば十分であろうし、外科内科とか内科皮膚科よりはモラルにかなっていると思います…脱線)
麻酔科の業務を考えた場合、外来でできるサービスはペインコントロールが主で...続きを読む

Q全身麻酔と局所麻酔の選択

来週の水曜日に下腹部(子宮)の初めての手術をします。麻酔方法について、不安に思ったので書き込みました。私の場合は全身麻酔と硬膜外カテーテル か 局所麻酔と硬膜外カテーテル のどちらかを選べます。下腹部の手術ということと、短時間(2時間位)で済むから選べるようです。私自身、あまりにも緊張するし心配性な性格で、痛みに弱いくせな上に、喉に物が入ると、例えば歯医者さんで鏡みたいな棒を入れられるだけで吐きます。それを思ったので、もう手術まで直前なため、麻酔科の先生とお話しをしたのですが、先生は全身麻酔を勧められましたが、局所麻酔(脊椎麻酔)と硬膜外カテーテルを選択しました。が、筋肉注射(肩に打つようです。手術室へ行く前に打つようです)や脊髄に打つ?らしくとても恐ろしく感じています。かといって全身麻酔だと気管内挿管があって、術後、目が覚めたらはずすというのを聞いたので、吐くのではないかと心配になります。まだはっきりと決めかねています。もし間に合うようならば全身麻酔のほうが安心なのでしょうか。どう選択したらよいのか分からなくなってしまいました。局所麻酔でも眠らせてくれるのでしょうか?どなたか至急アドバイスをよろしくお願いします

来週の水曜日に下腹部(子宮)の初めての手術をします。麻酔方法について、不安に思ったので書き込みました。私の場合は全身麻酔と硬膜外カテーテル か 局所麻酔と硬膜外カテーテル のどちらかを選べます。下腹部の手術ということと、短時間(2時間位)で済むから選べるようです。私自身、あまりにも緊張するし心配性な性格で、痛みに弱いくせな上に、喉に物が入ると、例えば歯医者さんで鏡みたいな棒を入れられるだけで吐きます。それを思ったので、もう手術まで直前なため、麻酔科の先生とお話しをしたので...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして。
初めての手術で不安に感じていらっしゃると思います。

まず硬膜外麻酔ですが、手術後の痛みのコントロールに効果があります。背中の見えないところでの処置のため多少怖いかもしれませんが、これは受けていただいたほうが良いと思います。

脊髄くも膜下麻酔は、硬膜外麻酔に続いて行います。
脊髄そのものに注射するのでは有りません。歴史としては100年ほど使われている麻酔で、おおよそ臍から下の知覚や運動をコントロールする麻酔です。手術後も下半身が動きにくくなりますが、朝から手術を受けておおよそ夕方には効果が切れて下半身も動くようになります。

硬膜外麻酔も脊髄くも膜下麻酔も、背中(質問者さまだと腰)の注射です。事前に麻酔処置の痛みをとるために痛み止めの局所麻酔を行います(歯医者の麻酔注射のようなもの)ので、処置そのものの痛みは少ないと思います。

全身麻酔の気管内挿管は、目が覚めている間には行いません。喉に入れた管も、目が覚めてから抜くという表現をしますが、

目が覚める=麻酔によって強制的に眠らされ、呼吸もコントロールされた状態→自分で息が出来る、医師・看護師の言葉を理解し、行動できる(握手できる、目が開く)事で

いま現在の起きている質問者さんの状態になるというわけではありません。なので、喉に管が出し入れされる事で[オエッ]となって辛いということは少ないと思います。

麻酔科医と相談になるとは思いますが、硬膜外麻酔+脊髄くも膜下麻酔を併用し、手術の間は(薬で)眠っていることも出来ます。

恐怖心が強い方であれば、病棟を出発する前に安定剤を飲んでいただき、少しぼーっとした状態で手術室に入って、全身麻酔だけで手術を受けるということもあります。

ご入院をされたら、手術の前の日までに、麻酔科医師や手術室看護師が面会に伺うと思いますので、再度相談されたら良いかと思います。
不安が和らぎ、できるだけ楽に手術・手術後を過ごすことが出来るようにお祈りします。

はじめまして。
初めての手術で不安に感じていらっしゃると思います。

まず硬膜外麻酔ですが、手術後の痛みのコントロールに効果があります。背中の見えないところでの処置のため多少怖いかもしれませんが、これは受けていただいたほうが良いと思います。

脊髄くも膜下麻酔は、硬膜外麻酔に続いて行います。
脊髄そのものに注射するのでは有りません。歴史としては100年ほど使われている麻酔で、おおよそ臍から下の知覚や運動をコントロールする麻酔です。手術後も下半身が動きにくくなりますが、朝から手...続きを読む

Q歯医者の麻酔で気分が悪くなります

過去に3回、歯医者の麻酔で気分が悪くなり、そのうち

1回は死ぬんじゃないかと思うくらいでした

その時の状態は、麻酔を打たれてしばらくしたら

体がしびれた感じになり、その後吐き気をもよおし

息がしにくくなり、頭に血がいかなくなる感じでした

顔が真っ青になってると言われました

(そのときは麻酔の注射の箇所が多かったように思います)

それ以来麻酔が怖くなり、歯医者も変えました

今の歯医者さんにはその旨を伝え、今の所は麻酔なしで

やってもらってます

でも、抜歯する時なんかは麻酔せざるを得ないと思います

以前、胃カメラの際の麻酔で息が思うようにできず、

そのまま意識を失ったこともあります

原因は何なのでしょう?

