人が誠実に会話する時、そのときの言葉ってどんな言葉なんでしょうか?
誠実に会話しても哲学はなくならないと思います。
人と誠実に話するとどんな感じなんでしょう。
やっぱりその人の地とか、そのときの周りの雰囲気とかがでるんですよね?
人が誠実に生きるとき、人と人の会話はどのような言葉で交わされるんでしょうか?
実感のある言葉ってどんなことばなんでしょう。
何をいってるかわかりにくいですが、ご意見いただけるとありがたいです。
なんか、さみしい質問ですいません、。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

人の本質というものは誠実な態度をとらなくても表れるものですが、「誠実な態度」には特に、その人の良心が表れやすいかもしれません。


つまり、自分の良心に基づいて、経験や認識、直感、予想などを駆使しつつ、自分が相手の抱えている問題や疑問、あるいは相手の存在そのものをよりよい方向へと導こうとする行為ではないでしょうか。
ここで、必要となるのは豊かな経験や納得できるだけ論理的展開をする力とコミュニケーション能力、そして人望―ここでいう人望とは「どれだけ人、もしくは相手に当てにされているか」ということ―だと思います。
特に重要なのはコミニュケ力と人望でしょう。
人間の対話は言葉の交流だけではありません。スポーツや共同作業も立派な対話です。会食や飲み会などに参加することそのものさえも、人間同士の対話の一形態ではないでしょうか。
誠実な態度や実感のある言葉は、結局のところ、言語、身体、知覚などをフルに活用した人間関係の中ではじめて作られるものだと思います。
ちょっとかっこいい言葉で言えば、人間は人間の間での実践的な関係の中で形成される…のかもしれません。
誠実さについてもう少し勉強したいのでしたら、『君たちはどう生きるか』(吉野源三郎著・岩波文庫)を、人間関係については『学問のすゝめ』の第17編(人望論)を読んでみてはいかがでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

貴重なアドバイスありがとうございます!
>人の本質というものは誠実な態度をとらなくても表れるものですが、
なるほどです。それで本質がわかるというあなたは誠実な方だと思いました。
誠実にみるということ、誠実をみるということ、それでこそ本質に帰れるものと思います。
>誠実な態度や実感のある言葉は、結局のところ、言語、身体、知覚などをフルに活用した人間関係の中ではじめて作られるものだと思います。
ちょっとかっこいい言葉で言えば、人間は人間の間での実践的な関係の中で形成される…のかもしれません。
 誠実な態度や実感のある言葉は、当人が感じる事なしには、共感はないと思います。共感、これが誠実な人の会話なのではないかと、toshi-booさんのご助言を読んでいて思いました。それは、おっしゃるように、会話ももちろんですが、実践的な関係の中で、存在するものだと思います。
 ご助言参考にさせていただきました!

お礼日時:2001/12/12 11:48

この質問は哲学とは関係なさそうなので主観で答えさせてもらいます。


まず、人が誠実に会話するときと言うのはつまりはうそ偽りなく会話をするということですよね。
ふつうに考えてそんなもんないんじゃないかなんて思ってしまいます。
私は常々絶対に嘘の付かない会話なんてものをしてみたいものです。
それは安心でありかつとてつもなく怖い会話なのではないでしょうか
誠実の中には思いやりも入った正直な会話と言うことなのかもしれませんが
正直と言うことに目線を置くとそうなるのではないでしょうか。

この回答への補足

ebinamoriさん、ここに、皆さんへの報告、のようなものをしたいと思います。お許しください。
 ついこないだ実感したんですが、自分に中途半端に嘘があると、誠実な部分も中途半端に伝わってしまうようです。やっぱ気持ちは一途ですね。一途でないと、相手に到達するまでにいろんなものに化けてしまうのです。自分から出る途中でも、相手の心に達する途中でも、。多く悩み、展望をもつと、実感の回復?を導くようです。しかし、迷いあるまま発すると、まさに迷いが伝わるんですね。しかも、相手に迷いがあるともうたいへんです。迷って迷って、原形とどめているんでしょうか?っていう気持ちも起こります。だから、誠実な人の会話は、じつに、迷いがないわけです。言葉はたしかに迷いの温床です。しかし、迷いのない心、誠実な人が発する言葉は、本当に、意味をなすようです。置き換えのきかない言葉になるようです。それは、言葉だけではありませんが、まさに実感をもつ言葉のようです。それは「ある」のです。
 
