最大1万円超分の電子書籍プレゼント♪

こんばんは。
「アカウントを<ハイフ>します」という文を作成するときに
企業に複数のアカウントを<はいふ>するという意味で使用する場合、標記のどちらのハイフを使用したら正しいと思われますか?

企業も一つの個として考え、配付にするのか、それとも広く配るという意味で、配布にするのか。どちらが良いと思われますか?
宜しくお願いいたします!

A 回答 (1件)

厳密には意味が違いますので、それに合わせた使い分けをすべきでしょう。


【配布】広く一般の人々に渡す
【配付】特定の人々に一人一人渡す

ご質問の「アカウントの“はいふ”」は、意味的には「配付」のほうがふさわしいと思います。

ちなみに、法令用語としては、昭和29年11月以降に制定されたものは「配布」に統一されています。
また、新聞やテレビの報道においても、新聞協会の統一基準で「配布」を使うことになっています。

手もとの辞書では、明鏡国語辞典を除き、使い分けには触れていません。
---------------------
広辞苑(五版)
【配付】くばりわたすこと。くばりつけること。「資料を―する」
【配布】ひろくくばりわたすこと。「ちらしを―する」

大辞林(二版)
【配付】(名)銘々にくばりわたすこと。
【配布】(名)広くゆきわたるように配ること。「ビラを―する」

岩波国語辞典(六版)
【配付】《名・ス他》銘銘に配り与える(渡す)こと。「教科書の―」
【配布】《名・ス他》広く配ってゆきわたらせること。「びらを―する」「無料―」

新明解国語辞典(六版)
【配付】関係者めいめいに配って渡すこと。「必要書類を―する」
【配布】多くの人に行き渡るように配ること。「道を行く人にチラシを―する」

明鏡国語辞典
【配付】《名・他サ変》一人一人に配って渡すこと。「資料を―する」
    [表記] 法令では「配付」「配布」を区別せず「配布」を使う。
【配布】《名・他サ変》多くの人に行き渡るように配ること。「街頭でチラシを―する」
---------------------
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
私も意味的には「配付」を使用した方が良いのかと思っていました。
アドバイスいただいた、法令・メディアの統一基準を参考にして考えると、
統一された「配布」を使用した方が妥当かと思えました。
すごくすっきりしました。ありがとうございます!

お礼日時:2005/12/11 17:08

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング