人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

これからPCRを行う初心者です。
プライマーを合成してもらい、乾燥状態で届きました。
まずこのプライマーを100μMの濃度にするように言われました。添付文書に27nmolとあったので270μlの水で溶かせばいいのでしょうか?
PCRには0.2mMで使用したいのですが、100μMにした後、どのように希釈してよいのかわかりません。
計算がわからないので教えてください。
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

>添付文書に27nmolとあったので270μlの水で溶かせばいいのでしょうか?



正解です。100 μMは100 pmol/μLです。27 nmol=27000 pmolなので、270 μLに溶かせばよいです。

>PCRには0.2mMで使用したいのですが、100μMにした後、どのように希釈してよいのかわかりません。

0.2mMは200 μMです。100 μMの濃度の倍ですから希釈ではできません。
なにより、0.2 mMは濃すぎます。勘違いでは?

プライマーは薄めすぎると分解しやすいので100 μMでストックするとして、当座使う分は10倍に薄めて10 μM (10 pmol/μL)にしておきます。これをPCR反応50 μLあたり1.0~2.5 μL(終濃度0.2~0.5 μM)使うくらいが相場だと思いますが。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます!
直ぐに実験を始めないといけなかったので早急に教えて頂きとっても助かりました!
ご指摘の通り0.2mMではなく0.2μMでした。
早速PCRに取り掛かりたいと思います!

お礼日時:2005/12/13 21:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qプライマーの失活

TEで希釈したプライマー(原液ではなく、PCRに使用するためのプライマー・フォワードとリバースを混ぜた状態)は、4℃の条件下で失活することはあるのでしょうか?冷凍と解凍を繰り返して使用するより安全なのでしょうか?また、その際、どのくらいで失活したか、経験された方はいらっしゃいますか?

どなたか教えてください。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

以前、F/Rを混ぜて保存して使ってみた同僚がいましたが、初めのうちはちゃんと増えていたのに、だんだん増えにくくなっていったという経験を見ています。ので、原理はきちんと説明できないのですが、私はやりません。

それから、質問の趣旨から外れた内容になってしまいますが、場合によってはワーキングソリューションをTEで作製するのも良くない場合があるかもしれません。もちろんプライマーの保存上はTEがいいと思いますが、PCR反応自体に影響するかもしれません。ですからストックソリューションはTEで作製し、回転の速いワーキングソリューションは水(または1/10xTEとか)で薄めて作製するのがいいのではないでしょうか。わたしは、ストックも水で作りますが、凍結融解に気をつけているので、PCRがかからなくなったという経験はありません。

Qプライマー溶解 希釈濃度

収量20nmolの乾燥プライマーをTEで溶解するのですが、最終濃度は10pmol/μlで使います。
この場合、200μlのTEで溶解すると、100pmol/μl。これを10本に分注して保存。
1本は20μlで2000pmol/μl。180μlのTEを加えて全体を200μlにすれば10倍希釈で、10pmol/μlになります。
PCRで1ウェルあたりの反応液に使うプライマーは0.4μlです。
分注した1本で500ウェル分?!
こんなに沢山できちゃうものでしょうか?
大変不安になっています。
私の計算がどこかおかしいのでしょうか?
すみませんが、検証していただけないでしょうか・・。
どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>1本は20μlで2000pmol/μl

→ 100pmol/μl  (あるいは 2000pmol/20μl)

が正しいですが、なぜかその後の計算はあってるのでタイプミスでしょうね。


最終 10pmol/μl で使用し、1ウェルあたり0.4μl使用 ということは、1ウェルあたり 4pmol 使用することになりますね?

もともと20nmol あるのですから、20nmol ÷ 4pmol =5000 ウェル分

10本に分注してるので500ウェル分で、計算はあってますね。

1ウェルあたり使用するプライマーが0.4μl、が合っているなら、間違いないでしょう。

他の質問も見てみましたが、
http://questionbox.jp.msn.com/qa1836835.html

だいたい1000ウェル分くらいは取れるみたいだし、合ってるんじゃないでしょうか。

Q脱イオン水、MilliQ、蒸留水 の違いを教えて下さい

こんにちは。お世話になります。

バイオ、生化学系の実験に従事しているものですが「水」について教えて下さい。

水道水、脱イオン水、MilliQ、蒸留水(二段蒸留水)、超純水の違いを教えて下さい。
お互いの関係などありましたら(○○を~すると△△になる等)教えていただけると
わかりやすいかもしれません。

