以前にもお伺いしたのですが、
いまいち、よくわかってないので再度お尋ねします。

個人事業主です。
固定資産(車両)の売却で、
〇車両本体  1350300円
〇現金にて  400000円で売却
〇10ヶ月使用で減価償却費 337237円
〇売却損   613063円
になるのですが、

質問1
貸借対照表の<資産の部>と、<負債・資本>の部には、
どの金額を記入すればよいのでしょうか?
売却損と売却額を<資産の部>で、
<負債・資本>には、記入しないでよいのでしょうか?

質問2
損益計算書には、減価償却費のみ記入するでけでよいのでしょうか?

質問3
現金40万円で売却した金額は、損益計算書には、その他収入など、として
記入しなくてもよいのでしょうか?

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

まず、仕訳を示します。



現金     400.000   車両  1.350.300
事業主貸し  613.063
減価償却費  337.237

売却損は、事業主貸しとして処理しておき、確定申告で譲渡所得の損失で申告します。

1.貸借対照表の<資産の部>には、現金400.000 事業主貸し613.063を記入し
車両 1.350.300はマイナスで記入します。
従って、車両の残高は0になります。

<負債・資本>の部には、記入するものはありません。

2.損益計算書には、減価償却費のみ記入します。

3.40万円は、車両を売った代金ですから貸借対照表の車両の金額が減るだけです。
商品を売った場合と違い、損益計算書には影響しませんので記入する必要は有りません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧にどうもありがとうございました。
数字が合うようになりました。
感謝します。

お礼日時:2001/12/11 15:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q建物売却時の仕訳について

次のようなケースで建物を売った時の仕訳について教えて下さい。

建物売却6月 
簿価1000万円
売却額1200万円(この売却額には9月、12月支払の固定資産税100万円が含まれる)

(1)売却時
現金1200万円/建物1000万円
         /売却益200万円

(2)9月、12月固定資産税支払時
租税公課100万円/現金100万円


(1)の売却時に固定資産税分は預り金として
次のような仕訳にするべきなのでしょうか?

(1)現金1200万円/建物1000万円
       /預り金100万円
       /売却益100万円

(2)預り金100万円/現金100万円

以上宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

固定資産税の経理に誤りがあります。
固定資産税は4月ごろに自治体から通知書が来るはずですから、その時に全額を損金計上します。仕訳は
  租税公課/未払金
です。実際の支払い時には
  未払金/現金預金
となります。企業会計における経費はあくまで発生基準(原価については収益対応基準)で計上すべきものであり、現金基準ではありません。

質問の件ですが、
>固定資産税分は預り金として次のような仕訳にするべきなのでしょうか?
そんな仕訳はあり得ません。固定資産税は1月1日にその固定資産税を所有していた者(つまり御社)に課税されるものであって、年の途中で売却しようと関係ありません。売却先から「未経過固定資産税相当額」等の名目で受け取る金額があったとしても、それは不動産売買の対価の内訳にすぎず、税金ではありません。なぜなら、御社には売却先に対して税金を課税する権限がないからです。
したがって、あくまで売却益は200万円です。固定資産税は別途租税公課として損金になります。

なお、消費税の課税売上は売却先から固定資産税相当額として受け取る分を含めた1200万円であり、役所に支払う固定資産税は消費税不課税です。
https://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/shitsugi/shohi/02/33.htm

固定資産税の経理に誤りがあります。
固定資産税は4月ごろに自治体から通知書が来るはずですから、その時に全額を損金計上します。仕訳は
  租税公課/未払金
です。実際の支払い時には
  未払金/現金預金
となります。企業会計における経費はあくまで発生基準(原価については収益対応基準)で計上すべきものであり、現金基準ではありません。

質問の件ですが、
>固定資産税分は預り金として次のような仕訳にするべきなのでしょうか?
そんな仕訳はあり得ません。固定資産税は1月1日にその固定資産税を所...続きを読む

Q土地の会計処理について教えてください!!

私は実家が有限会社を営んでいます。私は経理全般をしています。
普段は全然別の仕事をしてるため、経理の実務経験、資格も日商2級程度しか実力はなく、決算期になると大変頭を痛めています。
さて本題なのですが、昨年、会社で土地を購入しました。
資金は銀行から借入、
処理は(例)土地100万円/借入金100万円で処理しました。
今年はそれから一年、土地は減価償却がないので
土地100万円として貸借対照表に計上されますよね...
しかし、借入金は毎月の返済があるので減少していきますよね..
ここで質問なのですが、負債は減少するのに土地は減価償却しないのでそのままの場合、貸借対照表が合わなくなりませんか・・・?
その分預金が減っていりのだからいいのですかね~?
将来的に借入金を払い終わった時、すごい資産が多くなりませんか?
損益計算書とも全然合わない状態です。助けてください!!

Aベストアンサー

 #2です。多分そのような質問が来る事は知っていました。税法・商法・企業会計原則を勉強してください。これからいろいろな面で必要になります。

1.土地は誰のものですか?会社が購入したのですね?会社の資産(財産)ですね?つまり資本ですね?これを担保に又会社拡大等に利用できるのです。貸借対照表では資産と負債の差額として捉えるものです。

2.つまり資本金は会社の財産を堅持するうえで基準とする一定の金額。会社の財産が会社の基盤となっているから、これを保全する必要があります。

3.株を発行した時の一部払い込み剰余金として資本準備金にし、これを控除した後の分を資本金とする。

4.資本金は会社の配当可能利益を算出する場合の一要素として用いられるほか、会社を規模別に分類する際の基準として使われる。

5.上記の事から資本金である事が分かりましたね?

