先日交通事故起こして(起こされて)今その事後処理で、困っています。どういったじこだったというと、雪山を下っているときにカーブでスリップして、ガードレールに接触してしまいました。その後に後続車からついとつされました。幸いお互いに人的被害はなかったのですが、私の車だけ損傷しました。一回目のガードレールのときはおもに助手席側、二回目の追突はおもに運手積側です.前置きが長くなりましたが、今どの部分の処理でこまっているかというと、二回目の追突されたときの賠償問題です。過失は10:0で相手の全面過失となっているので、運転席側の修理費は全額出してもらえるものと思っていました。しかし当日相手の保険会社の方に車をみてもらうと、賠償額は0にちかい額しかできないかもしれないといわれました。というのも、実際にかかる修理費から車の価値を考えて引き下げるということです。たしかに私の車は年式も相当古いし、この事故で廃車も考えています。しかし、ここで賠償額がさがるのかよくわかりません。普通に修理にかかりそうな費用を賠償してもらえないのでしょうか?保険関係を仕事としている方に事情をはなしてみると、実際の修理金額に車の価値を考えるのはおかしいとききました。公平に第三者からのアドバイスがほしいです。だれかアドバイスおねがいします。 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

賠償義務の法的判断は専門家にお任せしますが、常識的な判断は可能でしょう。


自動車の価値(評価額)の範囲で保障する義務を負っているのは『保険会社』であって加害者ではないと思います。
加害者には事故前の状態に戻す『義務』が課せられている筈です。
保険会社が支払う、支払わないは、加害者側の問題であって、被害者としては加害者に請求する権利があるはずです。
過失割合が10:0ならば尚のこと、加害者には現状復帰の義務が全面的にあることになります。
保険会社が保険の支払いを拒むのは加害者との契約上の問題であって、被害者の利益を妨害する権利はないはずです。
加害者の責任範囲と保険会社の責任範囲は分けて考えた方が解りやすいと思います。
被害者の車の修理代を加害者が支払って、保険会社が保険で面倒を見ないからといって被害者に負担を負わせるのは常識としておかしいでしょう。
保険の支払いは保険会社の人間性によって大きく左右されます。
杓子定規に支払いを拒絶する保険会社に加入した加害者の落ち度です。
被害者は正当な要求は正々堂々と貫きましょう。
裏技があるそうです。
事故車の査定がゼロで修理できないならば、事故車と同程度の中古車を用意してもらいましょう。
もちろん査定はゼロのはずですから、加害者側も保険会社も理屈上では負担は生じないはずです。
そこで負担が生じるということはこの車に資産価値があるということを認めることになりますから。
修理をしたほうが安いか同程度の中古車を用意する方が安いかは、先方が判断すればよいことです。
常識的な判断を促すためにも、提案してみてはいかがですか。
    • good
    • 0

>加害者側には車両を元に戻す義務があるため、保険金としては少額でも慰謝料名目でさらに引き出すことが出来るようです。



これは違います。
加害者に課せられるのは義務ではなく
時価額を限度とした賠償責任です。
ですから 時価額が10万ならば それ以上の支払い責任は
加害者には ありません。
    • good
    • 0

 車両保険に加入している場合は、車の査定額以上の保険給付はされません。

例えば、修理費が30万円でも査定額が20万円であれば、査定額である20万円しか保険給付がされません。

 このような場合は、差額分を相手に直接か保険会社を通じて請求することができます。満額は難しいかもしれませんが、相手に全面的に過失があるのであれば、その車を修理して乗りたいからという理由で、請求してみてください。
    • good
    • 0

普通、修理の場合年式に関係無くその修理費用を負担してもらえるはずです。


年式が古い場合で全損見積もりより、修理が高くつく場合は全損扱いになる事があるみたいですが。

知り合いで全損見積もり限りなく0に近い状態でもらい事故に遭った人がいますが、「この車には車両価値以上に愛着が在る、乗り換えは考えられない」の一点張りで保険屋から修理代をもらった人がいるので、車両価値以上の修理代ももらえるはずなのでは?