また、実験内容によってはエンドトキシンを気にする実験もありますが、エンドトキシンフリーの水を使う場合はどれを選べばよいのでしょうか?
動物細胞培養用に使う場合はどの水を選べばよいのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

pinokoBBさん、こんにちは。

バイオ・生化学関係に用いられる水は水道水をプレフィルターを通し、イオン交換・蒸留・逆浸透法、限外濾過などを複数回組み合わせて生成します。

プレフィルターは鉄さびや大き目のゴミを取り除くに用います。

イオン交換法は酸性・強アルカリ性の樹脂を通し、イオン化合物を除く方法でこれを行った水がイオン交換水(脱イオン水)です。水の純度の評価には比抵抗を用いますが、およそ数百kΩ・cmの水が得られます。この段階で除けるのはイオン化合物だけで有機物・微生物は除けません。

蒸留法は水を蒸留することで不純物を除く方法です。イオン交換法と組み合わせて2回蒸留することが一般的です。一般的な2次蒸留水の比抵抗は数MΩ・cmでバイオ・生化学関係には十分な純度です。動物培養細胞にも使用可能です。エンドトキシンも完全にフリーとまではいかないけれどもある程度の除去はできています。蒸留法は多くの不純物を除去可能ですが100度付近の沸点を持つ物質は除けません。

逆浸透法は半透膜に圧力をかけて精製する方法です。

限外濾過法は限外濾過膜を通す方法です。孔径は半透膜が数十nmに対し、限外濾過膜は数nmです。それゆえ、数kDa以上の分子であれば、限外濾過法で除けますので、エンドトキシンやRNaseなども除去できます。本当にエンドトキシンフリーな水が必要でしたら限外濾過法を行った水が必須です。ただ、普通のCOSとかHEKとかの動物細胞培養でしたら2次蒸留水でも十分です。蛍光検出用のマイクロアレイなんかは限外濾過水が必須なようです。

超純水は十数MΩ・cmの水のことです。MilliQはミリポア社の超純水装置を用いて作った水で比抵抗は15MΩ・cm以上と高純度の水です。MilliQに関してはイオン交換樹脂を通し、逆浸透法、限外濾過法を用いて精製しているようです。

>また、実験内容によってはエンドトキシンを気にする実験もありますが、エンドトキシンフリーの水を使う場合はどれを選べばよいのでしょうか?
これに関しては上で書いたように限外濾過膜で精製した水です。MilliQが当てはまるでしょう。(超純水も一般的には限外濾過をしているのでこれも当てはまりますかね。)

>動物細胞培養用に使う場合はどの水を選べばよいのでしょうか?
これは、2次蒸留水以上の純度があれば十分です。2次蒸留水、MilliQ水、超純水が使用できます。

ただ、水関係の装置は日頃のメンテナンスが重要でイオン交換樹脂とか水を貯めるタンク、蛇口に汚染がないかは確認する必要があります。

実験書には必ずはじめのほうに書いてあることですので、pinokoBBさん自身でなにか実験書をご参照ください。

pinokoBBさん、こんにちは。

バイオ・生化学関係に用いられる水は水道水をプレフィルターを通し、イオン交換・蒸留・逆浸透法、限外濾過などを複数回組み合わせて生成します。

プレフィルターは鉄さびや大き目のゴミを取り除くに用います。

イオン交換法は酸性・強アルカリ性の樹脂を通し、イオン化合物を除く方法でこれを行った水がイオン交換水(脱イオン水)です。水の純度の評価には比抵抗を用いますが、およそ数百kΩ・cmの水が得られます。この段階で除けるのはイオン化合物だけで有機物・微生物は...続きを読む

QDNAの濃度(モル濃度)について教えてください。

DNAの濃度(モル濃度)について教えてください。

先日シークエンスする機会がありました。
プロトコールにprimerは6.4pmolとあったのでPCR用(10μM)を
10000000倍希釈(1pM)にして6.4μl(final volume14μl)使用したところ結果は全滅。

