どなたか社名変更を手がけた方にお尋ねいたします。
1部上場会社なのですが、この度社名変更を検討することになりました。
社名変更にともない株式関係でどのようなことを行なわなければいけないのか教えて下さい。
新社名の株券を作るにあたり、社名変更となれば発行済み株券を新株券へ交換しようとする方がいるわけで、その場合発行済み株式の何%程度を新しい株券として用意しておけば良いのか判断基準に困っています。
また、保管振替機構名義の株式の扱いについてはどうなるのか教えて下さい。
株式素人なのですが、前任者が辞めてしまい基本的なことが判りません。どうか宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

今晩は。


 「何%程度」って、こういう場合には単純に全株交換では
ないのでしょうか。旧社名の株券は当然流通が不可能になる
わけですから。保管振替機構の分に付いては、全株を新規に
印刷する必要はないらしいですが、その辺は直接相談して決
めることでしょう。
 交換に際しては、先ず新聞に公告して告知し、その後証券
代行会社宛てに郵送で手続きをしてもらい(現在では1部の
会社で代行会社を利用していない所はほとんど無い筈です)、
提出不能株券に対する異議申立ての公告を更に掲載し、・・
・(以下略)。
 こんな感じだと思いますが、とにかく本当に証券代行会社
を使っていないのならともかく、こういうことほとんどすべ
てそちらの仕事だと思って良いのでは有りませんか? 経費
節減のためになるべく自社でやりたいということかもしれま
せんが、代行会社がそれをすんなりと認めてくれるのでしょ
うか。私としてはそちらの方が不思議なのですが。
 とにかく代行会社には頼りたくなくて、それでも判らなく
て困ることが有るのなら、東京証券取引所(ですよね? そ
うでなければ大証ですが)の企業担当の部門に質問するべき
だと思います。そういう時のために上場維持のための費用を
支払っているわけですし。以上です。
    • good
    • 0

今晩は。

差し出がましいようですが、gon0910さんは質問の意味を全く取り違えてはいませんか? 下の私の回答にも有る様に、質問文は会社のIRに関わることです。自分の持ち株の会社が社名変更をするが、この場合にはどうすれば良いのですか? といった単純なものでは有りません。折角の業界の方からの回答ですから、きちんと趣旨に沿ったものを私からもお願いしたいと思います。
 それからpopuriさんもこれまで全くなんの応答もしていませんが、これはここでも散見される「教えて君」だったのかと判断される要因にもなります。ご注意。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなり申し訳ありません。

実は年末年始にかけて病気で入院していたものですから。
パソコンを使用することが出来ませんでした。
せっかくの回答にすぐ返事できずに失礼いたしました。
質問の内容がハッキリせず回答いただく方々を迷わせてしまいました。
そんななかで適切なご回答有難うございました。
自分なりにもう少し勉強してみたいと思います。

お礼日時:2002/01/08 20:36

popuriさん はじめまして。


私は、この業界に勤めていますので参考程度に聞いてください。まずpopuriさんがもっている株券の名義は、他人名義・本人名義のどちらなんでしょうか?名義によって手続きが全く違うので・・・・。
他人名義の場合は、(流通期間内)なら証券会社に持ちこみ保管振替機構にいれ正式な社名になってから自分の元に戻したいなら返却の旨伝えれば別にこれといって手続きの必要性はありません。(流通期限過ぎる)と全く売買できない状態になっていますので、私の勤めている会社では次の用紙をもらっています。「株券送付先指定書・交付先請求書」の2枚です。この用紙に記入・捺印するのですが、書類と株券を同封し直接その企業が指定している名義書換代行人(信託)に書留で郵送すれば良いですし、用紙をもらった証券会社に手続きを代行してもらう手もあります。

本人名義の場合は、信託銀行から送られてくる「提出株券請求書」だったと思いますが、それさえあればたいてい大丈夫です。万が一その用紙をなくしても証券会社に出向きその旨をいうと「交付先請求書」をもらえるはずです。場合によっては「送付先請求書」もいる場合がありますので営業マンに聞いてみては?
popuriさんが持っている銘柄名が分かればすぐに教えてあげられますが、基本的には自分が持っているその銘柄の全株を用意すれば良いと思います。

通常の書換なら2~3週間で完了しますが、社名変更になるとそれより時間がかかります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございました。
質問の内容がハッキリせず失礼しました。
noname#1169さんのご回答は大変役に立つ内容です。
わたしもこれからもっと勉強していきたいと思います。
有難うございました。

お礼日時:2002/01/08 20:40

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q社名変更した場合の株券について

社名・代表者名を変更したのですが、株券に表示されている名義はそのままになっています。変更する必要があるのでしょうか?もし変更するのならどんな手続きを踏めばいいのか教えてください。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

社名変更や代表者名変更に伴って、株券を変更する必要はありません。読み替えることで対応します。
上場会社など何千、何万人も株主がいる場合、社長交代のたびに株券を書き換えたり、刷り直していたら大変なことになります。

Q株主総会の所有議決権数について

初歩的な質問なんですが、株主の所有議決権数と所有株式数(発行済株式数)はどう違うのでしょうか?

