こんにちわ
私はパートで清掃をしています。
今年から息子の扶養を外れています。
その関係でしょうか、今年の冬の賞与
で初めて源泉税がひかれました。
いままで給料からもひかれていまかったのに
どうしてひかれるようになったのか
教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>あと初歩的で恥ずかしいのですが、どうして賞与の場合


前の月の給料が65千円だったらひかれてしまうのですか?
給料は87千円なのに...その差はどんな訳があるのでしょう。
是非、教えてください。

これは、説明が難しいのですが、源泉税の税額表というのは、でる限り年末調整で過不足が少なくなるように、大蔵省が工夫し試算して作っています。
そのために、平均的な給料と賞与を貰ったときに、過不足が少なくなるように計算した結果、扶養家族が居ない人の場合、給料は87千円以下の時、賞与は前月の給料が65千円以下の場合は源泉税を引かないで良いという計算になったのです。

ところで、今年から、貴方がお子さんの扶養家族になれば、お子さんが38万円の扶養控除を適用されて、所得税が約38千円、住民税が1万円ほど安くなりますよ。
手続は、お子さんが会社に提出する年末調整の書類に、扶養家族として貴方の名前等を記入すればよいのです。
    • good
    • 0

>では、例えば賞与を貰った月(今月)の給料からはどうなのでしょうか?ひかれないのでしょうか?



給料からの源泉税は、今までと同じく87千円以下なら、控除されません。
ただ、12月の場合は、1年間の所得税の精算のために年末調整をしますから、普段とは源泉税が違ってきます。
賞与から源泉税を引かれても、年間の収入が103万円以下なら、年末調整で戻ってきます。

ところで、お子さんの扶養から外れたとのことですが、1月から12月までの貴方の収入が103万円以下で、お子さんと同居していれば、お子さんの扶養家族になれますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

収入が103万円以上になってしまうので結構休んだりして収入を減らしていたんです。でも、会社に迷惑かけてしまうので、扶養からはずれたんですよ。

あと初歩的で恥ずかしいのですが、どうして賞与の場合
前の月の給料が65千円だったらひかれてしまうのですか?
給料は87千円なのに...その差はどんな訳があるのでしょう。
是非、教えてください。

お礼日時:2001/12/13 10:34

源泉税は、税額表が有りそれを基に控除されます。


給料の場合は、その月の給料の金額と扶養家族の人数によって違い、最低87千円以下なら源泉税は引かれません。

一方、賞与の場合は、賞与を貰う前の月の給料の金額と扶養家族の人数によって、賞与からの源泉税の控除額が変わります。
前の月の給料が65千円以下なら源泉税は引かれませんが、65千円を超えると、賞与から源泉税が引かれます。
このために、賞与から源泉税が引かれたと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お答えありがとうございました。
先月の給料が65千円以上だったので賞与から引かれたんですね。
では、例えば賞与を貰った月(今月)の給料からはどうなのでしょうか?ひかれないのでしょうか?

お礼日時:2001/12/12 16:47

賞与の場合は:賞与の支給を受ける月の前月に普通給与を受け取っている場合には、その普通給与の金額と扶養家族の数により、定められている税率を賞与の金額(社会保険料等の金額を差し引いた残りの金額)に掛けて計算した所得税が差し引かれます。



なので、前月働いていた場合は全員引かれるという解釈ではないでしょうか?

住民税ならわかりますが、所得税がないのはわかりません。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q所得税・源泉徴収税額表と実際の天引額が相違

源泉徴収税額表(国税庁発行)をもとに、自分の給与の所得税を
調べたところ、税額表より安く(10円)天引きされていました。

私は、会社で全社員の給与をチェックする立場にありますが、
給与計算自体は他社に委託しており、任せっきりです。
ふと、1月からの改正の反映を確認しようかと自分のを見た時に
相違に気づき、他の社員のも確認したところ、10円から300円くらいの幅で、安く(少なく)天引きされています。
稀に高く(多く)天引きされている場合もありました。
全社員が、いっさい、税額表とは一致しませんでした。