 みなさんのおかげで、そのような言葉に近づけた事を感謝しています。 
この質問はもう少し開けておきたいと思います。

補足日時:2001/12/19 19:56
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます!
>かつとてつもなく怖い会話なのではないでしょうか
 何故怖いのでしょう?それは、真実の姿をあらわす事で、今まで自分が不誠実で、さらに、何の意味もないことをしていたと知るからだと思います。厳しい事を言っているようですが、実に厳しい状態に、少なくとも僕はあります。多くの人はそうです。しかし、その事実を知り、誠実に生きるのと、自分達が不誠実とわかって、不誠実のまま生きて、死ぬのと、どちらが恐ろしいかといえば、不誠実のまま生きて死ぬ事の方がずっと恐ろしいと思います。なぜなら、それは意味のないものであり、実に存在しない者として生きることを指しています。生きることに意味などないのだ、という意見は、間違いです。不誠実に生きることに意味はないのです。あなたの生は嘘だったと、言われてみれば、それほどにむなしいことはありません。でも、誠実に生きることは意味をなします。なぜなら、不誠実は嘘であり、誠実は真実であるからです。不誠実の数は数多あり、誠実はただあるからです。誠実に数はなく、ただあるからです。
>私は常々絶対に嘘の付かない会話なんてものをしてみたいものです。
僕もそうです。
しかし、私欲のまま会話する、私欲のまま相手に接する、これは誠実でもなんでもないと思います。むしろ嘘です。何故なら、私欲とは数多くあるもので、今日とあしたとでは違う者になってしまうからです。私欲を丸出しにして見せて、「これがホントの僕なんだー♪」なんて言おうものなら、恐ろしく勘違いをしています。何故なら、今日と明日とではその人は別人だからです。明日まで行かなくとも、次の瞬間には別人です。その人に「今」は存在しません。時と共に流れていないからです。むしろ時が、自分に対して流れていると思っているからです。本当には、時が去るということはないのではないでしょうか。つまり、その人は、生きていると思っても、実には生きてないのです。
誠実な人の会話で、こんな話になりましたが、誠実な人の会話が、ebinamoriさんのアドバイスを読んで、ずいぶん考えることが出来ました。ここで、やけっぱちの勇気じゃ誠実にはなれないって思いました。崖っぷちの勇気が必要でしょうか。
しかし、勇気の中にいるものは、それを自覚しにくいものだと思います。彼らにとって、それは当然の行為だからです。ためらいがないのはそのためで、それが勇気ある証拠でしょう。だから、当人にしたら、勇気なんてものはないのかもしれません。それに対し恐怖するのは僕らだけかもしれません。

お礼日時:2001/12/18 10:30

No.5の返答についてのコメントです。



哲学からは離れ主観的な意見となりますが、私のつたない人生経験上
まず自分自身が誠実な人間、あるいは誠実であろうとする人間にならないと
他人の誠実さはわかりません。

これはcaballeroさんの
 >自分が誠実でなかったら、相手の誠実などわかるわけがないと思うのです。
 >いろんな偏見や欲が付随した人間に、誠のなにが判断つくのか?という
 >ことです。
という意見にあるようにです。自分が誠実でないと人の誠実さはわかりませんし、
自分に偏見や私欲がこびりついているようでは、他人の偏見や私欲を見抜くこと
も難しいからです。

また、
 >追って得れるものと、追っても得れないものがあるとするなら、
 >誠実とは、まさに、追っても得れないものではないでしょうか?
とありますが、誠実さを100%身に付けるとは、たしかに非常に困難です。
しかし、努力次第で誠実な人間に近づくことはできます。

その過程で人に騙されて涙を流すような苦労も必要でしょう。しかし、
それを乗り越えてこそ、人は誠実さに近づくことができます。
そして苦労して誠実さを身に付けてこそ、人の誠実・不誠実・みせかけの
誠実を見抜く眼力も身につくというものです。

