去年シンガポール航空機が確か台北空港で離陸に失敗し日本人を含め、多くが犠牲となりました。報道では、パイロットが滑走路を間違え、工事中の重機に衝突したのが原因とも言われておりますが。どう考えても、工事中の滑走路が閉鎖もされず、パイロットが間違った滑走路に入るというのはおかしな話です。何か隠されている部分があると思います。1年以上経ちましたが、責任の所在がどこにあったかとか全く報道が無いようです。どうなったのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

確かに報道が少ないようですね。



ただ、2001年02月24日の西日本新聞朝刊によると、

台湾行政院飛行安全委員会が2月23日に事故の中間報告をまとめ
たとようです。

この報道によると、

台風の風雨や、照明ライトの故障、進入禁止の表示が無かったこと等々
が事故の原因となったようです。

さらに、12月までに最終報告をまとめるとうことなので、間もなく最終
的な報告が出て、報道されるのではないでしょうか。

報道が全て正しいとは思いませんが、今しばらくご辛抱されてみてはい
かがでしょう。

ちなみに、西日本新聞のサイトはありますが、今では記事検索のサービ
スは提供されていないようです。

参考URL:http://www.nishinippon.co.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。私は事故とは何の関係もありませんが、ちょっと引っかかっていたものがあったものですから。最終的な結論を見てみたいと思いますが、この事故はパイロットが生きております。これまで、全くパイロットの言い分が出てませんので、この点を注目してみたいと存じます。

お礼日時:2001/12/20 20:03

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報