血圧が関係していますか?

血圧は上が90、下が50です

Aベストアンサー

歯科麻酔、胃カメラの咽頭麻酔、これらは何れも「キシロカイン(商品名)(一般名はリドカイン)」という麻酔薬であると思われます。歯科では注射、胃カメラではゼリーとスプレーで、形態が異なりますが成分は同じものです。
あなたの症状の原因として考えられるのは
(1)キシロカインアレルギー・・キシロカインに暴露されるとすぐに起こる。多くは蕁麻疹など所謂アレルギー反応。
(2)キシロカイン中毒・・キシロカインの投与量依存性に起こる。言語不明瞭、意識レベルの低下、筋攣縮、痙攣など。
(3)迷走神経反射・・強い緊張などで起こる自律神経のバランスの乱れ。動悸、血圧低下、意識レベルの低下など。
可能性が高いのは(2)か(3)、特に(2)のような気がします。
(1)や(2)の症状が一度でも出た人に、キシロカインの使用は「禁忌」です。問診の時点で「私はキシロカインで○○○○○のような症状が出たことがあるので使えません」と必ず申し出るようにしましょう。

Q全身麻酔

今度、形成手術をすることになりました。昔できた傷をキレイにする手術で、1~2時間の手術だそうです。
自分は局所麻酔のつもりだったのですが、局麻でも全麻でもいいけど、精神的にもきついだろうから全身麻酔でやりましょうと言われました。
その時は何も考えずに、先生が言うならと了解しましたが、希望は局麻です。
局所麻酔での手術は数回経験がありますが、時間もあっという間に感じ、術中ドキドキはするものの臭いや機械音で嫌な思いを…ということはありませんでした。
どちらか選べるなら局麻…と思っていますが
全身麻酔は術後どれくらい寝たまま、動けないんでしょう?排泄はどうするんでしょう?

Aベストアンサー

私は腎臓の手術で全身麻酔を経験しました。

最初、背中に太い注射をさされるのかと思っていてかなり不安でしたが、手術室につれてかれた後、口にマスクみたいなのを着けられたら、一瞬で意識を失いました。たぶん吸気麻酔だったのではないでしょうか?

全身麻酔

一瞬で意識を失う(排尿用カテーテルが挿入される)

意識が戻ってから手術室を出る

病室に戻って安静(尿はカテーテルで)

翌朝、カテーテルを抜かれる

普通に歩いてトイレに行ける

自分の場合の流れですが、こんな感じでした。全身麻酔の際の排尿はカテーテルですね、おそらく。入れられるのは麻酔で意識が失ったときです。

手術の次の日には抜かれますが、これがちょっと恥ずかしいですね。
あと、もう最近は術後はすぐに歩かされるそうです。なので、次の日には立ってトイレに行けますよ。

自分は一番つらかったのは、手術後の意識がぼーとした状態で尿カテーテルがどっかで折れていて、詰まった感じがあるのがつらかったですね。
なので、付き添いの方に曲がってたり、折れていたら、まっすぐに戻してほしいと言っておくといいかと。

後、おそらく全身麻酔だと、手術前に浣腸をすると思います。自分もしましたが、恥ずかしいですね。あれは、でも看護婦さんはなれてますので、恥ずかしがることもないかと。

とりあえず、長々書きましたが不安なら先生にしっかり聞くのが一番いいと思いますよ。あくまでも自分の例なので。
自分は今思うと全身麻酔はいい思い出ですね、一瞬で意識が飛ぶのが本当にすごいですから…

私は腎臓の手術で全身麻酔を経験しました。

最初、背中に太い注射をさされるのかと思っていてかなり不安でしたが、手術室につれてかれた後、口にマスクみたいなのを着けられたら、一瞬で意識を失いました。たぶん吸気麻酔だったのではないでしょうか?

全身麻酔

一瞬で意識を失う(排尿用カテーテルが挿入される)

意識が戻ってから手術室を出る

病室に戻って安静(尿はカテーテルで)

翌朝、カテーテルを抜かれる

普通に歩いてトイレに行ける

自分の場合の流れですが、こんな感じで...続きを読む

Q全身麻酔後の気管チューブ抜管直後の注意点

全身麻酔後の気管チューブ抜管直後に注意することとして呼吸抑制と書かれていたのですが、それはなぜですか?

テキストを見ても混乱するばかりでわかりませんでした。理由や根拠が知りたいです。どなたか分かる方がいらっしゃいましたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

diffusion anoxiaにも注意してください。
全身麻酔の基礎麻酔は笑気麻酔です。
笑気+酸素です。(大気は窒素+酸素)
麻酔中は血中に大量の笑気と酸素が溶け込んでいます。
充分に覚醒しないで抜管すると、血中の笑気が肺胞内に拡散され
笑気麻酔にかかった状態となり、呼吸抑制→脳が低酸素状態に成ります。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング