今だけ人気マンガ100円♪夏の100円レンタル祭り♪

来年結婚することが決まったのですが、
どうやら相手(旦那)が親子で住宅ローンを
組んでいるようなんです。

自分たちも将来マイホームを持つ計画だったのに、
二重ローンはとても払っていけません。
また、義父の家と私たちが住んでいる場所は
遠いため一緒に生活していくことは難しいのです。
そこで義父宅の側に住んでいる義姉夫妻がいるので、
親子ローンの名義を義姉夫妻に変えてもらえないか
お願いしたいと思っているのですが、可能なのでしょうか?
また名義変更には贈与税等が発生してしまうのでしょうか?

婚約が決まり幸せ気分だったのが、ローンの心配で
お互いの関係がギクシャクしています。
どうか良い方法を・・・宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

現役不動産屋ですが、ローンの名義変更は出来ません。

義姉夫婦と売買契約をむすめばローンが組めます。でも、かなりの確率で、拒否されるでしょう。しかも、相続時に実家の土地建物の相続分はほとんど残らないでしょう。どうしても、自分の家を持ちたいのであれば奥様が仕事を始めて奥様の名義で家を買えば良いです。早ければ正社員になって半年くらいでローンが組めます。家を買うときに、最初から親子でしか組めないのであればローンを組むのはかなり危険ですので、お気をつけ下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご返答ありがとうございます。現在私も働いていて旦那よりも若干ですが収入も上になりますので、私名義でのローンで考えてみたいと思います。結婚当初から自分以外の人の借金を背負うことになるなんて、、、という感じですが頑張っていきたいと思います。どうもありがとうございました。

お礼日時:2005/12/13 08:52

可能かどうかは現在ローンを借りている金融機関の判断によります。


金融機関が承認すれば可能です。認めてくれなければだめです。

もちろん義姉夫妻も了承しなければなりませんけど。

まずは義姉夫妻が了承したら次にその金融機関に行き相談することになります。
(門前払いでない場合には義姉夫妻の所得証明、源泉徴収などか審査に必要になります)

もし金融機関も了承したのであれば、不動産の持分とローンの両方を義姉夫妻に贈与することになり、これは負担付贈与になりますので、一般的には贈与税はかかりません。
ただこれまでに支払ったローン金額との関係で贈与税が発生する可能性もありますので、税務署に事前に相談されるとよいでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご返答ありがとうございます。まずは義姉夫婦に相談したいと思います。わずかでも可能性があると伺い、気持ちが少し楽になりました。本当にありがとうございました。

お礼日時:2005/12/13 08:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q親子2代で組むローン

主人の実家が親子2代で組むローンで建てたと聞きました。
それってもしかして、将来的に主人がローンを払うってことですか?
主人も初耳だそうで、一体どういうものなのかわかりません。主人の実家は遠いので、これから一緒に住むということはないんですが、やっぱり払わなきゃいけないってことでしょうか?

Aベストアンサー

■2世代ローンには、1)申込本人の子供等を連帯債務者として後継者に指定し、その人が返済を継続していく「親子リレー方式」と呼ばれるものと、2)親と子で各々が二口同時にローンを組む「親子ペア方式」と呼ばれるものがあります。

■ご主人が知らなかったことを考えると1)のケースと考えますが、他に連帯債務者に指定されるようなご兄弟はいらっしゃらないのですか?

■ご両親が亡くなった時あるいはご両親が返済をやめた時に、その債務を引き継ぐのかどうか選択することになります。返済を希望しない場合は、金融機関はご実家を担保物件として差し押さえるので、ご実家はなくなります。

■もし、債務を引き継ぐことを選択した場合には、ご主人がローンを払い続け、完済した時にはご自分のものになります。家を売却して利益をローンの返済に使うこともできます。債務を引き継ぐかどうかを選ぶことができますので「払わなくてはならない」ということはありません。

■ところがこれには大きな「落とし穴」があります。現在はご主人のお父さん1人の名義でローンを組み、ご主人を連帯債務者として指定している場合、お母さんを残してお父さんが亡くなった場合です。この場合、お父さんの財産を債務もろともお母さんに相続させ、お母さんがローンを支払い続けることができますが、お母さんの支払い能力が無かった場合なのです。お母さんがローンを払うことができない状況の場合、後継者であるご主人がローンを引き継ぎます。そこで「債務を放棄したり実家を売ったりして実家を無くし、つまりお母さんと同居をするのか、債務を継続してローンを払い続けるか」ということになってしまうのです。

