先日、債務者の口座が存在するかどうかさえも分からない状況のなかで、
とある銀行支店を対象に差し押さえの手続をとりました。
銀行には「陳述催告の申立」を行っています。

そこで質問です。

 1.いつ頃、どのような形で、債務者口座の存在の有・無を知ることができる
   のでしょうか?

 2.また、もし口座が存在していた場合には、いつ頃、どのような形で、残高が
   取立てに充分なだけあるかどうかを知ることが出来るのでしょうか?

自分から、銀行サイドや裁判所に、早めに問い合わせのTELなどを取ったほうが
よいのでしょうか?

以上、宜しくお願い致します。

A 回答 (2件)

 質問に対する解答は、#1の方のとおりだと思いますが、その銀行支店に決めたのはどういうわけでしょうか。


 お住まいの地域で、一番大手の地方銀行の、債務者の住所地の最寄の支店、といったところでしょうか?
 もし、それで空振りに終わるようでしたら、次のような方法で、あたりをつけてみることをお勧めします。

1.債務者に持ち家があれば、その登記簿謄本を取ってみる。
 住宅ローンの抵当権がついていれば、公庫融資なら、取扱の銀行支店名が、明記されています。銀行の融資であれば、抵当権は、その子会社の保証会社の抵当に入っています。たとえば、富士銀行であれば、「富士銀クレジット」という会社の抵当がついています。支店まではわからないので、あえて特定しないか、債務者の地縁がありそうな支店にするか、前者のほうが空振りの可能性は減りますが、陳述を得るまでの時間は当然余計にかかります。
 あるいは、もし、それらの抵当権について、競売が開始されているようであれば、あなたの場合、判決はとっているようなので、配当要求(債権届出)という割と簡易な手続も可能です。オーバーローンであれば、無意味ですが。
 いずれにしろ、不動産執行係に相談してください。
 
2.債務者が事業者である場合
 債務者の取引相手と連絡が取れれば、その人から、振込先としてどこを指定されたか聞き出す。案外盲点ですけど、これほど堅い手ないです。
 登記している会社であれば、商業登記簿を取得する。
 設立か、増資の登記から5年以内であれば、さらに、その登記申請のときの添付書類の閲覧まで可能なんですが、資本金を銀行に払い込んだことの証明書がついています。まぁ、その資本金については、そのまんま残っていることは、まず、ないんですけども、いわゆる「取引銀行」ということなので、会社名義にしろ社長個人名義にしろ、口座がその銀行支店にある可能性自体は非常に高いです。
 と、ここまでごちゃごちゃかいといて、こんなこというのもなんですが、上記の諸方法なら、口座自体があるのは、ほんと、まず間違いないのは自信ありますが、あなたに対する支払いが、滞ってしまったような相手のことですんで、残高の額が・・・、っていうのがたいていの落ちになってきます。でも、そこは、ここまで専門家の手を借りず(ですよね?)、一人でやってこれたのだから、とくに、債権差押っていうのは、差押の中では、費用的には一番リーズナブルなので、根気よく頑張ってほしいです。
 あと、空振りに終わったら、そのつどちゃんと取り下げてください。いちおう、取下げも書面でやることになりますが、一般の方が御自分でやられている場合は、裁判所の窓口で、その旨はっきりと伝えれば、ほとんど、書記官のほうで処理してくれるかんじで片付くみたいです。
 とくに、銀行が、債務者に多額のお金を貸していると陳述してきた場合は、さっさと取り下げてください。そこから回収は不能なばかりか、せっかくの判決が、銀行の相殺によって、中身空っぽになる恐れがありますんで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。
実践的なアドバイス、すぐにでも役に立ちそうです。
特に口座のめぼしの付けかたなど、相談した弁護士でさえ教えてはくれなかったような方法ですね。
とても勉強になります。

ひとつだけ質問ですが、差し押さえの手続においては、銀行の「支店」を必ずしも特定する必要はないのですか?
銀行名だけで差し押さえ手続きはできるのですか?

お礼日時:2001/12/12 10:13

 問い合わせをするのでしたら、銀行ではなく裁判所ですね。

手続きがされたのであれば、数日後には銀行から裁判所に、債務者名義の口座の有無、残高状況が報告されると思われます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。
大変に恐縮ですが、実はもう少し具体的に教えて頂ければ幸いです。

「数日後に銀行から裁判所に債務者名義の口座の有無、残高状況が報告される」と言うことですが、では一体、目安として
私はいつ頃裁判所にTEL問い合わせすればよいでしょうか?
たとえば、裁判所から銀行に対し差し押さえ命令が発送された日から数えて5日目位とかでしょうか?

重ねての質問で恐縮ですが、宜しくお願い致します。

お礼日時:2001/12/12 10:22

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q陳述催告の申立てで第三債務者を書く時に

債務者の銀行口座を差押える場合、第三債務者は主に銀行になると思いますが、
申立書に債務者の名前を記入するだけで第三債務者は債務者の口座を特定できるのですか?
同姓同名の口座名義人が複数いた場合何から割り出すのでしょうか?
当事者目録の債務者住所でしょうか?
勉強不足ですみません。

Aベストアンサー

No.2で回答した者です。
債務名義上の住所と現在の住所が違う場合、最新の住民票を提出しないといけないと書きましたが、
正確には「債務名義上の住所と現在の住所とのつながりが分かる住民票」ですので、この場で訂正させていただきます。

さて、なぜ現在の住所が必要なのかと言うと、債権執行の第1の管轄は債務者の普通裁判籍すなわち債務者の現在の住居所で判断するからです。
もし、債権者が、債務者の管轄がないことを黙って債務名義上の住所を管轄する裁判所で債権差押命令の申し立てをし、裁判所が命令を出した後、住所が違う(命令が出る前に変わっていた)ことが裁判所に分かった場合、
管轄が違うということで一度出た命令の効力がなくなるということはありませんが、
債務者の住所が明らかに違うということで裁判所は更正決定をしないといけなくなります。

Q債務者の銀行口座へ強制執行をかける場合

教えてください。
裁判で勝訴し(相手が住所不明な為 出頭せず)銀行口座への強制執行を準備中です。銀行口座は判っています。

1.登記簿謄抄本は必要でしょうか?必要な場合、対象銀行の登記簿謄抄本でしょうか?支店の場合、その支店の登記簿謄抄本をとればよいのでしょうか?登記簿謄抄本はどういった効力があるのでしょうか?