例えば、所有株式数1,000,000株で所有議決権数1,000個というのはどういう意味なんでしょうか?
発行株式が1,000株単位ということでしょうか?

ちなみに、10株券を15枚、50株券を17枚、計32枚発行してしているときは所有議決権数はどうなりますか?
(1株50,000円 計50,000,000円)

どなたか教えて下さい。

Aベストアンサー

例であげると
単位株が1000株時は1000株が議決権数は1となります
 1000株未満は議決件がありません

所有株式数1,000,000株で単位株が1000株なので所有議決権数1,000個となります

これ
多分上と別の株ですね
10株券を15枚、50株券を17枚、計32枚発行の時は合算されます(株主が同じ時)

 したがって、1000株となりますので単位株が1000株ならば・・・所有議決権数1個となります
 でも、1株50,000円ならばたぶん単位は1だと思いますので単位株が1ばらば1000個となります

なお、単位株制度が無い時は・・・
株数が所有議決権数となります

単位株は会社によって違います
1株 10株 500株 1000株 3000株
とか色々ありますので
お持ちの会社の単位株を確認下さい
 

Q株の名義変更及び移管について

父がバブル時に購入した6社ほどの株があります。
すべて、50%以上の損失で塩漬け状態になっています。
このまま放置していても、いつ利益がでるか解らないので私が運用してみたいと思っています。
父の株名義を私名義に変えるか、一度売却し私の口座に入金してから運用しようと思っていましたが、証券会社に聞いたら、名義変更はできないという事でした。
できるとしても贈与税などの手続きとかでいろいろ手間がかかるとの事でした。
一度売却する事は、父がなぜか賛成しませんし、売却するなら、手数料の安い父名義のネット証券に移管してから売却なり運用した方が良いかと思っています。
(大手証券会社もネット証券会社も特定口座です)

株を移管すると、移管先ではその株は特定口座にできないと以前聞いたことがあります。
もしそうだと、移管してから売却すると税金面で損をしてしまう気がするのですが・・・?

詳しい事はよく解らないので何かアドバイスを頂けたら幸いです。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

証券マンです。

>父の株名義を私名義に変えるか、一度売却し私の口座に入金してから運用しようと思っていましたが
↑どちらにしても贈与になりますから、それなりの手続が要ります。

・名義変更の場合
担当の信託銀行に名変する手続をしたいと申し出てください。もちろん贈与の手続は要ります。
・一度売却して~の場合
一旦出金してからあなた名義の口座に入金する。実際は非課税枠超えてれば贈与手続は要りますが、お金には名前が書いてありませんから証券会社サイドからはわかりません。自己責任で。

>株を移管すると、移管先ではその株は特定口座にできないと以前聞いたことがあります
↑一度株券を出庫して入庫をすればその通りですが、取得価格を引き継ぎたいのであれば、「証券会社間移管」という書面での手続を行えば、現在置いてある大手証券会社での特定口座での取得価格が引き継がれます。

>移管してから売却すると税金面で損をしてしまう気がするのですが
↑取得価格が証明できるのであれば問題ありません。またその証明が無い場合でも、最悪、一般口座で平22年末までの売却であれば「みなし価格」は使えます。バブル期の高値よりは多分大きく不利ではありますが。

>一度売却する事は、父がなぜか賛成しませんし
↑であれば、運用も何もないですよね。値が戻るのをひたすら待つというのは運用でも何でもありません。損切りができない人は株式投資をすべきではありません。

いずれにしても、贈与の件と、運用方針についてお父上との相談、合意が不可欠でしょう。
そして贈与手続云々が面倒なら、証券会社間移管でお父上のネット証券口座に移管し、ネット取引であなたが運用してみてはいかがでしょうか。

証券マンです。

>父の株名義を私名義に変えるか、一度売却し私の口座に入金してから運用しようと思っていましたが
↑どちらにしても贈与になりますから、それなりの手続が要ります。

・名義変更の場合
担当の信託銀行に名変する手続をしたいと申し出てください。もちろん贈与の手続は要ります。
・一度売却して~の場合
一旦出金してからあなた名義の口座に入金する。実際は非課税枠超えてれば贈与手続は要りますが、お金には名前が書いてありませんから証券会社サイドからはわかりません。自己責任で。
...続きを読む

Q会社法における監査報告の提出期限

商法から会社法に移行して条文検索にとまどっております。

会社法において、計算書類の監査役への提出期限、監査報告や会計監査報告の提出期限が明記されている条文を教えてください。

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

会社法においては計算書類の監査役への提出期限は規定されておりません。

監査報告等については、下記施行規則、計算規則に規定されております。



会社法施行規則
第132条 監査役監査報告等の通知期限
特定監査役は、次に掲げる日のいずれか遅い日までに、特定取締役に対して、
監査報告(監査役会設置会社にあっては、第130条第1項の規定により作成した
監査役会の監査報告に限る。以下この条において同じ。)の内容を通知しなけ
ればならない。
一 事業報告を受領した日から4週間を経過した日
二 事業報告の附属明細書を受領した日から1週間を経過した日
三 特定取締役及び特定監査役の間で合意した日



