以前は、大企業を中心に採用試験で内定を出す予定の者の身元調査(前の会社での勤務状況や前科・前歴等々)を行っていたようですが、現在も行われているのでしょうか?また例えば、現在、勤務している会社がある場合はどのように調査するのでしょうか?まさか、勤務中の会社に確認をすることはないでしょうが...。

A 回答 (3件)

採用決定前の前勤務先への紹介は、現在でも必要が有れば行ないます。



紹介する内容は、在籍期間・退職理由・担当業務・成果・
協調性・業務上のトラブルなどですが、前科などは紹介しても判りません。
照会は主に、電話で行ないますが、時には郵送で行なうことも有ります。
現在。勤務中の会社に対しては、本人が勤務先に退職の意思を表明していることが判らない限り、原則として照会はしません。
そんなことをしたら、大変なことになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

下の方に続いてのご回答頂きありがとうございました。具体的な企業への照会内容も記載頂き、わかりやすかったです。参考にします。

お礼日時:2001/12/12 13:27

某上場企業に勤務しております。

今春、新卒で入社した後輩が以前話していたのですが、彼らの世代でも内定時期の前後で調査があったようです。
下の方が回答されているとおり、会社によると思います。
同じ上場企業でも堅め系の業種は未だに調査を欠かさないようですね。
また、地方・地域性もあると思います。
学生さんとの事ですが、参考になるかわかりませんが、論文頑張ってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

生の声を聞かせていただき参考にさせて頂きます。ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/13 09:59

>・・・・現在も行われているのでしょうか?


会社によってはやっていると思います。
中途採用者の場合、なぜ辞めたのか、仕事上、金銭、人間関係などのトラブルで転職する人も多いようです。
>まさか、勤務中の会社に確認をすることはないでしょうが...。
ないとはいえません。(お勤めの会社の規模にもよるかも知れませんが、数名の会社の場合、電話でも来訪でも、本人に当たる可能性があるわけですから)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速回答を頂きありがとうございます。実は、僕は学生です。現在、企業の人事・採用関連の論文を書いています。そこで、企業の実際の動向を知りたくていろいろと調べていました。その中で、資料やデータとしてなさそうな今回の質問をしました。参考にさせて頂きます。

お礼日時:2001/12/12 13:24

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q欠格事由(前科、犯罪歴など)の調査方法

社員を採用する際、破産者、禁治産者等は身分証明の取得で判断できますが、前科、犯罪歴などを調べる方法を教えてください!
当方の職種は行政の許認可が必要な職種で、罰金刑・執行猶予中の者でも採用が出来ませんので事前調査が必要です。

Aベストアンサー

http://www.google.co.jp/search?sourceid=navclient&hl=ja&ie=UTF-8&rls=GGLD,GGLD:2005-15,GGLD:ja&q=%e4%ba%ba%e4%ba%8b%e6%8e%a1%e7%94%a8%e8%aa%bf%e6%9f%bb

Q会社の健康診断は勤務時間内?それとも勤務時間外?

会社の健康診断は勤務時間中に行うものなのでしょうか?それとも休みの日などの勤務時間外に行うべきなのでしょうか?

みなさんの会社ではどちらですか?参考までに教えてもらえると嬉しく思います。

Aベストアンサー

こんにちは。

健康診断は2つの種類に分かれています。一般健康診断と特殊健康診断です。
特殊健康診断は特定の労働者が業務を遂行することにより、発生し得る障害等を予防することを主目的としていますので、事業主は特殊健康診断に要する時間について、賃金をカットすることはできません。したがって、特殊健康診断を勤務時間外に実施した場合は、割増賃金を払う必要があります。要するに休日や時間外にに健康診断をしたら別途手当てを支給しなければならないということです。
poorknowledgeさんのお勤め先の業種が判らないのでなんとも言えませんが、下記業務のための健康診断でしたら勤務時間中に行う方がいいのでは?
http://e-roudou.go.jp/shokai/anzen/20503/2050301/205030102/

ちなみに一般健康診断に要する時間は労働時間としなくともよいとされています。詳細は下記をどうぞ。
http://media.jpc-sed.or.jp/jinji/139.html

参考まで。

参考URL:http://e-roudou.go.jp/shokai/anzen/20503/2050301/205030102/

こんにちは。

健康診断は2つの種類に分かれています。一般健康診断と特殊健康診断です。
特殊健康診断は特定の労働者が業務を遂行することにより、発生し得る障害等を予防することを主目的としていますので、事業主は特殊健康診断に要する時間について、賃金をカットすることはできません。したがって、特殊健康診断を勤務時間外に実施した場合は、割増賃金を払う必要があります。要するに休日や時間外にに健康診断をしたら別途手当てを支給しなければならないということです。
poorknowledgeさんのお勤め先...続きを読む

Q勤務態度の調査方法に納得できません

以前の職場でのことで、気になったままの事があるので質問させてください。

自分の勤務態度を客観的に知る目的で、お互いの欠点を指摘しあうことをさせられました。
接客業だったので必要なことだとは思いますが、
この調査方法に納得がいかなかったので、皆さんの意見を聞かせてください。

調査方法は、一人ずつの勤務態度の欠点を用紙に記入して、上司に提出し、
自分の欠点だけを抜粋し、印刷したものを渡され、上司とそれを見ながらの個人面談という形でした。
(女性ばかりの部署だったので、男性上司にとっては、誰が仲良くて、誰が誰を嫌っている
というような内情を知る為でもあったように思えます)

