RedhatLinux7.1Jで(squid)を使って、プロクシサーバを立てようとしています。
8080ポートなどのhttpを使って、プロクシサーバをたてることができたのですが、
8021ポートを使って、内部LANから外部向けのftpサービスを用意することができません。
やはり、delegatedでプロクシサーバを立てたほうが良いのでしょうか?
(delegatedであれば、FreeBSDで実現できると、知人から聞きました。)

もし、squidで8021などのftpサービスを起動できる方法をご存知でしたら教えてください。
また、squidやdelegated以外で、もっと良いプロクシサーバがあれば教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

squidでも可能です。

ftpgetという別プロセスを立てる必要があります。
またftp passiveあたりもONにしておかないとうまく動かないかもしれません。

プロクシサーバーにこだわらなければ、NATで内部FTPサーバーへFORWARDしてしまうというのもありだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ftpgetってどうすれば入手できるか、色々とサイトを探索して見たんですが、
ちょっとわかりませんでした。やっぱ、Delegateでしょうか。
Delgateはログ解析はよくできるんだけど、squidに比べてレスポンス落ちるからな。うーん。

お礼日時:2001/12/12 00:34

squidの設定ファイルにもFTPの項目がありますよね?


そこも設定する必要あったんじゃないかなぁ

squidは使ってるけどFTPは使ってないもんなぁ^^;

当方FTPサーバーはWINだもんなぁ
ほかのサーバーはRH7.2だけど・・・
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q皮下埋め込み型ポート

皮下埋め込み型ポート

母が、週に1~2度の点滴を受けています。
高齢の母の血管は細く、何度も針を入れ直します。
先生から皮下埋め込み型ポートをするよう進められました。
27日に、手術を受ける事になりました。
手術の同意書には、怖い事が書いてありました。
致命的であったりします。と書いてあります。
点滴の際、何度も針を刺すのはかわいそうですが、
このままにしておこうかとも考えています。
この手術は、そんなに危ないものですか。

Aベストアンサー

当方の知る限り、一般的な静脈点滴用の埋め込みポートは、致命的ではありません。
しかし、責任逃れのため、非常に小さな医療行為であっても、患者の親族の同意書を取りたがる医療機関が存在すると思います。
絶対的な緊急性がないのなら、その埋め込みポートのリスクをきっちり調査されるまではペンディングでも良いのではないでしょうか。
逆に、本当に緊急性が高いものであれば、医療機関は自主判断でその医療行為を行っていると思います(親族の同意無しに)。

QRedHatLinuxのSSHサーバをアクセス制御したいです

RedHatLinuxでSSHサーバを使用する際に、アクセスの制御をしたいと思います。
rootのログインを拒否するのは、
vi /etc/ssh/sshd_config
# PermitRootLogin yes → コメントをはずして、PermitRootLogin no
にすると思うのですが、

ログインできるユーザを限定する場合は、
AllowUsersの個所を修正すると聞いたのですが、
sshd_configの中に、そうゆう個所はありませんでした。
どのようにしたら良いのでしょうか?

Aベストアンサー

>AllowUsersの個所を修正すると聞いたのですが、
>sshd_configの中に、そうゆう個所はありませんでした。
>どのようにしたら良いのでしょうか?

無かったのなら、"書き加えればいい"だけでしょう。

AllowUsers ponsuke777

みたいに。

QCVポートのカテーテル断裂について ピンチオフ 医療ミス?医療過誤?

