DVD-RAMの購入を考えているのですが、信頼性がかなり気になっています。

たとえばCD-Rなんかは記録層が物理的に壊れない限りデータは大丈夫だと思うのですが、FDはセクタエラー、MOはファイルシステムエラーなどで読めなくなった経験が何度もあり、さすがに大容量だと・・・と考えてまして・・・。

職場で使ったDVD-RAMが一枚お亡くなりになっていることもあり、かなり悩んでいます。(大容量MOの再来か?と(^^;)
実際、信頼性・耐久性はどのようなものなのでしょうか?願わくば、裏面に触りまくってもキズがつかない限り大丈夫なCD-Rと同程度であれば嬉しいのですが・・・。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

「CD-Rなんかは記録層が物理的に壊れない限りデータは大丈夫だと思うのですが」ということですが、このCD-Rはくせ者ですよ。

メディアの種類や書き込み精度にもよりますが、日光が当たる場所にメディアの記録面を上にして放置すれば、数日でデータはパーですからね。
MOより信頼性は低いことも多いです。ご注意ください。
(理論値と環境上ではMOの方がデータ保持力は上、さらに上はMD、その上はクリスタルディスク(開発中)、最上位は「紙」)

Q/実際、信頼性・耐久性はどのようなものなのでしょうか?

A/DVD書き換え規格には3種類ありますよね。
DVD-RAM、+RW、-RWです。RAMはカートリッジ式なら間違いなく最上位のデータ保持を約束します。
(まあ、絶対の信頼ではありません)
読み書きの精度はRAMが圧倒的に有利ですから、多くの方がRAMが優れていると考えますが、このカートリッジなしで傷を付けると・・・RAMはすぐに読み出し不良が生じます。(これは反射率などが低いのがネックなのでしょう)
逆に、RWや+RWはかなりの傷にも耐えられます。
(某社のDVD耐久評価より)

場合によってはCD-Rより傷に弱いかもしれません。
しかし、記録したデータの保持能力はCD-Rなど比較にならないクラスとされています。(カートリッジ式で100年もつとか・・・まあ、そこまで行かなくとも少なくとも3~4年ぐらい大丈夫かな・・・保存状態によるでしょう)さらにこれに異議も入れておきますが、DVDで書き込んだデータが消えた例はすでにたくさんあります。

ちなみに、
CD-Rに信頼を置いているようですが、CD-Rはバックアップ向けでは不向きですよ・・・メーカーもCD-Rへのバックアップは同じ物を2枚以上採ることを推奨・・・ちなみに私は書き込み後半年以内に2枚データを失った(最近)ことがあります。(保存場所はCD-R保存に最適な場所でしたけどね)

DVD規格もCD-Rもそうですが、記録時の書き込み精度次第です。あとは保存時にバックアップを何枚作るかですね。人が作る物は万能ではありませんからね。データが消失してほしくなければ、同じバックアップをすうまい作るのが良いですよ。

ちなみに、私は、CD-Rでほんとに重要なデータが消えてから必ず大事な物は2枚作ってます。

もし何かあれば補足を・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、よくわかります。(DVDものは、Rで役不足を感じている最近欲しくて仕方ないのですが)MOを何枚か潰している(ある日突然読めない等)ので、メディア自体の耐久性ももちろん興味津々なのですが、信頼性を語る前に保存環境も考えないといけないかもしれないですね。結構部屋が埃っぽいので・・・。
長期保存はあまり視野に入れず、必要なときにライブラリみたいに取り出せて使う→しまうみたいな使い方をしたいと思っています。もしDVDものを買うなら、用途も含めて考えた方が良さそうですね。
どちらにしろ、絶対の信頼性というのは無いということですか(^_^;ありがとうございます、いろいろ研究してみます。

お礼日時:2001/12/11 20:52

テープストリマーなんかはどうでしょうか。

(4mm,8mmの規格ありますが)
素人考えで、じつはpartsさんにお聞きしたいくらいなんですが、、、。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ライブラリ的な使い方をしたいので(今後もこういう使い方が増えるでしょう)、まるごとバックアップ・・・でもなさそうです。すみません・・・(^-^;
やはり、光メディアを探してみることにします。

お礼日時:2001/12/16 01:49

僕もPartsさんと同様に「光メディア」は信頼していません。



それと、お節介ですが・。・・
まだ、DVD-Rの類は『買い』では無いと思います。
これだけ規格が分かれていては、将来どれが残ってスタンダードになるのか解りません。

