私の町の駅周辺に催眠商法とよばれる、悪連中が定期的にきます。町から町へ移動しているのでしょうが
見るたびに腹が立ちます。
主に、おばあちゃんなどをだまして、部屋に軟禁して布団とか買わせるわけですが。
どうどうと派出所の前で商品をプレゼントしています。
警察には電話しているのですが、どの辺が彼らは違法なのでしょうか?
SF商法自体が違法ならいいのですが、
買うのはお客さんの自由なのでしょうか?
もし、彼らが、なんの問題もなければ
この世は闇です。
町でプレゼントとか配るのは厳密には違法とか
なにか、法を犯していないか教えてください。

なんとか彼らをぎゃふんといわせて町から追い出し
できれば廃業させたいのですが、

A 回答 (2件)

それがSF商法と言われるもので、消費生活センターにも沢山の苦情が寄せられている、という情報を、皆が知ることですね。



○○社がやっているのは悪徳商法だ、というと訴えられる恐れがありますが、
「・・・・こういう手口で、つい高価な商品を買わせるSF商法というのがあります、消費生活センターには毎月○件の苦情がよせられています。○○さんは・・・でした、みなさん注意しましょうね」と言う文章では、「ただの手口紹介」「苦情実態お知らせ」ですので、訴えられても「へー、あなたはSF商法やっているんですかー、知らなかったなあー」ですみます。(やくざとか、無法者が出てきた場合は別の対応が必要ですが)こういうPRをすることだと思います。消費生活センターに、手口や苦情についての情報はあると思います。

(薬事法で効能をPRするのが禁止されている健康食品の広告をみると、○○さんの経験「私はずっと××でしたが、○○を飲むようになって、どうなったこうなった」というようになっています。)

いなかでは、公民館や集会所で「布団の展示」などをやっていることがあるので、区長さんに、被害が出ているから貸さないように、という申し入れする必要があると思います。
    • good
    • 0

悪徳商法のターゲットにされるのは大抵心優しい人だと思います。

疑り深く強気な若者は対象とせずにお年よりの人の良さにつけ込む... 許せませんね、悪徳商法は。

悪徳商法を絶滅させるために法整備をするにしても、消費者を過度に守るようにすれば善良な業者が事業をしにくくなってしまうこともありますから、実現は難しいのでしょうね。そして悪徳業者は法律の網を上手く切り抜けて「表面的には合法」に商売をしているように見せかけています。注意深い人間の前ではなかなか尻尾を見せません。

これは重要なことですが、下手に業者を妨害をすれば、逆にこちらが訴えられてしまうことも起こり得ますので慎重に対策を練るべきですね(営業妨害での損害賠償を狙っている業者もいるかもしれません)。

おそらく地域内であなたと同じ思いを持っている方々も多いと思います。自治会などで悪徳商法全般への対応を話し合うなど、既になさっていますか? 消費者センターと対応を協議するのも重要なことだと思います。

SF商法はご存知の通り悪徳商法の代表のひとつです。既にお調べかもしれませんが老婆心ながらいくつかサイトを紹介しておきます。

http://www.consumer.go.jp/index.html
http://www.shouhiseikatu.metro.tokyo.jp/s_sodan/ …
http://homepage1.nifty.com/marin/

消費者センター
http://www.ddart.co.jp/shouhisha/

下記の参考URLには違法性のチェック項目が簡単にまとめられています。

ご参考まで。

参考URL:http://www.takahara.gr.jp/contents_law/00sub/10a …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q催眠商法は合法ですか?

催眠商法というものがあります。
家庭用品など安い景品を無料で配り、それを受け取って興奮状態になった人に高額な羽根布団などを売りつけるというあの手口です。

ズバリ、この手法は合法でしょうか?
以前に、あきらかにこれをやっている業者が家の近所にきて景品を配っていた時、警察に相談したのですが、何かの法律に触れない限り警告も摘発もできないと言われました。

言われてみれば、法外に高い商品を売ったとしても購入側が納得していれば合法のような気がします。

Aベストアンサー

本当に典型的な催眠商法と呼ばれるものでしたら違法です。

違法となるための要件はおおざっぱに書くと

1.販売目的であることと告げないこと
2.公衆の出入りしない場所で契約の勧誘を行うこと
(特定商取引法71条1号、6条4項)

の2つです。

質問者さんが「購入者が納得していれば合法のような気が」するとおっしゃる気持ちもわかりますが、典型的な催眠商法の場合、えてして「納得」するのは一時のことであり、消費者が冷静になった時点では販売者がドロンしてる可能性もありますので、必ずしも合法とばかりは言っていられない気もします。

Q催眠商法?この会社をご存知ありませんか?

身内が最近、催眠商法らしきものにはまっています。
無料で食品を貰い、話を聴くということですが、
最終的には何か大きな買い物を強要されそうな感じがします。

配布している食品は北海道の物が多く、
イカや海老やほっけ、とうもろこしなど様々です。

会社名は「ほっこう」というらしいのですが、
漢字でどう書くのか、それとも平仮名なのかよくわかりません。

どなたかご存知の方がいらっしゃったら、
どういう会社なのが教えていただきたいです。

Aベストアンサー

仮店舗などにイスを並べて高齢者に健康についてのお話をしたりするものですか?それでしたら社名にかかわらず、最後に何か売りつけられるのはまちがいないでしょう。
催眠商法と少し違うのは、店が数週間以上あり、お年寄りが自分から喜んで毎日のように通ってしまうところです。催眠商法のようにその場で舞い上がってしまったり、帰らせてもらえなくなって高額商品を買って後悔する、というのと違い、健康講座を繰り返し聞くうちに本人がすっかりその気になって喜んで高額商品を買ってしまうようです。お話は面白く楽しいらしく、店員さんとも顔なじみになり孫や子どものように思えて、あの子のために買ってあげよう、などと考えたりもします。というわけと、高齢者が多いため、ネット上の悪質商法情報にあがることは少ないのです。
お身内の方にこのことを話し、高額商品を勧誘されたら必ず自分たちに相談してくれるように言っておくとよいと思います。といっても、お年寄りが喜んでいる限り、おこづかいを何に使おうと止めることは難しいですね。(ためいき)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報