■お嫁さんとしては「姑と同居するか、金を払い続けるか」というどちらもひどい選択を迫られるのです。この点から、2世代ローンは老人夫婦の非常に身勝手なローンとして利用されることがあるので、普及しない理由となっています。

■ハウスメーカーは「子供さんへの財産と思って」などどと理由をつけて2世代ローンを組ませることもあるようですが、実は上記のようなことがあるのでトラブルの種にもなっているローンです。

■2世代ローンには、1)申込本人の子供等を連帯債務者として後継者に指定し、その人が返済を継続していく「親子リレー方式」と呼ばれるものと、2)親と子で各々が二口同時にローンを組む「親子ペア方式」と呼ばれるものがあります。

■ご主人が知らなかったことを考えると1)のケースと考えますが、他に連帯債務者に指定されるようなご兄弟はいらっしゃらないのですか?

■ご両親が亡くなった時あるいはご両親が返済をやめた時に、その債務を引き継ぐのかどうか選択することになります。返済を希望しない場合...続きを読む

Q親から子への住宅ローン返済(借り換えについて)

親名義の住宅ローンが20年程残っております。(残高は3000万円)

諸事情で月々の返済額を払うのが厳しくなりそうです。(現在18万前後払っています)
月々の返済額を減らすために、子供の私が新たに住宅ローンを組むことは可能でしょうか?(月々の返済額を10万前後にしたいと考えています)

私の勤務状況や年収は以下になります。
30歳 年収350万前後 勤続年数7年

同じような体験や、ご存知の方がいましたらご教授していただけるとありがたいです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>子供の私が新たに住宅ローンを組むことは可能でしょうか?

父親の住宅ローン返済を助ける為に、住宅ローンを組む事は出来ません。
そもそも、担保がありません。また、購入する不動産もありません。

>ご存知の方がいましたらご教授していただけるとありがたいです。

先ず、父親の住宅ローン返済額を減額しましよう。
残20年だと、基本的に利息ばかり支払って元本は減っていませんよね。
そこで、別の銀行(都銀・地銀・信金・信組・信託銀)に「住宅ローン借り換え」を行なってください。
あくまで、父親本人が返済する事が重要です。
この借り換えだけでも、毎月の返済額は(今の金利では)思った以上に減額になりますよ。
金利は、各金融機関毎に異なりますから「各金融機関が作成した返済計画書を比較」する事が必須です。
一番条件の良い金融機関と契約し、借り換えを実行します。
この時、(契約上は父親が債務者ですが)質問者さまも返済を援助して下さい。

借り換えが不可能だった場合。
その住宅の「親子間(任意)売買」を行ないます。
質問者さまが父親から「ローン付き住宅を購入」する形になります。
多くの場合、ローン返済が出来なくなった物が所有する不動産を、差押さえ競売になる前に所有権移転を行なうものです。
実名は出しませんが、某都銀で実際に融資を行なっている前歴があります。
なかなか親子間売買での住宅ローンは難しいですが、可能性はゼロではありません。
極端な例ですが、住宅ローンを残したまま父親が死亡。住宅ローンとローン付きの家屋を相続。
相続者は、新たな住宅ローンを抱える事になりますよね。
この時も、相続者は「新たな別の金融機関から、住宅ローン融資を受ける事が可能」なのです。
売買か相続かで異なりますが、実質は同じ事ですよね。

まぁ、色々と金融機関を回って下さい。
但し、ノンバンクは金利が高いので結果は同じになる可能性が高いです。

>子供の私が新たに住宅ローンを組むことは可能でしょうか?

父親の住宅ローン返済を助ける為に、住宅ローンを組む事は出来ません。
そもそも、担保がありません。また、購入する不動産もありません。

>ご存知の方がいましたらご教授していただけるとありがたいです。

先ず、父親の住宅ローン返済額を減額しましよう。
残20年だと、基本的に利息ばかり支払って元本は減っていませんよね。
そこで、別の銀行(都銀・地銀・信金・信組・信託銀)に「住宅ローン借り換え」を行なってください。
あくまで、父親...続きを読む


人気Q&Aランキング