まあ、それが駄目なら示談金と言う形で加害者から修理代金を頂くしかないのでは?
自分の契約している保険会社に相談するか、相手の保険屋に「じゃあ残りの修理代金は加害者に負担してもらう事にします、そう言う事ですよね」って言ってみるとか?
    • good
    • 0

昨年、私も被害者として同じような経験をしました。


私の場合、最終的に車の価値と修理金額がほぼ同額であったために幸いほぼ全額を手に入れることができました。
契約している損保会社に間に入ってもらって交渉したのですが、やはり車両価値以上の保障は難しいようです。
しかし、あきらめてはいけません。
加害者側には車両を元に戻す義務があるため、保険金としては少額でも慰謝料名目でさらに引き出すことが出来るようです。
相手の保険会社と現状復帰を盾に交渉してみてはいかがでしょうか?
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q路線価の割戻しについて

時価を算出する際、一つの方法として
路線価を×0.8をして割り戻す方法があると
聞いたことがあるのですが、この方法は
正しいのでしょうか?

また、上記の方法が正しいとした場合、
固定資産税評価額しか分からない場合、
固定資産税評価額からいきなり時価を算出することは
できないのでしょうか?
固定資産税評価額→路線価→時価という
流れで時価を求めなければならないのでしょうか?

Aベストアンサー

計算式は、相続税の路線価÷0.8=時価です。
話されてる内容は間違いないです。更に時価というのは「時の価格です」価格時点といいます。相続税の路線価はその年の1月1日の価格です。年の途中の時価を出すためには、時点修正という時期のずれを補正する必要があります。

相続税の路線価÷0.8×時点修正率=(今の)時価
となります。

次に相続税の路線価が付されていない地域もあります(国土面積からするとこちらの方が広いと思います)。この場合、固定資産税評価額から求めるのもいい考えですが、固定資産税にも路線価があります。ネットで見ることもできますし、役所で閲覧することもできます。こちらの割り戻す数値(評価割合)は0.7です。また、固定の路線価の価格時点はわかりにくければ役所で電話でも教えてくれます。

固定の路線価÷0.7×時点修正率=(今の)時価
となります。

最後に時点修正率の出し方ですが、付近の(1)地価公示・1月1日(2)地価調査・7月1日(3)地価動向調査・4月11月の1日を参考に計算します。
ちょっと難しいですが、感覚的に固定資産税評価額→路線価→時価という流れをつかんでおられれば出来ると思います。

計算式は、相続税の路線価÷0.8=時価です。
話されてる内容は間違いないです。更に時価というのは「時の価格です」価格時点といいます。相続税の路線価はその年の1月1日の価格です。年の途中の時価を出すためには、時点修正という時期のずれを補正する必要があります。

相続税の路線価÷0.8×時点修正率=(今の)時価
となります。

次に相続税の路線価が付されていない地域もあります(国土面積からするとこちらの方が広いと思います)。この場合、固定資産税評価額から求めるのもいい考えですが、...続きを読む

Q古い車(査定額 0円)で追突等された場合の保険金額は0円?

S62年式の査定額 0円の車に乗っているのですが、もし追突など過失0:10の事故に遭った場合、相手の保険会社からは、保険金は下りないのでしょうか?”保険金額は、車の査定額(時価)以下しか出ない”と聞いたことがあるものですから。またその場合、加害者にとっては、現状回復の義務があるわけですので、自腹で修理又は同等の車を買って保証となるのですか?それともうひとつ、別の話で、例えば保険額150万円の車両保険に入っている場合、修理額が120万円かかる事故をした時の車の評価額が100万円であった場合、保険金は100万円しかおりないのですか?もしそうであれば、車の査定額が下がって行くにしたがって、車両保険の金額も150万円→100万円とかにしていったほうがよいのでしょうか?どなたか教えてください。

Aベストアンサー

どんなに古い車でも新車購入のときの1割の評価をするというのが最近の慣例のようです。どんなに古くても0円査定はしません。
加害者の賠償責任は原状回復義務ですが同等の車を10万円で買えるのに50万円の修理代を補償する必要は生じません。10万円で同じ物が買えるのならば10万円が賠償金額となります。実際には他の補償などがつきますが大まかにはそうなります。

あと、保険金額150万円の車両保険に入っている場合、契約が成立している時点で価額協定しているので1年間評価が変わることはありません。
よほど論外な契約で無い限り上限150万円で修理費用などが補償されます。

