昔のアニメは今のアニメと色が少し違いますよね。
それはなぜですか?理由をご存知の方は教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

恐らく、sakubaさんがおっしゃっているのは、デジタル


彩色されたアニメーションだと思います。昔のアニメは
セルに描かれた線画に、アニメーターが筆で絵の具を
塗って、そのセル画をカメラで1枚1枚撮影してフィルムに
していたのですが、最近では原画を直接コンピューター
に取り込んで、それをコンピューター上で彩色して、
そのままデータとして録画してしまう方式もあります。
これだと、やはり色合いが違っても不思議はないでしょう。
また、製作行程の違いだけではなく、技術の進歩は様々な
部分で表れて来るでしょう。例えば、絵の具も進歩する
でしょうし、カメラもフィルムも進歩するでしょう。
また、最も忘れてはならないのは、テレビ自体も大きく
進歩していると言う点です。これらの要素が組み合わさると
昔のアニメと今のアニメの色が違う原因が見えて来るの
ではないでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはり技術などが進歩したためなんですね。
どうもありがとうございます。

お礼日時:2001/12/12 13:40

こんにちは。

前の方々が言われているように昨今アニメの製作技術としてCGを取り入れているからと思われます。
しかしながら、93・4年頃よりTV放映の手段としてクリアビジョン方式を取り入れているためもあるかと思います。それ以前のアニメはちょっと曇った感じがしていたのですが、クリアビジョンになってから画面に鮮明さが現れてきたように思います。更に、CG・デジタルアニメーション技術が向上し、より画質・画像性能が上がってきたのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
参考にいたします。

お礼日時:2001/12/12 13:43

昔はセル画でしたが、今はCG着色が発達しています。


そのせいではないですか?
もちろん、今セル画が全く使われていないわけではないのですが。
あと、再放送しすぎでテープが悪くなっているってのも理由にあるようですが。
それはTVで放映する場合ですね。

ちなみにスタジオジブリでは、その会社独特のカラーがあるそうで、
そこでずいぶん新色が出来ているそうですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですか。
どうもありがとうございます。

お礼日時:2001/12/12 13:36

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qハイビジョンとブルーレイレコーダーの違い

アドバイスお願いします<m(__)m>
HDハイビジョンレコーダーとブルーレイレコーダーの違いは
DVDに落す時、ブルーレイはハイビジョンのまま落とせる。
HDレコーダーはハイビジョンのまま落とせない。
のが大きな違いでしょうか?
東芝ではハイビジョン→ハイビジョンのままDVDに落せる機種もありますが、アクオスはハイビョジンのままDVDに落すことはできないようですが、HDとブルーレイの大きな違いみたいなのがあれば
教えて下さい<m(__)m>
保存メディアの価格の差は理解しているつもりです。

Aベストアンサー

まず「HD」ではなく「HDD」です。
ただの「HD」は「HD画質」つまりハイビジョン画質を意味します。
また「DVDに落す時、ブルーレイはハイビジョンのまま落とせる。」という表現も間違いです。DVDはDVD、ブルーレイはブルーレイで、まったく別のものだからです。

ですからあなたが比較しているのは、

HDD内蔵DVDレコーダー
HDD内蔵ブルーレイレコーダー

ということになります。違いは単純に前者はDVDにしか落とせず、後者はBDにも落とせる、ということです。もちろん前者であってもHDDにはハイビジョンのまま録画できますので、見て消すだけならBDである必要はないことになります。
またおっしゃる通り、東芝や松下にはDVDにハイビジョン画質で落とせる機能を持つ機種があります。

少し違う見方をすると、DVDの場合はレコーダー、プレーヤー、PC以外にもポータブルプレーヤーやカーテレビなどでも見る事ができ、テレビのサイズや入力端子にもそれほど多くを要求しませんが、BDの場合は小さいテレビや高画質用の入力端子を持たない古いテレビや安いテレビでは高画質というその能力を発揮できない、という点が違います。

つまりどんなテレビをお持ちでもとりあえずVHSをDVDに変えればが質的に向上したと実感できますが、20インチ以下程度の小さいテレビやS端子もないような古いテレビなどではBDにしてもあまりうれしくない、ということになります。

