先日元本割れしたMMFはこのまま入れておいたら、どうなるのですか? また何ヶ月ぐらいしたら1万円以上に戻ると思いますか?

A 回答 (1件)

>先日元本割れしたMMFはこのまま入れておいたら、どうなるのですか?



委託会社は、投資家から組入れ銘柄の問い合わせが多いことに配慮し、元本割れとなった信用リスクが高い組入れ資産の売却に動いており、信用リスクは著しく低下しています。従って、更に元本割れが加速する可能性は低いと思います(可能性が決してゼロではありません)


>また何ヶ月ぐらいしたら1万円以上に戻ると思いますか?

数ヶ月で1万円以上に回復することは極めて困難だと思われます。MMF自体の利回りが0.1%弱であり、このことは1年で0.1%程度しか元本のマイナスを回復しないことを意味していると思われます。元本割れの水準を0.1%で割った期間がその年数ということになります。
(例)基準価格9980円ならば2年で回復
現時点の元本割れ水準が開示されていない場合は、推定で2~3年程度の時間が必要だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/14 18:13

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q円のMMFこのままにしておいていいでしょうか。

1ヶ月ほど前、ためていたお金を定期預金や外貨建てMMFなどいくつかに分散しました。その時に円建てのMMFも少し購入したのですが、なんだか、今となっては普通預金より利率が低くなってしまって・・・
当分使う目的はないのでいいのですが、このまま持っていてもいいのか、他のものに変えてもったほうがいいのか迷っています。アドバイスできればよろしくお願いします。

Aベストアンサー

0.03なら郵貯のほうがいいですね。
安全性を求めるなら公社債投信とかありますが利息は似たようなもんですよ。
豪州ドルが巷で流行ってますがすでに高値兼にあって利息が為替で吹っ飛ぶ可能性が大きいでしょうね。

最近、118円前後で安定している米ドルMMFなんていかがでしょう?

Q資産運用相談 元本保証で105%ごとに受け取り系

ソニー生命の変額個人年金保険では
一時払い(最初に一括で払う)
据置期間10,12,15年の3プランで
契約初期費用5%
二年目より元本の105%を超えるたびに超えた分運用成果額として受け取る
というプランがあります。

私は別に個人年金保険として入りたいわけではないので、
このような元本保証で、105%超える度に成果を受け取る形の
投資商品が他にあればそちらの利用を検討したいと思うのですが、
そのような商品ございますでしょうか?

Aベストアンサー

資産運用の常識的な目標数値というものを、勉強して下さい。

現在、元本保証では、ネット銀行の定期預金による0.5%/年がやっとです。
元本の105%を超えるということは、5%の運用益を出すことと同じ意味ですので、
10年かかることになります。
質問文のニュアンス的に、2~3年で5%増えた分を受け取るようなイメージでおられるようですが、
0.5%/年と比較すると、破格の運用益を求めていることがお分かりになると思います。

投資信託を、しっかり勉強してから積み立てれば、元本割れのリスクと引き換えに
3~4%/年の運用益を出していくことは可能だとは思いますが、
元本保証という言葉を出した時点で、0.5%/年がやっとになってしまいます。
元本1,000万円でも5万円、税金を引かれて4万円にしかなりません。
今の時代、元本保証の資産運用なんて、「やってもやらなくても同じ」と言わざるを得ません。

Q確定拠出年金の運用・元本確保型商品について

転職して入社する会社に確定拠出年金があります。現在28歳です。
色々調べましたが、運用について素人なので、リスクの高い商品を選ぶのも怖いです。
貯蓄もないため、ひとまず5年〜10年の元本確保型100%にしようと思っています。

利率が高い保険商品を選ぼうと思っていますが、どれが良いかわかりません。
ニッセイとねんきん博士だったらどちらが良いでしょうか?
以下、オススメを教えていただけると助かります。

保険
・ニッセイ利率保証年金(5年保証/日々設定)
(積立期間中0.125%)

・ニッセイ利率保証年金(10年保証/日々設定)
(積立期間中0.275%)

・第一のつみたて年金(5年)
(積立期間中0.150%、年金開始後0.500%)

・東京海上日動の年金博士5年
(保証期間5年 0.018%)

・東京海上日動の年金博士10年
(保証期間10年 0.294%)

貯金
・三菱東京UFJ 確定拠出年金専用 年定期貯金(1・3・5年)
・三井住友銀行 確定拠出年金 定期貯金(1・3・5年)

Aベストアンサー

短期、1年とかで別の商品を選択できるのでしたら、おっしゃっているように当面は1年定期とし、商品内容を一定理解した上で投資信託を選択するのがよいかと思います。
投資信託でどれを選択するのがよいかは投資のスタンスによりますので一概には言えません。ただ、信託報酬等のコストが安い商品を選択するのが基本かと思います(一般にインデックスファンドは低コストです)。バランス型のものが低コストであれば、自分の投資スタンスにあったもの、30/50/70というのは株式組み入れの比率でしょうか、比較的堅実にいきたいなら30とか、を選ぶのも一案です。ご自身で運用について学ばれることは、将来に生きてくる、意味があると思います。あわてずによい選択をしてください。

Q毎月分配型投信で元本が分配によりゼロに?

まだ初心者のものです。

毎月分配型は収益があがってないときは
個別元本を取り崩して分配が行われるというのは理解しているのですが
素朴な疑問ですが
もしこの状態が続いた場合は極端な話、
最終的に個別元本はゼロになりますよね。

その後も解約しなかったらどこから毎月の配当は出るのでしょうか?
それとも配当はもうなされなくなるのでしょうか?

教えていただけたら嬉しいです。

Aベストアンサー

毎月分配は、永遠に約束されたものではないです。「決算して収益から分配する」ということが目論見書に書いてあります。
それで、純資産額がある一定規模を下回ると、運用をやめてそのときの純資産額を口数で割って償還になります。これも、目論見書に条件があるはずです。
投資信託は慈善事業ではありませんので、そのへんは理解して下さい。

Q海外ファンド「元本保証+年率15%以上」って本当?

海外ファンド関連のサイトで、「元本保証+年率15%以上を手堅く実現!超優良ファンド投資法」という記事を見つけましたが、本当にそんな有利な商品があるのでしょうか?

Aベストアンサー

常識的に考えて、年率15%以上の利回りで元本保証ということはないでしょうね。試しに私も検索してそのサイトを見てみましたが、その後に説明のある「サブプライム後123%上昇の海外ファンド」はチューリップファンドで、これはもちろん元本保証型ではありません。

そもそも元本保証とは「元本確保型とは?」(http://www.minkaigai.com/archives/1736)の説明にある通り、資産の7割をゼロクーポン債に投資して、残りの3割を積極運用して元本を確保する仕組み。

積極投資に失敗しても、確かに元本は確保されますが、積極運用の部分が奇跡的に増えない限り、全体が年率15%で回るということはあり得ません。

よくある無登録業者の勧誘文句として割り引いて、冷静に考えてみましょう。金融庁も無登録業者には厳しい態度で臨み始めていますよ。(参考:『「無登録業者なら契約無効」の日経記事について』http://www.minkaigai.com/archives/4854)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報