はじめての親子ハイキングに挑戦!! >>

呈色している試料を加熱すると退色する機構がよく分かりません。加熱することによって結合が切れて電子が動きやすくなるからなんでしょうか?

A 回答 (4件)

ホウ酸を混ぜた意図というのがよくわかりませんので、回答が適当かどうか自信がありませんが、ホウ素原子とアントラセンのπ電子系の間に何らかの相互作用があっても不思議ではないように思います。


すなわち、π電子系にホウ酸のH+がくっつくようなことがあるかもしれませんし、π電子をホウ素の空軌道が受け入れるようなことがあるかもしれません。
いずれにせよ、アントラセンがLewis塩基的に振る舞うことがあるのではないかと思います。
ただし、私の想像の世界であり、自信はありませんので念のため。

この回答への補足

すいません。言葉が足りませんでした。アントラセンをホウ酸マトリクスに閉じ込め、高圧水銀灯で光照射してアントラセンのラジカルカチオンを生成するためにホウ酸を入れました。つまり、マトリクスとしてホウ酸を加えた訳です。

補足日時:2005/12/12 18:57
    • good
    • 0

蛍光のことでしたか。

てっきりアントラセン自体に着色があるのかと思いました。
結論から言うと、熱振動が激しくなり、励起状態の電子の持つエネルギーの逃げ道ができるからだと思います。

蛍光を示すのは、有機化合物では2重結合を有するものが多いと思います。それは光によるエネルギーを熱運動でエネルギーを消費できないからです。つまり回転したり、振動したり、折れ曲がったりしにくいからです。
それが熱を加えることで緩和されるのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

遅れましたがありがとうございました。

お礼日時:2005/12/15 01:12

アントラセンの蛍光の話ですね?


本来、アントラセンは無色ですが、青っぽい蛍光を発します。また、不純物などの影響によって弱まったり、色調が変化することもあるようです。
さて、なぜ、温度が高くなると色が消えるかということについては明確な回答が出来ません。すなわち、蛍光というのは、一旦吸収された光が何段階かの遷移を経て蛍光という形で発生されるものです。
そのどこの過程が阻害されているのかについては明確なことは(私には)わかりません。
もしかすると、温度の影響で、アントラセン分子の振動などが変化し、その影響で退色するのかもしれません。
また、溶液であれば、溶媒の影響を受けているのかもしれません。
ただ一つ言えることは、アントラセン自体は不安定な化合物ではありませんので、結合が切れるということはありません。ただ、外部から光を吸収するということは、π結合の状態が変化したとも言えますし、それを結合が切れたと見ることも可能だと思います。しかし、それは蛍光の原因となるエネルギーを得る手段であって、退色の原因ではありません。

http://www.quinone.com/ver1_0/j/appli_j/appli_01 …
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%89%B2%E7%B4%A0

この回答への補足

ありがとうございます。アントラセンは安定な物質なので結合はきれないのですね。
このときホウ酸とアントラセンを混ぜ合わせて試料を作ったんですが、加熱によってホウ酸が溶けたから色が消えたという可能性はあると思いますか?

補足日時:2005/12/12 18:21
    • good
    • 0

呈色しているということは、ある波長の光を吸収してそのエネルギーを光では無い何か変換しているということです。


退色するということはそれが行われないということです。
よって単純に答えると光を吸収しなくなる、つまり電子のエネルギーが大きくなり、また結合が膨張して電子と相互作用する波長がずれるためです。
結合が何℃で切れるとかは分かりかねます。

この回答への補足

電子のエネルギーが大きくなると言う事は、最高被占軌道(HOMO)の準位が上がると言う事ですか?

補足日時:2005/12/12 18:33
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアントラセンの発光

アントラセンに紫外線を当ててもあまり発光しなかったのですが、ピレンやトリフェニレンはしっかり発光しました。なぜ、アントラセンは発光しにくいのですか?

Aベストアンサー

縮合環型の芳香族炭化水素の場合、縮合環の数が増えるほど
(但し、縮合環の並びが直線型か「くの字」型かによる違いあり)、
HOMOとLUMOの間のエネルギー差は縮まります。
このエネルギー差が蛍光の波長のエネルギーに相当します。

アントラセンの場合、蛍光波長の極大は、確か紫外領域だったと思います。
つまり、目で見える蛍光は、その「脚」部分を見ていることになります。
このため、縮合数の大きいピレンやトリフェニレンの蛍光(→恐らく可視領域に
吸収極大)に比べると、肉眼で見える蛍光の強度は弱くなります。
(同時に、吸収領域もブロード化(広域化)したかと)

*実際には、上記の要因に加え、遷移確率の差もあったと思いますが、
 そちらの話は忘れてしまいましたので・・・(汗)
 (これも縮合数が大きい方が高くなったんじゃなかったかと思うのですが)