2年ほど前に 抗ガン剤治療のため CVポートを胸元に入れました。
1回目の点滴から 落ちが悪く 起き上がると 点滴が全く落ちなくなってしまうため 点滴中は トイレ以外は寝て使用してました。
何度か使用し、その度に落ちが悪い事は 主治医にも看護士にも伝えましたが、レントゲンで確認する事もなく 気になるなら ポートの入れ替えしましょうか?と。
その時に、ピンチオフの可能性の説明があれば 入れ替えてたはずです。
当時無知だった私達は、痛い思いをしたくないのでという 本人の希望通り 落ちは悪いものの そのまま使用してました。
その後 点滴始める前の 注射器での生理食塩水?を流す際 無理に流そうとしたのか グシャっと変な音が…
その日は ポートを使用した際 痛みが出たので 腕からの点滴に切り替えました。
しばらく腕から抗ガン剤治療をしました。
何とか もっと他の治療法がないかと色々調べ セカンドオピニオンを受けたいのでと 主治医に話すと その度に 全て否定され 都会の病院に行っても どこも同じだから と中々紹介状を頂けませんでした。
半年程我慢し やはり 不信感と威圧感に耐えかね 長い話し合いの結果渋々紹介状を書いて頂ける事になりました。
その後 他の病院にお世話になる事になり 抗ガン剤治療をするには ポートの入れ替えしましょうか?と。
そこで、ピンチオフしている事が発覚しました。
その時点で5月でした。
2月にとったCTをよく見ると 断裂したカテーテルが写り込んでたそうです。
すぐ、足の付け根から 3時間かけて カテーテル除去手術をしましたが 血管にくっ付いていて 除去する事ができませんでした。
手術後落ち着いてから 前の病院に事情を話した所、全面的にミスを認め 院長から謝罪を受けました。
で、示談の話になり 提示された額は 27万円。
入院中の代金と、その間の精神的苦痛に対してだそうです。
カテーテルはそのまま残ってるのに、その後の精神的な苦痛に対してはどうなるのか質問すると、総額では30万で…キリよくした?
呆れ果てました…
病気だけでも大変なのに、カテーテルも肺静脈に残ってる状態です。
そこで、知りたいのは この額は妥当なのでしょうか?
示談書が送られてきてから、まだ返事ができずにいます。
本人はもう末期で痛みの緩和に移りました。
もし、亡くなった場合 示談金は頂けないのでしょうか?
これは、医療過誤、医療ミス どちらになりますか?
乱文で 読み辛い点が多々あると思いますが ご回答頂けると助かります。

2年ほど前に 抗ガン剤治療のため CVポートを胸元に入れました。
1回目の点滴から 落ちが悪く 起き上がると 点滴が全く落ちなくなってしまうため 点滴中は トイレ以外は寝て使用してました。
何度か使用し、その度に落ちが悪い事は 主治医にも看護士にも伝えましたが、レントゲンで確認する事もなく 気になるなら ポートの入れ替えしましょうか?と。
その時に、ピンチオフの可能性の説明があれば 入れ替えてたはずです。
当時無知だった私達は、痛い思いをしたくないのでという 本人の希望通り 落ちは悪いもの...続きを読む

Aベストアンサー

私もCVポート設置者です。
酷い話ですね。

金額が妥当かについては、社会保険なども関係するのでは?
通常は7割ですが限度額認定も受けているのでは?


>もし、亡くなった場合 示談金は頂けないのでしょうか?

関係ありません。
損害賠償請求は相続されます。
病院が認めているのであれば、国や行政の機関も
巻き込んで請求するべきです。

Qsquid is already running process ID****と出てsquid start,stop restartができない

squid is already running process ID****と出てsquid start,stop restartができないです。

configは
acl lan src 192.168.1.0/255.255.255.0 ←NW編集
http_access allow lan ←追加
しかいじっていないです。

自動設定ON(chkconfig squid on)してshutdownして
今日立ち上げたら上記エラーが出てしまいます。

どうすればsquid stop できるのでしょうか。
ご教授願います。

Aベストアンサー

その前に、squidプロセスが本当に動いているかどうかの
確認はしたのですか?
それとも、確認する知恵もないですか?

Qポートを入れるか迷っています。

来月から母の抗癌剤治療が始まるのですが、埋め込み型ポートを入れるかどうか迷っています。

抗癌剤の点滴は3~4週間に一度、期間は手術までの半年、術後は経過を見ながら数回行うそうです。
担当の先生からは、頻度もそうでもないし、年齢のわりに血管もしっかりしているしどっちでも良いよ、
ただ実際始まってみないと血管がどうなるか分からないし、ポートを入れた人はみんな良かった、楽だと言っている、と言われています。強く勧められているわけでもないので迷っています。
治療が始まって、血管の負担があまり大きいようならばその時に入れれば良いのか、とも思いますが、それからではその分身体の負担が大きいのかなとも…。
急いで決めず、セカンド・オピニオン(聞きかじりでどんなものなのかもよく知らないのですが)をお願いした方が良いのかな? とか…。
とにかく決めかねています。

明日の診察で治療の開始日とポートのことも決めなければなりません。
アドバイス、経験談などありましたらお聞かせください。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