段違い、扶養親族数違いなどではなく、金額が微妙に違うのです。

その所得税額は、毎月、所得に応じて変動してますし、新しい税額表で間違いないです。
表はちゃんと課税対象金額で見ていますし、本当に僅差です。
(健康保険、介護保険、雇用保険、厚生年金、年金基金、課税対象分通勤費 を総額から引いています)

委託先はシステムを組んで間違いない計算を行っているはずなので、
(1月に新しい税額に対応しました、と連絡もありました)
このようなことには理由があるのだと思います。
原因がわかる方、教えて頂きたく思います。

源泉徴収税額表(国税庁発行)をもとに、自分の給与の所得税を
調べたところ、税額表より安く(10円)天引きされていました。

私は、会社で全社員の給与をチェックする立場にありますが、
給与計算自体は他社に委託しており、任せっきりです。
ふと、1月からの改正の反映を確認しようかと自分のを見た時に
相違に気づき、他の社員のも確認したところ、10円から300円くらいの幅で、安く(少なく)天引きされています。
稀に高く(多く)天引きされている場合もありました。
全社員が、いっさい、...続きを読む

Aベストアンサー

通常実務では、税額表ではなく計算式を使います。
アウトソーシング受託をしているような会社ではなおさら計算式であろうと思います。

下記国税庁のページの、
「電子計算機等を使用して源泉徴収税額を計算する方法を定める財務省告示」です。
http://www.nta.go.jp/category/pamph/gensen/5276/01.htm
上記pdfの中に計算式がありますので、その式で試算されてみてください。
たぶん合っているのではないかと思います。

Q賞与の源泉税額間違いについて

賞与の源泉所得税額が間違っており、本当はもっと少ない税額になることがわかりました。
この場合、従業員に対して再計算の上差額を支給するべきか、年末調整で返戻すべきか、どちらでしょうか?

Aベストアンサー

法律上の話をすれば、控除しすぎた分は次の給与支払いなどで、速やかに還付すべきでしょう。
なぜならば法律上許されている給与の控除はあくまで規定の額までですから。
労働基準法上それ以上控除してしまい、それを放置するのは給与の全額支払の原則に反しかねませんので。

Q「給与所得の源泉徴収税額表(月額表……所得税法別表第二)」について

「給与所得の源泉徴収税額表(月額表……所得税法別表第二)」について

(1)「社会保険料控除後」とありますから、健康保険・厚生年金保険・雇用保険を控除するかと
 思います。雇用保険は概算保険料として事業主が先に支払っているため、当月の賃金(通勤手当を
 除く)から控除していいのでしょうが、健康保険・厚生年金保険はどうなのでしょうか。

  私見では、健康保険・厚生年金ともに、事業主が年金事務所に翌月末日までに納付すればいいし、
 入社した当月は、控除されていなかったと思います。そうすると、「給与所得の源泉徴収税額表」
 での計算も、前月分を控除すればいいと思うのですが、いかがでしょうか。

(2)「扶養親族の数」については、私は夫ですが、妻の年収が38万円を超えると数には含まれないと
 いうことでよろしいのでしょうか。
 年収38万円を超えていても、妻が失業して無職の月があった場合は、数に含めてもいいのでしょ
 うか。

大変お忙しいことと存じますが、お答え頂けると幸いです。
何卒よろしくお願いします。

Aベストアンサー

社員の毎月の給与を支給する際の源泉徴収の手続きに関するご質問ですね。


(1)社会保険料の控除については次のように取り扱います。

>「社会保険料控除後」とありますから、健康保険・厚生年金保険・雇用保険を控除するかと思います。

その通りです。

>雇用保険は概算保険料として事業主が先に支払っているため、当月の賃金(通勤手当を除く)から控除・・

雇用保険料は当月に支給する賃金(通勤手当含む)に料率を掛け算して算出して控除します。概算保険料として事業主が先に支払っていることは関係なく、この手続きで控除します。