まず「HD」ではなく「HDD」です。
ただの「HD」は「HD画質」つまりハイビジョン画質を意味します。
また「DVDに落す時、ブルーレイはハイビジョンのまま落とせる。」という表現も間違いです。DVDはDVD、ブルーレイはブルーレイで、まったく別のものだからです。

ですからあなたが比較しているのは、

HDD内蔵DVDレコーダー
HDD内蔵ブルーレイレコーダー

ということになります。違いは単純に前者はDVDにしか落とせず、後者はBDにも落とせる、ということです。もちろん...続きを読む

Q原作付きの少女アニメですが昔は今より原作無視のアニメが多かったんですか?

原作付きの少女アニメですが昔は今より原作無視のアニメが多かったんですか?

Aベストアンサー

もちろんです。

絵柄が汚くなるのは技術的問題ですが、本来、金髪の登場人物でも、主人公が金髪で絵顔的にバランスが悪いとかの理由で簡単に茶色の髪にされたり。

エピソードも、勝手に登場人物の性格を誇張したものを入れたり。
原作を好きであればあるほどガマンなりませんでしたね。

その点、最近は原作に忠実で、絵もキレイで、いい時代になったと思います。

Qデジタルビデオカメラの購入 ハイビジョンビデオカメラとの違い

デジタルビデオカメラを購入しようと思っていますが、
ハイビジョンとハイビジョンではないもので迷っています。

現在使用しているテレビはハイビジョン対応ではなく、
ハイビジョンに対応しているプレイヤーももちろん所有しておりません。
今後も当分の間、ハイビジョン対応機器を購入する予定はありません。
ですが、当方が気になる点はハイビジョンの画質です。

ハイビジョン非対応のテレビで
ハイビジョンカメラで撮影した映像を流しても、
一般のビデオカメラで撮影した映像を流しても、
画質は差がないのでしょうか?
色合いや、鮮明さ、などはどちらも変わらないのでしょうか?

つまり、ハイビジョンと通常のカメラの違いは
「解像度」の違いだけなのでしょうか?

また、よろしければおすすめの機種を教えていただけたら幸いです。

当方の用途としては
1.兄弟の結婚式披露宴での撮影
2.音楽サークルでの演奏風景の撮影(簡易なPVなど)

静止画は特にこだわらず、予算は6万円くらいです。


皆様の回答をお待ちしております。

Aベストアンサー

一年ほど前にビデオカメラを買うときに同じような状況でした。

店員さんが言うには、
「ハイビジョン対応のビデオカメラを買うのは2~3年後を見越した今後のため」
だそうです。

当時は質問者さんと同じようにハイビジョン対応のテレビもプレイヤーもありませんでした。
で、結局はPCで編集しやすいと考えて、HDDのビデオカメラ(約8万)を購入。

結構満足してますよ。
直接TVに接続して映像を見ましたけど、画質もそれほど気になりません。

でもHDDの容量がいまだに10時間以上もあり、面倒くさいもあってPC入れたり、DVDに焼いたりしてませんけど(笑)


結論から言えば質問者さんの予算が許すならハイビジョン、他に優先順位(価格、追加のバッテリー、HDD内蔵、ハイブリッド等)があるならそちらを優先というところでしょうか。

Qこのアニメご存知の方いらっしゃいませんか

うちは関東なのですが、1ヶ月ほど前、ふとテレビでこんなアニメを目にしました。
はっきり見ていなかったので不正確かも知れませんが、中国の路地的な電脳都市というか、「九龍」(クーロン)なイメージの街があり、その中でお面をつけた子供達が奇怪な化け物達に襲われながら、命をかけた危険な鬼ごっこをしている。最後に、狐の面をつけた女の子が黒幕で、つかまった子供がその街を維持するための電力源として使われている事がわかる・・・というような内容に思えました。
ラストは、最後まで生き残った男の子が次の鬼になる・・・という、ちょっと怪談めいたものでした。
画質はとてもきれいで、ダークな雰囲気の内容からしても大人向けのアニメではないかと思われます。
このアニメは何でしょうか?タイトル等ご存知の方、教えてください。

Aベストアンサー

YAMATOWORKS作の「カクレンボ」ですかな?

