ネット上で会員を募り、会員向けに旅行会社で扱う旅行券・ツアーチケットの
購入代行と旅行相談をやりたいのですが、許認可(第3種旅行業等)は
必要となるのでしょうか? 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

旅行相談だけならいりませんが、購入代行ととなると


仕入れ、販売とみなされて、摘発されています。

許可をとることをお勧めします。

最初は、相談からはじめて、顧客が集まりそうなら
事業化するのも一策です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。参考に致します。
購入代行=便利屋の仕事だけど、危険なんて知りませんでした。

お礼日時:2001/12/11 19:43

正確な知識ではないかもしれませんが、旅行相談だけでも金銭の授受があるなら、旅行業法に抵触する可能性があります。

最近、相談業務も正式な業務と認められ、約款が必要になっていますので。

できれば国内または一般旅行取扱主任の資格を取り、正式に許認可を取ったほうが良いでしょう。

以上。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

資格は、あるのですが合資会社で設立を計画していて
資金的に難しいので許認可を外した範囲で考えてましたが
やはり、何にしろ許認可がいるんですね。参考にします。

お礼日時:2001/12/11 19:46

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q事務代行業を始めるのに士業の資格が必要?

会社を退職し個人事業者を対象にした事務代行業(記帳代行)を始めたいと思っています。簿記の資格はあり過去に勤務していた会社で決算以外をこなしていましたが税理士等の資格がありません。事務代行業をはじめるには士業の資格が必要でしょうか?

Aベストアンサー

依頼先の、事業運営に伴う、社会保険申告業務、税務申告等は、社会保険労務士、税理士等の業務でありますので資格が必要ですが、記帳のみを代行することは可能です。

http://yokohamaaudit.fc2web.com/

Q葬祭業の許認可等は?

葬祭業を立ち上げようと考えていますが、何も資料がなく、税務関係届出等は少し分りますが他の許認可等は何処へどのようにして届けるべきか。また他にもどのような手続きが必要なものか、教えていただきたく宜しくお願いします。

Aベストアンサー

たしか霊柩車を運行するには運送業関係での手続きが必要だったと思います。もっとも、霊柩車の運行を外部委託する事も出来ると思いますよ。但し業界のしがらみで貸す貸さないってこともありそうですが・・・。
余り参考にならない話かもしれません。(^^;)

Q畜産業(肥育)をするには、どのような許認可が必要でしょうか?またどのよ

畜産業(肥育)をするには、どのような許認可が必要でしょうか?またどのような融資制度があるのでしょうか?宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 牛、馬、豚については免許制で、各都道府県に申請します。

家畜商法2条 この法律において「家畜」とは、牛、馬、豚、めん羊及び山羊をいい、「家畜商」とは、次条第1項の免許を受けて、家畜の売買若しくは交換又はそのあつ旋(以下「家畜の取引」と総称する。)の事業を営む者をいう。

3条 家畜商になろうとする者は、実費を勘案して政令で定める額の手数料を納めて、その住所地を管轄する都道府県知事の免許を受けなければならない。

 各都道府県で年一回講習会を開いています。以下に北海道の例をあげておきますので、各都道府県の畜産関係部署へお問合せ願います。
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ns/tss/index

 鶏については登録制です。各都道府県の養鶏協会に加入します。
養鶏振興法7条 ふ化業者は、そのすべてのふ化場(人工ふ化の方法により種卵をふ化する事業の用に供する事業場をいう。以下同じ。)が次の各号に掲げる要件に適合するときは、その住所地を管轄する都道府県知事の登録を受けることができる。

 融資については家畜、養鶏とも都道府県の貸付制度によります。

北海道
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ns/kei/keiei/kinyu/ichigen2.htm
関東農政局
http://www.maff.go.jp/kanto/keiei/keiei/shikin/index.html

 牛、馬、豚については免許制で、各都道府県に申請します。

家畜商法2条 この法律において「家畜」とは、牛、馬、豚、めん羊及び山羊をいい、「家畜商」とは、次条第1項の免許を受けて、家畜の売買若しくは交換又はそのあつ旋(以下「家畜の取引」と総称する。)の事業を営む者をいう。

3条 家畜商になろうとする者は、実費を勘案して政令で定める額の手数料を納めて、その住所地を管轄する都道府県知事の免許を受けなければならない。

 各都道府県で年一回講習会を開いています。以下に北海道の例をあげ...続きを読む

Q開業資金代行業

金融機関からの事業資金融資の面接の際に提出する、
開業計画書を代行して書いてくれる商売はあるのですか?
タウンページか何かに載ってますか?
どんな名前の商売ですか?
でも自分で開業計画書を書けない(書くのが面倒ではなく、
書けない)ならば、
面接の際に答えられないから、
どっちにしても審査に落ちますか?

Aベストアンサー

 
経営コンサルタントか、コンサルティング業務を兼ねている司法書士さんの中には、事業計画の作成代行をしている方がいらっしゃると思います。

ご自身で書けないのであれば、事業構想を口頭で伝え、まとめ直してもらうことになります。
ご自身で考えた事業構想であれば、金融機関の面接でも話せるのではないでしょうか?