かつて300万円で知人から譲ってもらったベンツに900万円の車両保険をかけて盗難にあい保険会社に支払い拒否で訴訟になった様なケースがありました。

通常は契約時に保険会社が論外な車両評価を提示することはないと思いますので心配ないと思います。

Q土地の評価と路線価について

土地を相続する際、路線価に基づいて評価するのが一般的です。
そして、その路線価というのは、実際の取引価額の約7割程度になっています。

そこでなんですが、土地については、実際の取引価額自体を測定することが困難な気がします。なぜなら、土地については、二つとして同じものはなく、さらに、取引をする当事者間による合意で売買価額がいくらでも上下してしまうからです。
たとえば、その人の経済状況などの立場によって、「売りたい人が、買いたい人に土地を売る価額」と、「売りたくない人が、買いたい人に土地を売る価額」は、まったく異なります。

つまり、いいたいことは、相続財産の時価って何だと思いますか?ということです。
また、時価の話はさておき、仮にも売買価額が判明しているにもかかわらず、その70%にする必要があるのでしょうか?

Aベストアンサー

時価ってのは、取引があってそのときに両者で合意する価格なので、定価とちがいますよね。 ヤフオクで同じ商品がでていても、2,3日違うだけで落札価格が違うのと同じことです。

なぜ税金を払うとき、公的に定められた価格をベースにするのか?というところが疑問なんですよね。

それは、税金をきちんと取りたいから。 です。つまり、恣意的・人造的な動機付けがあるためです。 
減価償却の期間が税制上きめられているのそのせいです。経済価値は制度できめられた価値以上の場合もあれば、以下の場合もあるけど、そんな個々の事例は無視しないと、手間ばかりかかって きちんと税金が徴収できなくなりますから。

まあ、日本の税制は他国に比べて規則が細かすぎて、納税者になにも考えさせないようになっているところからして、問題だと思っています。今回のご質問の核心は、そこに通じるものがあると思います。

Q後続車がないのに前に割り込んできてすぐ左折する車

私に続く後続車は1台もありませんでした。
その車は右側確認する際に邪魔となるような障害物のある横道から出てきたわけではありません。
ABSが作動しそうなタイミングで飛び出され、すぐ10メートルほど先の駐車場に左折。
めったにあることではありませんが、たまにこういうことが。

飛び出しに関してはタイミングを間違えたのだろうと大目に見ることもできます。
けれども、すぐ左折するならワシが通り過ぎるのを待たんかい!
待ったところで何秒の差でもなかろうが!

と思ってしまうのですが、腹立てるのは大人気ないでしょうかね。
例えばトイレに急いでいたとしても、後続車が皆無なのですから・・・。
皆さん似た経験ありませんか?

質問内容としてはアンケートですが、車に特化した内容なのでこちらで質問させていただきました。

Aベストアンサー

居ますよね。でも前に飛び出られて、その後延々のろのろと走られるよりマシかな。

私も「自分が通り過ぎてから行けよw」とは思いますが、結構逆の立場なら「すぐにどくから先にいかせてー」って感じなのでしょう。でも、すぐにどくから加速しない→いつものタイミングだと後続車におもいきり迷惑をかける、ということになってしまうのですよね。

他人の振り見てわが振り直せ、思いやりが大切ですね。

Q土地の時価について

・地価と土地の時価
・公示価格、基準地価格、路線価、固定資産評価基準
・不動産評価基準
という用語について、(1)それぞれ意味、(2)列挙した用語の横のつながりと縦のつながり、がいまいちわかりませんので、教えてください。

Aベストアンサー

 土地の実勢価格は実際に売買出来る額です、不動産屋と相談してください。土地によりまちまちとなるでしょう。

 公示価格などは一物四価で検索してみてください。

 欲しい土地があっても実勢でしか買えませんし、売却しようにも実勢でしか売れないと考えれば良いでしょう。所詮一点物ですから、全国一律の何かの基準があるわけではありません。

Q車をガードレールにこすってしまいました。

今日の朝、会社の駐車場に入ろうとしたところ、
コンテの茶色に乗ってます。(3年目)

右に曲がるときにあったガードレールにこすってしまいました。
毎日通勤していて今までなかったのに 泣

ガンッと音がして、見てみると、
右後ろのドアの下のほうが(後ろの角あたり)、白い塗装がついていました。

触ってみると削れたというよりは塗装がこびりついている感じでした。

色々調べて、お昼にコンパウンドを買いに行こうと思ってるのですが、
家に帰ってからやるのでは遅いですか?(早くて6時くらい)