Qハイビジョンとフルハイビジョンの違いを教えて下さい。来月ボーナスで薄型

ハイビジョンとフルハイビジョンの違いを教えて下さい。来月ボーナスで薄型液晶テレビの購入をするものです。理由は龍馬伝を迫力ある映像でみたいからです。このサイトで質問して37型以上を買うことにしました。回答にフルハイビジョンというキーワードが何回も出てきましたが何の事かわかりません。現在ブラウン管の27型位でテレビを見てるので未知の世界です(笑)

Aベストアンサー

ハイビジョン(Hi-Vision)は、有効水平解像度が650本以上あるテレビ放送または受像器のことを意味します。すでに回答があるようにNHKが商標権を持っており、商標ではない正確な名称はHDTV(High Definition TeleVision)となります。

フルハイビジョン(別名・フルスペックハイビジョン)は、現在のハイビジョンテレビ放送またはハイビジョンコンテンツ(Blu-ray Discなど)での最上位映像規格を完全に表示できる仕様の受像器や録画再生機を、その他のハイビジョン機器と区別するために付けられた呼称です。

ここでは、すべてデジタルハイビジョンであるという前提で書きますが、
ハイビジョンコンテンツの規格には、国内では主に

1280×720(副ハイビジョン、順次走査放送に多く、衛星放送やインターネットコンテンツの一部などで利用)
1440×1080(国内の地上デジタル放送の解像度/HDVビデオカメラの標準記録方式)
1920×1080(最高解像度規格/Blu-ray Disc/NHK BS Digital Hi-Visionなど)

の3種類が使われています。
このうちの1920×1080ドットの映像をフルスクリーンで余すところなく表示できるまたは録画再生できるのがフルハイビジョンです。

一般に液晶テレビやプラズマテレビでフルHDやフルハイビジョンとかかれている場合は、
1920×1080ドットの解像度を持つディスプレイパネルを採用しています。
それ以外のパネルは、1366×768ドット、1440×960ドットなどの低解像度パネルが使われています。

高解像度パネルほど、解像感が高くなり、よりきめ細かく表示されます。
ただ、その反面VHSやDVDなどの元々解像度の低い標準放送コンテンツ(SDTV)に関しては、汚い画像に見えてしまうようになります。
それに対して、低解像度パネルは解像間が低くなり、フルHD映像では少しぼけたように映ることがありますが、DVDなどの低解像度コンテンツはフルHDパネルに比べると綺麗に見えることがあります。

まあ、今後のテレビ放送はHDTVが中心となりますから、フルHDを選ぶのが無難でしょう。
ただ、プライベートルームなど小さな部屋でみる場合や、VHSなどの低解像度のコンテンツを再生するための専門のテレビなどをお求めの場合は、あえて解像度の低いテレビを選ぶという手もあるかもしれません。

ハイビジョン(Hi-Vision)は、有効水平解像度が650本以上あるテレビ放送または受像器のことを意味します。すでに回答があるようにNHKが商標権を持っており、商標ではない正確な名称はHDTV(High Definition TeleVision)となります。

フルハイビジョン(別名・フルスペックハイビジョン)は、現在のハイビジョンテレビ放送またはハイビジョンコンテンツ(Blu-ray Discなど)での最上位映像規格を完全に表示できる仕様の受像器や録画再生機を、その他のハイビジョン機器と区別するために付けられた呼称です。

こ...続きを読む

Qこんなアニメをご存知ありませんか?

こんなアニメをご存知ありませんか?


どうもです。今回もよろしくお願いします!
前回の質問の際、ご回答くださったかた、まことにありがとうございます。
たくさんのアニメを紹介していただけて楽しかったです!

そんな中、紹介されたものを見て気がついたので、ひとつお聞きしたいとおもい質問しました。
皆さんの中に、『下ネタそしてギャグ』のハイテンションなアニメを知っている方はいませんか?
好みとしては
まりあ ほりっく
B型H系
みたいなのがいいです。
銀玉はちょっと違うかな?なんて思っています。

ご存知の方がいましたら紹介してください。
よろしくお願いします!