6.仕訳をして見ましょう。

 摘   要     借  方    貸  方
 固定資産
  有形固定資産
   土地      1.000.000
   資本金           1.000.000
 
7.中を割愛して貸借対照表を考えます。資本の部の法定準備金も徐余金を考えないで作成します。

 商いをしたら損益計算表を作成します。当然損益が出ます。この金額を貸借対照表の当期利益とか損失とかでます。ここへ記入することでB/Sが取れるはずです。

     貸 借 対 照 表

  (資産の部)    (負債の部)

流動資産10.001.000  流動負債 10.000.000
           
            固定負債

 固定資産  (資本の部)
  有形固定資産     資 本
   土地 1.000.000    資本金1.000.000

            (当期利益) 1.000
 合計  10.001.000 10.001.000

(当期利益)の1.000円は損益計算書の利益の分です。
 損益計算書は作成したと仮定した架空の1.000です。

※☆◎●つまり資産合計=負債及び資本の合計です。

※7番を見てください。1.000円は土地や借入金。資産/負債とは関係なく会社が儲けた損益計算書から利益として貸借対照表に充当されたのです。

※ 貴方が将来借入金を完済したとき、それは利益にならないかと懸念されてますが、土地代をお金に換算すると1.000.000円これは即資本金1.000.000円です。

資産(土地の価格1.000.000)=(負債(0)+資本金1.000.000)・・・利益に関係ない。B/Sです。

(例)  
 お父さんが、退職金10.000.000円で、会社を作りました。同時に退職金は会社のお金です。お父さんは自由に使う事は出来ません。会社の資産(財産)です。
つまりは資本金です。

     仕   訳   帳

年月 摘  要      借  方  貸  方
00 諸口   諸口
   現金         500.000
   建物        5.000.000
   機械        4.500.000
   備品        1.000.000

        借入金        1.000.000
        資本金        10.000.000
参考まで。

 #2です。多分そのような質問が来る事は知っていました。税法・商法・企業会計原則を勉強してください。これからいろいろな面で必要になります。

1.土地は誰のものですか?会社が購入したのですね?会社の資産(財産)ですね?つまり資本ですね?これを担保に又会社拡大等に利用できるのです。貸借対照表では資産と負債の差額として捉えるものです。

2.つまり資本金は会社の財産を堅持するうえで基準とする一定の金額。会社の財産が会社の基盤となっているから、これを保全する必要があります。

...続きを読む

Q敷金の戻り分の勘定科目

会社で借りたアパートを返したため
部屋の修理や掃除代を引いた敷金が当座に振込まれたのですが、
この戻ってきた金額の勘定科目は何にすればいいのでしょうか?
あと、たとえば、戻り額が50000円で雑収入とした場合、仕分けは下記の通りでいいでしょうか?

当座 50000円(借方)/ 雑収入 50000円(貸方)

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。質問の答えですが、会社で敷金で最初仕訳がおきているのですよね。そうしたらアパートを解約し敷金は戻ってきたのですから「0」にしなければなりませんね。
その場合の仕訳として、例えば敷金総額100,000円として
当座  50,000/敷金 100,000
修繕費 50,000
という仕訳方法もあるかと思います。

Q個人事業主です。所得税の還付を受けた場合の仕分けはどうなるのですか?

個人事業主で、青色申告をしているのですが、税金の還付を受けた場合(源泉徴収された額が、税額よりも多かった為)、帳簿上どのように仕分けをすればいいのでしょうか?源泉徴収税の仕分けも合わせて、教えて頂けますか。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

所得税や市県民税は、払っても経費にならない代わり、還付されても収入としてカウントする必要はありません。
したがって、源泉徴収として前払いさせられたときは、
【事業主貸/売掛金】

還付されたとき、
【普通 (or当座) 預金/事業主貸】

なお、個人だからといって、何でもかんでも源泉徴収されなければならないわけではありません。
弁護士報酬や作家の原稿料など指定された職種の場合だけです。
質問者さんのお仕事は参考URLにありますでしょうか。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/2792.htm
http://www.nta.go.jp/category/pamph/gensen/4135/05/01.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/index2.htm

Q減価償却で1円残る

個人事業をしています。
中古車を購入して耐用年数2年で減価償却が去年の年末に終わりました。
会計ソフトで打ち込んでいると「未償却残高」というところに
1円が残ってしまうのですが、これはそのまま置いておいていいのでしょうか?
それとも何か消すためにやらないといけないことを、私が忘れてしまっているのでしょうか?

Aベストアンサー

1円というのは備忘価格です。
その固定資産を保有している限り、残るものです。
処分時には除却損として計上することになります。
売却となれば、譲渡所得として計算し事業所得と合算の上申告が必要になるかもしれません。

Qやよいの青色申告 で車の減価償却

車を300万円で購入した時の減価償却の記入はわかったんですが
現金出納帳に車の代金は入れてもいいのでしょうか
その場合車両費とかに入れると全額経費になってしまいますが
科目はなににすればいいのでしょうか?

Aベストアンサー

弥生会計を使っていますが、入力はほぼ同じだと思いますので書きます。
車両を300万円で購入し、現金出納帳から購入の仕訳処理をしただけでは費用処理できません。
決算時に 車両運搬具/減価償却費 の仕訳を入力した時に費用として処理出来ます。
集計 残高試算表(月次・期間)と選んでいくと貸借対照表が表示されます。
貸借対照表タブの隣に損益計算書のタブがあるので、それをクリックしてください。
下の方を見ていくと経費項目の中に減価償却費を見つけられると思います。
そこに数字が入ることで減価償却資産を費用とした時の損益計算が出来ます。
当該年の減価償却費は 固定資産管理 固定資産一覧を参照すれば分かります。


人気Q&Aランキング