>健康保険・厚生年金ともに、事業主が年金事務所に翌月末日までに納付すればいい・・

その通りです。事業主が当月分の保険料を翌月末日までに納付します。

>「給与所得の源泉徴収税額表」での計算も、前月分を控除すればいい・・

その通りです。健康保険と厚生年金は、当月に支給する賃金から前月分の保険料を控除します。


(2)「扶養親族の数」については次のように取り扱います。

社員の妻がパートで働いている場合は、

・その社員は、妻の給与収入金額の見積額が103万円(=所得金額の見積額が38万円)以下の場合は、「扶養控除等申告書」の配偶者控除の欄に妻の名前を記入します。
「給与所得の源泉徴収税額表」では、「扶養親族の数」に含まれます。

・その社員は、妻の給与収入金額の見積額が103万円(=所得金額の見積額が38万円)を超える場合は、「扶養控除等申告書」の配偶者控除の欄に妻の名前を記入しません。
「給与所得の源泉徴収税額表」では、「扶養親族の数」に含まれません。

>年収38万円を超えていても、妻が失業して無職の月があった場合は、数に含めてもいいのでしょうか・・??

妻の給与収入金額の見積額が103万円(=所得金額の見積額が38万円)を超える場合は、年初に提出する「扶養控除等申告書」の配偶者控除の欄に妻の名前を記入しません。しかし、年の中途で失業して無職になり、「今年の給与収入金額の見積額は103万円(=所得金額の見積額が38万円)以下になりそうだな」と思ったら、その段階で「扶養控除等申告書」の配偶者控除の欄に妻の名前を記入します。その手続きをすれば、その後に給与を支給する際には、「扶養親族の数」に含めて構いません。「扶養控除等申告書」の配偶者控除の欄に妻の名前を記入しないうちに「扶養親族の数」に含めてはなりませんよ。

社員の毎月の給与を支給する際の源泉徴収の手続きに関するご質問ですね。


(1)社会保険料の控除については次のように取り扱います。

>「社会保険料控除後」とありますから、健康保険・厚生年金保険・雇用保険を控除するかと思います。

その通りです。

>雇用保険は概算保険料として事業主が先に支払っているため、当月の賃金(通勤手当を除く)から控除・・

雇用保険料は当月に支給する賃金(通勤手当含む)に料率を掛け算して算出して控除します。概算保険料として事業主が先に支払っていることは関係なく...続きを読む

Q給与・賞与における源泉徴収額

この度冬の賞与が渡されましたが、所得税の金額に疑問があります。

国税庁のWebなどによると、賞与における所得税の源泉徴収額は、
前月の給与金額と扶養人数により税率が決まると書いてあります。
つまり、国によって定められており、
一民間企業に決められるものではないと思っていたのですが、
会社の給与担当に問い合わせたところ、
冬の賞与では所得税の仮年末調整を行うため、
国税庁のWeb通りの計算ではなく、
所得税にばらつきが出るとの回答でした。

最終的に年末調整されて、年間の所得税額は決まったところに収まるので、
問題ないといえば問題ありませんが、
このように(年末調整前の)源泉徴収額を国税庁の指示通りではなく、
会社が勝手に決めることは可能なのでしょうか?

Aベストアンサー

最終の賞与で年末調整をして税額計算を省略しているのでは?

税額計算を省略しているのであれば、賞与の税額表に当てはめて計算しているわけではないのでありえると思えますが。

仮年末調整とはどういうことですかね。

Q月額の所得税

月額の所得税

今年新卒就職しました。
これまでの給与明細を見ていたのですが、月額の所得税がどう計算されているのかわかりません。
調べると、源泉徴収税額表からわかるようなのですが、
月々の所得税が、4100、4100、4500、4270、4330円・・・となっており、
表の項目にのってない額がひかれています。

ちなみに、おおよそ給与は10万代後半、扶養なしです。

Aベストアンサー

所得税は年間の所得に対する課税制度です。ですから、12月31日にならないと所得・税額が確定しません。
本来は、各個人が確定申告を行い税額を確定することになりますが、給与所得者(サラリーマンのこと)に対する特定として、毎月の給与等から少しずつ徴収しておき、年末に過不足額を精算するという年末調整が用意されています。

