ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

南京大虐殺の遺体処理についての質問です。

日常のニュースを見ていて思ったことなのですが、
例えば、殺人事件の発覚のキッカケが死体から放たれる異臭というケースが多々あると聞きます。
経験者が言うには、あれほど人間として耐え難い悪臭はないそうです。
しかも、たった一体の腐敗臭でさえ広範囲に漂うそうです。

1、ナチスドイツはホロコースト(ユダヤ人大虐殺)を行うにあたって、初めから死体処理工場を準備していました。ナチスに100%の遺体処理が可能だったのは、工場を建設し、あらかじめ犠牲者を収容所に監禁していたからです。

2、ソ連軍がポーランド軍の将校を抹殺したカティンの森の虐殺でも、あらかじめ将校たちに自分の墓穴を掘らせたうえで射殺しています。

3、モンゴルのチンギスハーンは、都市国家の国民を皆殺しにしたが、全員殺してしまったために死体を処理する者がおらず、死体が全部腐ってしまった。そのあまりにも悪臭に耐えかねて、チンギスハーンはその都市を放棄したそうです。

4、日本史上においては最大の虐殺を行ったのは織田信長だが、そのほとんどが焼き討ちという手段であるのも、全部焼いてしまえば死体処理の手間が省けるからです。


【質問1】
死体処理について何の準備もなく、偶発的に「数十万人」を虐殺した軍隊が、ただの一体も腐らせずに処理するなどということが可能でしょうか?

【質問2】
中国側のいうような「三十万人大虐殺」がもし本当にあったのならば、
99%の遺体を処理したとしても(絶対に不可能ですが)
残りの1%の、つまり3千人の遺体が現場に残されているはずです。
それならば多くの人々が腐敗臭に苦しんだという証拠が残っているはずです。
そのような証拠はありますか?

【質問3】
前準備もなく「数十万人」を虐殺した日本軍が、どのように遺体から悪臭を発せずに処理したかを教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (12件中1~10件)

南京大虐殺で「三十万人大虐殺」に関して、当時南京の人口は三十万人も居なかったそうで、居ない人間をどうやって殺したのだろうか?


ナチスドイツはホロコースト(ユダヤ人大虐殺)の犠牲者も600万人と言われていますが、600万人を殺したとすると、ナチスは開戦のその日から終戦の日まで、毎日5千人を処理しなければ成らず、それも不可能だろう。
いずれも加害者側の都合の良い誇張が有るのでしょう。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとうございます。
参考になりました。

お礼日時:2005/12/17 23:50

南京大虐殺についての数字的な部分は誇大表示と言えると思います。



数字的根拠は正しくないにしても、日本人が中国人を虐殺した事実は存在しています。
これが例え、1/10の3万人だとしても、あってはならないことでしょう。

従軍慰安婦の人数も然り。ただある一小隊がこのようなことをしたとしても
被害者(中国人)の目からは、日本人全員がやったこととして見ます。
※日本でもそうでしょう。福岡殺害事件の際、在日中国人は、そういう目で多くの人に見られています。
 アジア系のコンビニ強盗が多発の際も、アジア系というだけで、蔑視されてますしね。

南京大虐殺が何故、このように誇大に言われ続けるのか?


それは東京裁判にあります。東京裁判で日本人軍人を罰するのに死刑を宣告するにあたって
国連軍が想像していたよりも悪い事してなかったため、誇大な罪をでっち上げ罰するしかなく、
仕方なく、調査団により、でっち上げたという話も存在します。
※当然、でっち上げ出ない部分もありますが。
まして、この30万人とかの数字の根拠は、国連より派遣された調査団によって報告されたもので
当時の中国政府が作った資料ではありません。(東京裁判の資料に関しては。)

更に中国人がこの問題を重要視する一つとして、日本人が知らなさ過ぎる事です。

何年にこの出来事があったと言える人は周りに何人居るでしょうか?
中国人の多くは覚えています。教育されています。

日本人からすると過去の事でしょうが、彼らからすれば謝っても許されないと思っています。
お互いに理解する心が無いと両国の氷解は難しいと思いますよ。

人数はともかく、大虐殺と呼ばれることをしたのは事実です。

この回答への補足

すみません。

きちんと質問に答えて下さい。
回答になってません。

補足日時:2005/12/17 23:48
    • good
    • 0

回答1&3


他の方も回答されているように無理でしょうね。当時の日本側の記録でも、少なくとも4月まで死体が残っていたのはわかっています。(参考URLの最初の方の「当時の新聞報道」をご覧下さい。)

