最新閲覧日:

非常にアバウトな質問ですが、ご意見お願いします。
私はしょっちゅう逆ギレするほどの、超短気ではありませんが、しょうもないことでイライラする程度には、短気です。
イライラを人にぶつけてしまい、「悪かったな」と自覚する時は、すぐに謝るし、たしなめられて反省する気持ちはあると思います。
私が悩んでいる問題は、イライラの原因が嫌いな人の場合、とことんそっけなくし、またその余波を回りにも与えてしまうことなのです。そのとばっちりを受けた私を良く知る友人達は、「あなたはそういう性格なんだからいいよ。わかりやすいね」と寛容です。しかしいつまでもその言葉に甘えていてはいけない!!と自覚しています。しかし、直そうと思っていても、そのときになると頭は真っ白になり、きちんと考えることができず、頭が冷えた頃になって毎度反省する始末です。
これって自分の性格ですか?それとも直すべき(直せる)欠点でしょうか?

A 回答 (7件)

自分で自覚され、そして直そうとしているからいいと思います。


 自分も短気です。でも気をつけるようにしています。まだ学生さんのようで
いろいろ経験していくうち丸くなっていけると思いますよ。自分も人の失敗と
か自分がうまくいかない時いらだっていましたけど今は人に対してはとても寛
大になれましたし、とても余裕をもって人と接することができるようになりま
したし。特に短気にならないように気をつけていただけでしたけどね。でもま
だ自分のことについてはとても短気ですけど。まあいい意味でそれを自分への
起爆剤としていますが。
 そんなに思いつめずその前向きな気持ちを続けていて下さい。がんばれ!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございます。
イライラした時の爆発加減が問題なんですよね。
普段温厚な態度でいる分、ピりッとした時の反動が大きいというか・・・
この間友人に指摘されました。
経験を積んだらやわらかくなれるかな?
そうなるようにがんばりまーす。ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/06 09:33

後で反省できるんなら、僕は別にいいと思います。


(僕も短気ですし)
自分から反省して人に謝れるって言うのは、誰にでもできることじゃないと僕は思います。
自分の欠点だと思って完全に直すのも大変だと思うし、性格だと思ってひらきなおるのは駄目だし。
僕はちゃんと後で謝れるんなら今のままでいいと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございます。
これからも精進したいと思います。

お礼日時:2002/01/06 09:26

短気はあなたの性格の一つでもあり、直せる欠点でもあります。


結果的には、友人に飛び火して、それを許してくれていても、
限度があると思います。
私の友人に、時間を守らない子がいましたが、いよいよ我慢しきれなくなり、
疎遠になりました。数年のつきあいでよく性格もわかっていた上でです。
今は、友人にだけ飛び火していて甘えてはいけないという自覚があるから
いいですが、仕事で例え相性の悪い人が居ても気に入らない相手だから、
話はしないとはいきません。

頭を冷やせばわかるなら、イライラし始めたら冷静になるように心がけて下さい。
周りに人に素っ気なくする前、とばっちりを与える前に、自主的に
頭を冷やそう冷静になろうとすることで、その後、態度が出てしまっても、
多少友人も、「努力しているから、長い目で見よう」と思ってくれるはずです。
あとはストレスをためやすいのかも知れませんから、ストレス発散法を
見つけてみて下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございます。
只今努力して、イライラしたらその相手からとりあえず離れるようにしています。
前は露骨に顔に出ていましたから、進歩したのかな??
今のストレス発散はビデオ鑑賞です。

お礼日時:2002/01/06 09:24

両方だと思います。



短気はrafuさんの性格だし、かつ、なおせる。
短気はある程度、ご自身でカバーできることなのではないでしょうか?

性格だからしょうがないって理屈は通らないと思いますしね。
短気のせいで他の長所がわかりにくくなることもあるかもしれないですよ、つまりrafuさん損しているかもしれないですしね。

それから。
「性格なんだからいいよ」っていう人様の言葉は暖かいです。そのおりに受け取って感謝してもよいと思います(^^) でも、ご自身で書かれている「寛容」という言葉からもわかるように、"許されている"という面があるのではないでしょうか?(rafuさんに限らず、誰もが人に許されながら生きていると考えています)

とすると、人様の寛容を感謝の気持ちで受け取るとすれば、できるかぎり直そう、という謙虚な気持ちになるのではないかなぁ???