また市販ではなくて普通にディーラーさんにお願いしたほうがいいですか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

別に帰ってからでも遅くありませんよ。

コンパウンドでダメだったら板金塗装屋さんに持って行くって感じでいいと思います。

ちなみに歯磨き粉にも研磨剤が含まれてますのでコンパウンドが無ければ歯磨き粉で代用してもイイですよ。

Q路線価について

路線価について
路線価には2つあり、目安として公示価格の約8割が相続税の路線価で約7割が固定資産税の路線価と聞いています。この2つの路線価が逆転している場合、市役所に解消して貰うことは可能でしょうか。

Aベストアンサー

> 2つの路線価は、近くにある同じ宅地の公示価格(同じ価格)が基本にあり、

公示地は、まず国がいくつか選定し、それじゃ少ないので都道府県が増やして、
それでも少ないので市町村が独自に選定します。

税務署もこのような流れで管内に公示地を設定するのかもしれませんが、
市町村が公示地(標準宅地)を設定する場合は税務署の公示地を一切考慮しません。
ですので、同じ路線であっても比準元の公示地は異なる可能性があります。

> そこから離れた場所の路線価の評価の基準が違っているので、

おっしゃるとおりです。
鑑定士がその路線を鑑定する際には評価調書を作成しますが、
鑑定する目的(固定資産税 or 相続税)によって付加する条件が異なるはずです。

例えば、固定資産評価では家屋の連単が重要になるかもしれないけれども、
相続税評価では周りが更地でも評価が下がらないとか。
(鑑定士ではないので、このような条件があるかはわかりません)

その評価調書を情報公開請求で得られれば、なぜ差がついたのかわかるかもしれません。

Q車側と自転車側。お互い近づいてきたときに怖いと感じるのはどちら?

自転車側からで自転車をこいでいて、車が自転車に近づいてきた場合と車側で車を運転しているときに外から自転車をこいでる人に近づいてきた場合。近づいてくる度合いにもよると思うのですが、一般的に車側のほうが危険性かつ怖いと感じやすいのは本当なんですか?

Aベストアンサー

車から見た自転車の方が怖く感じます。
怖い順番から
①オバサン(交通ルールを守らない)
②小さな子供(予測出来ない行動をする)
③年配者(マイペース)
これ等の自転車を見たら、減速しブレーキの用意をしてます。

Q相続税申告時、適用される路線価格の年度は?

土地を相続する場合の路線価格ですが、どの時点の路線価格を適用するのでしょうか?申告時に発表されている路線価格でしょうか?死亡時点で発表されている路線価格でしょうか?素人でよく分かりません。たとえば5月に死亡で8月に申請する場合は7月の発表路線価格でしょうか?

Aベストアンサー

相続開始時(被相続人の死亡日)の属する年の路線価のはずです。
したがって、申告は路線価の発表を待つ必要があるはずです。

私の場合、発表前の最新をもって試算を行い、申告は発表を待ちました。

Q私は仕事柄色々な車に乗るのですが、持ち歩きのナビなどを一つの車ではなく、色々な車で乗る時に使い回すの

私は仕事柄色々な車に乗るのですが、持ち歩きのナビなどを一つの車ではなく、色々な車で乗る時に使い回すのにいい方法はありませんか?
ポータブルナビを考えたのですが、吸盤が弱くなる気がするので、できたら一つの車でナビを使って次の車で使う時も問題なく使える方法があれば助かります。
道を覚えればいいな話なのですが、まだまだ未熟なのでナビを見ながら運転したいです。
よろしくお願い致しますm(_ _)m

Aベストアンサー

吸盤ではなく
基部を車のドリンクホルダーに納めて、ナビを爪で固定する感じのアームがある

本来は、スマフォやタブレットをナビにするときのアイテムだが、ナビのサイズさえ適合すれば充分使える
ドリンクフォルダだから、好きなだけ挿抜できる

でもまぁ、専用のを使う方が良いと思うけどね
吸盤が劣化すると言うけど、交換用パーツとして提供されているはずだから
数百円~千円程度で入手出来る予備が手元にあれば、気にならんでしょ


人気Q&Aランキング