会社計算規則
第152条 監査報告の通知期限等
特定監査役は、次の各号に掲げる監査報告(監査役会設置会社にあっては、
前条第1項の規定により作成された監査役会の監査報告に限る。以下この条に
おいて同じ。)の区分に応じ、当該各号に定める日までに、特定取締役に対し、
当該監査報告の内容を通知しなければならない。
一 各事業年度に係る計算書類及びその附属明細書についての監査報告 
   次に掲げる日のいずれか遅い日
 イ 当該計算書類の全部を受領した日から四週間を経過した日
 ロ 当該計算書類の附属明細書を受領した日から一週間を経過した日
 ハ 特定取締役及び特定監査役が合意により定めた日があるときは、その日

会社法においては計算書類の監査役への提出期限は規定されておりません。

監査報告等については、下記施行規則、計算規則に規定されております。



会社法施行規則
第132条 監査役監査報告等の通知期限
特定監査役は、次に掲げる日のいずれか遅い日までに、特定取締役に対して、
監査報告(監査役会設置会社にあっては、第130条第1項の規定により作成した
監査役会の監査報告に限る。以下この条において同じ。)の内容を通知しなけ
ればならない。
一 事業報告を受領した日から4週間を経過した...続きを読む

Q取締役会に監査役は出席しなければなりませんか。

はじめまして。

取締役会に監査役は出席しなければなりませんか。

出席しなくてはならない場合と出席しなくてもよい場合があるなら、それぞれの違いを教えてください。

しばしば、【取締役を取締るのが監査役】とう言葉を聞くので、取締役会に監査役は出席しなくてはならないのかと思っています。

できるだけ、根拠条文も教えていただければありがたいです。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

 監査役も取締役会への出席義務があります。ただし、監査役の監査の範囲を会計に関するものに限定する旨の定款の定めがある会社の場合、出席義務はありません。

会社法

(取締役会への出席義務等)
第三百八十三条  監査役は、取締役会に出席し、必要があると認めるときは、意見を述べなければならない。ただし、監査役が二人以上ある場合において、第三百七十三条第一項の規定による特別取締役による議決の定めがあるときは、監査役の互選によって、監査役の中から特に同条第二項の取締役会に出席する監査役を定めることができる。
2  監査役は、前条に規定する場合において、必要があると認めるときは、取締役(第三百六十六条第一項ただし書に規定する場合にあっては、招集権者)に対し、取締役会の招集を請求することができる。
3  前項の規定による請求があった日から五日以内に、その請求があった日から二週間以内の日を取締役会の日とする取締役会の招集の通知が発せられない場合は、その請求をした監査役は、取締役会を招集することができる。
4  前二項の規定は、第三百七十三条第二項の取締役会については、適用しない。

(定款の定めによる監査範囲の限定)
第三百八十九条  公開会社でない株式会社(監査役会設置会社及び会計監査人設置会社を除く。)は、第三百八十一条第一項の規定にかかわらず、その監査役の監査の範囲を会計に関するものに限定する旨を定款で定めることができる。
2  前項の規定による定款の定めがある株式会社の監査役は、法務省令で定めるところにより、監査報告を作成しなければならない。
3  前項の監査役は、取締役が株主総会に提出しようとする会計に関する議案、書類その他の法務省令で定めるものを調査し、その調査の結果を株主総会に報告しなければならない。
4  第二項の監査役は、いつでも、次に掲げるものの閲覧及び謄写をし、又は取締役及び会計参与並びに支配人その他の使用人に対して会計に関する報告を求めることができる。
一  会計帳簿又はこれに関する資料が書面をもって作成されているときは、当該書面
二  会計帳簿又はこれに関する資料が電磁的記録をもって作成されているときは、当該電磁的記録に記録された事項を法務省令で定める方法により表示したもの
5  第二項の監査役は、その職務を行うため必要があるときは、株式会社の子会社に対して会計に関する報告を求め、又は株式会社若しくはその子会社の業務及び財産の状況の調査をすることができる。
6  前項の子会社は、正当な理由があるときは、同項の規定による報告又は調査を拒むことができる。
7  第三百八十一条から第三百八十六条までの規定は、第一項の規定による定款の定めがある株式会社については、適用しない。

 監査役も取締役会への出席義務があります。ただし、監査役の監査の範囲を会計に関するものに限定する旨の定款の定めがある会社の場合、出席義務はありません。

会社法

(取締役会への出席義務等)
第三百八十三条  監査役は、取締役会に出席し、必要があると認めるときは、意見を述べなければならない。ただし、監査役が二人以上ある場合において、第三百七十三条第一項の規定による特別取締役による議決の定めがあるときは、監査役の互選によって、監査役の中から特に同条第二項の取締役会に出席する監査役...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報