先輩に聞いたところ1μMを6.4μl使えばOKとのことでした。
この数値はメーカーが推奨している、とのことです。
確かにそれで結果は出たのですが、釈然としません。
先輩に聞いたところ「bp数と分子量の関係で・・・」と説明してくれましたが
よくわかりません。

どなたか高校生程度の化学理解力でわかるように教えてください。

Aベストアンサー

>大文字のMはモル濃度で小文字のmolはモル数、でいいのでしょうか?
そうです。
高校なんかでは、molもMも「モル」と言うようになっていたかもしれませんが、正しくは、molは「モル」、Mは「モラー」(molar)と発音します。
Mはモル濃度(molarity)の単位で、1 Lの溶液に何molの溶質が入っているかを表します。
Mは国際単位系では、正統的ではないけれど慣習的に使用を認めるというような範疇に入っていて、mol/Lを使うほうが望ましいとなっていたと思います。

Qプライマーについて

現在実験でPCRを行っています。当然プライマーを使用しています。プライマーは業者に注文したもので、初め使用する時に滅菌水に溶かしました。普段プライマーは-20℃で冷凍保存していますが、プライマーはどのくらいの期間保存できるでしょうか?
また、プライマー自体が壊れていないかを調べる手段などはあるのでしょうか?
もしよろしければ教えていただきたいとおもいます。

Aベストアンサー

1.凍結再融解を避ける
2.濃度を高くする
3.TEなどのバッファー中で保存する
をしておけば、半永久的に保存できます。
濃度を高くしておくことで、極性を持つ水分子のアタックによる分解を防ぎ、バッファーに溶かすことで、核酸自身によって酸性に傾き酸によって分解するのを防ぎます。

凍結再融解を最小限にするには、小分けするのが良いです。でも、小分けのチューブがたくさんあっても管理が大変なので、私は、高濃度(100 uM)のTE溶液を長期保存用のストックとして、当座使う分だけ(実験の頻度によって、20 uLから200 uLくらいの範囲で)使用する濃度(10 uM)に純水またはTEで希釈して、それぞれ凍結保存します。

PAGEやHPLCで、プライマーの品質を調べたり精製することができます。ただのPCRに使うだけならそこまでやらなくても問題ないですが、特に精度が求められる場合には、やりかたを調べて試してみてください。

Qエチジウムブロマイドについて

まったくの初心者なので・・・・・。
泳動後のゲルの染色についてお尋ねしたいのですが、
アガロースゲルでDNAを泳動した後、エチジウムブロマイドで染色しようと思っています。その時のエチジウムブロマイドの適当な濃度と染色時間を知りたいです。本によって濃度が 様々であり 困ってます。
誰か教えて下さい。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

kimwipeさんとdora1さんとほぼ同様です。私は後染めですが、EtBrは10mg/mlで遮光室温でストックしており、水200mlに2mlを加えています。別に用事調整ではなく、何度か使いまわしています(捨てるのに手間がかかりますので)。5分程度シェーカーの上で置いて、その後数回水洗いです。写真を撮る場合、キムワイプ等で水気を切ってから撮っています。ただ、すぐに撮るとバックが強く出る感じがあるので、10分程度おいてから撮っています。ただし、置きすぎるとバンドがぼけます。kimwipeさんがおっしゃるとおり、ゲルにあらかじめEtBrを加えておくと、きれいにバンドが染まるし、泳動中にUVで確認できますが、EtBrが陰極か陽極側に(忘れました)寄るので、ゲルの濃度とバンドの位置によってはバンドとバックが重なるかもしれません。

QPCR後の遺伝子の安定性について教えてください。

最近、研究室の友人がPCR後の増幅された遺伝子のサンプルを翌日、翌々日に電気泳動させています。
PCR後の遺伝子は凍結保存してどのくらい持つのでしょうか?お願いします。

Aベストアンサー

核酸は字のごとく酸です。
従って、水のなかで長期保存した場合、分解します。
長期保存する場合は、緩衝液(TE)などに保存することが必要です。
特にプライマーはTE中に保存しないと数年後に同じ条件でPCRが掛からないなってことが起こります。
分解が起こる他の条件としては
凍結融解もあります。
凍結融解を繰り返すと確実にDNAは壊れます。

理由はわかりませんが、経験上濃度の薄いDNAほど分解しやすいようです。

Q抽出DNAの保存

PCRに使用するため臓器から抽出したDNAを4℃で保存中ですが、保存期間はどのくらいまでが限界でしょうか?また、-20℃では保存期間はどのくらいですか?