哲学というより人生論になってしまいました。
私が誠実な人間であろうと努力する過程で非常に参考になったのが、
前回の発言で述べた「儒教」です。
いわゆる四書(「大学」「中庸」「論語」「孟子」)は、解説本が中心
でしたが繰り返し読み、その中に非常に共感するものを覚えました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちは!cse_riさん、ご回答ありがとうございます。
やはり、謙虚な姿勢というのはすがすがしいですよね。
儒教って孔子が始祖のですね。cse_riさんが儒教に共感なさったのも、その謙虚さがあったからと思います。
>しかし、努力次第で誠実な人間に近づくことはできます。
例えば、人にだまされて、傷ついて、次に見た人には、「この人は誠実か?この人は嘘をついていないか?」と考えれ、慎重さや経験から、鍛えられていくというのが適切かどうかわかりませんが、強くなっていくと思います。
 ただ、こういう場合もあります。「この人の言っていることは、どうでもいいことか?それとも何か意味のあることをいっているのか?」実は、この意味のあることというのが、誠実に関わっているのでないのかと思います。それは、誰にとって意味があるのかとか、そっちでは意味があるけど、僕には意味はない、とかではなく、つまり、実に意味がある。もちろん誰にとってもですが、要点は、それは、誰によらずとも意味のあることです。ドコに限らず意味のあることなのではないか?と、いうことです。
>その過程で人に騙されて涙を流すような苦労も必要でしょう。しかし、
それを乗り越えてこそ、人は誠実さに近づくことができます。
 まさに、孔子の一言を、cse_riさんのおっしゃっている事に感じます。
しかし、cse_riさんも感じられているかもしれませんが、僕らは、このような過程を通るたびに、あまりに傷ついてしまいます。その道は厳しく、茨の道で、苦行というにふさわしい。しかも、詐欺師のような者は、例えそのものやりきっても、又、次の者が来ます。絶え間なく、僕らと共にいるのです。前の引用ですが、逃げて、逃げ切れることと、逃げても逃げ切れないものがあれば、不誠実というのは、逃げても逃げ切れないものなのではないでしょうか?つまり、僕らが、誠実をめざして格闘していたのは、実は、本当に、まさに、知らないうちに、逃げていたのではないでしょうか?追い立てる者は、偏見や私欲だけではありません。執着心や、憎しみ、嫉妬、ヒガミ。諸々の悪に、おいたてられ、茨の道に逃げ込み、そして傷ついてしまっているのではないでしょうか?僕にはこのような疑念が付きまとっています。
 しかし、謙虚な姿勢というのは、いつまでも味方でいてくれます。そのように傷ついても、謙虚さというのは常に励ましてくれます。今、謙虚に、自分のやられている実状を見直すこともまた、不誠実との闘争に、終始をうつきっかけになるのかもしれません。
>哲学というより人生論になってしまいました。
私が誠実な人間であろうと努力する過程で非常に参考になったのが、
前回の発言で述べた「儒教」です。
 生なくして哲学などありもしませんよね。僕も、哲学カテゴリで質問してしまいましたが、哲学が、苦悩のある人間を象徴しているように思ったので、そうさせて頂きました。僕にも、儒教にあるような謙虚さが身に付くといいですね。
ここに、ある方がGOO!に引用された言葉を、さらに引用します。笑)僕は、GOOでこれを知り、この言葉に安心し、ずいぶん励まされています。

 「 生きよ 死せよ 休息せよ、汝ら苦悩する雛鳥たちよ
   生きよ 死せよ 汝ら見捨てられし魂たちよ 」

僕らは、知っている以上に、ズッと傷ついている事を知らないのかもしれません。

ご回答たいへん参考になりました!ありがとうございます。

お礼日時:2001/12/16 19:07

私は、会話と誠実は必ずしも両立しないと考えています。


理由は、他の方のコメントにもあるかと思いますが、会話の中で
美辞麗句を述べることもできれば、ウソを話すこともあるからです。

誠実さは言葉ではなく、態度や行動に現れるのではないかと私は思います。
態度や行動の中には人との会話も含まれますが、ある人が誠実かどうかを
判断するには会話だけでは不十分で、やはり普段の態度や行動をよく観察
して判断すべきではないでしょうか。
このこと自体は、別に哲学でも何でもありませんが...