最終的には12月の給与等で調整する前提であり、源泉徴収税額表は「簡易計算早見表」といった性格で、見やすさを考えたのか、大雑把な区切りの課税対象額と被扶養者の人数で対照する割と単純なの表になっています。
で、給与計算ソフトを使っている企業も多い(つーか、イマドキは殆どの企業が給与計算を電算化しているだろうな)ので、国税局も20年以上前からコンピュータ用税額算出の計算式を公開しています(市販の給与計算ソフトも国税局の税額計算式がベース)。

人の目で対照する税額表と違い、コンピュータ用計算式は複雑な条件設定が出来るので導き出される徴収税額も細かく算出されます。
経験的に言えば、源泉徴収税額表ベースの税額よりも、コンピュータ計算の税額で毎月徴収される方が正確というか・・・年末調整時の精算額が少なくて済みます(還付されたとしても、強制的に預けさせられた金が”利息なし”で返ってくるだけなので、単純に喜べないハズ)。

好ましい話しではありませんが、毎月の税額が多少いい加減でも、年末調整の段階で正しく税額が決定・徴収されていれば特に問題はありません。

所得税は年間の所得に対する課税制度です。ですから、12月31日にならないと所得・税額が確定しません。
本来は、各個人が確定申告を行い税額を確定することになりますが、給与所得者(サラリーマンのこと)に対する特定として、毎月の給与等から少しずつ徴収しておき、年末に過不足額を精算するという年末調整が用意されています。

最終的には12月の給与等で調整する前提であり、源泉徴収税額表は「簡易計算早見表」といった性格で、見やすさを考えたのか、大雑把な区切りの課税対象額と被扶養者の人数で対...続きを読む

Q扶養を外れない程度に稼ぎたいです。19歳フリーターです。 今年の5月から9月頃までバイトして30万

扶養を外れない程度に稼ぎたいです。19歳フリーターです。

今年の5月から9月頃までバイトして30万ほど稼ぎました。
そこはもう辞めて、メールレディで少し稼ごうと思っています。

バイトとメールレディだと課税対象になる額が違うと思うのですが、
例えば

今年既にバイトで稼いだ30万+メールレディで30万
(ちなみにメールレディは副業ではありません)

では課税対象になりませんか?
チャットレディは確定申告が必要ですが、以前のバイトで稼いだ30万は何か必要な処理がありますか?

チャットレディだけなら調べた知識でどうにかなりそうですが、以前他所で稼いだ収入をどうしていいのかわかりません。

ご覧の通り確定申告について全く無知です。
少しずつ調べてはいますがまだまだ分からないことだらけで…ご容赦ください。

Aベストアンサー

>今年既にバイトで稼いだ30万+メールレディで30万
>では課税対象になりませんか?
なりません。
バイトの給料の給与所得控除65万があり、
30万-65万≦0なのでバイトは所得0
メールレディの30万は、
基礎控除38万(住民税33万)の控除で
課税所得0
となり、非課税となります。

メールレディはおそらく、
家内労働者等の必要経費の特例
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1810.htm
が受けられるのですが、
年間で給与収入(バイト)もある場合、
上記の給与所得控除のみが有効となります。

確定申告では、
メールレディの収入、経費、所得を
申告表に記入し、
さらにバイト先からもらった
源泉徴収票の内容を記入。

メールレディの収支内訳書と
バイトの源泉徴収票を貼付し、
押印して税務署に提出して
ください。

バイトで所得税が源泉徴収
されていれば、還付もあります。

いかがでしょう?