No1です。再び失礼します。
ちょっと嫌な思いをされたんですね・・

私の病院での癌チームの方針では病状説明や治療法相談は必ずご家族と一緒に来てもらいます。癌患者さん本人はやはり自分のことだし、一番意見を言うべきだちばだけどやはり癌と言う未知のものに恐怖を抱いていたり動転していたりで自分に本当にいいのはどういうことかというのが考えられない状況のことが多いと思います。
家族の方は、動転こそすれやはりご自身よりは冷静に客観的に物事を考えられるし、そもそも一番癌患者さんをサポートするのは医師でも看護師でもなく御家族ですものね。
家族の方がいろいろと質問をしてこられて説明の時間が非常に長くなることはよくありますが、その一家にとっては一大事です。遠慮なんてすることないと思います。そうやって疑問が出てきていろいろ聞きたいのは当然だし、そうあるべきだと思うし、医師もそれに応える義務があると思います。

医師によっては、技術や知識が同じでもそういったコミュニケーション力が足りない人もいると思います。質問を面倒くさいと思う医師もいるだろうし、家族がでしゃばるなと考える医師もいるのかもしれません。面倒くさいと思っていなくても、不器用でうまく相談に乗れない医師もいるかもしれません。医師も人間ですから、質問者様にとって合う、合わないももちろんあると思いますしいろんな医師がいますから・・・

このエピソードだけで「その医師はよくないですね」なんていうつもりは全くないです。しばらく付き合って、どうしても「この先生に出会えてよかった」とは思えないと思われたら、転院・セカンドオピニオンは患者の権利です。これから長くお母様の病気と闘っていくのだと思います。どうか後悔のないように、いろいろお母様とも相談されてください。

No1です。再び失礼します。
ちょっと嫌な思いをされたんですね・・

私の病院での癌チームの方針では病状説明や治療法相談は必ずご家族と一緒に来てもらいます。癌患者さん本人はやはり自分のことだし、一番意見を言うべきだちばだけどやはり癌と言う未知のものに恐怖を抱いていたり動転していたりで自分に本当にいいのはどういうことかというのが考えられない状況のことが多いと思います。
家族の方は、動転こそすれやはりご自身よりは冷静に客観的に物事を考えられるし、そもそも一番癌患者さんをサポートす...続きを読む

QRedHat7.1 でFTP接続ができません

サーバ RedHat7.1の環境でproftpdを導入して、
xinetdのインストールとともにインストールをおこない、
両方実行させてWindows2000のクライアント(ソフトffftp)はから
みたのですが、つながりません。

windowsで接続したときには次のエラーが出ます。
---
ホスト XXX.XXX.XXX.XXX (21) に接続しています.
接続しました.

接続できません.
---
Linuxから自己接続するとこのようなエラーが出ます。
connected to XXX.XXX.XXX.XXX
421 service not available,remote server has closed connection

同じ症状がないかFAQで見てみたのですが、要領を得ませんでした。
考え付いた限りなんでもいいのでFTP接続できるようにする
方法を教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

nmapはデフォルトでは入ってなかったですね…失礼!
ポートスキャンはとりあえず置いておいて、
/etc/shutmsg は存在しますか?

もし、存在したら削除してみてください。

Qポート埋め込み手術について教えてください。

ポート埋め込み手術について教えてください。
実の母(58歳)のことで相談します。
2年前に上行結腸に腫瘍ができ6月に手術して抗がん剤治療をしていましたが、副作用がひどくなったため、去年の9月末で医師の診断の元、抗がん剤をやめていました。すると今年の2月からかなり体調が悪くなり、検査してもらうと卵巣に悪性腫瘍が見つかり、4月に全摘出しました。
高度医療可能な病院に紹介状をかいていただき、先月PET検査しました。結果、今のところ、腫瘍の影は見当たらなかったのですが、抗がん剤治療は必要とのことで、あさってにポート埋め込み手術をします。
鎖骨下にポートを埋めて2週間ごとに48時間抗がん剤点滴をする治療と、聞きましたが、まだまだ不安に感じ、直接医師からの詳しい説明がなくて・・・

費用や期間、メリット、デメリットを詳しく知りたいので、同じような治療経験のあるかた、またご存知のことがありましたら、教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず、ポート埋め込み手術とは何か、ということについて
ご参考に……
http://ganjoho.jp/public/dia_tre/attention/chemotherapy/route.html
http://www.medicon.co.jp/general/index.php?m=P04

費用については、もちろん、高額療養費制度の適用になります。
この手術自体よりも、使用する抗がん剤の料金の方が問題でしょう。

Qプロキシサーバ(squid)