哲学というとちょっと外れるかもしれませんが、「誠」について深く追求
してきたのは、儒教ではないかと私は思います。
「論語」や「中庸」を少し読んでみてください。原書に近い本でなくても
解説本やマンガ本レベルでもOKです。あちこちで誠実さの重要性や、誠実
に生きるにはいかにすべきかが随所で懇々と説かれています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちは!アドバイスありがとうございます!
>誠実さは言葉ではなく、態度や行動に現れるのではないかと私は思います。
うーん、難しい所ですね。僕は、ドコにあらわれるとかの問題でないと思います。例えば、なにかのそぶりを見せたり、浮気をしてるフリをするとか、嘘ついてないフリをするとか、善人ぶるとか、言葉だけでなくそれは、普段の態度や行動でもおなじだと思います。ネコをかぶるとは、ほんとにそういうことじゃないでしょうか?
>ある人が誠実かどうかを判断するには会話だけでは不十分で、やはり普段の態度や行動をよく観察すべき。
 もちろんそうかもしれませんが、一期一会などそのような時間はありません。その人の普段をズッと見ていることも出来ないし、見ていた所で誠実かそうでないか、判断材料としては、その人の言葉も、態度も、行動も、同等と思います。とくに、人は、からだでも嘘をつきます。病気だって隠して、元気なフリをします。それは言葉だけではないと思うのです。自分が誠実でなかったら、相手の誠実などわかるわけがないと思うのです。
>判断すべきではないでしょうか。
 つまり、相手のことをどれだけよく見てるかとか、いうけれど、自分が誠実でなかったら、相手がどうかという判断もままならないのではないのか。だから、誤解すると思うのです。判断をつけようとしてしまう。または判断を迫られる。相手をよく見て判断する。そのような状況が、誠実には遠いのではないか?つまり、誠実さを見るとはどういうことなのか、相手のほんとの姿を見て、ほんとに会話する。その状況と、僕の今の状況は遠いと感じてしまいます。つまり、いろんな偏見や欲が付随した人間に、誠のなにが判断つくのか?ということです。これは、哲学的にも、かなりきびしめの考えです。僕自身、「お前に何がわかるのか?」と、言われているようです。「あーそーだね、僕にはわからんよ」って感じです。しかし、もっともな考えと思います。cse riさんや、多くの回答者との会話ができることをありがたく思っています。
 つまり、多くの哲学者がわかろうと頭を悩ましてきましたが、人である部分に、わかることなど何一つとしてないということです。わかったと思っても、所詮それは、「借り物の言葉」に過ぎないのです。
 
 追って得れるものと、追っても得れないものがあるとするなら、誠実とは、まさに、追っても得れないものではないでしょうか?人の求めるべきものは、追っても得れないものではないでしょうか?誠実な会話から少し外れてしまいましたが、cse riさんのご意見、たいへん参考にさせて頂きました。ありがとうございます。

お礼日時:2001/12/15 18:08

さみしすぎるんだよ!(笑)



哲学というのは正に誠実とイコールなものなのだ。
つまり真の誠実さは孤独な自分に向けて問うべきものでしょう。

人との会話でウソが混じるのは仕方ありません。
会話であまりマジな話する機会は少ないし、たいていはその場の雰囲気を楽しくする言葉を探します。

孤独な時間を大切にしてる人は、言葉でなくても体から醸す誠実さが周りに伝わるのではないかな。(オレは半端者だけどね)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます!
>孤独な時間を大切にしてる人は、言葉でなくても体から醸す誠実さが周りに伝わるのではないかな。
「楽しくないの?」「別に、。楽しいよ。」ってなった時に、うわ~、楽しくなさそー。というのはよくわかります。楽しくなさそーに見えるんだったら、なぜそれをその人に聞くのでしょうね。君がたのしくなさそーに見えたんだったらその時はそうなのよ、!それでも「楽しいよ。」っていうくだらなさ、「楽しくないの?」といってくれるやさしさ。でも、「他のところいこっか?」ってならないんですよね。みんながいるから、。その束縛感、さびしさ感、。人のこと考えなさいよって、結局、自分の事だろ?って思います。(この考えは自分勝手な者を支持しているわけではありません。)
 人の内面からあふれるものに対して、なんか見てみぬフリ的な、隠れてこそこそ的な姿勢を感じたりします。結局、家族や友達や、みんなに支えられているというのは、じつは全然支えられてないって事です。人間不信って言う事ではないですが、そこに、社会的な機構に自分を見出すということのむなしさを感じます。自然にしてもおなじです。人間は自然の一部なんだよって、だから?っていうことです。僕の問題じゃないじゃないか。話は飛躍しまくってますが、圧していくと、支えるとかいう問題がなくなる。自分をおしていくと、すべてになってしまうんです。自分がすべてってことじゃないです。ここら辺で自分勝手だ!という印象を感じられたり、。宗教だ!って誤解されたり、。言ってみたいことはこうです。薄っぺらい気持ちでなく、ほんとの内面は外面よりも広い外部(すべて)です。それほど巨大で広いものが、人間個人の中に存在するということです。しかも、それが本来的な世界であるということです。つまり、さらに飛躍して、「生きて行こう!」っていうのは、本来的には、「おいおい、ドコに行くねん!?」ってことです。本来的には、もう行ってるんです。
   
  いつでもどこでも僕のいる場所が世界の果てってことで、始まるのは果てからしか考えられんって、思うんです。そこから始まった世界でしかホントのみんなと逢えません。こんなこと言われたらどう思いますか?哲学的に言うと、世界の果てに世界言語、普遍言語、誠実な人の会話、がみえる。(形はなんでもいいんです。)
 なんか、ぶちぶちお礼欄で言ってしまって申し訳ないです。お許しください。(人と話する形で考えるようになったみたいです 笑)また、お気が向けば、なんどでもこの質問に回答していただけるとうれしいです。ご回答参考になりました!