2.当事者目録の書き方として、対象銀行のところの書き方はどうすれば良いのでしょうか?本店の住所と銀行名を書いて、送達場所の欄に支店の住所と銀行支店名を書けばよいのでしょうか?

いろいろgoogleで調べているのですが、これだといった例が無いので、ご存知の方、宜しくご教授願います。

Aベストアンサー

お答えします。
まず、
(1)登記簿謄抄本は必要です。強制執行かける銀行のものが必要となります。例えば、○○銀行株式会社の物です。支店等は関係なく、あくまでも対象銀行の物です。
そこに代表者代表取締役○○○○と書いてありますので必ずそのまま記入します。

(2)は差し押さえ銀行の支店名とその住所を記載します。

私も強制執行準備中ですので当事者目録の記入例を見て回答しております。裁判所が親切にくれました(^^)

ま、記入の一番上は自分の住所
二番目は被告の住所
三番目に登記簿謄抄本記載の、○○銀行
代表者代表取締役○○○○
で送達場所欄には差し押さえ銀行の支店名とその住所であります。
ただあくまでも当事者目録の預金差し押さえ例です。
給料差し押さえ例は別になります。ご注意を^m^

Q銀行口座を差押え・債務者言語障害

銀行口座を差押えしてお金があったのですが、債務者が病気で言語障害などで自分の意思を伝えられない場合、そのお金を弁済金とするにはさまざまな手続きがあるそうです。どの様な手続きが必要なのでしょうか。

Aベストアンサー

>異議がある場合、本人は病気のため申立てれませんが、弁護士などが代理人となり裁判などとはならないのでしょうか。

この場合の「異議」は正式には「執行抗告」と言い、口頭弁論は開かず「決定」と言う裁判方式です。
簡単に言えば「書類審査」です。
そして、仮に、その執行抗告があっても執行停止の効力はないので、1週間が経過すれば取立できます。
ただし、同時に「執行停止」があれば、その裁判が終わるまで取立できないです。
このように、様々な手続きはできることになっていますが、これは債務者側のことで、実務でも、それが認められることは希なことです。
債権者として「債務者が病気のため取立困難」など考える必要はないです。
又、債務者から異議(執行抗告)があっても、それに対する対応は手続きは必要ないです。
何故ならば、基本的に、その異議は裁判所に対する異議で、債権者に対する異議ではないからです。
従って、取立にはそれほどの影響はないです。

Q陳述催告に応じない第三債務者

取立訴訟を提起しようと考えています。
しかし、訴額が分かりませんので、
請求の趣旨に悩んでいます。

「1.被告(株)****(第三債務者)は、訴外****(債務者)に支払うべき給与・報酬を明らかにし、月々に支払う金額を債権差押命令に従って、債権差押命令に記載される請求債権に満るまで原告に対し支払え

とりあえず書いてみましたが、しっくりしません。
よろしくご指導下さい。

Aベストアンサー

請求の趣旨
1 被告は、原告に対し、○○○円(被差押債権額)を支払え、
2 訴訟費用は被告の負担とする、
3 この判決は仮に執行できる、
との判決を求める。

請求の原因
1原告は、訴外****に対し、平成  年 月 日、○○○円を貸し付けた(以下「本件債権」という。)。
2原告は、本件債権について、○○地方裁判所平成  年 月 日、債権差押命令(○○地方裁判所平成 年( )第1234号)を得た。同債権差押命令は、第三債務者である被告に対し平成 年 月 日、差押債務者である***に対し平成 年 日、それぞれ送達された。(甲1、2)
3よって、原告は、被告に対し、本件債権に対する取立権に基づき、訴外****が、被告から支給される給与、賞与、退職金につき、債権差押命令に記載されている請求債権に満るまでの金員の支払いを求める。




ない頭を使って作りました。こんなものでいかがでしょう?

一応、司法書士の先生にチェックお願いします

Q第三債務者の陳述書について

第三債務者の陳述書について裁判所の書式の1に、
「差押えに係る債権の存否」とあり、「ある」または「ない」で答えるようになっています。
この「債権」は、差押え人が第三債務者に対して持つ債権という意味でしょうか。

第三債務者が差押え人に対して「私には、あなたから差押えられる理由がない」と
主張したいのなら、「債権」は、その対義語の「債務」ではないのか。
そんな風に考えると、頭がコンガラガッテ来ます。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

少々違いますヨ
陳述書で「差押えに係る債権の存否」と言うのは、
第三債務者が債務者に対しての債務のことです。
第三債務者に対しての債権の差押は、
本来ならば、第三債務者は出て来ず、債権者が債務者に支払いを求めればいいことですが、
第三債務者が債務者に支払い義務があれば、債権者は直接に第三債務者に請求して取立できます。
そのことが、第三債務者に対する債権差押です。
従って、「私には、あなたから差押えられる理由がない」と言うことではなく、
理由があろうがなかろうが、債権者は差押ができるので「私は、債務者に支払いするものはないです。」と言えばいいことです。
それが冒頭の存否の「否」です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報