回答2
上にあげた新聞報道では「人の忌む悪臭をついて日一日の作業はつづき」と書いてあるようです。
それから、当時の南京から日本にあてた兵士の1938年の年賀状には「支那兵の死人が暖かになって腐るので、悪臭が鼻を切るように匂ってくる」、「揚子江の隅には死人の山」とあるようです。参考URLの後の方をご覧下さい。

参考URLの後の方は、それが載っているWeb作成者の立場から「証拠」とはしがたい、という事であれば、元の本は国会図書館にはあるようです。

参考URL:http://www5b.biglobe.ne.jp/~nankin/page002.html, http://www1.vecceed.ne.jp/~swtamura/asaba.htm
    • good
    • 1
この回答へのお礼

参考URLによると
「遺体の埋葬をした紅卍字会によりますと、一日2百体は 無理だった」
ということですね。

多く見積って、一日200体だと計算すると、
一ヶ月⇒6000体
二ヶ月⇒1万2000体
三ヶ月⇒1万8000体
四ヶ月⇒2万4000体

中国が主張している30万人ならば、
遺体の処理に1500日かかります。
つまり、50ヶ月。
つまり4年と二ヶ月かかる計算ですね。

参考になりました。
ありがとうございます。

お礼日時:2005/12/17 23:48

城外で16万人程の処理が行われたとの文献が残っている様です(参考URL)。



イランの大統領が「大虐殺は無かった」と言うように、ナチスドイツがしたとされる事も、数字的な誇張自体は存在します。
もっとも、そちらの方は日本でも圧力がかかり、発刊されたばかりの雑誌が廃刊になっています。

日本側の盧溝橋事件が捏造であったのは国際的に認めらた訳ですが、今回のイランの大量兵器保有問題も含め、あまりに捏造が杜撰だった例であり、どちらかはっきりするのは極めて稀です。
本来こういった史実に対しての言い争いに決着をつけるとすれば、公式の外交ルートでしかありえず。
身内の非公式情報だけの遣り取りで「論議」をして自己満足する事には、あまり意味が無いと思います。

参考URL:http://ww1.m78.com/topix-2/deadoutsidenanking.html

この回答への補足

参考URLによると、
90日間で15万5996人の遺体を埋葬したのですか。
一日あたり1733人ですね。

しかし、遺体はすぐに腐りますよね?
一ヶ月で遺体は異臭を放つと思いますが、
異臭に悩まされた記述はないのでしょうか?

補足日時:2005/12/17 23:33
    • good
    • 1

現地のBBSに行った時


「残虐な日帝が遺体を全て揚子江に抛りこんだからだっ。なお、その年上海蟹が大漁であった」
という言い訳を見たことがあります
    • good
    • 1
この回答へのお礼

「遺体を全て揚子江に抛りこんだら、上海蟹が大漁であった。」とは、ウソっぽい話ですね。

ありがとうございます。

お礼日時:2005/12/17 23:32

元日本兵の方から、


「揚子江の底を掘ったら遺骨が多量に出てきた。」
という程度の話は聞いた事はありますけどね。

余談ですが。

信長の「比叡山焼き討ち」も、
「全山焼き討ちした割には
 土中に炭化した木材が少ない。」
という学者もいて、真相は闇の中です。

歴史学もそろそろ
文献や目撃者の話だけでは駄目で、
「物証を持って来い。」
っていう世界に変わりつつありますよ。

回答になっておりませんがこれにて。

この回答への補足

「元日本兵が揚子江の底を掘った」とは、ウソっぽい話ですね。

信長は比叡山を焼き討ちしたのではなく、門前町の坂本を焼いたのだと、何かの雑誌で読みました。
当時の比叡山の僧侶は比叡山にはいなくて、坂本で酒を飲み、肉を食い、女とセックスし、男とセックスし、子供とセックスして、武装して人を殺していたらしいですよ。