こんにちは。

現在、
RedhatLinux7.2でSquidを起動しております。
とりあえず動いてはいるのですが、問題があります。
それは、キャッシュされるページとされないページがあると言う事です。
キャッシュされるページ :ページ情報の最終更新日が入っている。
キャッシュされないページ:ページ情報の最終更新日が不明である。

squidのstore.logを見てみると、キャッシュされないページは
確かに「lastmod」が'-1'になっており、
そのようなページはRELEASEされています。

例えば www.goo.ne.jp など。

これはsquidの仕様なのでしょうか?
またはsquid.confの設定でページの最終更新日が不明でも
キャッシュできるようになるのでしょうか?
それとも全く別の問題でしょうか?(最終更新日が取得できない事自体が問題とか)

いろいろ調べてみたのですが、squidのページ等でも、
このような問題は書かれておりません。(悩んでいるのは私だけ?)

どなたかご教授お願いします。
失礼します。

こんにちは。

現在、
RedhatLinux7.2でSquidを起動しております。
とりあえず動いてはいるのですが、問題があります。
それは、キャッシュされるページとされないページがあると言う事です。
キャッシュされるページ :ページ情報の最終更新日が入っている。
キャッシュされないページ:ページ情報の最終更新日が不明である。

squidのstore.logを見てみると、キャッシュされないページは
確かに「lastmod」が'-1'になっており、
そのようなページはRELEASEされています。

例えば www.goo.ne.jp ...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんわ、疑問はつきませんね。

さてご質問の件ですが、私も職場でsquidを試しに導入してみました。立ち上げる段階であちらこちら、サイトを見ている中で、Proxyをたてるとどれくらいトラフィックが低減されるかなどいうサイトが時々ありました。

「最近はヒット率を上げるために、キャッシュに入らないサイトが多くなってきていて、squidを入れても、トラフィック低減されにくくなっている」などいった記載を見た記憶があります。

Webサーバー側で何か設定をするとそのような設定になるのでしょうか?その記載があるサイトを具体的にあげられませんが。・・・・(聞きかじりの情報ですみません)

Q肝不全の点滴治療について(転院等も含めて)

父が肝硬変で昨11月に余命2週間との診断を受け、その後アルブミン製剤・モリヘパミン等の点滴治療を行い、入退院を繰り返し、早4ヶ月が過ぎようとしています。

1ヶ月ほど前に、右の麻痺と肝性脳症で緊急入院し、モリヘパミンの点滴で約10日後には、麻痺もなくなり肝性脳症も治まったため、点滴を中断したところ、2日後に右の麻痺が出て、再度点滴を行ない(1日500cc2本)、1泊外泊の許可が出て自宅に帰りました。

点滴再開後、2日でまだ完全には戻っていない状態に見受けられましたが、病院側の入院時よりはましですからとの説明で、外泊することになり、夕方連れ帰りましたが、翌日夕方あたりより右が効かなくなり、肝性脳症で意識がなくなってしまい、救急車で病院に搬送しました。

搬送後、CTと点滴をし、翌日には回復しました。このような状況で毎日点滴が必要との判断から、担当医より転院の説明がありました。3箇所ばかり紹介され見学しましたが、2箇所が精神病院、1箇所が老人病院と行ったところでした。

皆様にお伺いたいのは、今、お世話になっている急性病院にはいつまでいられるか。
また、転院で紹介された病院ではおおむねの患者さまが寝たきりで、父の様態とは違うように思われますが、このような病院しかないのでしょうか。
また、血管が細くなりIHVのポートを入れる手術をしました。この場合、通院での点滴や在宅で訪問看護などでの対応などは可能となるのでしょうか。
また、肝硬変は肝不全に進んでしまい、本人に一番よい環境で最後を過ごさせてあげたいと思いますが、どうしたら一番かわかりません。
本人は家に帰りたいと何度も話しており、それが一番だとは思うのですが、このような病状で自宅で可能でしょうか。
今現在、要介護1の認定を受けていますが、これを利用することは可能でしょうか。教えてください。
よろしくお願いします。

父が肝硬変で昨11月に余命2週間との診断を受け、その後アルブミン製剤・モリヘパミン等の点滴治療を行い、入退院を繰り返し、早4ヶ月が過ぎようとしています。

1ヶ月ほど前に、右の麻痺と肝性脳症で緊急入院し、モリヘパミンの点滴で約10日後には、麻痺もなくなり肝性脳症も治まったため、点滴を中断したところ、2日後に右の麻痺が出て、再度点滴を行ない(1日500cc2本)、1泊外泊の許可が出て自宅に帰りました。