Q給料の所得税

給与明細の所得税に詳しい方 教えて下さい
○給料の支払額 600,000(今月)
○控除額は 健康保険料+厚生年金+住民税=88,112(雇用保険はありません)
○扶養家族-2人
所得税=16990は おかしくないですか?
源泉徴収税額表 月額表(H18.1~)の甲表を見ても合致しないのです・・・
聞くのもお恥ずかしいのですが 経営者でありながら 人任せです
見るものを間違えていたら ご指摘ください

Aベストアンサー

まず所得税の計算方法は、
『月例給与額-社会保険料控除額(健康保険+厚生年金保険+雇用保険)』
で求められる金額に扶養親族の数を税額表にあてはめて求めます。

質問者様の場合、控除額に住民税が含まれていますので正しい所得税額が求められません。
差し支えなければ、健康保険料+厚生年金の総額を提示していただければ正確な数字が求められます。

しかしながら、質問者様の所得税額¥16,990を税額表(H19.1~)にあてはめてみますと、
○社会保険控除後の給与額=527,000以上530,000円未満
○扶養家族=3人
で計算されていることになります。

扶養家族2人ではそもそも¥16,990という数字がありませんので、扶養の数を間違われている可能性が高いです。
その辺を今一度ご確認されてみた方がよろしいかと思います。

参考URLは、数字を入力するだけで自動的に各種税額を計算してくれるサイトです。
所得税を求める場合は
「源泉所得税→源泉徴収税額表・月額表」で入ってみてください。

以上、ご参考になれば幸いです。

参考URL:http://nzeiri.sppd.ne.jp/index.htm

まず所得税の計算方法は、
『月例給与額-社会保険料控除額(健康保険+厚生年金保険+雇用保険)』
で求められる金額に扶養親族の数を税額表にあてはめて求めます。

質問者様の場合、控除額に住民税が含まれていますので正しい所得税額が求められません。
差し支えなければ、健康保険料+厚生年金の総額を提示していただければ正確な数字が求められます。

しかしながら、質問者様の所得税額¥16,990を税額表(H19.1~)にあてはめてみますと、
○社会保険控除後の給与額=527,000以上530,000円...続きを読む

Qパートの源泉徴収表について

夫の職場(公務員)より私の源泉徴収表の提出を求められたのですが、私はもらっていないのでどのようにしたらよいか・・・と質問します。
・パート歴 1年4ヶ月 毎月働いた時間分で計算してのお給料
      (保険は加入なし、税金もひかれていません)
 だいたい月5万円くらい。年間60万円。
・昨年は夫の職場に源泉徴収の提出は言われなかった。過去6か月分の 手取り給料の用紙の提出のはず。
・今回は私の分の提出がないため、夫の源泉徴収表を渡すのが遅れると のこと。

なぜ昨年は提出がなくても大丈夫で、今年はなければならないのでしょうか。またもし今回提出をしなければならないとき、給料の計算も私自信がやっているので(そして通帳からお金をおろし経営者に月のパートの時間の書式を提出し毎月お金をいただく)私が経営者に頼まずに源泉徴収を作成しなければならないのか。何だか全くよくわかりません。すみませんがわかりやすく教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

源泉徴収票は、所得税法226条の規定に基づいて、給料等の支払を行う者(会社・個人を問わない)が必ず発行しなければならない書類です。原則として、翌年の1月末まで(中途退職者については退職日以後1月以内)に発行して、交付しなければなりません。ただ、不要とする人も多いので、本人から源泉徴収票の発行申請があった人にのみ渡しているという中小企業もあるでしょうね。
質問者様の場合、ご自身が給与計算をご担当されているとのことなので、ご自身で源泉徴収票(用紙は税務署で貰えるほか、インターネットで書式をダウンロードすることもできるでしょう)を作成して経営者に会社印を押捺してもらえばよろしいのではないでしょうか。
なぜ昨年は提出がなくても大丈夫で、今年はなければならないのかは、配偶者様の職場にお尋ねになるのがいいと思いますが、おそらく年末調整における職員の申告内容(特に扶養家族の所得額)が信用できないものが多い(質問者様のことでなく、職員全体として)ため、源泉徴収票の提出に踏み切ったものと思われます。
法定のものではないので、拒否することも可能かと思いますが、配偶者様の職場ですのであまり喧嘩のようになるのもどうかと…。

