最新閲覧日:

カルマ思想ってありますよね。あれはどういうものなんでしょうか?
それらの文をそれとして読んだ事がないので何ともいえませんが、はじめカルマはどの様に発生するのですか?業は業を生むといいますが、はじめどの様にしてカルマは現れたのですか?

A 回答 (1件)

釈迦(ゴータマ_シッタールタ)が始めた仏教の根本思想が因果論であり


その根本がカルマ思想なのです。
この世のすべての出来事には原因と結果があると説く因果論の
根本であるカルマ思想ではカルマ(業)には3種類あります。
身口意(しんくい)の業です。
身(しん)とは自分自身の行動が業として魂の通帳に貯金されていくと思って下さい。
口(く)の業とは自分や他人に言った言葉が業として魂の通帳に貯金されていくと思って下さい。
意(い)の業とは心の中で思ったことが業として魂の通帳に貯金されていくと思って下さい。
業が結果として貯金が引き出されるきっかけのことは
縁(えん)といいます。
縁が現世で現れるか来世で現れるかはお釈迦さまでも分からないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます!
すごく参考になります!

お礼日時:2001/12/11 11:02

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