お礼日時:2001/12/14 01:47

誠実でいようとすると、わたしは以下のことばが増えます。


「わからない」「わたしは・・・だと思う」
「・・・は苦手だ」「・・・はできない、やりたくない」「・・・は大好きだ」。
言葉と気持ちが一致していれば、相手にしっかり視線を向けた話し方になり、
表情や身振りと言葉が一体となった感じの会話になると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>言葉と気持ちが一致していれば、
これですよね!。言葉と気持ちが一致する。気持ちが言葉となって出てくるって事です。人によって、受け取る側によって、言葉の感じ方は違うというけれど、その言葉が誠実な気持ちから(思い込みやゴカイ、偏見、自己主張ではない)出てる、精一杯の言葉なら、、。って思いたい、。
 誠実な気持ちが現れる、それは傷ついていればその傷を映し出すが、輝いていれば、輝くようなものを放つ場合もあります。しかし、数え切れない気持ちの数だけ出てくるのではないでしょうか?
 僕は、誠実な気持ちというのは、「僕は・・・だ」的なものでないのだと思います。「・・・だ」という形のほうが、誠実を表しているような気がします。(もちろん言葉として現れることは一例にすぎませんが)それは、主観であり客観であり、そのため途中で転んだりしないのだと。
 そこに現れる言葉の不思議を感じたいと思います。
mimosa2001さんのご回答、考えることが出来ました。ありがとうございます。

お礼日時:2001/12/14 00:54

哲学との関係のお話なんでしょうか?そしたら場違いかもしれませんが…


私は、相手が誠実な人であれば真摯に対応します。自分が真摯に対応して欲しい時はごまかしたりちゃかしたりせず、真剣に自分の考えを述べます。その際に誠実な対応が返ってこない場合は、その人が自分または状況を軽んじているか、深刻な状況に巻き込まれたくないと判断するので、そういう人には深刻な会話はしません。親身になってくれる人との間にのみ、誠実な会話というのは存在すると思います。そして親身になってくれる人は、一度ないし何度か自分の状況を話してみて、判断します。
もし見当違いな回答だったらすいません…
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくのご回答、感謝です!
そうですよね。相手と自分と、両方誠実じゃないと伝わりません。
>哲学との関係のお話なんでしょうか?
いちおう、そうなのですが、。うそつきな言葉とそうでない言葉、あると思うんです。言葉の全部がうそつきだったら、誠実な人は話できないじゃないですか。
>私は、相手が誠実な人であれば真摯に対応します。
いいかたですね。誠実な方にしてみれば、相手が誠実かそうでないかはわかるんだと思います。もちろん、相手の全部がまるごとわかる人なんてすごいですけど、。
ご意見参考になりました!

お礼日時:2001/12/11 12:58

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Aベストアンサー

まだ高校生で実家に住んでいて、近くにいいジムがないのでしたら
その選択がベストだと思いますよ。

いい体格ですね。あと体重を10キロ~20キロ増やせばヘビー級に
逆に10キロちょっと減量すれば70キロ級に出れますよ。

身長はもう少し伸びると思います。俺は高校の時に177センチだったけど
毎日牛乳を500ミリリットル~1リットル飲んで、朝晩、背伸ばし(普通の背伸びと同じ)と
足伸ばし(力を抜いた、リラックスしたスクワットみたいなもの)を
ゆっくり50回~100回くらいやってたら、20歳の時には183センチになってました。
20歳前後はまだまだ身長が伸びますよ。ヘビー級でやりたいんだったら180以上は必要です。

あと、もしボクシングジムが近くにあったら一度見てみるといいですよ。

K-1で勝つ鍵はボクシングです。
魔裂斗もバタ・ハリもボクシングができるから勝っている。
魔裂斗はボクシングのトレーナーから専門的に習っています。

その魔裂斗でさえ、ボクシングの現役ランカーとボクシングをやったら
勝てないでしょう。

K-1の70キロ級JAPANの大会で、30代の元ボクサー前田宏行(角海老宝石ジム)が
準優勝者のTATSUJIやHAYATOをあっという間にダウンさせましたが
ボクシングはそれ程奥が深い競技です。
ディフェンス、カウンターも優れている。キックの選手の知らない技術がたくさんある。