源泉徴収票は、所得税法226条の規定に基づいて、給料等の支払を行う者(会社・個人を問わない)が必ず発行しなければならない書類です。原則として、翌年の1月末まで(中途退職者については退職日以後1月以内)に発行して、交付しなければなりません。ただ、不要とする人も多いので、本人から源泉徴収票の発行申請があった人にのみ渡しているという中小企業もあるでしょうね。
質問者様の場合、ご自身が給与計算をご担当されているとのことなので、ご自身で源泉徴収票(用紙は税務署で貰えるほか、インターネッ...続きを読む

Q所得税(源泉徴収額)が分かりません。教えて下さい。

すみません。源泉徴収税額表をみたのですが、
分からなかったので、教えて下さいませ。

所得税(源泉徴収額)が分かりません。
給与を120万に設定、扶養家族3人おります。
この場合の所得税額(源泉徴収税額)を知りたいと思います。
尚、月額基本給120万です。

給与ソフトを使用してない為、すみませんが・・
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

Ano.1です

> 早々に回答を有難うございます。補足します!
> ●社会保険料等控除後の額=120万
> ●甲欄適用者です。
> ●特殊な事(障害者など)はありません。
と言う事であれば、先の式はこうなります
105,970円+(120万-101万)×31.5%
  =105,970円+19万円×31.5%
  =105,970円+59,850円
  =165,820円
お手元の 源泉徴収税額表 の該当ページに書かれていることを今一度読み返して、どうしてこのような式になるのかを、ご確認下さい。

Qパートの源泉徴収などについて

母子家庭です。パートの面接で働くことになりました。

今まで、体調具合や、その他の事情で親の
営んでるところで手伝いとして、働かしてもらってましたが、多少色々な事が落ち着いてきたので
パートでも働くことにしました。

母子扶養手当や、医療費助成を受給していますが、2月に市民税?確定申告みたいなものをしてくださいと役所から封書が毎年届きます。今まだは、正式に働くといううか援助にちかかったので、所得なしでだしていたのですが、これからどうなるのでしょうか?

パートで7,8万の給料予定です。保険類がなにもついてないパートです。
源泉徴収や、年末調整などがありますか?
パートでもそうゆうものがあるのでしょうか?

調べていたら、パートでも、扶養控除申告書を会社に提出しないと、103万を超えていなくても所得税を取られるみたいなことが書いてあったのですが・・・。

チンプンカンプンなこと質問しているとおもいますが、
何分、早くに結婚していて飲食店などでバイトしたことはありますが、そんなものがなく、でも今回は中小企業の会社なのでちがうのかなと思い質問しました。

詳しい方教えて下さい。おねがいします。

母子家庭です。パートの面接で働くことになりました。

今まで、体調具合や、その他の事情で親の
営んでるところで手伝いとして、働かしてもらってましたが、多少色々な事が落ち着いてきたので
パートでも働くことにしました。

母子扶養手当や、医療費助成を受給していますが、2月に市民税?確定申告みたいなものをしてくださいと役所から封書が毎年届きます。今まだは、正式に働くといううか援助にちかかったので、所得なしでだしていたのですが、これからどうなるのでしょうか?

パートで7,8万の給料予定です...続きを読む

Aベストアンサー

> 扶養控除申告書は、役所にだすのですか?

会社に提出すれば,会社が勝手に処理して,税務署経由で市役所にも連絡が行きます。
通常は自分から言わなくても会社が提出してくださいと言ってきます。
所得税,住民税などは会社に任せておけばすべてやってくれます。あなたがすることは計算が間違っていないかどうか給与明細でチェックすることだけです。といっても,どちらも0円でしょうけど...

雇用保険は,週に20時間以上働くのなら通常はあるものですから,給料日にかってに引かれます。
でも雇用条件通知書に雇用保険の適用があると書かれていると思う。

社会保険の対象でないのなら,国民年金と国民健康保険の支払いは自分で忘れずにやって下さい。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報