そして、座を作り、関所から関税を徴収して、特権を与え、日本経済を牛耳っていたらしいですね。

補足日時:2005/12/17 23:23
    • good
    • 1

(1)(2)については無理です。

ナチスのユダヤ人虐殺でも、ホロコーストでまとめて遺体を焼却したといい、それでも近郊には大量の灰が舞い降りたということです。映画でシンドラーのリストを見ましたが、そのようなシーンがあったので間違いないと思います。しかし日本軍が大量の遺体を償却したという話は聞きませんし、そうなれば死臭が蔓延したり疫病が発生したりと衛生上問題であり、伝染病で2次災害が起こるはずです。

しかしそのような事実は確認されていないので、30万人の虐殺は誇張だということが分かると思います。

(3)恐らく虐殺があっても何千人というレベルだと思いますし、それでも多いかもしれません。虐殺の方法も行われていたとしたら、一度に大量の虐殺を行わずに遺体を処理できる範囲で少人数単位で行われたのでしょう。ただし反日的な中国人を拷問したり処刑したりは実際にあったでしょうが、無差別に一般市民を虐殺したという確たる証拠がありません。軍国主義を賛辞することはできませんが、旧日本軍は戦争末期以外は規律が正しい軍隊だという評価もあり、占領下で残虐な行為があったとは思えません。中国の戦争時の日本軍の残虐さを主張することは、最近になって誇張されていることで、反日をナショナリズムに反映するために行う常套手段です。そういった背景も考える必要があります。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。
参考になりました。

お礼日時:2005/12/17 23:22

南京大虐殺事件というのは多分に誇張されています。


第一30万人というのがありえない数字です。
従ってこれを前提にした質問はなりたちません。

実態は想像するしかありませんが、大きな穴を掘り(百人孔と呼ばれた)その前で処刑し、穴に埋めた。
南京は揚子江の河岸であったので、捕虜輸送の為ここに集めていた際、混乱が起こり殺害があったがおおくの死体は揚子江に落ち下流に流れた。
というのは真実のようで、死体を放置する事は少なかったと思われます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なりほど、ありがとうございます。
百人孔と呼ばれた大きな穴を掘り、その前で処刑し、穴に埋めた。
揚子江に流れた。
ということですか。
参考になりました。

お礼日時:2005/12/17 23:21

△「白髪三千丈」=「南京大虐殺」


 これで いいんじゃないでしょうか?あまりに荒唐無稽です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
中国は日本が嫌いんですかね?

お礼日時:2005/12/17 23:19

1.わかりません


2.その程度の遺体だと、土の中に埋めれば大丈夫です。
南京大虐殺の人数も、数千人規模だと見るのがよいと思いますし、証拠もないと思います。
3.まず、そんな大虐殺があったと信じるほうがおかしいのであって、
そういうことを主張する中国人や、その信奉者に聞かれるとよいと思います。

参考URL:http://www004.upp.so-net.ne.jp/teikoku-denmo/no_ …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
参考になりました。

お礼日時:2005/12/17 23:18

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q南京侵攻時の日本軍の兵数は?

日中戦争の南京侵攻時の日本軍の編成と兵数を教えて頂けませんか。
又、南京陥落後の弾薬の残りや補給が可能だったのかもお願いします。

Aベストアンサー

南京攻略戦では主兵力は中支方面軍3個師団半、第十軍3個師団半でその他に包囲部隊が参加しており約12万と見られています。
上海戦での消耗もあり無理な急行軍を強行してきたので第一線の実兵力は編成より下回っていたとおもいます。

これに対する中国軍は兵力10~8万と見られますが、編成と兵の士気、装備がまちまちで、精鋭部隊は訓練、装備、士気とも優秀でした。
幅画陣地により頑強に抗戦しました。

当時日本軍には首都を攻略すれば戦争は勝利で終わるという幻想を抱いていたのは事実と思われ、弾薬の節約などは行われなかったと思われます。
南京には航空機による空爆支援もありました。

補給の配慮は事実上なしに近く、南京占領後食料の確保に苦しみ、これが捕虜、避難民を保護出来なかった原因の一つでした。


人気Q&Aランキング