「性格だからそのままでいい」ってふうな考えが根っこにあるとすると、ちょっと違うような気がするなぁ。
各人それぞれの「個性」は尊重されるべきですが、今回のご質問は「個性」とはレベルが違う問題ではないかなぁ。

ひょっとすると、rafuさんはご自身の短気でまだ心底悩んだことないのかもしれないですね。もし、どうしても達成したいことがあって、その達成のために短気が邪魔になったなら、rafuさんはどんなに苦しくても短気を克服しようと頑張るのではないかなぁ?

というのが私の感想でした。
(しかし、克服しようとして頑張ってもなかなかうまくいかないですけども…。でもある程度カバーはできると思いたい… ^^;)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
鋭い指摘ですね!!確かに自分の短気で、心底悩んだことがないのかもしれません。
苦い思いをしているのに改善されないのは、まだそんなに切羽詰っていないということなのでしょうか・・・心が重くなってしんどい思いをするのに、一定期間が過ぎるとケロッと忘れてしまう傾向があるので・・・これも性格?
なんだか考えると本当に長所と短所は裏表ですね。

お礼日時:2001/12/13 15:40

 短気、怒りっぽいというのは、損をすることが多々あると思います。

徳になればいいのでしょうが、相手に対しても良くない印象を与えます。
 それに、逆切れ犯罪というのも多く、怒りは犯罪を助長させます。
 昔から、釣りをする人は短気だといわれ、「殺生」すると短気になるともいわれています。
 反面、行動力があるということでしょうから、奮起しやすい面はいいのではないでしょうか。
 長所は、短所であり、短所は、長所でもあります。
 一概に決めることも無いのですが、良くも悪くもするのも自分次第ということです。
 如何でしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
確かに私って気が短いのかな・・・と思っていた行動が、
あなたって決断力があるね、と好評価されたことがあります。
やはり自分次第ですね!!良い方に努力したいと思います。

お礼日時:2001/12/13 15:30

性格だと思います。


いいじゃないですか。
そんな、のんびりした人間ばかりじゃ、世の中面白くないですよ。
ぜひ、世の中の香辛料として、今後もお持ちの性格を大事にして生きてください。
(いや、ふざけているわけでなく、まじめな回答なんですよ)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
優しい言葉に甘えることなく?自分を大事にします。

お礼日時:2001/12/13 15:23

私も短気な方ですが、このサイトで答えているときには比較的気がなくなるように気をつけています。


気の短さは、この質問をこのサイトで立ち上げたことからもわかるような気がします。
本来ならメンタルヘルスのカテゴリーでしょう。
治せるかどうかは私にはわかりませんが、試してみる価値のあることがあります。
このサイトで回答を試みることです。
回答するためには質問の短い文章から、質問者は何を求めているのかを探る必要があります。
質問文を何度も読み返し、相手の立場になって問題解決の方策を考えるようになります。
暇つぶしに回答されている方やポイントほしさにめったやたらに参考URLを探し出してきて回答するような方のまねをする必要はありません。
自分の考えをまとめて質問者にアドバイスすればよいのです。
質問者の立場から好感をもたれた回答は、結果としてポイントがつくことで評価されます。
実生活ではなかなかじっくりと考えて人と話すことができなくても、質問に応える時にはじっくりと考えざるを得ません。
自分には人に教えるものなどないと思っている方がいるかもしれませんが、専門家でなくてもアドバイスできる質問はたくさんあります。
自分の思考回路を整理しなおす意味でもしばらくの間でも『回答者』の仲間入りをされてはいかがでしょう。
なるべく自分の得意分野ではない、『思いをぶつけてくる』ような質問に挑んでみましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
人と話すということのレベルが、私はまだ低いのかもしれません。
イライラするともれなく自己嫌悪が付きまとってくるので、
いっそのこと喋らないでいようか・・・などど考えてしまう時があるのです。
少し落ち着いて、『回答者』の仲間入りをしたいと思います。

お礼日時:2001/12/13 15:18

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