ボクシングのことはいつも意識していたほうがいいですよ。
本当にできればだけど、ボクシングを最初に習ったほうがいいとさえ言えます。

まだ高校生で実家に住んでいて、近くにいいジムがないのでしたら
その選択がベストだと思いますよ。

いい体格ですね。あと体重を10キロ~20キロ増やせばヘビー級に
逆に10キロちょっと減量すれば70キロ級に出れますよ。

身長はもう少し伸びると思います。俺は高校の時に177センチだったけど
毎日牛乳を500ミリリットル~1リットル飲んで、朝晩、背伸ばし(普通の背伸びと同じ)と
足伸ばし(力を抜いた、リラックスしたスクワットみたいなもの)を
ゆっくり50回~100回くらいやってた...続きを読む

Q人の見た目を馬鹿にする人って、何で人を馬鹿にするんでしょうか 余程自信があるんでしょうか? 自信がな

人の見た目を馬鹿にする人って、何で人を馬鹿にするんでしょうか

余程自信があるんでしょうか?
自信がないからでしょうか?

または別の理由ですか?

別の理由で考えると、馬鹿にされていそうな人が多いです
例外もありますが言われてる人のほうが実際見た目に関しては努力してそうです。
悪いか良いかはともかく一定のこだわりを感じます

Aベストアンサー

怖さからだと思います。
老いや傷病によって人は醜くなります。先天的にも後天的にも、どうしようもないことというのがあり、そのどうしようもない事であるにもかかわらず、それが原因で嫌われる事を潜在的に恐怖しているのです。
そうして対象を笑う事で、恐怖の対象を乗り越えようとするわけですが、方法が間違っているのでその願いは叶いません。
避けがたい苦しみがあると知って、どうそれに向かい合うのか、ここら辺が人間として真っ当になれるか、卑しくなるかの分水嶺がある気がします。

Q年末調整〜専業主婦の場合 ※夫の会社に出す書類 契約者(妻)、受取人(妻)の個人年金保険があります。

年末調整〜専業主婦の場合
※夫の会社に出す書類
契約者(妻)、受取人(妻)の個人年金保険があります。受取人の続柄の項目は妻なので本人とするのですか?
それとも夫から見た続柄として妻とするのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。

申告者が夫なのですから、「(申告者)本人」とは夫を意味することになります。ですから、「保険金等の受取人」の「あなたとの続柄」の欄には「妻」と書いて下さい。

ところで「契約者名義が妻であれば、控除の対象にはならない」という回答がありますが、誤りです。無視して下さい。「保険金等の受取人」が申告者の妻なのだから、申告者(夫)は生命保険料控除を受けることが
できますよ。v(^^;

その、誤った回答に「Good」を投票する人がいるのは
困ったものですね。(- -;)

Q身分が高いと思われる人と会話するときよく自己卑下

する方を見かけますがなぜなんですかね。

Aベストアンサー

13番です。ご返信ありがとうございます。


おお。大統領と天皇陛下ですか。


13番の回答を少し訂正させてください。

×相手はたかが人間ですし、
○相手はたかが人間されど人間ですし、
×自分もされど人間ですし。
○自分もたかが人間されど人間ですし。



いつも、ひとに、
敬意を、払っているなら、
(ひとと、ひとが、敬意を払い合っているなら)

わざわざ卑下などしないと思うのですが。



ひとは、人間が造ったものではなく
自然なので、

こうしたらああなる、
というわけでもないですし。



                      

Q熊VS人 について

もうすぐK1グランプリ決勝戦が開幕しますが、興味本位の質問です。
仮に、人間が熊と戦う場合、勝てる可能性はどのくらいですか?
勝てる場合、負ける場合、どういう風になるかも教えて下さい!

Aベストアンサー

こんにちは。ほぼ100%無理でしょう。
熊はああ見えても以外と敏捷な動物です。
しかも丈夫な身体ですから、至上最強の大横綱のぶちかましでもヘビー級チャンブの必殺パンチでもびくともしません。
人間の手や足やキバ?では熊の皮一枚やぶく事ができません。
武器という道具があってナンボの代物です。
もちろん弱点はありますが、例えば空手の人が抜き手を熊の目に命中させて潰す事に成功したとしましょう。
でも熊の目が潰れても間違えなく接近してる間にその空手家は熊に食い殺されるでしょうね。
熊は目が潰れても生きていますから圧勝ですね。
あとよく眉間という事をいう人がいますが、熊の眉間、つまり頭蓋骨ですが、角度によってはライフル弾さえ弾く程頑丈ですよ。
そこをぶん殴った位で熊がたじろぐかな?
人間のパンチじゃひびをいれるのも無理でしょう。