点滴再開後、2日でまだ完全には戻っていない状態に見受けられましたが、...続きを読む

Aベストアンサー

在宅看護を専門にしている大学の教員です。

急性期病院は通常2週間から1ヶ月程度の入院をするところですので、医師の予想よりもお父様が頑張られてきた経緯があって、制度の合間にはまってしまった感じですね。
他にあるとすれば、緩和ケア病棟でしょうか。

在宅での療養と看取りも可能と思われますが、ある程度、条件があるように思います。まずは看取り等に対応できる訪問診療が可能な医師や経験のある訪問看護の事業所が近隣に存在することです。その他に、ある程度質問者の方自身が、ある程度対応できる体制をつくる必要があるかと思います。(看取る時期には仕事の融通が利くような準備はしておいたほうがよいでしょう。)
輸液などはポートから自宅でも可能ですが、それによる効果はこれからあまり期待できなくなると思います。それをどこまで行うのか、(可能なら)ご本人とご家族の意見をまとめ医療職とも相談しながら進めてゆくことになると思います。介護保険も使われると思いますのでケアマネとも相談が必要です。(要介護1ということですが、区分変更の申請でもう少し介護度が重くなり、上限が拡大されると思いますので、これも相談してみてください。)

どうしたら1番良いのかは患者さん本人にしかわかりません。自分の人生をどうしたいのかについては患者さんが先生だと学生にも教えています。(でも本人もよくわかんない!ということもあります。)少なくともご家族がご本人の意向をご存じであれば、ご本人の意思が確認できない場合にできるだけそれに沿って医療面でサポートしていくことは可能です。

残される皆さんにはとても辛いことかもしれませんが、お父様の最期の時が有意義なものになるよう祈っております。

在宅看護を専門にしている大学の教員です。

急性期病院は通常2週間から1ヶ月程度の入院をするところですので、医師の予想よりもお父様が頑張られてきた経緯があって、制度の合間にはまってしまった感じですね。
他にあるとすれば、緩和ケア病棟でしょうか。

在宅での療養と看取りも可能と思われますが、ある程度、条件があるように思います。まずは看取り等に対応できる訪問診療が可能な医師や経験のある訪問看護の事業所が近隣に存在することです。その他に、ある程度質問者の方自身が、ある程度対応でき...続きを読む

QLINUXでFTPサーバ

つい最近、似たようなことで質問させていただいたのですが,また、よろしくお願いします。
OS:turbolinux server6.1
kernel:2.2.18
で、hosts.allowには、とりあえず
ALL:ALL
としています。
inetd.confは、修正済みです。

同一ネットワーク内の端末(linux・windows2000)から
FTP xxx.xxx.xxx.xxx
とする。
Connection closed by remote host.
と表示されます。
ごくたまに,ログインできるのですが、応答が遅すぎて困ってます。
安定したftpサーバにするには、どうしたらよいでしょう。
このサーバは、www、dnsとしても動作しています。
pingは、全機ともに相互に通ります。
あと、サーバにpingとかを打っていないのに、どうもどこかと通信をしているようなんですが関係ありますか?
ログを見ると以下のようなものが表示されていました,
icmplog[235]: 128.8.10.90: udp port is unreachable [dp=53 sp=1044]
IPが違うもの(グローバル)が、ほかに数件あります。

他にも以下のようなログがでています。
192.168.1.1はサーバ自身です
icmplog[271]: 127.0.0.1: udp port is unreachable [dp=53 sp=1272]
icmplog[271]: 192.168.1.1: host is unreachable [udp: dp=53 sp=1275]

ながながと、わかりにくく申し訳ないのですが、よろしくお願いします。
補足が必要なら容赦なく、要求してください。

つい最近、似たようなことで質問させていただいたのですが,また、よろしくお願いします。
OS:turbolinux server6.1
kernel:2.2.18
で、hosts.allowには、とりあえず
ALL:ALL
としています。
inetd.confは、修正済みです。

同一ネットワーク内の端末(linux・windows2000)から
FTP xxx.xxx.xxx.xxx
とする。
Connection closed by remote host.
と表示されます。
ごくたまに,ログインできるのですが、応答が遅すぎて困ってます。
安定したftpサーバにするには、どうしたらよいでしょう。
こ...続きを読む

Aベストアンサー

FTP接続が遅いのはDNSの逆引きの設定が原因だと思います。

また、サーバー自身のunreachableは/etc/hostsファイルにlocalhostの設定がされてないのかもしれないです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報