ですので、バックアップ等の重要なデータはCD-R等に小分けに取る方が良いと思いますよ。

まだ、書き込み速度や精度において、今のCD-Rのレベルまで追いつくのに時間がかかりそうですしね。

>CD-Rなんかは記録層が物理的に壊れない限りデータは大丈夫だと思うのですが
もっと単純に壊れますよ。CD-Rのラベル面にシールなどを貼って剥がしてみましょう。
粗悪なメディアなら「反射面」が剥離して一発でおシャカです。
実はそんなに頑丈なメディアでは無いのですよ。

余談:
実際にやっちゃダメですよ。(;^_^A アセアセ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね、まだ発展途上といったイメージは拭えないです・・・。確かにCD-R、弱いと言えば弱いですね。まぁ、普通に保存するぶんには充分な信頼性だとは思っているのですが、絶対安全というのは無いわけで、DVDも含めて今後どうするかはじっくり考えてみます。ありがとうございました。
(でもどうせ買うならDVDドライブが欲しいf(^-^;)

ちなみに、私は通常の音楽CDにテープをつけてしまい、反射面どころか全部剥離してしまったことがあります。(爆)

お礼日時:2001/12/11 20:57

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QDVD-RAMかMO

ファイルを保存したりするために現在DVD-Rを使用しています。RWも使うのですが、ライティングソフトを使用して書き込むのはとても面倒でして・・・。
ライティングソフトを使用しないで書き込むことが出来るRAMとMOどちらかを購入しようと思っています。
みなさまはどちらがいいと思いますか??
MOは需用がなさそうなので(実際なぜMO自体があるのかわからないですが)RAMの方がいいのではないかと私は思っております。
皆様のご意見をお聞かせください。

Aベストアンサー

速度だけなら、DVD-RAM2と言うのがあります。
16倍速です。だだし、非対応のドライブで使うととても危険ですが…

Blu-Rayドライブでは、DVD-RAM 5倍速までしかサポートしてませんので
既に枯れた製品ですが…

DVD-RAM自体も、過去の製品となりつつあるのでどうかなという所です。
実際カードリッジタイプは、既に使えるドライブの新製品が無くなりましたので
今後は、使用に困る事態が発生します。(中身が取り出せるタイプのメディアなら使えますが…)

メディアの品質も今はあまり良いとは言えないので、保存に向くかは疑念の残るところです。
というか、異種ドライブ間で使ったらデータが壊れたことがあるので個人的には保存用には使いたくないメディアです。


という訳でMOをお勧めしたい所ですが、これは既に過去の製品です。
新たに購入するのなら、辞めた方が無難です。

先日、SALEでUSBメモリ4Gを1,000円、SD 8GBを1,500円で買いましたけど、
SDやUSBメモリが安くなってきたので、これからMOを使うのは割に合わないと思います。

現状手持ちで使える製品でコストの安い方で良いのでは無いかと思います。
単価的には、Blu-Rayで、パケットライトソフトを使って書き込むのが一番安いですが…

ちなみに消したりしないのなら、DVD-Rでパケットライトソフトを使えばよいのでは?
デスクトップからファイルをドラッグ&ドロップすれば、書き込まれますので…

速度だけなら、DVD-RAM2と言うのがあります。
16倍速です。だだし、非対応のドライブで使うととても危険ですが…

Blu-Rayドライブでは、DVD-RAM 5倍速までしかサポートしてませんので
既に枯れた製品ですが…

DVD-RAM自体も、過去の製品となりつつあるのでどうかなという所です。
実際カードリッジタイプは、既に使えるドライブの新製品が無くなりましたので
今後は、使用に困る事態が発生します。(中身が取り出せるタイプのメディアなら使えますが…)

メディアの品質も今はあまり良いとは言えないの...続きを読む

QMOの将来性は? DVD-RAMとどっち?

信頼性が高いということで、デジカメの写真などをMOに保存してきました。
ところが最近、安価なマルチDVDドライブが出てきたので、将来性を考えた場合、MOよりもDVD-RAMにした方がいいのかなと思い始めています。互換性なども考えた場合……。
今までMOを活用してきた皆さんは、どう思われますか?
最近は話題にすら上らないので、MOの先行きに不安を感じています。

Aベストアンサー

MOもDVD-RAMも将来性はイマイチです。
今、最も将来性を期待されているのは
メモリースティックでしょう。
タイプはいろいろありますが、
1GBがすでに商品化されていますし、
可動部分がないため、故障のリスクが低く
耐久性が高い。

DVDもブルーレイなどの新規格はさらなる大容量化
するといわれていますが
盤の傷や劣化、プレイヤーの消耗という問題は
解決されてません。

CDにしろDVDにしろドライブがホコリに弱く
数年も使うと読み取り性能が極端に低下します。
これが大問題。高い機材なので修理も高くつき
買い替えたという経験がある人も多いと思います。