ただ、代行報酬は2~3万円なんてレベルではなく、もっと高いと思いますよ(笑)。


当たり前の話ですが、借りた金は返さなければなりません。

金融機関からお金を借りて、返済にあたふたするよりは、

1)アルバイトか何かで貯めた資金で開業する。
2)親や親戚など、返済を待ってくれる人から
  少額だけ借りて開業する。

という方法もあります。

ビジネスは、
「小さく生んで、大きく育てる。」
「勉強しながら、大きく育てる。」
という考え方もあります。


小さく生むのなら、そんなにお金も必要としませんし、
事業計画も自分の言葉で、自分のノートに書けばいいだけ。

「金融機関からお金を借りる」という高いハードルを最初から設定するのではなく、自分で工面できるお金の範囲で、まずやってみる。失敗しても、その範囲内で、と決めてスタートするという方法もあります。


失礼しました、質問の答えは最初だけでしたね(笑)。

審査に落ちるかどうかは、事業の内容と、経営者の熱意、
金融機関側からみて「返済可能」に見えるかどうか、
そんなところで判断されるのではないでしょうか。



  

 
経営コンサルタントか、コンサルティング業務を兼ねている司法書士さんの中には、事業計画の作成代行をしている方がいらっしゃると思います。

ご自身で書けないのであれば、事業構想を口頭で伝え、まとめ直してもらうことになります。
ご自身で考えた事業構想であれば、金融機関の面接でも話せるのではないでしょうか?

ただ、代行報酬は2~3万円なんてレベルではなく、もっと高いと思いますよ(笑)。


当たり前の話ですが、借りた金は返さなければなりません。

金融機関からお金を借りて、...続きを読む

Q買い物の代行業

 某地域で人気の品があり、地方のお友達に代わって並んできて品物を買ったりすることがあります。私は、某地域に在住です。
 この経験から、お買い物の代行業を始めようか?と思っており、他の商品を販売する傍ら、代行業の旨もHPに記載したいと思うのですが、これは問題ないのでしょうか?
 オークション代行業などは、「古物商」の資格が要るというのは聞いたことがありますが、ただ単に入手困難な物を代行して買ってくるのは法的にも問題はないのでしょうか?
 また、一般的な定価が物にはありますが、プレミア価格というものがありますが、なかなか手に入らない物を販売する場合、定価に金額を乗せるのは言い値なのでしょうか?オークションではいろいろこういった物を見かけますが、自分のHP上でも金額を定価よりプレミアをつけて販売するのは、大丈夫なのでしょうか?(売れる・売れないは別ですが)
これは、前々から抱いていた疑問です。

Aベストアンサー

 makoron206さん こんばんは

 私やmakoron206さんの持っている物をリサイクルショップ等に売る場合は、何にも資格がなくて売る事が可能ですよね。しかし、私やmakoron206さんから買った商品にに利益をのせて売るリサイクル業者は、中古品の販売をする業者ですから「古物商」の資格が必要になります。
 ところでオークション代行業とは、例えばネット環境のない方の依頼でネットオークションで落札したり一般のネット以外のオークションで落札して来たりして、落札価格+手間賃で売っている事業です。ネットオークションだけに限定して考えると、ネットオークションに出品している商品は全てが新品ではなく、場合によったら私が使っていた物をオークションに出品している可能性が有るわけです。ですからもしかしたら中古品を落札しなければならない場合だって有るわけです。そういう意味で「古物商」の資格が必要なんです。

 ところで今回makoron206さんのしたい事業の内容が100%理解できてないのですが、もし中々手に入らない新品を見つけ出して買ってきてそれに手間賃をのせた価格で販売するなら、古物商以外の小売店が問屋から仕入れてそれに利益をのせて売るのと何ら変りありませんから、「古物商」の資格は必要有りません。ところが既に製造中止した製品を中古でも良いから見つけ出して買い物してきて欲しいとの依頼の場合は、元々が中古品ですから「古物商」の資格が必要になります。これは中古品という商品の性格から、万が一盗難品を掴まされる場合だって有るからです。そういう意味で「古物商」の資格が必要になります。

 以上よりお解りになったと思いますが、買い物を代行する商品を現行品の新品に限っての代行業なら「古物商」の資格は要りませんが、もし全ての商品(中古品も含む)と言う事になったら「古物商」の資格が必要になります。将来的にどんな買い物依頼が来るか解りませんから、「古物商」の資格を持たれた方が良いでしょう。詳しくはお近くの警察署に確認ください。

 makoron206さん こんばんは

 私やmakoron206さんの持っている物をリサイクルショップ等に売る場合は、何にも資格がなくて売る事が可能ですよね。しかし、私やmakoron206さんから買った商品にに利益をのせて売るリサイクル業者は、中古品の販売をする業者ですから「古物商」の資格が必要になります。
 ところでオークション代行業とは、例えばネット環境のない方の依頼でネットオークションで落札したり一般のネット以外のオークションで落札して来たりして、落札価格+手間賃で売っている事業です。ネッ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報