Q人が真に、いきいきする時とはどんな状態をいうのでしょうか。

人が真に、いきいきする時とはどんな状態をいうのでしょうか。
人が真に、感謝する時とはどんな状態をいうのでしょうか。
また、その状態になるために何をすべきでしょうか。

Aベストアンサー

人の欲求は、食欲や性欲など、多岐に分かれていますが、
その根源(トータルなバランスの中心)は、生きる事です。
それが、多様な環境に適応する上で、現象的に細分化して
いるだけであり、その総合としての認識において、そうした
衝動の充足の上に(あるいは苦痛の上に)、自己の根源的
生衝動の発露を見出す時、自己存在の本質に根差した、
精神的充足が得られるでしょう。

1.自己の生の社会生命性の自覚化による他我(愛)。
2.人生を通算した精神的充足量の最大化の意志(認識深さ×
意志の強さ×達成度×その感受性×人生通算の最大充足目的の把握)

Qイラストの塗りで質問があります。黒やグレーなどで影をつける→それを生かしたまま彩色、の過程でどうやっ

イラストの塗りで質問があります。黒やグレーなどで影をつける→それを生かしたまま彩色、の過程でどうやってグレーを他の色に変換しているのかが分かりません…

Aベストアンサー

はじめまして。

おそらくですが、グリザイユ技法のことでしょうか。
「グリザイユ技法」で検索してやり方を調べてみると色々出てきますし、一番いいかもしれません。

せめてアナログかデジタルかぐらいは提示が無いとお答えが難しいです。
一応デジタルですと、レイヤーで上からオーバーレイ等で色をのせるのが一般的と思います。

参考になれば幸いです。
がんばってください。

Q《人の色》と言い《人それぞれの色》と言うのなら 《言葉そのものに色は むしろ無い》。

ひとには その考えや振る舞いに独自のクセ(エートス)があり その意味で
あたかもみづからの《顔》に《色》が付いて回っている。

とするならば その《人の色》は 《人それぞれの色》ということであり
《人によって 色は違う》ことになる。

人が思惟や行動につける《色》は 一般にその言動の道具としての《言葉》に
つけられる。と考えられる。

と言うのであれば 人がそれを用いるときにおのれの色をつけるという《言葉》
には むしろもともと色は無い。

色の無い言葉に 人がそれぞれのクセとして色をつける。

――という一つのまとめが得られるはずだ。





《ことば》は 包丁や野球のバットと同じようにその使いようによって 凶器
に成り得るが 初めから《剣》であったり《武器》であったりするのではない。
むしろ 無色の状態において持たれ 大いに――人それぞれにおいて色づけさ
れつつ――用いられて行く。

ということではないか。




展開をこの趣旨説明では広げないが 言葉について言葉は諸刃の剣だというの
は 精確ではない。ということ。

そして それが人を斬りつけると見られそう言われている《言動におけるクセ
としての人の色》は だったら 互いに自由にその思想の中身を取り上げ 万
機公論に決すべしというほどに批判しあって行けばよい。

そのつとめは 哲学よりほかにない。はずでは? ほかの分野では ゆるキャ
ラであってよい。

したがって 言葉を 凶器だと言いあたかも魔女狩りの対象とするのは じん
るいの痴呆化を策略するアクマであり 権力の犬である。いかに?

ひとには その考えや振る舞いに独自のクセ(エートス)があり その意味で
あたかもみづからの《顔》に《色》が付いて回っている。

とするならば その《人の色》は 《人それぞれの色》ということであり
《人によって 色は違う》ことになる。

人が思惟や行動につける《色》は 一般にその言動の道具としての《言葉》に
つけられる。と考えられる。

と言うのであれば 人がそれを用いるときにおのれの色をつけるという《言葉》
には むしろもともと色は無い。

色の無い言葉に 人がそれぞれの...続きを読む

Aベストアンサー

「色の無い言葉に 人がそれぞれのクセとして色をつける」
→そうだと思います。
つまり、言葉は人間の便利で優れたツールであるが、それにも増して人間そのものがコミュニケーションの原点でしょう。

Q絵のことでご相談があります。 デジタルイラストに関して詳しい人にご相談したいです。 私は、絵を描く趣

絵のことでご相談があります。
デジタルイラストに関して詳しい人にご相談したいです。

私は、絵を描く趣味がありますが、本当に自分は絵を描くことが好きなのか分からなくなりました。

自分のスキルが中途半端です。
最近はデジタルイラストが流行っており、自分もクリップスタジオを使ってイラストを描いてみようと思いましたが、何故だか、最初の段階でつまづいて、クリップスタジオを触ろうという気になりません。