それと盤面の傷、これも避けられません。
(MOはその点はいいんでしょうが普及はしてませんね)

最近、DVD機材が安くなって普及率もあがり
売り込み入ってますが、将来性はそれほどでもないです。
だから安いさ便利さで今使うものとしての利用に限られるでしょう。

最近のメディア開発競争はスピードが速いので
将来まで使えるようなことまでは考えられていませんね。
在庫を残さない業界のシステムなので
下手すると修理部品もなくなることもあります。
あまり特定の規格にこだわらず、
その都度、乗り換えていったほうがいいんじゃないでしょうか。

MOもDVD-RAMも将来性はイマイチです。
今、最も将来性を期待されているのは
メモリースティックでしょう。
タイプはいろいろありますが、
1GBがすでに商品化されていますし、
可動部分がないため、故障のリスクが低く
耐久性が高い。

DVDもブルーレイなどの新規格はさらなる大容量化
するといわれていますが
盤の傷や劣化、プレイヤーの消耗という問題は
解決されてません。

CDにしろDVDにしろドライブがホコリに弱く
数年も使うと読み取り性能が極端に低下します。
これが...続きを読む

QMOの信頼性とは…?

MOの信頼性とは…?

仕事のバックアップでMOを使っています。

しかし、昔よりバリエーションも少なく(電気屋でも売り場は隅っこですし…)、
他メディアよりもコストパフォーマンスで劣っていると思います。

社長は「色んなメディアがあるけど、MOの信頼性が一番高い」と言っていますが、
本当に他メディア(USBメモリー、SDカードなど)よりも信頼性は高いのでしょうか?

Aベストアンサー

とりあえずMOは、かの阪神大震災で倒壊した建物の中から発掘された後に、中身がちゃんと読み出せた、って程度にはしっかりしてますね。
勿論、物理的に破損したら終わりですけど。

記録エリアが剥き出しじゃないってのも、そういう物理的な外的要因による損傷を軽減していると思います。
同じ場所にあったCD-RやDVD-Rは全滅だったようですし。

USBメモリやSDカードに関しては、話にならないですね。
それらは、元々一時記憶のためのメディアであって、長期間保存には端から向いていませんから。
それらを使うくらいなら、DVD-R等の方が未だ信頼性が高いです。
そんなもんに大事なデータを長期保存とかってのは自殺行為です。

勿論、どのメディアだろうが、粗悪品だと論外なんですけど。

MOの場合、現状は業務用途で生き残ってるだけと言っても良いくらいですが、それでも生き残っているのは、コストよりも信頼性を評価されているからです。
個人ならコストだけを重視しても構いませんが、業務だと保存したデータが消滅する被害額に比べれば、MOのコストなんて微々たる物ですから。

重要なデータをUSBメモリに保存していて、ある日突然中身が消滅したら(USBメモリ的には良くある事ですから。)それこそ大問題ですよね。
まぁ、普通は複数バックアップ取っているはずですが、それを怠っていたら、その中身が消滅することで数百万とか数千万とかの被害が出る可能性も無いわけでは有りませんから。(勿論、記録していたデータ次第)

と言いつつも、特定用途以外では、MO需要はどんどん減ってきています。
今時は全国の支社にサーバを設置して同一データを複数拠点で保存しておいたり、オンラインストレージ使ったり、で災害があった場合に、どこかの地域が潰れても問題のないようにしていますから。

まぁ、記録しておく情報の価値で、どれを使うかを選択すれば良いんじゃないでしょうかね。

とりあえずMOは、かの阪神大震災で倒壊した建物の中から発掘された後に、中身がちゃんと読み出せた、って程度にはしっかりしてますね。
勿論、物理的に破損したら終わりですけど。

記録エリアが剥き出しじゃないってのも、そういう物理的な外的要因による損傷を軽減していると思います。
同じ場所にあったCD-RやDVD-Rは全滅だったようですし。

USBメモリやSDカードに関しては、話にならないですね。
それらは、元々一時記憶のためのメディアであって、長期間保存には端から向いていませんから。
それらを使うく...続きを読む

QMOドライブ(メディア)の信頼性

以前はMOでファイルのバックアップや移動の為の
一時待避に使っていましたが
ポータブルHDDが出てからもっぱらこちらを使うように
なりました
使わなくなった要因として信頼性があります
同じ環境での読み書きでは問題がないのですが
他人を巡回して戻ってきたりするとファイルが読めなく
なっている事が多々ありました(フォーマットも出来ない)特定の人間のMOドライブが壊れているような
気配はありませんでした(メディアの容量やフォーマット形式が違う=昔の環境などではありません)
原因は今更どうでも良いと思っているのですが
新しい仕事の環境でこれをどう扱っていくか
(他人が主としてと使っていればそれに従わなくてはいけないので)考えています