Aベストアンサー

おるちゅばんエビちゅ

Qハイビジョンレコーダーとブルーレイレコーダーの違いは?

ハイビジョンレコーダーとブルーレイレコーダーの違いは何なんでしょうか?

Aベストアンサー

基本的な違いは、そのレコーダーでブルーレイディスクが使えるかどうかです。
ブルーレイディスクは、一般のDVDより長時間録画できます。
地デジやBSデジタルのハイビジョン放送は、最近販売されているものではどちらのレコーダーでも内蔵しているHDDに録画でき、差はありません。
HDDに録画した記録をディスクにコピーしようとした時、容量が大きいとDVDディスクには、コピーできず、ブルーレイならコピーできるということが起こるということです。
ですから、レコーダーに録画した番組は見たら消すという使い方をしている場合は、高価なブルーレイ対応のレコーダーを購入しても無駄になります。
なお、Panasonicと三菱は一般のDVDディスクにハイビジョンが画質で録画できます。(他にも対応メーカーがあるかも知れません)

Q不思議の海のナディア アニメをご存知の方

NHKでかなり前に放送されたナディアというアニメが最近地元の教育テレビで再放送しているので、なんとなく見ていたのですが、6話をそういや見逃してたな・・・と放送後に気づいて後の祭りで…。
6話の内容を大まかにで良いので、洞窟へ行った後に何をしてどうなって7話に続くようになるか?を教えて下さる方お待ちしております。

Aベストアンサー

参考まで。

http://blog.livedoor.jp/peperon999/archives/5497028.html

QBSハイビジョンをハイビジョンTVとフルスパックハイビジョンTVで見た場合の目に見える違い

題名そのままの質問ですが、よろしくお願いいたします。
また、ハイビジョンTVはBSハイビジョン映像との走査線の違いをどのように合わせているのでしょうか?
走査線を間引いているのですか?

Aベストアンサー

説明は以下のリンクあたりがわかりやすいのではないでしょうか。
見た目の違いとしては一般的には40以上のサイズでないと一般の人にはほとんど違いはわからないといわれてますね。
実際電器店などで見ても「どこが違うの」って言うようなものも多いです。
電気屋さんが宣伝するほどの価格差に見合う違いはないといっても良いと思います。
もちろん感覚は個人差があるので一概には言えませんが。

参考URL:http://www.geocities.jp/bokunimowakaru/std-lcd2.html

Qこの手塚アニメの詳細をご存知ないでしょうか?

20年近く前に見たアニメについてお尋ねします。

手塚アニメの特別な短編で、映画館で見たのかテレビで見たのかも覚えていません。

一番印象に残っているのは、アニメの製作中に画面に映りこんでしまう黒い線(髪の毛のような)をわざと出して、ブタのキャラクターが「この黒い線は…」という感じで解説するシーンです。

おそらくアニメの作り方をブタのキャラクターが説明する話だったと思うのですが、新幹線か飛行機の中で爆発が起こるシーンがあったような気がします。
ヒゲおやじなどのキャラクターも出ていたと思います。

ご存知の方いらっしゃいましたら、詳細を教えてください。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

> おそらくアニメの作り方をブタのキャラクターが説明する話だったと思うのですが、

 「ブタのキャラクター」で思い浮かぶのは「猪八戒」か「ひょうたんつぎ」ですが・・・

 「アニメの作り方を説明」がありそうなのは「手塚治虫物語 ぼくは孫悟空」ですが・・・

 という事で,「手塚治虫物語 ぼくは孫悟空」の可能性は如何でしょうか。ただ,この作品「1989年8月27日」に放送された 『24時間テレビ愛は地球を救う』のスペシャルアニメ・第12弾で,70分ですので「短編」とは言い難いのですが。。

 ・手塚治虫物語 ぼくは孫悟空http://anime.goo.ne.jp/dvd/detail/D110557658.html

 #1さんのサイトの「STUDIO」にある「キャラクターワールド」等も御覧になってみて下さい。

参考URL:http://anime.goo.ne.jp/dvd/detail/D110557658.html


人気Q&Aランキング