仕事を頑張る人のおしりトラブル対策

国司はなぜ荘園に不輸租の公認を出したのでしょうか。国司にとって税が入らなくなるのはマイナスなのではないでしょうか?それとも私の知識がおかしいのでしょうか。(この辺りがあやふやなもので・・・)

あと教科書には、不輸・不入の権を獲得したという記述の後に、「荘園では、はじめ年貢だけが課税されていたが、12世紀になると、ほかに公事も課すようになった」とあります。この年貢、公事はどこから課されていたものでしょうか。

よろしくお願いします。

A 回答 (1件)

>国司にとって税が入らなくなるのはマイナスなのではないでしょうか?


10世紀辺りには、国司(受領)は「徴税請負人」の性格を強めます。ノルマさえ果たせば、後は国司の自由裁量ですね。ただし、国司は任国の荘園全てに「不輸租」を認めたわけではありません。国司(受領)と関係を築いた開発領主が、ギブアンドテイクで「不輸租」の特権を得ます。またこうした「国免荘」の「不輸租の権」は、承認した当の国司在任中のみ有効でした。したがって、より恒久的な「不輸租の権」を獲得するために、中央の貴族・寺社への寄進の動きが加速します。
一般の荘園でも、納税の条件さえ満たせば、実質的な土地支配は開発領主に任されます。こうして、開発領主は次第に国家機構からの独立性を強めていきます。

>この年貢、公事はどこから課されていたものでしょうか
荘園の場合は、荘園領主です。公領(国衙領)では、当然国司(受領)になります。ただ、当時は寄進地系荘園ですから、形式的には荘園領主ですが、実質的には現地の土地支配権と収益を保障された荘官や名主が徴税し、荘園領主(領家)に納入します。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q★「封建制度」を簡単に説明してください!

★「封建制度」を簡単に説明してください!

世界史の時間によく「封建制度」なる言葉が出てきます。

いろいろと調べてみたのですが、いまいちよくわかりません。

理解力を深めたいので、封建制度を簡単に説明できる方よろしくお願いします!

Aベストアンサー

封建制度とは「封」(封土=土地)を与えて家来を「建てる」と言って、つまりは
「土地をなかだちとしてむすばれた主従関係(しゅじゅうかんけい)にもとづく社会のしくみ。」
のことを言います。
御恩と奉公ですね。
もちろん日本・中国(周)・中世欧で指す封建制度とはそれぞれ少し意味が異なったりしますが、基本的には上記の意味です。

ちなみに対義する言葉は絶対王政や絶対君主制です。

Q大学別曹の覚え方

日本史選択の受験生です。

平安時代の弘仁・貞観文化のところで大学別曹って出てきますよね。
文章経国の流れの中で、大学での学問が重んじられてきて、教育施設と寄宿舎と図書館を兼ねて作られた教育機関のアレです。

それを設けた人とその大学別曹の組み合わせがゴチャゴチャになって覚えられません。

山川の教科書には
・和気氏の弘文院
・藤原氏の勧学院
・在原氏の奨学院
・橘氏の学館院

という四つが挙げられています。

語呂合わせでも何でもいいので良い覚え方を思いつく人いませんか?

Aベストアンサー

わけ(和気)の分からぬ英語構文(弘文)
富士(藤原)山で考(勧学)えろ
奨学金あり(在原)
学館前で立ち話(橘)

後半が微妙な感じですが、高校の時にこのように教わりました


人気Q&Aランキング

おすすめ情報