皆さんの環境ではMOに対する信頼性ってどうなんでしょうか?  ちなみにMOの抜き出しはWinから行っています(本体のボタンで取り出すのではなく)

Aベストアンサー

>相手にファイルが届いても「開けないぞ!」
多分.Writeキャッシュが効いていて(=OS導入直後の状態を変更していなくて).起動直後以外の時に参照したのでしょう。Writeキャッシュの内容が書き込まれ.簡単に破壊されますから。

>日午前中必着
なんて.条件をつける方の場合.安全性よりも高速性を優先しますので。本来OSが対応すべき内容を行っていないのが.マイクロソフト系OSの特徴で.ユーザーにかなりの負担をかけますから。

QMOかDVD-RAMか...

こんにちは、今度リムーバブルメディアとして1.3GBのMOかDVD-RAMのドライブを買おうと考えています。用途は主にダウンロードしてきたMP3ファイルを保存したり編集したりで、他にはバックアップメディアとして使おうと思っています。そこで質問なんですが、
#1)ダウンロードしたファイルを直接MOやDVD-RAMに書き込むことは可能なのでしょうか?
#2)MOとDVD-RAMはどちらが書き込む速度が速いんですか?
#3)MOとDVD-RAMはどちらが読み込む速度が速いんですか?
#4)あと、それぞれの長所と短所を知りたいです。

使い勝手の良い方を買おうと思ってます。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1つめはWindowsXPでは何のソフトもなしにDVD-RAMに直接書き込みが可能ですが、Windows下位バージョンではUDFパケットライトソフトを必要とする場合があります。MOについては不要です。

2つめは、MOですね。4倍速のDVD-RAMが出れば追い抜かれる危険があるかも、また、別のDVD規格であるDVD+RWとの比較ではアクセスの方法によって+RWの方が速くなることがあるかもしれません。

3は、MOが速いですね。これも高倍速のDVD-RAMが出れば、変わるでしょうが。元々RAMはエラー訂正が大きいのでちょっと遅い。

DVDの長所は容量が多いことでしょうね。あとは、価格が安いことです。また、ビデオを作成できる。
将来的にDVDに移行するであろう事から、有望な可能性があるかも・・・速度がまだ上がる可能性がある。

短所は、RAMはDVD-ROM互換性に乏しいこと、海外ではRAMより+RWが圧倒的に普及しており将来性に不安があること、メディアの単価が+RWの方が将来的に安くなる可能性なども考えられますし・・・(世界的なシェアで言えば、国内とは異なり+RWの浸透率が高くなりつつあります・・・それが怖い)
あとは、RAMはカートリッジタイプでなければ傷に他のDVDメディアより弱い。(これは意外ですが、事実です)反射率が元々低いためちょっと大きな傷で読み出せなくなることがある。


MOの長所は、安定したメディアであること使い勝手が容易であること。長期保存に向くこと。
容量が、それなりにあり、信頼性が高い。

短所は、人にメディアを渡したりするには、相手もドライブが必要。容量の割にドライブ・メディアとも高い。チリ・ホコリに弱い(メディア内やドライブ内にチリやホコリが侵入すると、メディアのエラーが生じることがあります。これは技術的な事実)磁気メディアという特性上、同じ容量のメディアの読み書きの速度が著しく上がる可能性は低い。

となります。
とにかく、リムーバブルのメディアとして信頼性重視で保存用に扱うなら、MOでしょうね。

安く大容量をとなると、DVDでしょう。
ただ、DVDの規格は3規格DVD-RW、+RW、RAMがありますから、吟味した上でなら良いですが、そうでないなら良く検討して選びましょう。(これがなければ、推奨ですが)
日本で優位でも海外でこのシェアは将来的にちょっと気になるかな?と私は感じますから・・・まあ、DVD-Rが使えれば問題ないですけどね。
http://ascii24.com/news/db/ad/ricoh_004/
(一応参考までに、日本と海外でのDVD規格別のシェアが記載)

1つめはWindowsXPでは何のソフトもなしにDVD-RAMに直接書き込みが可能ですが、Windows下位バージョンではUDFパケットライトソフトを必要とする場合があります。MOについては不要です。

2つめは、MOですね。4倍速のDVD-RAMが出れば追い抜かれる危険があるかも、また、別のDVD規格であるDVD+RWとの比較ではアクセスの方法によって+RWの方が速くなることがあるかもしれません。

3は、MOが速いですね。これも高倍速のDVD-RAMが出れば、変わるでしょうが。元々RAMはエラー訂正が大きいので...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報