思い当たる欠点も指摘されていましたが、勤務には関係ないような性格上の
欠点も書いてあり、とてもショックでした。精神的にかなり辛かったです・・・。

このような調査方法は会社では、よくある事なのでしょうか?
長くなってしまいましたが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

多面観察(評価)、360度観察(評価)、複眼観察(評価)とかの表現で近時取り入れられている評価方法ですが、多くの場合は、評価項目と評価処理を専門のコンサルタント会社に依頼して実施されます。その評価処理に基づいて会社が評価結果を被評価者に文書等で知らせ、必要有れば被評価者に欠点を改善のための方針を文書等で提出させ、自己啓発の糧とさせるのが一般的な方法と思いますが、これは会社のやり方次第で、自社で全てを行う場合もあるかと思います。

前の会社の場合は、自社内でお互いの勤務態度の欠点のみを指摘し合うという変則的というか、幼稚な評価方法を取っている訳ですが、会社自体が多面観察の意義、観察方法、評価方法をよく知らないでこのような事を行っているのですから、事前に記載内容と事後の処理方法の説明も無かったことでしょう。

そうであれば、書く方も一定のルールを知らない訳ですから、勤務には関係ないような性格上の欠点(客観的な)も書いしまう事は考えられる事です。

それを取り上げる上司も、当然評価方法、指導方法もわきまえていないと思われますので、これも幼稚な対処をしてしまい勝ちです。

このような調査方法は会社では、よくある事なのかとのご質問ですが、会社自体が多面観察の趣旨を理解していなく、人事管理、評価の方針もなく、世間のやっている事を見よう見まねでしているのでしょうから、その程度の会社ではやっているかもしれません。しかし聞いた事はあまり聞きません。

告げ口をさせ合っても自己啓発にもならず、効果も期待できない事だろうとおもいます。

納得いかないのは重々わかりますが、幸い前の会社との事ですので、そのような程度の会社だったと思い、このことは忘れられれば良いのではないかと思います。

多面観察(評価)、360度観察(評価)、複眼観察(評価)とかの表現で近時取り入れられている評価方法ですが、多くの場合は、評価項目と評価処理を専門のコンサルタント会社に依頼して実施されます。その評価処理に基づいて会社が評価結果を被評価者に文書等で知らせ、必要有れば被評価者に欠点を改善のための方針を文書等で提出させ、自己啓発の糧とさせるのが一般的な方法と思いますが、これは会社のやり方次第で、自社で全てを行う場合もあるかと思います。

前の会社の場合は、自社内でお互いの勤務態度の欠点のみ...続きを読む

Q会社を辞めることで身元保証人に賠償請求行く場合は

勤めて3ヶ月です。
総務、人事の仕事をやってます。
あまりに上司の対応がひどく、私の能力も足りないようなので退職することにしました。

引きつぎの事も考えて1,2ヶ月でやめようと思うのですが規定で自己都合の場合は6ヶ月まえまでに連絡するようにとうたっているのですが、こういうにばあいに会社が身元保証人に賠償請求いく場合ってあるのでしょうか?

保証人に迷惑をかけたくないので・・・
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

総務、人事の仕事をされているのならご存知と思いますが、
労基法では退職の意思を伝えてから2週間後に退職することができます。
会社の承諾もいりません。
ですので6ヶ月前じゃないとダメというのは、労基法違反です。
いくら従業員規則で決まっていても、当然法律が優先されるので、
6ヶ月前という従業員規則は無効です。

法律的に何も悪いことをしていないのだから、
会社側も何か請求してもまず認められないでしょう。

たまに悪質な社長が
「法律がどうであれ、従業員規則で決まってるんだから支払え!」なんて言うことがあるようですが、
無視して大丈夫です。
「法律では人殺しはいけないが、従業員規則ではしてもいいとなってるから、殺してこい!」
と言ってるのと同じ。
従業員規則が、法律より優先されることはありません。

もし何か請求されたら拒否。
法的に手段に出られたら事務的に対応でいいと思います。

Q現在の会社に総務として入社し数か月が経つのですが、会社の鍵の管理のずさ

現在の会社に総務として入社し数か月が経つのですが、会社の鍵の管理のずさんさにびっくりしています。工場内の設備点検の関係上、業者が昼夜、休日問わず出入りしているのですが、立ち会いをするわけでもなく建物の外に鍵を隠し、隠し場所を業者に教えて許可しているため出入りはほぼ自由となっています。業者との間に鍵のことでなにか覚書をしているわけでもなく、上の人達は長年のつきあいで信頼しているからと意味不明な理由をつけてまったく責任感がありません。なにかあっても泣き寝入りしかできないような現状の管理体制なのですが、どうしてもなんとかしたいです。個人情報の観点からとか、現状のままでは管理義務の点で法律違反になるからとか、有無をいわさないような理由で管理を正していくことはできないでしょうか?
また、仮に鍵を業者に貸与する場合でもどのようなやり方で管理していけばいいでしょうか?
とても困っています。

Aベストアンサー

リスクと天秤にかけて、エリアの区分を徹底することですね。

信用で出入りを認める部分と信用していても出入りできない部分に分けることですね。
さらに、重要度が高いと考える情報などは、特定の人でなければ見ることが出来ない状態を作ることです。最悪経営者個人の自宅で常に保管するなどです。貸金庫なども良いでしょう。

管理義務は、いろいろな法律で定められているでしょう。その定められているものごとに、検討しなければならないでしょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報