ですが、イラストを好きな人は、クリップスタジオやデジタルソフトを使った物凄いクォリティの作品を作っています。
pixivなどに自分のイラストを載せてみたいとも思いましたが、今の自分では載せても正直見向きもされないのではないかと思います。

本当にイラストが好きならデジタルイラストが触れて当たり前なんだと思いますが、デジタルイラストは、どうやったら上手くなれるのか正直本を見ただけではわかりません。

別に触れなくてもいいじゃないか、と開き直って見ましたが、何だか何処かで納得できていない自分がいます。

クリップスタジオが触れる方はどうやって色の塗り方やブラシの使い方を学んだのでしょうか?

ご回答をよろしくお願いいたします。

絵のことでご相談があります。
デジタルイラストに関して詳しい人にご相談したいです。

私は、絵を描く趣味がありますが、本当に自分は絵を描くことが好きなのか分からなくなりました。

自分のスキルが中途半端です。
最近はデジタルイラストが流行っており、自分もクリップスタジオを使ってイラストを描いてみようと思いましたが、何故だか、最初の段階でつまづいて、クリップスタジオを触ろうという気になりません。

ですが、イラストを好きな人は、クリップスタジオやデジタルソフトを使った物凄いクォリテ...続きを読む

Aベストアンサー

ちょっと先に他の回答を見させていただいたんですが、No.2の方は随分と割り切った考え方のようですね。まあ、それも有りではあります。私もデジタルイラストを描きますが、全部手書きではなく、ある程度はコピペなどデジタルの力に頼ります。ただ、絵の描き方は人それぞれだと思うので、私なりの回答をさせていただきます。

>本当にイラストが好きならデジタルイラストが触れて当たり前なんだと思いますが
いや、昔の漫画家さんを代表として、デジタルが使えないイラスト好きなんてたくさんいると思いますが。

>デジタルイラストは、どうやったら上手くなれるのか正直本を見ただけではわかりません。
私の画力は中級者くらいですが、私も本を読んだだけでは役立ちませんでした。まあ、画力が少し上がってきつつもスランプになった時に、基本に戻って勉強してみるかと思うと、ほんの少しだけ役立ちましたが。

>クリップスタジオが触れる方はどうやって色の塗り方やブラシの使い方を学んだのでしょうか?
私の場合、色の塗り方はとにかく手探りです。No.2の方が言う遠回りな方法ですが、百枚以上の絵を描き続けて、上手な人を参考にして、手探りで練習を続けてきました。それで中級者です。
ブラシはあまりいじりません。これは私の経験談ですが、例えばブラシの太さが少し変わっても、そんなに絵の印象は変わりません。少なくとも私の下手な絵では変わりませんでした。なので、まずはブラシよりも普通に画力を鍛えることにしました。

>pixivなどに自分のイラストを載せてみたいとも思いましたが、今の自分では載せても正直見向きもされないのではないかと思います。
とりあえず無謀にチャレンジするのも有りです。私も最初はブックマーク数が一桁(0のことも多かったです)が長く続きましたが、それでもブックマークがつくと嬉しく、さらなるチャレンジを続け、今ではそれなりの数がつくようになりましたし。

ちょっと先に他の回答を見させていただいたんですが、No.2の方は随分と割り切った考え方のようですね。まあ、それも有りではあります。私もデジタルイラストを描きますが、全部手書きではなく、ある程度はコピペなどデジタルの力に頼ります。ただ、絵の描き方は人それぞれだと思うので、私なりの回答をさせていただきます。

>本当にイラストが好きならデジタルイラストが触れて当たり前なんだと思いますが
いや、昔の漫画家さんを代表として、デジタルが使えないイラスト好きなんてたくさんいると思いますが。

...続きを読む

QSimejiの「生きたくても生きれないやつだっているんだ。その人達の分も生きろ」 この言葉は正論

Simejiの「生きたくても生きれないやつだっているんだ。その人達の分も生きろ」

この言葉は正論だと思いますか?

どうでもいい質問ですけど回答くれると喜びまっす(*゚ー゚)v

Aベストアンサー

正論です。
嫁も子供もいて
誰が見ても幸せそうに
見える家庭
されども彼はガンに侵されて
あと一カ月の命
生きたくても生きれない


人気Q&Aランキング