Aベストアンサー

精製度によると思います。
簡易な方法で粗精製したものだと数週間から数ヶ月で明らかな分解が認められることがありますが(それでもPCRには使えるかもしれませんが)、超遠心法、フェノール抽出を慎重に行う、イオン交換カラムで精製などでnucleaseのコンタミを排除しておけば、数年単位の長期間にわたり4℃で分解なく保存できます。
私は最近、3年以上前にQiagenのDNaesyで精製してそのまま4℃で保存したゲノムDNAを使いましたが、電気泳動像に分解は認められずPCRの増幅も良好でした。

長期保存する場合、注意する点は、溶媒をTEにしておくこと(純水だとpHが酸性に偏るなどが原因で分解が起きやすくなる)、DNA濃度をあまり低くしないことです(たとえば数十ng/uL以上にする、水分子によるアタックを抑えるため)。

-20℃、-80℃などで凍結保存すれば、粗精製のDNAでも半永久的に保存できます。ただし凍結融解で物理的にせん断されてくるので、バックアップとして長期保存する場合はともかく、日常使うサンプルとしては避けたほうがいいでしょう。凍結を防ぐためにエタノールを加えてフリーザーに保存し、使うときになったらエタノール沈殿で回収するというのもいいでしょう。乾燥沈殿で保存するのは、確かに安定ですがゲノムDNAの場合再溶解が困難になるのでやめたほうがいいですね。

精製度によると思います。
簡易な方法で粗精製したものだと数週間から数ヶ月で明らかな分解が認められることがありますが(それでもPCRには使えるかもしれませんが)、超遠心法、フェノール抽出を慎重に行う、イオン交換カラムで精製などでnucleaseのコンタミを排除しておけば、数年単位の長期間にわたり4℃で分解なく保存できます。
私は最近、3年以上前にQiagenのDNaesyで精製してそのまま4℃で保存したゲノムDNAを使いましたが、電気泳動像に分解は認められずPCRの増幅も良好でした。

長期保存する場合、注...続きを読む

QDNAを室温放置はまずい?

DNAは実験終了後室温、実験台で放置しておくと
どれくらいで駄目になりますか?
ずっと室温でおいているのですが、
全然使えるのですが。

DNA自体安定な物質なので簡単に壊れる物ではないと思うのですが。
4℃でほぞんしなければいけないのですか。

Aベストアンサー

 室温でも簡単には壊れないと思いますが、冷蔵庫か冷凍庫に保管したほうが良いです。
 なぜか、
 DNaseのコンタミ、カビのコンタミ(nucleaseを作る)などがあった場合、室温だと、どんどんDNAが壊れてしまいますが、低温だとそのリスクが低減できます。また、室温だと、水分が蒸発して、濃度が変わるかもしれません。
 いままで、問題なくても、明日、DNAは壊れているかもしれません。少しでも、DNAが壊れるリスクにはさらさないほうが良いです。
 私は、フリーザーに保存しています。

Qグリセロールストックについて?

学生時代、大腸菌をグリセロールストックすると保存状態が良く長期間保存できる?という事をを教わったような記憶があります。なぜ普通に凍結するより状態が良いのでしょうか?理由とグリセロールストックの操作方法を教えて下さい。又、大腸菌以外の微生物にも有効なのでしょうか?教えて下さい。お願いします

Aベストアンサー

細菌類ならなんでもできると思います。
細菌を培養した液を保存用の小さいチューブに移し、グリセロールを加えて冷凍し(液体窒素やドライアイスなどで急速冷凍するのが望ましい)、マイナス80℃のフリーザーで保存します。半永久的に保存できます。グリセロール濃度はものの本や各メーカーから提供される形によって15-50%と幅がありますが、濃度が低めのほうが再融解しにくく持ちが良いように感じます。
使用するときは、凍結したまま少量を削り取って培地にまきます。

ちなみに、生物学研究で用いられるモデル生物のひとつ、線虫もグリセロールストックします。


人気Q&Aランキング